テム・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テム・レイTem Ray)は、テレビアニメ機動戦士ガンダム』に登場する架空の人物。初回のテレビ放映では「ティム・レイ」と表記されていた。

担当声優清川元夢。『THE ORIGIN』では坂口候一

人物[編集]

地球連邦軍の技術士官であり、階級は大尉。本編の主人公アムロ・レイの父親で、妻はカマリア・レイV作戦の中心人物であったとされ、モビルスーツ(MS)ガンダムの設計にも大きく関わっている。元々はスペース・コロニーの建築技師であるとも言われ[1]、一年戦争勃発と同時に軍に移籍したという[2]。登場回はテレビ版(第1話・33話・34話)、劇場版三部作は(『機動戦士ガンダム』・『機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編』)である。

アムロとの関係
ホワイトベースの私室の机の上にアムロの写真を置いていたり、ジオンにアムロと同年代の少年兵がいることを気にしているなど、息子への愛情は持っていたようである。アムロによれば「(息子である自分を)一度も殴ったことがない」。ガンダムの設計を見て「親父が熱中するわけだ」と素直に納得する辺り、内向的で物事にのめり込みやすい似た者親子といえる。サイド6での再会時に、当初素直に生存を喜んでいたアムロの態度には、何かしら父親に期待するところがあるなど平凡な親子関係が垣間見える。
妻との関係
妻のカマリアとの関係は冷え切っており、宇宙生活を始める際に、それに馴染めないと訴えて地球に残ろうとする彼女を引っ張ってゆく素振りも見せなかった。またサイド7に技師として赴任する際に、宇宙を経験させたいという意向でアムロを連れていく描写がある。

劇中での活躍[編集]

冒頭

テレビ版第1話(および劇場版『機動戦士ガンダム』序盤)にて、ホワイトベースに乗艦する技術士官として登場。サイド7に入港後、そこで極秘に建造されていたガンダムなどのMSをホワイトベースに積み込む任務に当たるが、ジオン公国軍シャア・アズナブル少佐の率いるモビルスーツ部隊が奇襲をかけてきたため、サイド7の避難民よりもガンダムを優先してホワイトベースに移送させようとする。しかし、アムロによって偶然起動されたガンダムがジーンザクを撃破した爆発に巻き込まれ、ノーマルスーツはあらかじめ着用していたもののスペースコロニーに開いた穴から宇宙へ投げ出される。

アムロとの再会

その後アムロとは、ホワイトベースがサイド6の中立コロニーに寄港する第33話(および劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』序盤)で市街地にて偶然再会する。経緯は不明だがサイド6(中立サイド)のコロニーに流れ着き、そこのジャンク屋で住み込みをさせてもらっていた(サイド6の船に助けられたとも言われる[2])。しかしテムは宇宙を漂流中に酸素欠乏症を患って軽い記憶喪失症になっており[3]、以前の精悍さはなくなっており、軍服姿のアムロを見ても動じる様子はない。そして住み込みのジャンク屋へアムロを招き、ジオンのモビルスーツを参考に開発したガンダム用の回路部品(小説『密会〜アムロとララァ』ではアクセス・カード)をガンダムの記憶回路に取り付けるよう嬉々とした様子でアムロに手渡す。アムロはその部品が時代遅れの代物であることをすぐ見抜き、故郷で母親に会ったというアムロの体験談を聞いても気にもしない変わり果てた父親の態度に落胆し、別れたあとで投げ捨てている。

末路

劇場版では、コンスコン機動艦隊を相手にガンダムが大活躍している様子をテレビ中継で見て熱狂、自分の用意した回路を装着した(上述のように回路はアムロが既に投げ捨てているため実際には装着されていないが)ガンダムの勝利を見届けるとプレハブ小屋の鉄製の外階段に飛び出し、連邦に万歳をした勢いで足を滑らせ転げ落ちるシーンが追加された。富野由悠季の小説『密会〜アムロとララァ』では、この時テム・レイは足をすべらせて転倒して死亡したと記述されている[4]

「トミノメモ」では、ジオンのソフィア(フラナガンの旧名)によるMSのマグネットコーティング理論をモスク・ハンに横流しし、フラナガン機関に抹殺されている。

テム・レイの回路[編集]

サイド6にてアムロに手渡されたガンダム用の回路部品(前述)は、漫画『機動戦士ガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのメモリーより―』では、テム・レイが過去に製作した自慢の発明品としている。これは本編でアムロが回路をテムから託された際、すぐ「古いモノ」だと理解できた理由付けとなっている。漫画内では、のちにアムロによってハロの学習回路として利用されている。

スーパーロボット大戦シリーズ」などのゲーム作品では、この回路をモチーフにしたアイテムが登場する。「機体の性能が低下する」「機体の性能が予測できない変化を起こす」など、装備すると何かしらリスクを伴うことが多い。

USBハブ
現実においても、2007年秋にバンプレストコンビニエンスストアを中心に販売したスピードくじ「一番くじ」のシリーズ商品「機動戦士ガンダム 脱戦士編」の景品の1つとして、テム・レイの回路の外観を再現したUSBハブが「こんなものHUB賞」として登場。性能についても、わざと当時から一昔前の規格であるUSB1.1専用にしてあるという、こだわりの一品である[5][6][7]
疾風!アイアンリーガー
第18話において、セーガルが正体を隠して野良試合の挑戦状を送り付けた際に(色は無地だが)テム・レイの回路と同じ形のパワーアップパーツを同封していた。
スペース☆ダンディ
第10話において、ミャウの父の工場でテム・レイの回路そっくりのパーツが大量生産されていた。それが一体何なのかは、作っているミャウの父にも分からなかった。

機動戦士ガンダム THE ORIGINにおいて[編集]

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、ミノフスキー物理学の開祖でジオンMSの生みの親であるミノフスキー博士の直弟子として登場。民間企業アナハイム・エレクトロニクス社のMS開発部長としてガンキャノンの開発責任者を務めている。テム・レイ自身はその出来に満足しておらず、巨大な工場設備があればより凄いものが造れると心の叫びを上げるなど人間的な一面が描かれている。また、ミノフスキー博士を尊敬しつつも対抗意識をもっており、博士の死を利用してガンダム開発プランを提示し、開発に着手することが「開戦編」「ルウム編」で描かれた。

また、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』においても、最期は階段から落ちた際に後頭部を強打する描写がある。

他作品での出演[編集]

SDガンダム スカッドハンマーズ
ガンダムおよびガンダムハンマーの開発者としてホワイトベースのクルーとなり、息子のアムロをパイロットにさせ、ガンダムハンマーのみでジオン軍と立ち向かわせている。ビームライフルやビームサーベルなども開発段階では存在していたが、テム・レイにより廃案となった。ちなみにゲーム内では「親父の閃き」というシステムがあり、νガンダムの武装である「フィンファンネル」を開発することがある。
ガンダム伝説第1話 RX-78 誕生秘話
RX-78ガンダムのテストパイロットにジオン軍の捕虜だったアルガを起用しガンダム開発をおこなう姿が描かれている。敵捕虜にV作戦へ関与させることに対して上層部が懸念する中、ただ一人MS開発に携わる同志として彼を信頼していた。なお、開発にあたり通常のMSよりも小型のRX-78の雛形も製作している。
機動戦士ガンダム0080 消えたガンダムNT
酸素欠乏症は偽りで、秘かに次世代MSの開発に携わっている様子が描かれている。アムロに対しては戦士としての甘さが残っているため、健常者であることはあえて告げなかった。また、アムロに渡した回路部品もスパイ対策用のダミーであった。ただし、この作品はOVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』とは展開が異なる。
機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V
酸素欠乏症から回復したテム・レイが連邦、ジオンを問わず、全勢力の技術者に協力を呼びかけて一軍を成し、地球圏の統一を図るという架空のシナリオが存在する。
虹霓のシン・マツナガ
宇宙世紀0079年7月、ジャブローに各方面から集まったMSパイロット志願兵たちをセキ技術大佐とともに眺める様子が描かれている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『TV版 機動戦士ガンダム ストーリーブック1』講談社、1981年3月、106頁。
  2. ^ a b 『アニメック16号 機動戦士ガンダム大事典』ラポート、1981年3月、143頁。
  3. ^ 密会〜アムロとララァ』52ページより
  4. ^ 密会〜アムロとララァ』104ページより
  5. ^ 2007年にはUSB 2.0が普及しており、翌2008年にはUSB 3.0規格が正式発表されている。
  6. ^ 面白グッズが必ず当たる!「一番くじ機動戦士ガンダム 脱戦士編」特集1Gundaminfo Officialsite 2007年11月23日、2015年8月8日観覧
  7. ^ 「こんなもの!」当たってうれしい脱力系ガンダムグッズ「脱戦士編」ITMedia、2015年8月8日観覧