クロノクル・アシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クロノクル・アシャーは、アニメ機動戦士Vガンダム』に登場する架空の人物。担当声優檀臣幸

人物[編集]

ザンスカール帝国の将校で、初登場時の階級は中尉(後に大尉に昇進)。女王マリア・ピァ・アーモニアの実の弟であり、シャクティ・カリンの叔父でもある。後に彼の指揮下に入ることになるアルベオ・ピピニーデンは士官学校時代の先輩にあたる。

生粋のスペースノイドであり、地球のホコリを嫌って地上では白いマスクをつけていることが多い。自らのトレードマークにすべく宇宙でも着用している。女王の弟という扱いづらい立場から周囲には疎んじられ、最前線であるヨーロッパのラゲーン基地に配属される。

性格は、物語序盤ではリガ・ミリティア潜入中に寝ぼけたスージィをトイレへ誘導する、人質作戦を取ったピピニーデンを激しく嫌悪するなど心優しく良心的な面が描かれていたが、中盤以降は非人道的な作戦にも躊躇無く積極的に参加していくなど冷酷に変わっていった。

ザンスカール帝国の中でもトップクラスのモビルスーツ操縦技術を誇り、最終決戦ではリグ・コンティオを駆り、恋人のカテジナ・ルースが乗るゴトラタンと共にウッソ・エヴィンにとって最後の強敵として立ちはだかる。その戦闘では、敵の助太刀がなければウッソのV2ガンダムを撃破という所まで追い込んだ[1]

テレビシリーズ作中では明言こそされないが、高いモビルスーツ操縦技術、近親者2人が強力なニュータイプ(サイキッカー)である事、精神干渉を行う描写などから、各種ゲームや書籍などでもニュータイプとして扱われる事が多い。

劇中での活躍[編集]

物語の序盤、ポイント・カサレリアでMSシャッコーのテスト中、機体をウッソに強奪されるという醜態を演じて以来、彼とは浅からぬ因縁を持つ。しかしその後、リガ・ミリティアのアジトに潜入し、中心的メンバーの一人であったオイ・ニュング伯爵を拉致するという功績も挙げている。そのとき共に拉致したカテジナとは後に恋人の関係になる。中盤では女王の実子と判明したシャクティをザンスカール帝国側に連れ戻すなどの働きもあり、モトラッド艦隊の司令官に抜擢される。

リガ・ミリティアとの最終決戦、エンジェル・ハイロゥ攻防戦では、リグ・コンティオに搭乗し、特攻を仕掛けようとしたジャンヌ・ダルクのブリッジを破壊し、さらにリーンホースJr.に接近するも、オデロ・ヘンリークトマーシュ・マサリクに阻止される。その後、カテジナが操縦するゴトラタンと共に最後の強敵として、V2ガンダムに乗るウッソの前に立ち塞がった。激闘の末、V2ガンダムのビームサーベルを2本併せることで刀身の出力を上げた攻撃を受け、コクピットハッチから投げ出され落下、姉の名前を心の中で叫びながらエンジェル・ハイロゥに叩き付けられ戦死した。

コンティオ搭乗時までは一般兵と同じ黄色のノーマルスーツを着用していたが、リグ・コンティオに搭乗した最終決戦のみ、専用のグレーのノーマルスーツを着用した。

漫画版では、カテジナが登場しないため、クロノクル単独で最後の敵として登場する。ウッソに姉を殺された恨みから(なお、実際に殺したのはオデロのガンブラスターである)、ドッゴーラ改で出撃してV2ガンダムを苦しめ、我が子をかばった父ハンゲルグ・エヴィンのジャンヌ・ダルクを巨大ビームソードで真っ二つにした。最後はウッソのV2アサルトガンダムのIフィールド・シールドに包囲され、その中にメガビームライフルを撃ち込まれてしまう。それでも生き残り、V2ガンダムがシャクティの残るエンジェル・ハイロゥが大気圏に落ちるのを救出しようとした際、機体にしがみつき自爆の道づれにしようとするが、偶然漂流していたオデロのガンブラスターのビームサーベルをドッゴーラ改のコクピットに突き刺されて倒された。

搭乗機[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『モビルスーツ全集(12) 専用機モビルスーツBOOK』92頁。

関連項目[編集]