ジ・O

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジ・O(ジ・オ、THE-O)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器で、有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1985年放送のテレビアニメ機動戦士Ζガンダム』。

作中の敵側勢力である地球連邦軍特殊部隊「ティターンズ」の所属機で、木星船団指揮官「パプテマス・シロッコ」が自身の専用機として開発した。ずんぐりした体型の大型機だが、全身に配置された推進器によって高い機動性を発揮する。特殊能力者「ニュータイプ」でもあるシロッコに対応した特殊な操縦システムを持ち、主人公「カミーユ・ビダン」が搭乗する「Ζガンダム」や、アクシズ(ネオ・ジオン)指導者「ハマーン・カーン」が搭乗する「キュベレイ」と渡り合う。

当記事では、各バリエーション機についても記述する。

機体解説[編集]

諸元
ジ・O
THE-O
型式番号 PMX-003
所属 ティターンズ
建造 ジュピトリス
生産形態 試作機
全高 28.4m
頭頂高 24.8m
本体重量 57.3t
全備重量 86.3t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 1,840kW[注 1]
推力 38,200kg×1
16,200kg×6
(総推力)135,400kg
センサー
有効半径
11,300m
武装 ビーム・ソード(出力0.39MW)×4
ビーム・ライフル(出力2.6MW)
サブ・マニピュレーター(隠し腕)×2
搭乗者 パプテマス・シロッコ
その他 姿勢制御バーニア×50

木星帰りのニュータイプパプテマス・シロッコが来るべきエゥーゴアクシズとの最終決戦に臨むべく、巨大輸送船ジュピトリス工廠にて開発を行ったPMXシリーズMSの4番目の機体。重MSに位置付けられる[3]

設計者であるシロッコ自身の専用機として開発したMSであり[4]、管制システムには独自開発の[2]バイオセンサーが導入されている[4][注 2]。ビット兵器に代表される遠隔誘導端末の制御機能を有してはないが、感応波の増幅並びに追従性能向上に対する効果は大きく、機体制御の補佐システムとして優秀な性能を有している[2]。なお、シロッコがノーマルスーツを着用しないのは本機のインターフェイスを完全に稼働させるためである[2]

機体背部には加速用のスラスターを持ち、MAを凌駕する推力をもちらす[4][注 3]、さらに全身の装甲上には50基もの姿勢制御用スラスターが配されており[2]、機体の運動性は高い[5]。各スラスターはあらゆるベクトルに対応しており、MSよりもMAに近い特性を持つ[2]。本機のボディユニットはこれらのスラスターとプロペラントタンクの集合体からなる[2]

本機はMS1機を凌駕する大出力のジェネレーターと強固な装甲を持つ[2][注 1][注 4]。空間戦闘用に特化されており、脚部や各部の装甲は、一般的なMSのそれとは構造が大きく異なり、スラスターとカウンターウェイトの機能を統合した複合的な機動ユニットとして設計されている。本機の脚部モジュールは1Gでの歩行脚としての機能も有するが、スラスターや装甲の特性からランディングギアとしての意味合いが強い[2]

武装面ではビーム・ソードおよび大型ビーム・ライフルを携行するのみであり、グリプス戦役末期のMSとしては比較的簡素な仕様となっている[注 5]。これらの武装をより有効に活用すべく、通常の腕以外に独立したサブ・マニピュレーター(隠し腕)を腰部フロントスカートに内蔵する。通常のマニピュレーターと同様のエネルギーサプライシステムを持ち、武装の携行とビーム・ソードのドライブが可能[4]

機体名のジ・Oは神の意思を表す[注 6]。シロッコが死亡したことによって、ジ・Oの直接的な後続機が製作されることは無かった。

武装[編集]

ビーム・ソード
腰部サイドアーマーに2基ずつ計4基を装備。一定方向にバイアスがかかったビーム刃を形成するため「サーベル」ではなく「ソード」と呼称される[2]。シロッコによる独自部材の改良が施されており[4]、信頼性の高い武装である[注 7]
大型ビーム・ライフル
出力は小さいが集束率、命中精度が高く信頼性に優れる。また、メガランチャー級の高出力ビームを発射可能であり、その上で連射が可能であるともいわれる。シロッコが独自開発した物であり他機での運用は不可能。エネルギーパックも独自規格のものを採用しており、他機種との互換性はない[2]
小型メガ粒子砲
小説版に登場する武装で、肩や胴体の各所に配置されている。威力は高く、流れ弾の一撃でガンダムMk-IIを倒し、パイロットのエマ・シーンに致命傷を負わせている。

劇中での活躍[編集]

グリプス戦役終盤においてシロッコの乗機として出撃、地球圏の覇権を賭け、エゥーゴのΖガンダムおよび百式、またアクシズのキュベレイとの激戦を繰り広げる。特にキュベレイとの交戦時には、同機のサイコミュ兵装ファンネルをライフルで数基撃ち落とし、その攻撃を封じている。キュベレイのパイロットであるハマーン・カーンはシロッコと並ぶ強力なニュータイプであり、両者の間に常人の介入を許さない超常的な戦闘を展開した。

最終局面においてはΖガンダムとの決戦に臨み、これを圧倒するも、死者の念を取り込んだΖガンダムとカミーユ・ビダンの超自然的な力の前に制御不能に陥る。ウェイブライダーに変形したΖガンダムの突撃でコクピットを貫かれ、シロッコと共に機体は爆散した。

小説版ではアニメ版と搭載武装の一部が異なり、全身に無数のメガ粒子砲を装備している。メガ粒子砲の一斉射撃によってキュベレイのファンネルを破壊し、エマにも致命傷を与える。Ζガンダムの超常現象の影響によって制御不能となり、コロニーレーザーの閃光に呑み込まれ消滅した。

ジ・Oの巨体を目にしたクワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)は、本機を「ジュピトリスの達磨」と称している。

デザイン[編集]

デザインは小林誠が担当。アニメ最終回が迫っていることから、模型化を考慮せずにデザインの発注が行われた[6]

小林によれば本機はリック・ディアスの発展機であり[注 8]、胸部デザインはポルシェ・935のフロント周りがイメージベースとも語っている[6]。「ザクIIにヘルメットを被せてみた」というマラサイと同じく、低年齢視聴者層へのサービスと考えてデザインしたという。歩行は基本的に考えず、陸戦ならばホバー、宇宙ではスラスターで行動という設定であり、ジオングと差別化の意味も含めてフレームのみの逆関節脚部や巨大なスカート装甲を配置している[6]

小林自身も「ジ・オ」のデザインモチーフを気に入っており、自身のイラストや漫画、メカデザインなどで頻繁に使用された(『ドラゴンズヘブン』のネオジオ、『SAMURAI 7』の紅蜘蛛など)。電撃ホビーマガジンにもデザインを現代風にリファインした「ジ・オ」のイラストや作例を何度か掲載し、遂には自分の息子に「児央(ジオ)」と名付けたほどである。

ジ・O II[編集]

諸元
ジ・O II
THE-O II“HAUER”
型式番号 PMX-003
所属 ネオ・ジオン
搭乗者 フレデリック・F・ブラウン

漫画『機動戦士ガンダム ジオンの再興』に登場するMS。小林誠のイラストが元になっている。

宇宙戦用の試作機をベースに開発された重装甲・重武装の要塞攻略用地上型MS。

ジ・Oの開発に携わっていたジオン系技術者が陸戦用に製造した物で、脚部に計12基のホバーユニットを搭載している。全高は30m近くあり、シロッコのジ・Oより一回り大きい。銃身の長さが通常型MSの全高とほぼ同サイズの巨大なマシンガンを携行するほか、胸部に2連装カノン砲、背部に地対空ミサイル等を装備する。頸部の砲口らしき部分から発砲している描写もあるが詳細は不明。脚部の隠し腕でビームソードを使用する事も可能。砂漠戦仕様の本機は、ごく少数が生産され、前線に投入されたとされる。

劇中での活躍[編集]

ネオ・ジオン軍の地球撤退を支援すべく、フレデリック・F・ブラウン大尉と共に最前線へ送り届けられた。地対空ミサイルでA/FMSΖ-007IIの編隊を壊滅させるなど指揮官機として活躍するが、旗艦ガイア護衛中にΖΖガンダムの奇襲を受けて両腕を喪失。隠し腕のビームソードも通用しなかった為、そのまま巨体でΖΖガンダムを押さえつけて乗員退避を支援した。直後に至近距離からハイメガキャノンの直撃を受けて撃破されたが、コックピットは損傷を免れていたため、ブラウン大尉はマウアー大尉のシュツルム・イェーガーに救出され生還した。

ブレッダ[編集]

諸元
ブレッダ
BREAD
型式番号 PMX-005
所属 ネオ・ジオン
建造 アクシズ
生産形態 量産機
頭頂高 22.3m
本体重量 34.2t
全備重量 75.6t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 3880kW
推力 13800 kg×2
12800 kg×4
9200 kg×4
センサー
有効半径
12200m
武装 ビームライフル×2
50mmバルカン砲×2
バルカンショットマシンガン
搭乗者 フレデリック・F・ブラウン
シンクレア少佐

漫画『機動戦士ガンダム ジオンの再興』及び『新MS戦記 機動戦士ガンダム短編集』に登場するMS。

同じく試作機である「THE-O II」の小型化を目指して試作された機体。戦場におけるジ・OII は無敵を誇る火力と推進力を有しているものの、その巨大な姿は敵の目標になりやすく、かなりのダメージを負う事がしばしばあった。そこで、ジ・OII のノウ・ハウを生かした通常MSサイズでの実験が開始された。

PMX-005はその実験機の1機で、これ以外に数機の試作MSが存在すると言われているが、実際に非公式ながら唯一記録として残っているのが、このBREAD(ブレッダ)である。先行量産型10機が地上に送られて実戦テストが行われているが、戦果などの記録は公式発表されていない。

劇中での活躍[編集]

『ジオンの再興』では地球脱出作戦中にブラウン大尉が搭乗。クルツ大尉のサザビー、マイヤー小尉のG-3と共に、ΖΖガンダム量産型Ζガンダム 大気圏内仕様からなる大部隊と交戦し、敵に大被害を与えた後にザンジバルに乗り込み、宇宙へ脱出した。 『新MS戦記』ではブラウン大尉の部下クレイが搭乗。ガウで空輸されていたが、目標ポイント到着寸前に試作MA・G-RAYの攻撃を受けて脱出、ブラウン大尉のジャギュアと共に応戦した。ジャギュアが囮になっている間にG-RAYの背部に飛び乗ってメインノズルの破壊に成功したが、直後にミサイルハーガンで捕縛され、零距離ビーム攻撃を受けて撃破された。 PCゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスドオペレーション』では、宇宙世紀0089年にネオ・ジオン軍のエースパイロット、シンクレア少佐が搭乗した。

デザイン
OVA『機動戦士ガンダム0080』の近藤和久によるイメージイラストでは、この機体の頭部を持つMSがケンプファーの暫定的デザインとして描かれている。

ジャギュア[編集]

諸元
ジャギュア
JAGUAR
型式番号 PMX-007
所属 ネオ・ジオン
建造 アクシズ
生産形態 量産機
頭頂高 21.0m
本体重量 32.0t
全備重量 74.5t
装甲材質 ガンダリウムα合金
出力 3900kW
推力 13800 kg×2、
13800 kg×4、
8900 kg×6
センサー
有効半径
12300m
武装 30mmバルカン砲×4
ビームサーベル×2
バルカンショットライフル
搭乗者 フレデリック・F・ブラウン

漫画『新MS戦記 機動戦士ガンダム短編集』に登場するMS。

フレデリック・F・ブラウン大尉が乗った試作タイプのMS。

PMX-005 ブレッダの発展型で武装強化、バーニアの推力増大に加え、地上戦でのデータ収集のため、宇宙型(ジャギュー ツヴァイ)とは若干形が異なる。同クラスのMSであるサザビー(ただし、シャア・アズナブルらが乗ったニュータイプ用は省く)より、わずかではあるが性能が上である。しかしながら組み立てに非常に時間と費用がかかるために大戦中に7機しか作られておらず、正確なデータはいまだに得られていない。

劇中での活躍[編集]

ブラウン大尉率いる特殊部隊の隊長機として登場。連邦軍後方奇襲かく乱作戦の為にガウで空輸されていたが、試作MA・G-RAYの攻撃を受けて脱出する。敵掃討部隊のジェガンを三機撃墜し、G-RAYとの戦闘では左腕を喪失しながらもクレイのブレッダと連携して応戦。行動不能に陥ったG-RAYにトドメを刺し、連邦領内からの脱出に成功する。しかし、この戦果は未確認のためジオン軍公式戦闘報告には記録されていない。

ジャギャー ツヴァイ[編集]

諸元
ジャギャー ツヴァイ
JAGUAR II (Zwei)
型式番号 PMX-007B
所属 ネオ・ジオン
建造 アクシズ
生産形態 量産機
頭頂高 20.8m
本体重量 30.0t
全備重量 65.5t
装甲材質 ガンダリウムα合金
出力 4200kW
推力 14000 kg×2
13800 kg×4
9000 kg×6
センサー
有効半径
37000m
武装 30mmバルカン砲×4
ビームサーベル×2
バルカンショットライフル

漫画『新MS戦記 機動戦士ガンダム短編集』に登場するMS。

宇宙型ジャギュア。

タイタニア[編集]

諸元
タイタニア
TITANIA
型式番号 PMX-004
武装 ビーム・ソード
ビームライフル
ファンネル

ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場するMS。

シロッコが木星船団の輸送船ジュピトリスで、ジ・Oの後継機として開発を行っていた機体。詳細な機体スペックは不明であるが、武装としてIフィールド・バリア(1作目のみ)、およびファンネルを搭載し、ニュータイプ対応機としてさらなる進化を遂げている。本機の構想時において、ファンネルを携行するMSはアクシズ側のキュベレイのみであり、設計者であるシロッコの高度な予見性と技術力が伺われる。近接戦闘用の装備として、ジ・Oで試験採用された「隠し腕」のギミックも備えられ、両肩2対の隠し腕を有する。

地球圏統治後には、その指導者たる女性ニュータイプの搭乗を予定していたとされ、同じPMXシリーズのパラス・アテネを踏襲した外観と純白のカラーリングが特徴である。しかしシロッコが死亡したため実機が製作されることは無かった。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b スペック・ノート上のジェネレーター出力は2,000kw未満と控えめだが、これは本機の優位性を保つため軍部に虚偽のデータを報告したためである[1]。熱核反応炉は大型艦艇に匹敵する規模のものを搭載する。一般的なMSを大きく凌駕する動力性能を備え、その出力の高さは、上半身のみでもMAとして成立するほどである[2]
  2. ^ このサイコミュは同時期にアナハイム・エレクトロニクス社が実用化した準サイコミュの一種であるバイオセンサーと類似するが、シロッコが独自開発した収斂進化的なモデルである[2]
  3. ^ 推力38,200kgの大型ノズル1基、および推力16,200kgの小型ノズル6基を搭載(合計135,400kg)
  4. ^ 装甲についてはTV版ではΖガンダムとの最終決戦まで直撃を受けていないためあまり顕著になっていないが、小説版ではキュベレイファンネル攻撃と百式のビームライフルを全身に受けて武器のほぼすべてを使用不能にされながらも主要可動部分は問題なく動いており、驚異的な防御力を発揮している。
  5. ^ 近藤和久のコミック版では携行武器は無く、後述の小説版に準じた全身にメガ粒子砲を内蔵した機体になっており、両腕・両足が有線式のビーム砲になっていた
  6. ^ 当時のMSデザイナーのインタビューでは機体名は“神”そのものだと述べられている(THE=唯一 O=完全球体 唯一にして完全なる球体は神しかあり得ないという思想から引用したと述べている)
  7. ^ 設定画では片刃のブロードソードのような形状でガレージキットでもそれを再現していたが、プラモデル化の際にこのような設定となった。
  8. ^ ホビージャパン発行のムック『ガンダムゲームズ』や小林の著作『ハイパーウェポン』のインタビューなど。

出典[編集]

  1. ^ 「プロジェクトファイル Zガンダム」ソフトバンククリエイティブ 2016年9月 76-77頁。(ISBN 978-4797386998)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 「マスターグレード PMX-003 ジ・O」バンダイ 2010年8月 組立説明書参照
  3. ^ 「ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編」バンダイ 112頁。(ISBN 978-4891890186)
  4. ^ a b c d e 「ハイグレードユニバーサルセンチュリー PMX-003 ジ・オ」バンダイ 2002年12月 組立説明書参照
  5. ^ 「データコレクション 機動戦士Zガンダム 上巻」角川書店 1997年5月 42頁。(ISBN 978-4073063025)
  6. ^ a b c #ハイパーウェポンp.40

参考文献[編集]

  • 小林誠 『ハイパーウェポン 再生なき永遠の闇へ HYPERWEAPON YESTERDAY,TODAY,AND,NO FUTUREモデルアート、2005年4月。


関連項目[編集]