コンティオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンティオ(CONTIO)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。架空の有人操縦式ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1993年放送のテレビアニメ機動戦士Vガンダム』。

作中の敵側勢力である「ザンスカール帝国軍」、通称「ベスパ」の宇宙用量産機。エースパイロット向けに開発された高性能機で、両肩に装備されたハサミ状の有線射出武装「ショットクロー」を外観上の特徴とする。劇中では、主人公のライバル役であるベスパのエースパイロット「クロノクル・アシャー」が搭乗する試作機が主に活躍する。

メカニックデザイン石垣純哉が担当。

当記事では、劇中終盤でクロノクル・アシャーが搭乗する強化発展機「リグ・コンティオ」の解説も記述する。

機体解説[編集]

諸元
コンティオ
CONTIO
型式番号 ZM-S14S(初期型はZMT-S14S)
頭頂高 16.1m
本体重量 10.9t
全備重量 21.8t
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
出力 5,960kw
推力 8,500kg×2
16,960kg×2
21,410kg×2
合計 93,740kg
武装 ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
ビーム・シールド
胸部ビーム砲×3
ビーム内蔵式ショット・クロー×2
搭乗者 クロノクル・アシャー
その他 アポジモーター×38

ZM-S06S ゾロアットの後継機として開発された宇宙戦用MS。両肩の複合武装「ショット・クロー」をはじめとする多彩な搭載兵装による高い戦闘性能を持つが、操縦が難しく乗りこなせるパイロットは少数であったため[1]に大量生産されず[2]、ザンスカールの中でもエースパイロットに割り与えられた。

物量的な面において地球連邦軍と比べて劣るベスパが量より質の兵器思想の元で開発したMSであり、高出力ジェネレーター、高出力スラスターにより宇宙での機動性を向上させている。胸部の3連ビーム砲には、3本の索敵用ビームで空間を捜査して察知した敵に対し、3本の高出力ビームを収束させて爆発的な破壊力を発生させるシステムが備えられている[3]

有線兵器のショット・クローはそれ自体が巨大なビーム・サーベルやクロー、ビーム砲となるだけでなく、ユニット全体が攻撃端末となり、あたかもニュータイプ専用機のようなオールレンジ攻撃に近い攻撃を繰り出すことを可能にした。ハサミを思わせるショット・クローの形状から、ウッソ・エヴィンからは「カニもどき」と呼ばれる。

また、胸部に強力なビーム砲を装備したことによりコックピットのハッチが背面に存在するなど、従来機にはあまり見られない特徴を持つ。ビーム・サーベルは通常の剣状のほかに、ループサーベルと呼ばれる楕円形状にも展開する[4]。初期型はビーム・シールドの仕様が異なり、発生器が袖口周りに内蔵されている。これは次世代用のビーム・シールドの試験的搭載で、マニピュレーターの基部に発振器をレイアウトすることにより、攻撃と防御を同時に行えるようにするものであった[5]。本来はコンティオの通常装備となる予定であったがユニットの生産が間に合わず、量産機ではゾロアットと同型の物が流用され、搭載位置も肘付近に変更された[5]。初期型と同形態のビーム・シールドは、その後間もなくシャイターンの通常装備として実用化されることとなる。標準塗装はブリリアントピンク及びダークブラウン。

コミックボンボンに連載された漫画版ではビヒモスという名で登場。ビームを反射するミラーを配置した戦闘空域に胸部の3連ビーム砲を遠距離からミラーを利用して狙撃する戦法を採り、シュラク隊を壊滅状態にするもウッソにミラーを見破られ、敗北している。

設定画と作画用クリンナップでの違いが最も大きく、作画用ではかなりボリュームが増やされている。

劇中での活躍
カイラスギリー攻防戦で完成直後の初期型をクロノクル・アシャーが徴用し、リガ・ミリティアの部隊と交戦。タシロ・ヴァゴのカイラスギリー撤退を助け、以降はそのまま自身の乗機として使用する。その後は量産され、本国近辺でのリガ・ミリティアの空襲防衛などに用いられる。クロノクル機は本国付近でシュラク隊との交戦により中破した後、リガ・ミリティアのビッグキャノン発射を妨害するために弾頭として使用され、そのまま失われる。エンジェル・ハイロゥ攻防戦では一般機がクロノクルのリグ・コンティオと共に戦隊を結成し、ジャンヌ・ダルクの撃沈やリーンホースJr.襲撃に関与する。

リグ・コンティオ[編集]

諸元
リグ・コンティオ
RIG-CONTIO
型式番号 ZMT-S34S
頭頂高 16.3m
本体重量 10.7t
全備重量 21.4t
装甲材質 ハイチタン合金ネオセラミック複合材
出力 6,500kw
推力 32,330kg×3
合計 96,990kg
武装 ヴァリアブル・ビーム・ランチャー×1
胸部ビーム砲×3
ビーム内蔵式ショット・クロー
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル×1
ビーム・シールド×2
搭乗者 クロノクル・アシャー
その他 アポジモーター×24

コンティオの強化発展機。エンジェル・ハイロゥにおける最終決戦に向けてゴトラタンゲンガオゾと共に、スーパーサイコ研究所にて開発された[6]機体で、ザンスカール製MSの中でも最強クラスの性能を誇る。

しかし、操縦系統はコンティオ以上に複雑化しており、操縦可能な技量を持つパイロットの存在自体が疑問視され[7]、クロノクルが搭乗する1機しか生産されなかった[8]。当機体と並んでベスパ最強クラスのMSであるゴトラタンとは型式番号が連番となっており、2機によるコンビネーション(リグ・コンティオが前衛、ゴトラタンが後衛)を想定して開発されたともされている[9]

コンティオの基本コンセプトを路襲しつつ、総合性能の底上げが図られている。ショット・クローは左肩のみの装備となっているが、有線式から無線式の遠隔操作兵器に改良され、機能も大幅に強化されている。右肩には新規に、高出力を誇る折り畳み式のヴァリアブル・ビーム・ランチャーを装備する。

リガ・ミリティアとの最終決戦ではカテジナ・ルースの操縦するゴトラタンと共に最後の強敵として、ウッソ・エヴィンの操縦するV2ガンダムの前に立ち塞る。敵の助太刀がなければV2ガンダムを撃破という所まで追い込んだ[10]

無線式ショット・クロー
無線式で遠隔操作する兵器。ビーム・サーベル、ビーム・クロー、メガ粒子砲といった多様な機能を兼ね備えた兵装として運用される。ヴァリアブル・ビーム・ランチャーを換装して右肩にも装備することが可能[7]
無線遠隔操作の方法は作中明言されていないが、ゲーム『SDガンダム GGENERATION-0』など一部の媒体では、サイコミュ兵器として扱われている。
ヴァリアブル・ビーム・ランチャー
V.S.B.R.(ヴェスバー)」の機能を有した高出力ビーム兵器。戦艦を一撃で撃破するほどの破壊力を有する[11]。V2ガンダムとの最終決戦では、メガ・ビーム・シールドの本体部を一撃で破壊した[10]
大型コンデンサーが内蔵されており、本体から取り外しての射撃も可能な他、左肩にもショット・クローを換装して左肩にも装備することが可能[7]
劇中での活躍
エンジェル・ハイロゥ攻防戦にてクロノクルが操縦し、ウッソが搭乗するV2ガンダムに最終決戦を挑む。ジャンヌ・ダルクやリーンホースJr.に多大な損害を与え、V2ガンダムと激闘を繰り広げるが、V2ガンダムのビーム・サーベルを2本合わせて出力を上げた攻撃により大破し、残った上半身はそのままエンジェル・ハイロゥの外壁に激突する。

脚注[編集]

  1. ^ 『ニュータイプ100%コレクション23 機動戦士VガンダムVOL.2 SHAHKTI'S BATTLE』角川書店、54頁。
  2. ^ 『ニュータイプ100%コレクション21 機動戦士VガンダムVOL.1 ÜSO'S PRAYER』角川書店、41頁。
  3. ^ プラモデル『1/144 コンティオ』説明書より。
  4. ^ 『MS in Pocket』説明書より。
  5. ^ a b 『NEWモビルスーツバリエーション・ハンドブック(2)』18頁。
  6. ^ 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第149号、3頁。
  7. ^ a b c 『ニュータイプ100%コレクション23 機動戦士VガンダムVOL.2 SHAHKTI'S BATTLE』角川書店、61頁。
  8. ^ 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第139号、3頁。
  9. ^ 『モビルスーツ全集(12) 専用機モビルスーツBOOK』93頁。
  10. ^ a b 『モビルスーツ全集(12) 専用機モビルスーツBOOK』92頁。
  11. ^ 『総解説 ガンダム事典 Ver.1.5』347頁。

関連項目[編集]