ゾック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゾック (ZOCK) は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は、1979年に放映されたテレビアニメ機動戦士ガンダム』。

作中の軍事勢力の一つであるジオン公国軍の試作機で、水中と地上の両方で活動可能な水陸両用MSの一つ。前後対称形状の胴体や、3本指の腕部クロー、ホバー推進装置を内蔵した極端に短い脚部など、異形が多い水陸両用機のなかでも特徴的な外観をしている。大型のため地上での機動性は低く、内装火器による砲撃を主戦術としている。

機体解説[編集]

諸元
ゾック
ZOCK
型式番号 MSM-10
所属 ジオン公国
製造 ジオン公国軍キャリフォルニア基地
頭頂高 23.9m[1]/23.2m[2]
本体重量 167.6t[1]
全備重量 229.0t[1]/119t[2]
装甲材質 超硬スチール合金
出力 3,849kW[1](180,000馬力[3]
推力 253,000kg[1]
最高速度 地上:40km/h[4]
水中:63kt[1]/29kt[3]
武装 フォノンメーザー砲×1
メガ粒子砲(収束ビーム砲)×8
搭乗者 ボラスキニフ

MSとしては珍しく、前後対称の容姿を持つ。両肩に4門、前後合わせて計8門のメガ粒子砲を装備している。頭頂部にあるものはフォノンメーザー砲1門と公称されているが、実際はメガ粒子砲とであるとする資料もある[5](しかし劇中では頭頂部にある肩部メガ粒子砲と同型の部位からではなく、その周囲のスリットから光線を発射している)。これらの武装を稼働するため、一年戦争当時としては破格の、ザクII4機分に匹敵する大出力ジェネレーターを搭載している。メガ粒子砲は連邦軍MSのビーム・ライフル級の威力と連射性を発揮し、1機でジオン軍一個中隊のMSに匹敵する火力を有する[5]

しかし、これらの装備は機体の大型化と重量の増大をもたらし、機動性の大幅な低下を引き起こした。機体を支える脚部は歩行能力がなく、熱核ジェットエンジンによるホバーで移動を行う。緊急時は脚部スラスターでの飛翔が可能で、最高高度はザクIIの数倍といわれている。前後対称の容姿(武装)を持っている理由は、運動性が低く、左右に移動する敵機の機動性に追いつけないためともいわれている[5]

腕部に爪(クロー)が装備されているが、武装としては飾りに近い。アンカーとしての使用が考えられていたらしい[5]。このため、MSというよりは移動砲台に近い機体である。これはモビルアーマー (MA) への過渡期に設計されたためで、生産計画では、小型MAとしての位置づけとなっている。

製造キャリフォルニアベース[5]ドライドックで行われた[6]。熱核水流ジェットによる推進速度等の性能は良好だった。クチバシと俗称されるフェアリングシェル(整流殻)を可変式とし、角度を変化させることによって水中での機体周辺の抵抗・流体特性を調節しており、水陸両用MSの中では最高の整流効果となっている[5]

量産化も視野に入れて設計されていたが、実際は3機の試作機が製造されたのみである。2号機はジャブロー攻略戦に実戦参加するが、目立った戦果もなくガンダムに撃破される。残る2機は、北大西洋潜水艦隊「マンタレイ」にグラブロとともに配備され、実戦テストが行われる。このうち、1号機は輸送中に対潜攻撃機の攻撃により、潜水艦ごと撃破される[7]。3号機の所在は不明(回収説あり)で、3機以外の機体(バリエーション)の存在が噂されているが、真偽は不明とされる[5]

ゾック(サンダーボルト版)[編集]

漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』に登場。

「モビル・フォートレス「ゾック」」と呼ばれる機体が登場。MSM-04「アッガイ」を4機収容している。

劇中での活躍[編集]

テレビアニメ『機動戦士ガンダム』
テレビ版
第29話にて、ボラスキニフが搭乗。機体を観たシャア・アズナブルに酷評を受けるが、ジャブロー基地の入り口を発見する功績を挙げ、本格的なジャブロー侵攻作戦の発端となっている。最後はシャアの撤退を援護してガンダムに前後と頭頂部のメガ粒子砲を浴びせるが、ことごとくかわされ撃破される。
劇場版
頭部の一部を水面に出して偵察するシーン、および戦闘中にメガ粒子砲を放つ。その後、61式戦車の砲撃で撃破される。撤退するシャアをアムロが追う場面が大幅にカットされたため、ガンダムとの直接の戦闘場面も採用されていない。
漫画 『機動戦士ガンダム
宇宙用高速高機動MAとして登場。キシリア・ザビの命令を受けたマ・クベが搭乗するがガンダムに撃墜される。その際、爆散する機体にドズル・ザビの旗艦が巻き添えにされて爆沈している。
漫画『機動戦士ガンダム0079
テレビ版同様、ジャブロー攻略戦に参加する。最低2機が投入されている。
漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN
ボラスキニフが搭乗し、ベルファストで出撃しているが、すぐに後退する。この際、シャアはもしガンダムの出撃が確認されたら、自らが本機に搭乗する意向だった。その後、大西洋上のホワイトベースと交戦、ウォン伍長のコア・ファイターを撃墜するも、スレッガー中尉のコア・ファイターのミサイル攻撃によって破壊される。
漫画『ロボゾック』安永航一郎・作(サイバーコミックス22に掲載)
戦闘シーンはテレビ版に準ずるが、シャアによって葬り去られたガルマ・ザビの脳が紆余曲折を経てゾックに移植されている。それが覚醒したことでゾックはボラスキニフの操縦を無視してシャアへの復讐に走るが、途中殺気立ったガンダムに撃破される。
漫画『機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊
ジャブロー戦後、敗走を続ける友軍の逃走時間を稼ぐため、連邦軍北米トロント補給基地を襲撃する。2度の防衛作戦を打ち破り、トロント市街にまで到達するものの、教導団ネメシスにより撃破される。
漫画 『アッガイ博士』
第2巻で、全MSメーカーの水陸両用MSによる競技会に参加。ボラスキニフがパイロットを務める。ただし、開催時期は地球侵攻作戦直前とされている。

ゲーム作品への登場[編集]

機動戦士ガンダム』『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles
デザインがアレンジされたゾックが登場する。4本脚化された脚部や、大型化された両腹部のフェアリングシェルが特徴である。
機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオンDX』『機動戦士ガンダム ガンダムvs.Ζガンダム
本機を連邦軍が鹵獲して白を基調に再塗装した、地球連邦軍仕様機が登場する。
機動戦士ガンダムオンライン
ジオン軍の重撃機体として登場する。武装は正面へ攻撃するメガ粒子砲とクローしか存在しない。設定とは違いジャンプ力も一般的なMS以下しかない。攻撃力、アーマーは高いものも、その巨体ゆえの当たり判定の大きさや機動力の低さはゲーム内屈指であり、実質趣味的な機体となっている。カラーリングは赤、青、深緑、白、黒、黄など。
リアルロボット戦線
戦略SLGであるこの作品では背面から攻撃されると反撃できないというシステムだが、「両面表」という特別な機体能力がゾックにのみ設定された。

備考[編集]

本機の決定稿は、監督である富野由悠季のラフ画とほとんど変わらない。本機のプラモデルガンプラブーム時の1981年に、1/144スケールで発売されている。また、2007年7月にハイグレード・ユニバーサルセンチュリー (HGUC) シリーズでも発売された。これで、ファーストガンダム(テレビ版および映画版アニメ『機動戦士ガンダム』)に登場した全MSが、HGUCでリニューアルキット化された。なお、現在に至るまでマスターグレード (MG) 化はされておらず、ファーストガンダム登場MSで1/100スケールの商品化がされていないのは、本機のみである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.1 一年戦争編』(バンダイ、1989年)
  2. ^ a b 『テレビマガジン』1981年3月号付録『機動戦士ガンダム大事典』下巻(講談社)
  3. ^ a b 『講談社ポケット百科シリーズ15 ロボット大全集1 機動戦士ガンダム』(1981年)
  4. ^ 『講談社のポケットカード8 機動戦士ガンダム モビルスーツコレクション』(1982年)
  5. ^ a b c d e f g 『HGUC ゾック』取扱説明書より。
  6. ^ 『モビルスーツバリエーション2 ジオン軍MS・MA編』1984年、講談社
  7. ^ 『模型情報・別冊・MSバリエーション・ハンドブック2』1983年、バンダイ