カテジナ・ルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カテジナ・ルースは、アニメ機動戦士Vガンダム』に登場する架空の人物。17歳[1]。担当声優渡辺久美子

人物[編集]

ポイント・カサレリア近くの街ウーイッグで商店を営むテングラシー・ルースの娘。家庭を顧みず他に女を作る父、それにかこつけて自身も愛人を作っていた母に幻滅していた。ウッソ・エヴィンとは元々ペンフレンドの間柄であったが、ウッソから一方的にメールを送りつけられることには時に疎ましくも感じていた。戦災を逃れるためにリガ・ミリティアとなしくずしに行動を共にするが、年少の子供たちが戦争に巻き込まれていく中、ウッソをモビルスーツパイロットとして駆り出すリガ・ミリティアの大人たちに、次第に嫌悪感を抱くようになる。

その後、クロノクル・アシャーに人質として誘拐されるも、やがてザンスカール帝国の理念に賛同し、ベスパに入隊。尋常ならざる速度でモビルスーツパイロットとして実力を身に付け、最終決戦ではゴトラタンに乗り込み、クロノクルの駆るリグ・コンティオと共に、ウッソにとって最後の強敵として立ちはだかった。

小説版ではザンスカールのモビルスーツ操縦研修と並行して、スーパーサイコ研究所により強化人間としての処置を受けている。テレビシリーズでも、作中トップレベルのパイロットであるウッソやクロノクルに比肩するモビルスーツ操縦技術の短期間での習得、精神的干渉による会話描写、オールドタイプを見下す発言、ウッソに対する歪んだ執着と嫌悪、手段を選ばない卑劣ぶりなど、強化人間にみられる情緒不安定性や狂気に近い行動が多くなったことから、強化人間の処置を受けている可能性があるが、テレビシリーズ本編中では特に明言されていない。テレビゲーム・カードゲーム・関連書籍などの各種派生メディアなどでは、強化人間として扱っているものとそうでないものがある。

初期の頃こそ、やや冷たいが美人でウッソにも多少ではあるが気遣いのようなものを見せるなど普通のヒロインの一人として活動していたがパイロットとなって以降は、家庭環境の影響でできた自身の潔癖性とまで言える完璧主義な一面やそこから生まれたウッソを憎む気持ちから物語後半にかけて悲惨な末路を辿ることになる。 しかし、ある意味ではクロノクルを思う純粋な想いからでもあり、考え方が歪んだというよりは、周りのせいで自身を取り巻く環境が変化し、応じた結果とも言える。ルペ・シノのように無益な殺害などはあまりしておらずそこにも彼女の元々の性格が現れている。境遇だけならば彼女も戦争の被害者なのでは?という見方もあり決して一面だけでは語れない人物である。

漫画版には登場しない。

劇中での活躍[編集]

ベスパによるウーイッグ空襲で焼け出され、しばらくリガ・ミリティアに身を寄せるが、ザンスカール帝国の王弟クロノクル・アシャーによってオイ・ニュング伯爵とともに捕えられ人質となる。

しかしクロノクルの人柄に触れて彼に惹かれはじめ、行動を共にするようになった。マリア主義に洗脳され、クロノクルの秘書官として働くようになる。

やがて、ザンスカール帝国が実際はカガチによる傀儡政権であり、真の母系社会を確立しようとするクロノクルを助けるために自らもザンスカールの軍人として戦場に赴くようになる。

精神的に弱く、粗忽さも目立つクロノクルに苛立ち、ことごとく邪魔をしてくるウッソを次第に憎しむようになる。また、シャクティに対してもやがて憎しみの感情を持つようになる。

新兵の頃はルペ・シノ隊に配属されていたが、徐々にその才能を開花させルペ・シノを配下に置くようになり、終盤に差し掛かるとベスパのエースも次々に戦死し、カテジナ自身がエースとして戦場に出るようになる。エンジェル・ハイロゥ攻防戦時には女王の近衛兵に命令していることから、かなり階級が上がっていることがうかがえる。

当初はマリア主義への帰依心やクロノクルを助けたいという気持ちから戦闘を行っていたカテジナであったが、クロノクルに失望し、殺し合いを続けることにより狂気に取り憑かれるようになり、やがて彼女の戦いはウッソやシャクティへの偏執的なまでの敵愾心による、私闘とも呼べるものへと変質していった。

エンジェル・ハイロゥ攻防戦では実質的に専用機であるゴトラタンを与えられ、シュラク隊を単機で全滅させ、オデロ・ヘンリーク機を撃墜するなど、まさしく鬼神の如き強さをみせた。

またウッソを動揺させるため、捨て駒として女だけの近衛部隊に水着姿でモビルスーツに白兵戦を挑ませたこともある。そのやり方にウッソは激怒し、ビームサーベルでカテジナごとコクピットを貫こうとするなど、明確な殺意をみせるほどであった。その後、恋人・クロノクルと共に最後の強敵として、ウッソの前に立ち塞がり最終決戦を繰り広げた。ウッソのV2ガンダムをあと一歩で撃墜という所まで追い詰めるも敗れる。

最終話では戦争終結後、記憶[要出典]と視力をほとんど失った状態[2]でウーイッグに戻ろうとする途中、シャクティ・カリンと再会する場面が描かれる。

小説版では戦闘に巻き込まれて全身火傷を負い、クロノクルに拾われて治療を受ける。その後スーパーサイコ研究所で強化処置をうけ、ザンスカールの強化人間パイロットとして戦う。終盤ではゴトラタンの機体色に絡めて、クロノクルと肉体関係にあることが描写されている。最終的にウッソの操るセカンドVとの戦闘に敗れ死亡する。

他作品での活躍[編集]

スーパーロボット大戦シリーズ
原作同様、主人公側と敵対する人物として登場することが多い。『新スーパーロボット大戦』以降のシリーズ作品では特殊能力として「強化人間」と設定されている。『第2次スーパーロボット大戦G』・『スーパーロボット大戦D』では展開次第で仲間になるが、『第2次G』はあくまで拉致イベントがなくなるだけで、パイロットとしては扱えない。逆に『スーパーロボット大戦α外伝』では味方にする事は出来ず、ストーリー途中で必ず死亡する。『新』では原作のエピローグが描かれないため、最終決戦後の生死は明確にされていない。『新』では、前のステージでカテジナにトドメを刺したユニットのみを狙ってくる特性がある。

搭乗機[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 機動戦士Vガンダム公式サイト・カテジナ・ルース
  2. ^ ウッソが光の翼を繰り出した際、激昂するカテジナの瞳のハイライトが消える描写があるが、直接的にどのような理由で視力を失ったのかは定かではない。

関連項目[編集]