ガンダムMk-III

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガンダムMk-III(ガンダムマークスリー、GUNDAM Mk-III)は、雑誌「B-CLUB」で連載されたテレビアニメ機動戦士Ζガンダム』の派生企画、『Ζ-MSV』で設定された「モビルスーツ」(MS)の一つ。

地球連邦組織「エゥーゴ」の試作ガンダムタイプモビルスーツで、基本的には『機動戦士Ζガンダム』本編に登場するガンダムMk-IIの発展型と設定されている。

本項では、ほかの「ガンダムMk-III」と呼ばれる機体、ガンダムMk-IIIの派生機とされる「ガンダムMk-IV」の解説も記述する。

設定の経緯[編集]

『機動戦士Ζガンダム』本編でティターンズ側の機体として登場する予定であったが、「MSが多すぎる」との理由から没になった[1]経緯を持つ(この時点でデザイン作業が行われたかは不明)[2]

現在、単に「ガンダムMk-III」という場合は『Ζ-MSV』で設定されたMSF-007を指し、『MS大全集』などの書籍にもこれだけが掲載されている。この元になったのは、みのり書房発行のアニメ雑誌月刊OUT』1985年9月号において藤田一己が描いたアドバンスドガンダム (ADVANCED GUNDAM) で、これを藤田自身がアレンジして、バンダイ発行の雑誌『B-CLUB』で『Ζ-MSV』として発表したものが現在のガンダムMk-III (MSF-007) である。

その一方で、『Ζ-MSV』よりも先に『モデルグラフィックス』誌では2種類のガンダムMk-IIIが設定されている。これらについては後述するが、そのうちの一つ"イグレイ"も、同じくアドバンスドガンダムからデザインされたものである。

機体解説[編集]

諸元
ガンダムMk-III
GUNDAM Mk-III
型式番号 MSF-007
所属 エゥーゴ
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
全高 22.0m
頭頂高 19.5m
本体重量 32.1t
全備重量 48.2t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 2,022kW
推力 107,500kg
センサー
有効半径
11,500m
武装 肩部ビーム・キャノン兼ビーム・サーベル×2
シールド付属ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
シールド

次世代MSの試案として[3]、エゥーゴが強奪したティターンズのガンダムMk-IIを、アナハイム・エレクトロニクス社のフジタ博士が研究し、その結果開発された機体である。型式番号の "F" はフジタ博士の頭文字である。

ガンダムMk-IIのムーバブルフレームの技術はΖ計画に大きな影響をもたらしたが、欠点として構造上の複雑さと機体強度の低さがあった[3]。それに対し、ムーバブルフレームの単純化による機体構造の強化、関節部の改修により人体に近い運動性を実現した[3]。ジェネレーター、武装は新規設計となっている。

本機の発展型としてORX-012 (MSF-008) ガンダムMk-IVが開発されている。

デザイン
メカニックデザインは藤田一己。藤田自身が描いたアドバンスドガンダムをリメイクしたもの。藤田版のガンダムMk-IIを基にデザインされているため、アニメ版のガンダムMk-IIには似ていない。SDガンダムでは型式番号を「MSA-007」と表記されたこともある。
バンダイの玩具「GUNDAM FIX FIGURATION」では、フルアーマーガンダムMk-IIIが商品化された。また、玩具「リアルタイプガンダムクロス ナイトガンダム」でも騎士ガンダムは武者頑駄真悪参の後の姿という設定から、鎧を外すとリアルタイプのMk-IIIになるギミックがあった。

フルアーマーガンダムMk-III[編集]

諸元
フルアーマーガンダムMk-III
FULL ARMOR GUNDAM Mk-III
型式番号 FA-007GIII
所属 エゥーゴ
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
頭頂高 19.5m
本体重量 47.2t
全備重量 62.1t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 3,040kW
推力 141,200kg
センサー
有効半径
11,500m
武装 脚部ハイパー・ビーム・キャノン×2
肩部ビーム・キャノン兼ビーム・サーベル×2
シールド・キャノン×2
シールド・ビーム・サーベル×2
グレネード・ランチャー×2
ビーム・ライフル

バンダイ発行の雑誌SDクラブ」のメカニックデザイン企画『M-MSV』(大河原邦男コレクション)に登場するエゥーゴの試作MS。

ガンダムMk-IIIのフルアーマータイプである。フルアーマー装備時も未装備時と機体バランスが変わらないように設計されており、ガンダムMk-IIIの特性を殺さずに火力・推力を飛躍的に向上させている。脚部に巨大なビーム砲を持つ特徴的なシルエットであり、また、両肩にもビーム砲を付けている。メカニックデザインは大河原邦男

ガンダムMk-III 8号機[編集]

ウェブ小説配信サイト「矢立文庫」の企画『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場するアナハイム・エレクトロニクス社の試作MS(型式番号:MSF-007)。

数機が製造されたガンダムMk-IIIのうちの1機で、耐ビーム・コーティング(百式のものの廉価版)が施されている。そのほかの仕様は通常のガンダムMk-IIIと同様。百式に続くクワトロ・バジーナの乗機とすることを目指していたため、機体塗装は赤となっている。

エゥーゴへの引き渡しのため、グラナダからサイド2宙域へと小型輸送船を用いて輸送される最中、茨の園跡を航行中にアクシズの強行偵察部隊と接触する。

『モデルグラフィックス』誌独自設定のガンダムMk-III[編集]

以下の2機種「イグレイ」と「ハーピュレイ」は、『モデルグラフィックス』誌や同誌別冊のムックで設定されたもので、いずれも『Ζ-MSV』より先にガンダムMk-IIIの名を与えられていた。

これらはムックに詳細な設定が掲載されているものの、『MS大全集』などの資料集には基本的に掲載されておらず、当時の『モデルグラフィックス』の独自設定に留まっている。しかし知名度は高く、限定的に掲載されている例もまた存在する[4]。また、『アナハイム・ラボラトリー・ログ』には、「ティターンズ側で開発されていたガンダムMk-IIIは実戦に投入されることなく終わった」といった旨の記述がある[5]

ガンダムMk-III "イグレイ"[編集]

諸元
ガンダムMk-III "イグレイ"
GUNDAM Mk-III EGLEY
型式番号 RX-166
所属 地球連邦軍またはティターンズ
建造 地球連邦軍キリマンジャロ工廠
生産形態 試作機
全高 31.4m
頭頂高 20.6m
本体重量 52.1t
全備重量 88.0t
装甲材質 ガンダリウムγ
出力 2,010kW
推力 112,600kg(総推力)
センサー
有効半径
12,900m
武装 ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
ハイパー・バズーカ×3
60mmバルカン砲×2(オプション)

地球連邦軍の試作MS。大日本絵画発行の模型雑誌『モデルグラフィックス』1985年11月号が初出で、その後ムック『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』に再録、『GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』の「ガンダム開発史」で設定が追加・変更されている。

『PROJECT Ζ』での設定
地球連邦軍キリマンジャロ基地で開発されたガンダムMk-IIのアドバンスド・バージョンで、汎用性よりもペイロードを重視している。試作のみに終わっている。
ティターンズではなく、あくまで地球連邦軍の機体として設定されている[6]。模型作例の肩には「3」のマーキングがあるが、生産数に関する設定はない。
『MISSION ΖΖ』での設定
グリプスから提供されたガンダムMk-IIの設計を基に、地球連邦軍キリマンジャロ基地が開発した機体。宇宙用の高機動スラスター・ユニットを装備し、装甲もガンダリウムγに換装したことで本体重量がMk-IIより軽減され[7]、そのためにオプション兵器パーツをより多く装備できるようになった。
「ガンダムMk-III」の名称は先行して存在していた「RX-272」と同一だが、軍に承認されていないので問題ないとされており、また愛称である"イグレイ"の方が有名であるという。
試作機とデータは開発中にカラバキリマンジャロ襲撃戦によって全て焼失した[8]
なお、『MISSION ΖΖ』ではティターンズ・ガンダムの一つとして扱われている。
デザイン
前述の藤田一己のアドバンスドガンダムを基に、小田雅弘の手によって製作された。作例の製作にあたり小田雅弘がイラストも描いている。作例は明るいトリコロールに塗装されている。元になったデザインが同一であるため、『Ζ-MSV』のガンダムMk-IIIと外見はよく似ているが、それぞれ別の誌面で平行して発表されたものであり、設定上のつながりは存在していない。

ガンダムMk-III "ハーピュレイ"[編集]

諸元
ガンダムMk-III "ハーピュレイ"
GUNDAM Mk-III HALPULEY
型式番号 RX-272
所属 ティターンズ
建造 ティターンズ グリプス工廠
生産形態 試作機
全高 25.9m
頭頂高 22.3m
本体重量 48.9t
全備重量 118.2t
装甲材質 チタン・セラミック複合材
または『ガンダリウム・ベータ級
出力 1,980kW
推力 123,200kg(総推力)
センサー
有効半径
11,200m
武装 ビーム・キャノン×4
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
60mmバルカン砲×2(オプション)
MA形態
全長 30.24m
全幅 17.3m

ティターンズの試作可変MS。大日本絵画発行の模型雑誌『モデルグラフィックス』1986年2月号が初出で、その後ムック『GUNDAM WARS PROJECT Ζ』に再録されている。この機体も『GUNDAM WARS II MISSION ΖΖ』の「ガンダム開発史」に掲載されているが、デザインや記述の変更が多岐に渡る。

『PROJECT Ζ』での設定
グリプスで開発された対Ζガンダム用の高速可変MS。型式番号の「272」はグリプス基地で12番目に開発されたことを意味する。本機は作戦によって装備を変更する仕様で、装備の異なる1号機から3号機が存在し、1号機が "フリーア"、2号機が "ハーピュレイ"、3号機が "デュライ"、のコードネームで呼ばれた。3号機 "デュライ" はウェイブライディングボードを装備した大気圏突入可能機とされている。
装甲材強度は「ガンダリウム・ベータ級」だという[9]。「ガンダリウムベータ合金の精錬に限界があることから[10]」本機は試作に留まった。
『MISSION ΖΖ』での設定
ガンダムMk-IIに見切りをつけていたフランクリン・ビダンが生前に設計していた次のMS計画を、彼の死後にグリプス基地で受け継いだ機体。ただし設計はギャプランの研究データが使われ、フランクリンの案とは異なる機体となっているという。
作戦に応じた装備変更、装備の違う1号機から3号機が存在するという設定は同様だが、対Ζガンダム用との記述はなくなっている。ガンダリウムγの技術が手に入っておらず、予定性能に達しなかったため、制式採用には至らなかった。スペック表の装甲材は「チタン・セラミック複合材」である。
本書の年表によるとロールアウト時期は0087年5月17日で、同年表にあるΖガンダムの8月21日より早い。ただし、本書記載の年表は現在の『宇宙世紀年表』とは異なっている。
デザイン
デザインが公開されているのは2号機 "ハーピュレイ" のみであるが、このデザインが複数存在する。
もとは影山俊之(景山俊之)による読者投稿で、原型デザインにはギャプランのイメージを残しているとある。これを元に岡本英郎がデザイン・クリンナップを行った。実際の作例では背部のデザインが変わっている。さらに『MISSION ΖΖ』の明貴美加によるイラストではデザインが大きく変更されている。

その他のガンダムMk-III[編集]

以上の他にも、ガンダムMk-IIIの名を持つ機体の設定が存在する。

ガンダムMk-III グーファー
ゲームブック『機動戦士ガンダムΖΖ vol.3「エニグマ始動」』に登場。
連邦軍が量産化したガンダムMk-IIの後継機で、セミモノコックボディを採用。地上戦を重視しつつも汎用性は高い。宇宙世紀0089年中頃にウェールズで発生したティターンズ残党によるクーデターの鎮圧に投入されている。なお、この時点では、連邦軍は自軍が運用するMSをグーファーに統一することを計画していたとされる。
ガンダムMk-III(サイドストーリー・オブ・ガンダム・ゼータ版)
近藤和久漫画『サイドストーリー・オブ・ガンダム・ゼータ』に登場。
ティターンズが運用しているガンダムMk-IIの後継機と設定されている。ただし本作はアニメ『機動戦士Ζガンダム』とはパラレルワールドにあたる。型式番号はRX-178R(本機に限らず、本作登場の型式番号はほとんどが独自のものである)。デザインは少々アレンジされているが、『Ζ-MSV』のものに準じている。
ガンダムMk-III2号機"ヴィクセリオス"
ホビージャパン」2006年9月号に模型作例として登場(型式番号:MSF-007)。
新型兵装試験用テストベッドとしてアナハイム・エレクトロニクス社が作り上げたガンダムMk-IIIの試作2号機。RX-178系統に近い頭部を持ち、新式ジェネレーター[11]を副次的に追加搭載している。武装は2種類のビーム・ライフルやハイパー・メガ・ランチャー、フォールディングナイフ、連結可能なビーム・サーベル2基、ビーム・ウィップなど。グリプス2攻防戦にエゥーゴ側で実戦に参加したとされている。

ガンダムMk-IV[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION-ZERO』に登場。ガンダムMk-III同様、ガンダムMk-IVも複数の雑誌によって独自に設定されていた。その中でもゲームSDガンダム GGENERATION-ZERO』のオリジナルMSとして登場するものは比較的知名度が高い。

諸元
ガンダムMk-IV
GUNDAM Mk-IV
型式番号 ORX-012, MSF-008
所属 ティターンズ
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 ビームサーベル×2
ビームライフル
インコム
シールド

カラバへの対抗目的のため、ティターンズがアナハイム・エレクトロニクス社から入手したMSF-007 ガンダムMk-IIIのデータを元として[12]、その後継機としてフジタ技研から来たスタッフが関与して開発された[13]。 遠隔誘導端末インコムを装備している。

ティターンズ製だが濃紺のティターンズカラーに塗装されておらず、RX-78 ガンダムやエゥーゴによって再塗装されたガンダムMk-IIのような白基調のトリコロールに塗装されている。デザインラインがガンダムMk-Vに繋がる。

デザイン
メカニックデザインは石垣純哉。機体は『コミックボンボン』を通しての一般公募だった。初登場時はSD化されたデザインであったが、後に模型誌『電撃ホビーマガジン』1999年11月号でリアル等身のイラストが公表されている。

その他のガンダムMk-IV[編集]

ガンダムMk-IV B(ガンダムマークフォービー、GUNDAM Mk-IV B
雑誌企画『ウィリアム・A・ブリッジマンの手記』(秋田書店のアニメ雑誌「マイアニメ」85年10月号に掲載)に登場する、エゥーゴの試作可変MS。
Ζガンダムのプロトタイプの一つ。変形に10分の時間を要したといい、Ζガンダムの開発が困難を極めたことを物語っている。数度の試験の後に解体され、本機を基にΖガンダムの最初の試作機であるΖガンダムMk-I Aが開発された。
メカニックデザインは小林誠

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 放映当時のアニメ雑誌『アニメック』より[要ページ番号]
  2. ^ ただし後述でもあげていたが近藤和久の漫画作品「サイドストーリーオブガンダムZ」にてティターンズ側の機体として登場した。
  3. ^ a b c 『総解説 ガンダム事典 Ver.1.5』252頁。
  4. ^ たとえば『データコレクション(13)機動戦士ガンダム 一年戦争外伝3プラスORIGINAL MS IN GAMES』25頁には、「キリマンジャロ基地製のMk-III」というイグレイを示唆する記述がある。
  5. ^ アナハイム・ラボラトリー・ログ 第1話:消えた赤い機体① - 矢立文庫、2016年11月19日、2016年11月25日閲覧。
  6. ^ 『PROJECT Ζ』93頁の小田雅弘のコメント。
  7. ^ 『MISSION ΖΖ』では本体重量がMk-IIより軽減したとあるが、スペック表では本体重量は増加している。
  8. ^ ただし『MISSION ΖΖ』の年表ではキリマンジャロの陥落時期が0088年1月10日となっており、現在の年表と異なる。
  9. ^ 『PROJECT Ζ』95頁。本機の設定中に、使用されているものがガンダリウムβそのものとの記載はない。
  10. ^ 『PROJECT Ζ』71頁の原文の通り。「限界」が性能、生産性などのいずれを示すものかは不明。
  11. ^ 「ホビージャパン」2006年9月号53頁の作例記事中には「SEジェネレーター」という記述がある。
  12. ^ 『データコレクション(13)機動戦士ガンダム 一年戦争外伝3プラスORIGINAL MS IN GAMES』25頁。
  13. ^ 書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編II]』98頁。

関連項目[編集]