ピクシー (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 > ピクシー (ガンダムシリーズ)

ピクシーPIXY)は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は1995年発売のスーパーファミコン用ゲームソフト『機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』のシナリオ「死にゆく者たちへの祈り」。ガンダムを地上での接近戦に特化した機体である。

のちのゲームなどでは「ガンダム・ピクシー」と呼ばれることも多いが、原作での名称は「ピクシー」である。

機体解説[編集]

諸元
ピクシー
PIXY
型式番号 RX-78XX[1] / RX-78-XX[2]
所属 地球連邦軍
全高 19.2m[2]
頭頂高 18.3m[2]
重量 39.8t[2]
出力 1,440kW[2] / 1,400kW[3]
推力 70,500kg[2] / 70,800kg[3]
武装 60mmバルカン砲
90mmサブマシンガン
ビーム・ダガー×2
搭乗者 ボルク・クライ
コルテス
フレッド・リーバー
ダグ・シュナイド
ドリス・ブラント

アポジモーターが増設されており、地上での瞬発力はRX-78-2 ガンダムを上回り、当時の地球圏最速とされる[2]。装甲は対実弾兵器用のものが採用され[3]、「ビーム・ステルス・コート」なるものも塗布されているが詳細は不明[4]コア・ブロック・システム[2]宇宙空間用のスラスターを取り除くことで軽量化されているが[5]、教育型コンピューターは搭載されている[4]

本機は一年戦争末期に行われた連邦宇宙軍・陸軍・海軍・空軍の共同による次世代MS開発計画「G-4計画」において[6]、陸軍主導で開発されたのではないかとする資料もある[7]。3機が生産され、1号機はベルファスト、3号機はアフリカに配備され、「死にゆく者たちへの祈り」に登場するのは2号機とされる[8]。ホワイトベース隊のアムロ・レイのもとに届けることになり、輸送任務を受けたアルバトロス輸送中隊がオデッサへ向かうが、ゴビ砂漠においてジオン公国軍のウルフ・ガー隊など複数の部隊から再三攻撃を受け、届くことはなかった。

武装[編集]

60mmバルカン砲
連邦軍MSに共通の固定武装で、頭部左右に1門ずつ内装される。
90mmサブマシンガン
白兵戦重視のため、銃身が短い小型のサブマシンガンを採用している。なお『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』ではジム改の90mmプルバップ・マシンガンを携行する。
ビーム・ダガー
左右両腰にマウントされている格闘兵器。ダガー型のビーム・サーベルであり、これを両手に逆手に持ち、二刀流で戦う。当初の設定では2号機のみの装備とされるが、その後の外伝作品に登場する機体でもメインの武装とされる。

デザイン[編集]

本機のデザインは大河原邦男によるもので、ゲームデザイナーの神谷春輝によればモチーフは忍者とされる[8]。左肩にはハートに矢が刺さった、ジオン軍のザクレロに似たエンブレムが施されている(ただしザクレロはハートが2個)。

頭部が『機動武闘伝Gガンダム』に登場するガンダムマックスターに似ているとされ、ゲーム攻略本の4コマ漫画でネタにされている[9]

劇中での活躍[編集]

宇宙世紀0079年10月9日、2号機をホワイトベース隊へ届けるため、ゴビ砂漠基地に駐留するアルバトロス輸送中隊が任務に就く。同隊はピクシーを狙うジオン公国軍の襲撃を幾度となく受けており、これに対抗するために、護衛小隊隊長のボルク・クライ大尉は中隊長のノクト・ガディッシュ少佐に2号機の使用許可を再三求めるが、却下される。そして何度目かの襲撃を受ける際、とうとうボルクは独断で同機を起動し、敵部隊を退ける。その後、ボルクがノクトの靴を舐めることで同機の使用を認められ、彼の手により、本機の破壊命令を受けたウルフ・ガー隊の襲撃を二度退ける。本隊が基地を放棄して撤収を決定し、その準備を行う際には敵を引きつけるべく陽動に回るが、ボルクの目の前でノクトが彼と同機を見捨て撤退してしまい、砂漠に放置されてしまう。そして、ウルフ・ガー隊隊長のヘンリー・ブーン大尉が搭乗するイフリートと無人となった基地で一騎討ちの最終戦を行う。

機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』におけるリメイク版では、ダメージを受け、下半身が砂に埋れた状態の2号機を捜索隊のミデアが発見、回収する。

漫画『機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊』では、グリーンとライト・グレーを基調に塗装された機体が登場する。陸軍所属のコルテス中尉が搭乗し、同じ連邦軍である宇宙軍の教導隊ネメシスに所属する主人公ユージ・アルカナの駆るジム・ストライカーと度々交戦し、高い格闘戦能力を発揮する。また、Gファイターとの連携によるGアーマー形態でも出撃している。しかし、ウェラブル・アーマーをパージして軽装となったジム・ストライカーの格闘戦により撃破される。『機動戦士ガンダム 戦場の絆』では「北米戦線カラー」という名称になっている[10]

『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』のシナリオ「ミッシングリンク」では、途中からフレッド・リーバーの搭乗機として登場する。同機は消息不明となった2号機を発見、回収したものと、ベルファストに配備予定だった1号機を裏工作で横流ししたものとの2説がある[11]。「スレイヴ・レイス」隊の部隊カラーである濃淡グレーを基調に塗装されている。ソロモン攻防戦直前に地上でジオン公国軍の「マルコシアス」隊と共闘し、同隊長のダグ・シュナイドの駆るイフリートとともに互いの隊員が乗るHLVを守りきる。その後の撤退戦の際には機体を交換し、シュナイドがピクシーに搭乗し殿を務める(漫画版では交換しない)。最後のオーガスタ研究所攻略では、レイス隊のドリス・ブラントが同機を再び調達し、彼女の操縦により途中から戦列に加わる。

このほか、バンプレストより発売された「宇宙世紀オールガンダムキーホルダー Ver.2.0」には、茶とネイビーブルーで塗装されたピクシーが登場している。この商品はほかのMSにもオリジナルの配色が施されたものがラインナップされている。

脚注[編集]

  1. ^ 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』ゲーム内での表記。
  2. ^ a b c d e f g h 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』説明書。
  3. ^ a b c 『覇王ゲームスペシャル22 スーパーファミコン 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079』講談社、1995年2月、66頁。
  4. ^ a b 「死にゆく者たちへの祈り」ゲーム内でのボルク・クライの台詞より。
  5. ^ 『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』初回特典冊子『MOBILE SUIT GUNDAM SIDE STORY MISSING LINK ARCHIVES』バンダイナムコゲームス、2014年5月、19頁。
  6. ^ 中原れい『機動戦士ガンダム MSジェネレーション』下巻、バンダイ、1993年4月、巻末設定資料集。
  7. ^ 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2011年12月、100頁。
  8. ^ a b 『電撃攻略王 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 完全攻略ガイド』メディアワークス、1995年3月、80頁、ゲームデザイナーのクロスレンジの神谷春輝のインタビュー。
  9. ^ 『電撃攻略王 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 完全攻略ガイド』メディアワークス、1995年3月、75頁。
  10. ^ 機動戦士ガンダム戦場の絆 公式WEBサイト
  11. ^ 機動戦士ガンダム サイドストーリーズ 公式WEBサイト

関連項目[編集]