グフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グフ (GOUF) は、テレビアニメ機動戦士ガンダム』を初出として、宇宙世紀を舞台とするガンダムシリーズ作品に登場する架空の有人式人型ロボット兵器

敵側勢力であるジオン公国軍の陸戦用量産型モビルスーツ (MS) の1つ。ザクII陸戦型仕様)の格闘能力を強化した改良型で、ジオン軍大尉ランバ・ラルの搭乗機として有名。ラルの機体は試作型であり、彼のパーソナルカラーでもあるブルーの機体色は、後に登場する量産機の制式カラーとなった。

メカニックデザインは大河原邦男

プラモデルガンプラ)の商品展開に端を発する『モビルスーツバリエーション(MSV)』、およびその他メディアミックス企画においても、「飛行試験型」といったさまざまなバリエーションが生み出されている。本項では、それらバリエーション機の解説も併記する。

機体解説[編集]

諸元
グフ
GOUF
型式番号 MS-07B (YMS-07B)
所属 ジオン公国軍
開発 ジオニック社
生産形態 量産機
全高 18.7m
頭頂高 18.2m
本体重量 58.5t
全備重量 75.4t
装甲材質 超硬スチール合金
出力 1,034kw
推力 40,700kg
最高速度 99km/h[1](地上最大走行速度)
武装 75mm5連装フィンガーバルカン
ヒート・サーベル(グフサーベル)
ヒートロッド
ヒートホーク
シールド
MMP-78 ザク・マシンガン
360mmジャイアント・バズ(弾数10)
搭乗者 ランバ・ラル
ヘイブ
ヴィッシュ・ドナヒュー
ジオン公国軍一般兵

開発経緯[編集]

ジオン公国軍は地球侵攻に向けてMS-06F ザクIIを地上用に改修したMS-06J 陸戦型ザクIIを投入することで対処した。しかし宇宙空間での運用を念頭に開発された機体の改修には限界があり、新たに陸戦専用のMSの開発が求められて完成したのが「グフ」である。開発当初から、重爆撃機ドダイYSとの連携攻撃を考慮されていたため、従来指揮官機用だった頭部通信アンテナ(ブレードアンテナ)を標準装備とした。

グフのプランは地球侵攻作戦によって制圧した北米キャリフォルニア基地で設計・開発が進められ、ジオニック社によって陸戦用ザクIIをベースにYMS-07 プロトタイプグフが完成した。当初はMS-07 グフとMS-08の二つのプランが並行して進められたが、MS-08プランはYMS-08A 高機動型試験機の5機をもってYMS-07A グフのプランへ統合された。ただし、後にMS-08の型式番号を継承したMS-08TX イフリートが製作されている。

YMS-07Bは対MS戦用の固定武装を追加装備したYMS-07の3号機以降の機体を実戦投入したもので、この機体の仕様が本格量産型の基となった。ランバ・ラルが搭乗したのはこのタイプである。ラル機はチューンナップが施されており、のちの量産型よりも高い性能を誇ったという。ラル機の他には1機がMS-07Hの開発母体として流用された事が記録されている。ちなみにこの機体を受領したランバ・ラルのグフのパーソナルカラーの青は、その後一般量産機にも採用されている。

実際の開発にあたっては連邦軍のMS開発を考慮して格闘戦を想定している[2]。胸部装甲の強化、ザクIIでは右肩に固定されていたシールドを取り回しの良い左腕部に設置、機体本体への固定武装の追加、両肩に大型化したスパイクアーマーを備える等の改良がなされた。陸戦型ザクIIで問題となっていた装甲強度や運動性の向上もあわせ、ザクとは違う機体となった。特に装甲はザクに比べて厚く、ランバ・ラル機はホワイトベース隊との交戦で、ガンキャノンの砲撃を盾越しに直撃したが問題なく戦闘を継続した[3]。量産型でも、ガンダムの60㎜バルカン砲の直撃に十分耐える装甲を持つ[4]。機動力の面では、陸上における運用のためラジエターの大型化とともに機体の軽量化が図られ、バックパックはYMS-08A 高機動型試験機のデータを基に製作された。これによってグフはザクIIより20%以上の性能向上を果たした[5]

量産化にあたり試作型からの主な変更点はモノアイスリットを前方のみとしたこと、脚部の動力パイプを内装式としたこと、脛部にスラスターを追加したことなどである。本体は予定されていた固定武装の開発よりも先行して製造されたため、通常のマニピュレーターを装備した試験型テストタイプ (YMS-07A) がドダイYSとの連動テストや局地での可動データ収集をおこなった。この機体のテストデータを基に初期生産型 (MS-07A) 32機が先行生産されている。両腕の固定武装は試作型 (YMS-07B) で標準化され、その後に標準装備型 (MS-07B) として本格的に量産化されている。試作型は標準装備型と基本的に同一の仕様だが、ファインチューニングを施されていたため好成績を挙げている。

陸戦用ザクIIの生産ラインに替わって量産化されたグフは、ザクの後継機として量産が進められ[6]、オデッサやジャブローでの戦闘に大量に投入された。白兵戦を重視した本機は高性能で、熟練パイロットに特に好まれたが、一般パイロットには扱いづらく、操縦性に難点があった。また、接近戦用に特化しすぎた内蔵式の武装は汎用性に欠けたため[7]、改良型のMS-07B-3では通常型マニピュレーターに戻されている。

本機を母体にMSを飛行させる計画が進められていたが、計画は芳しい結果を出さずに終わった。しかし、副産物としてMSのホバー走行にめどが立ち、ツィマッド社ドムで「MSの行動半径拡大」という目的は達成されることになる。以後陸戦用MSの生産の主体はドムに移ったが、一部の熟練パイロットはその後も、垂直方向への機動力の高いグフを好んでいたようである。

武装[編集]

グフは本機にしか確認されない専用武装を持つ一方、他のジオン公国軍地上用MS武装も使用可能である。

ヒートロッド
先行試作型 (YMS-07B) と標準装備型 (MS-07B) に固定武装として右腕部に内蔵されている伸縮式の電磁鞭。最長で17.5mまで伸び、特殊デンドリマーを積層することにより幾層からなる圧電アクチュエーターを構成し、各層に独立して電荷を与えることにより自在に動かすことができる。それにより敵MSに絡みつき大電流を流すことで、電子回路を損傷させるとともにパイロットを感電させること[8]や、電流とともに熱を発生し敵装甲を溶断することも可能である。劇中でも、ランバ・ラル機がこの武器を用いてセイラ・マスが操縦するガンダムの爪先を切断している。この兵装は後年のハンブラビの海ヘビ、ゾロアットのビームストリングスなどの基礎となった。ちなみにビームサーベルなどで切られても残った部分で使用可能である[9]
5連装75mmマシンガン
グフの左手には5連装75mmマシンガン(別名グフマシンガン/フィンガーバルカン/フィンガーランチャー)を内蔵されているとされる。
そしてこのフィンガーバルカンはマニピュレーターとしての機能が低くなってしまい汎用性が低いため前線での運用に問題があったとされている。しかし、指の関節にあたる部分が曲げられる構造になっており、劇中の映像でも容易に関節部分を曲げている。ランバ・ラルの乗るグフも左手に5連装75mmマシンガンを装備しており、関節部分を曲げて近接格闘戦を行っていた。
グフサーベル/ヒートサーベル
シールド裏に装備されている格闘武器。収納時は柄のみの状態だが、形成された刀身により相手を溶断することが可能。ラル機以外はザク同様ヒートホークを使用している。放映終了後、『機動戦士ガンダム』のSF考証を行なっていた松崎健一は『機動戦士ガンダム記録全集 4』(1980年8月発行)において本武装を「ビームサーベル」と記載した[10]。また1981年4月20日発行の『講談社ポケット百科シリーズ ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』116ページでも「ビームサーベル」と記されている。しかし、1981年3月1日発行の『アニメック第16号 機動戦士ガンダム大辞典』(ラポート)では「ヒート・サーベル」と記述され、さらにその後の資料でも「グフサーベルと呼ばれるヒートサーベル」[11]や「ヒート・サーベル」[12]「ヒート剣」や「ヒート・ナイフ」[13]、「ヒートナイフ」[14]のように記載されて、「ビーム・サーベル」とした資料は見られない。しかし、柄から形成された刀身については「形状記憶型の高分子化合物の発熱体」とした資料があり[15]、「ヒート・サーベル」だともしない認識となっている。
その他の武装
テレビ版第22話で登場したグフは、ザクIIと共通の武装を装備している。冒頭の第86ボーキサイト基地戦で登場したグフはヒートホークを装備。ホワイトベースを罠に追い込む役で登場したグフ達は、ザクマシンガンを装備してガンダムと交戦した。また劇場版『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』のジャブロー編では、ドムのジャイアント・バズーカを装備したグフがジャブローに降り立った。

劇中での活躍[編集]

初登場はテレビアニメ『機動戦士ガンダム』第12話。それまでのジオンの主力モビルスーツ(MS)であったザクとは、塗装のみならず外形や武装も異なっている。これ以前のザクとは違う機体は、旧ザクとシャア専用ザク(ザクIIS型)しかなかったが、前者は1回限りの登場であり、後者はツノと塗装以外の外見はザクと同じであった。

初登場回である第12話では、「グフ」という名前が使用されていない(ただし、搭乗者のランバ・ラル自身が「ザクとは違う」という、例の有名なセリフを口にしている。また、アムロ・レイも「ザクと違う」と認識していた)。「グフ」という名称が劇中で初使用されたのは、2度目の登場となる第16話であり、Bパートでラル本人が「モビルスーツのグフ」と口にしている[16](これに先行し、第15話の終了時に流れる次回予告で、「ギャロップとグフ」とナレーションで明言している)。機体の武装や能力、さらにランバ・ラルの操縦技能をもってアムロの乗るガンダムを苦しめた。第17話で3度目の登場をし、4度目となる第19話(サーベルを使用した唯一の例)で撃破された。なお、後にランバ・ラルの乗った機体は「YMS-07B 先行量産型グフ」と設定されている。

第22話冒頭には再びグフが登場し、ザクと同様にこの機体も量産されている兵器であることが明示された。同話後半には、グフが8機登場。ザクマシンガンとグフシールドを持つだけでなく、ヒートロッドとヒートホークも使用した。このグフ部隊は半数がガンダムとガンキャノンに撃破されるも、両機体を弾薬・エネルギー切れに追い込み、マ・クベの計画どおりホワイトベースに撤退させている。

第23話では、前話で大破着底したホワイトベース隊に対するレビルによる補給を阻止するために、マ・クベが3機のグフと重爆撃機ドダイYS戦隊に出撃を命じた。ドダイYSはグフを上部に搭載し、ドップと共にマチルダ・アジャン率いるミデア隊を襲撃。当初、アムロはコア・ファイターでマチルダ隊救出に向かった。この交戦で、グフ1機がミサイルの集中攻撃で撃破される。続いてヘイブマーチの操縦するグフが空中換装したガンダムと交戦。ヒートロッドでガンダムの回路をズタズタにする損傷を与えたが、最終的にはGファイターに搭乗して協同作戦を展開するガンダムに敗れた。

この後、第29話のジャブロー攻防戦でガウ攻撃空母より降下するグフ数機が描写されるが、活躍シーンは描かれなかった。

テレビ版当初の全52話構想を監督の富野喜幸が記した「トミノメモ」と呼ばれるシノプシスにおいて、キシリア艦隊の偵察部隊の中にガッシャの随伴機として登場が想定されていた[17]

漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では、ランバ・ラル機は、ヒートロッドを収納する右腕が太く丸い形状になり、バルカン砲を装備している左腕は角ばった形状になるなど、アニメ版以上に左右非対称が強調された腕部に変更されている。武装に関してはヒートロッドの先端に展開式のアンカーロックが付けられ、左胸に三門の小型バルカン砲(本編未使用)を装備している以外は基本性能は同じである。その他に形状記憶型(ビーム)サーベルを多用し、ガンタンクを一刀で切り裂くなど接近戦において高い性能を発揮している。「オデッサ編」では、マ・クベのギャンに率いられ集団で登場した。その中の大半が角の付いていないタイプだったが、性能的に差があるのかどうかは不明。なお、実剣タイプのサーベルを装備していた。

テレビ版『機動戦士ガンダム』の放送終了直後に朝日ソノラマから出版された児童向けのアニメ絵本『主題歌のソノシート付き絵本 機動戦士ガンダム』第2集では、シャア・アズナブルがジャブロー攻略戦に際して赤いグフに搭乗する場面も描かれていた[18][19]

ザクIIとの外観上の違い[編集]

全体的なフォルムはザクIIとの共通点が多いが、アニメの設定でも模型でも、面構成はかなり異なる。外見的な主な違いは以下の通り。

  • 隊長機マーク(いわゆるツノ)が全機についている。隊長であるランバ・ラルが用いた機体のみならず、ラルの死後に登場したグフも隊長機マークが全機についている。資料によってはこれを通信用アンテナとし、電波の伝わりづらい地上では、一般兵にも高出力アンテナが必要とされたとの説明がなされている[20]
  • モノアイ(頭部カメラ)の溝の上下幅、特に中央部が細い。初代ガンダムでは、ここがザクIIと同じ高さになっていたという作画ミスがあった。
  • 頭部の動力パイプが顔の横(人間で言えば耳の位置)でせり上がっているため、モノアイの端の短い溝が無い。
  • 肩のアーマーが両肩とも丸型で、スパイクの1本が内側に反り返っている。
  • 固定武装(ヒートロッドとフィンガーバルカン)の追加。
  • 腹部コクピット部ハッチとランドセル(背面ブースター)の形状が異なる。設定書ではコクピット部は窓付きの直接視認型のようにも見えるが、劇中や模型では窓部分の色違いは、単なるパネルラインとして処理される傾向にあったが、例外も出始めている[21]
  • 脚部は動力パイプが外部に露出しておらず、脛にブースターとおぼしき膨らみがある。

備考[編集]

現在のデザインに至る前に、大河原邦男はザクの後継機案をもうひとつ描いている。口のダクトが長く伸び、ドムのそれと似たヒートサーベルを肩から斜めに装着、ゲルググのそれに似たシールドを装備、ギャンのように肩アーマーを廃した肩を露出させているという、その後のデザインに活かされた特徴を持つ機体である。結果的にもう一案の方が採用され、グフと名づけられるに至ったことは、MSのバリエーションを広げることに一役買っている。


プロトタイプグフ[編集]

諸元
プロトタイプ・グフ
PROTOTYPE GOUF
型式番号 YMS-07A
所属 ジオン公国軍
開発 ジオニック社
生産形態 試作機
頭頂高 17.7m
重量 55.7t
武装 ザク・マシンガン
ヒートホーク
シールド

(型式番号:YMS-07)

グフの試作型。陸戦用ザクIIをベースに製造された機体で、厳密にはザクの改造機。

初出はテレビアニメ『機動戦士ガンダム』用のデザイン準備稿。デザインは大河原邦男。

一般的に公開されている画稿ではカーキ色、黒、白の3色で塗られており、腹部・シールド・左足には「2」とナンバーが入っていることから試作2号機と推測できる。モノアイレールはMS-07Bでは前方のみだが、YMS-07Aは後方にもあり、全周型になっている。背部のバーニアノズルは3基搭載されている。両手ともに通常のマニュピレーターとなっており、ザクマシンガンとヒートホーク、シールドを使用できる。コクピットブロックは角ばった形状となっている。

複数がロールアウトしており、3号機以降の機体は5連装マシンガン、ヒートロッドなどの固定装備が増設された。この時点で外観の整理が行われ、すでに量産型と外観上の差異もない。

2号機までの仕様をYMS-07A、3号機以降はYMS-07Bとされるが、3号機ロールアウト以降も1〜2号機に加えYMS-07A仕様の機体は少なくとも1機以上が増産されている(後述するMS-07H グフ飛行試験型の設定から)。

これらの機体は量産化前のテスト運用を終えると共に、次なる開発プランの母体として使用されたり、実戦装備が施され前線に投入されていった。

MS-07Hの開発には3機のYMS-07Aと1機のYMS-07Bがベース機として流用された。実戦投入された例としては、ゲーム『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』に登場した闇夜のフェンリル小隊(MS-07Aとも表記されるが、各部の外観的特徴が示す通り、YMS-07Aに実戦装備を施したものである)などがある。

備考

一部の資料では、末尾にAもBもつかない「YMS-07」としてこの機体を紹介しているものもあるが、そちらも間違いではない。講談社ポケット百科シリーズ33「MSV ジオン軍MS・MA編」(昭和59年初版)もそんな資料のひとつだが、そこに掲載された陸戦MS開発系統図には、「YMS-07A」と「YMS-07B」の前段階として「YMS-07」が存在し、それぞれに枝分かれしていったともとれる表が掲載されている。この中で「YMS-07A」そのものについての詳細な言及はなされていないが、一方でほぼ同時期に発売された講談社ポケットカード9「MSVコレクション」では本機プロトタイプグフを明確に「YMS-07A」と定義した上で詳細な解説を行っている。これについての解釈は様々であるが、本項ではポケット百科シリーズとポケットカードの内容を両者尊重し、YMS-07ことプロトタイプグフに3号機における固定武装と外観の整理が行われて以降、その仕様を「YMS-07B」とし、便宜上それ以前の仕様を「YMS-07A」と定義したものとして紹介した。

ゲーム『機動戦士ガンダム0079カードビルダー』では、プロトタイプグフの開発ナンバーはYMS-07Aとして表記されている。

プロトタイプグフ 稼働実証機[編集]

(型式番号:YMS-07A-0)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Mobile Suit Discovery』に登場。デザインはカトキハジメ

オリジン版グフのプロトタイプ。両腕は通常のマニュピレーターになっており、マシンガンとシールドを装備する。シールドの裏にはヒート・ホークが装備されている[22]。。

カラーリングは2パターンあり、MSV版と同様のカーキ色・黒・白のもの(2号機)と、ランバ・ラルのパーソナルカラーである青いものがある。

プロトタイプグフ 戦術実証機[編集]

(型式番号:YMS-07B-0)

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Mobile Suit Discovery』に登場。『MSV』にて文書設定のみ存在していた3号機以降の機体と考えられている[23]

稼働実証機のテストと並行して行われていた試作型のヒートロッドとフィンガーバルカンを搭載した試験用のグフ。カラーリングは青。前腕部がモビルワーカー01式と同規格のアタッチメント式になっていて、前腕部に収納する武装の開発・実証を行なっている。完成機では右腕にマニュピレーターとヒートロッドを両方搭載しているが、試作型の本機はマニュピレーターは無く、腕部はヒートロッドのみを搭載する。左腕部のフィンガーバルカンも、完成機は5連装だが、試作型の本機は3連装となっており、関節がないため指を曲げることもできない。前腕部は交換により通常のマニュピレーターを装備することが可能である[24]


目次へ移動する


グフ(初期量産型)[編集]

(型式番号:MS-07A)

先行量産型。32機量産されている。5連装マシンガンやヒートロッド等の装備開発が間に合わず、武装はザクの物を流用。実戦配備後に生産が追いついたマシンガンとヒートロッドを現地で追加装備した。

初出はテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。第22話「マ・クベ包囲網を破れ!」に登場したものの一部を指す。本放送当時は特にランバ・ラル機との区分は明確にされていなかったが、のちに『MSV』において本編中の描写(両腕がマニピュレータ化されており、ザクの装備を使用している)を肯定するかたちで、このような解釈が加えられた。肝心の劇中での登場シーンは短い。デザインは大河原邦男。

初期量産型の名称はSDガンダムシールおよび「SDクラブ」機体解説記事より。

ゲーム『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』に登場するA型は、プロトタイプグフとB型グフの中間的なデザインをしている。ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』に登場するA型は120mmマシンガンとヒートホークを携帯し、アンテナブレードとヒートロッドを持たない。また、ゲーム中ではドダイへの搭載ができない。


目次へ移動する


グフ(後期生産型)[編集]

(型式番号:MS-07B)

YMS-07Bを本格的に量産したもの。ジャブロー攻略戦等各地の戦線に参加。

有名な「グフレディ」をパーソナルエンブレムとした東南アジア戦線の猛者サイラス・ロック中尉の他、パーソナルカラーで彩られたマルロ・ガイム中尉、トーマス・クルツ中尉らエースパイロットの愛機として名を馳せた。

初出はテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。デザインは大河原邦男。

後期生産型の名称はSDガンダムシールおよび「SDクラブ」機体解説記事より。

マ・クベ専用機[編集]

マ・クベ専用の儀仗用カスタム機。ギャンに似た頭部形状とカラーリング、各部に施された金色のエングレーブ風の装飾が特徴。なお、マ・クベ本人はこの機体に乗らなかったらしい。

初出は『MSV』。デザインは大河原邦男。

トーマス・クルツ機[編集]

トーマス・クルツ専用のグフ。茶色と緑の迷彩塗装がされている。

ヴィッシュ・ドナヒュー機[編集]

機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…』に登場。「荒野の迅雷」と呼ばれたヴィッシュ・ドナヒュー中尉の使用したグフ。右腕をマニュピレーターに換装し、グフカスタムのヒートロッドと3連装35mmガトリング砲を搭載した現地改修機。カラーリングは青で、ブレードアンテナと両肩のスパイクに白いラインが入っている。また、シールドには隻眼のドクロのエンブレムがマーキングされている。



目次へ移動する


グフカスタム[編集]

諸元
グフカスタム
GOUF CUSTOM
型式番号 MS-07B-3
所属 ジオン公国軍
開発 ジオニック社
生産形態 量産機
全高 18.7m
頭頂高 18.2m
本体重量 58.5t
全備重量 77.6t
装甲材質 超硬スチール合金
出力 1,034kw
推力 40,700kg
武装 3連装35mmガトリング砲
ヒート・ロッド(アンカータイプ)
ヒート・サーベル
シールド
75mmガトリング砲
搭乗者 ノリス・パッカード
ランス・ガーフィールド
ナランソロンゴ・ボルドバヤル
ジオン公国軍一般兵[25]

初出はOVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』。

型式番号から設定資料によってはB3グフと呼称することもある。著名な搭乗者はノリス・パッカード。名称表記は公式HPでは「グフカスタム」とある[26]が、「グフ・カスタム」と中黒が入る表記がされる書籍は多数ある。

グフの配備が進むにつれ、白兵戦を重視したコンセプトのため攻撃範囲が狭い、また固定武装としたためデッドウェイトとなり汎用性に欠けるなど前線での運用に不便な点が浮上した。そこでグフを全面的に見直し、固定武装を廃して射撃武装を着脱式とし中近距離射撃能力を向上させた機体として再設計した機体がグフカスタムである。開発にはMS-07H-8 グフフライトタイプと同じパーツを用いて行われたとも言われ[27]、外観にも共通点が多く見られる。

グフでは左手に5連装75mmフィンガーバルカンを装備していたが、グフカスタムでは通常のマニピュレーターとし、前腕部に脱着可能な3連装35mmガトリング砲を装備した。また、そのガトリング砲のさらに上に装備された小型シールドには6銃身75mmガトリング砲[28]を追加することで中距離の射撃能力を強化するとともに、近接戦時には排除することで白兵能力の低下を補った。さらにグフの特徴的な装備である右腕のヒートロッドは、材質を強化しワイヤー型とすることで小型化し射程距離を延長(最長17.5m)、それに伴い溶断機能を廃し放電のみとし、先端を鈎爪(アンカー)状とした(これらの変更点からヒートワイヤーとも呼ばれる)。シールド裏には格闘戦用のヒート・サーベル[29]を装備。これはグフに装備されていた刀身が伸長するものとは異なり、最初から剣の形状をしている。設定では刀身を発熱させることも可能だが、ノリスは発熱させずにナタのように使用していた。

劇中での活躍

劇中では、ジオン東南アジア方面軍アプサラス基地所属のノリス・パッカード大佐が搭乗して奮戦し、ヒートワイヤーを用いることでジェット・コア・ブースターと空中戦を演じさえした。その後ザンジバル級の病院船ケルゲレンの脱出を支援するため、本機を駆って再度出撃。陸戦型ガンダム量産型ガンタンク3機ずつを単機で相手にするという不利な戦いであったが、建造物を利用した戦法で量産型ガンタンク2機を撃破。第08MS小隊を手玉に取った。最終的にガンダムEz8との白兵戦での一騎打ちに敗れて撃破されるが、胴体を両断されながらもなお3連装35mmガトリング砲を放ち、最後の量産型ガンタンクと刺し違えるつわものぶりを見せた。

OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線』第3話では、オデッサに配備されていた機体が登場する。陸戦強襲型ガンタンク小隊に対して突撃を敢行するが、ガンタンク小隊と陸戦型ジム小隊の挟撃を受けてしまい[30]、ノリス機とは逆に高い白兵戦能力を生かすことなく撃破された。

漫画『機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画』では、ランス・ガーフィールド中佐専用機が登場する。右腕が欠損しているランスに合わせ、片手でも操縦できるようにコクピットが改修されている。また当機は「ヴァイス・ローゼ(白薔薇)」の愛称が付けられており、機体も白に塗装されている。首都防衛大隊の大隊旗機であり、宇宙世紀0079年12月31日にサイド3において首都防衛大隊が挙兵した際には戦力として投入される。親衛隊所属の手だれのリック・ドム2機を圧倒し撃破した後、親衛隊所属のフィーリウス・ストリームが搭乗するガルバルディと長時間に渡る戦闘の末、半ば勝利を譲るようにして撃破された。

漫画『機動戦士ガンダムMS BOYS -ボクたちのジオン独立戦争-』では、ナランソロンゴ・ボルドバヤル大尉専用機が登場する。ヒート金剛棒や右腕に内蔵されたヒート・ナックルなど独自の改造が施されている。また当機は「モンゴルの銀狼」の異名を持つ大尉にちなみ、機体は黒と両肩は銀色に塗装されている。

備考
デザインは、カトキハジメ。ファーストガンダムでの大河原邦男のMS-07B グフに、MS-06F ザクII→MS-06F-2 後期量産型ザクIIに準ずるリファインを加えてデザインされた。のちにプラモデルのHGUCシリーズにおいてMS-07B グフが発表された際は、このB3グフのデザイン画より逆算し、胸部や固定武装等の形状をより大河原版に差し戻したデザインが描き起こされた。なお、再解釈がなされたヒートロッドだが、監督・飯田馬之介は従来のミミズ状のデザインを希望したものの、カトキはワイヤー状にリファインすることを主張して大いに揉めたという。結局カトキがコマ漫画風のプレゼンパネルを用意して持論を通し、ワイヤー状のデザインとなった[31]
当初の予定では「グフ=青」のイメージを崩したく、頭部アンテナのみ赤く全身は黒(映像ではわかりづらいのでグレーで表現)と設定されていたが、スタッフの反発を受け現在のカラーになった。監督の飯田馬之介によれば、グフカスタムのカラーリングは青に見えるグリーンなのだという。また、全身グレーの塗装はグフフライトタイプに受け継がれている[32]

目次へ移動する


グフ(後期改修型)[編集]

(型式番号:MS-07C-1)

右腕のヒートロッドを廃し、両腕ともにマシンガン装備とした機体。

本来はテレビアニメ『機動戦士ガンダム』第23話における描写ミスが元ネタ(実際にはマシンガンとヒートロッドの両方が右腕に描かれている)だが、のちに『MSV』において設定に組み込まれ肯定された。重装型 (MS-07C-3) の前段階として位置づけられる。一部の資料では誤植なのか「後期回復型」と記しているものもある。

なお、07C系列は局地戦用と位置づけられており、投入される状況に応じ固定武装の仕様を各個変更したものとされる。後述するC-3、C-5のほかにC-2とC-4が設定上存在したという事になっている。C-4に関しては文字設定上において脚部補助推進器に大幅な改修を施した物とされているが、C-2に関しては外観はおろか、どのような仕様であったのか等の詳細も不明である。


目次へ移動する


グフ重装型[編集]

諸元
グフ重装型
GOUF Heavy Arms Type
型式番号 MS-07C-3
所属 ジオン公国軍
開発 ジオニック社
生産形態 量産機
頭頂高 17.7m
重量 64.2t
装甲材質 超硬スチール合金
武装 75mm5連装フィンガーバルカン×2
バルカン砲

C-1型をベース[33]に火力と装甲を増強したタイプ。アンテナがブレードタイプからロッドタイプに変更されている。火力の増強は歩兵支援任務のためであり、「機動力を持つ装甲砲」という従来の機動兵器と違うコンセプトで開発された[34]。主にヨーロッパ戦線に投入されたため、ヨーロッパ戦線用グフとして紹介されることも多いが、ジャブロー侵攻の際にも2機が確認されたという情報も残っている[35]

画稿の機体の上腕部には第29機甲中隊(ブリッツ中隊)キツネをモチーフとしたエンブレム[36][37]が描かれている。

OVA『機動戦士ガンダムUC』では、ジオン残党軍機として登場。中世ヨーロッパを思わせる城の城壁の一部に擬装を施した上で城内に秘匿されていたが、カークス隊からの要請に応じ、擬装城壁を破壊して出撃した。しかしトリントン湾岸基地襲撃においてその存在を確認できない。劇場公開時に配布されたガンダムトライエイジのプロモーションカード裏書きによると、パイロットがトリントン基地の場所を間違えて迷子になってしまったため襲撃に参加できなかったとされている。その後、復讐心を失ったパイロットが立ち寄ったある町の復興に活用するものの、実はその町こそがトリントンだった[38]

初出は『MSV』。デザインは大河原邦男。


目次へ移動する


グフ試作実験機[編集]

諸元
グフ試作実験機
GOUF Test Prototype
型式番号 MS-07C-5
所属 ジオン公国軍
生産形態 試作機
頭頂高 18.7m
重量 57.4t
装甲材質 超硬スチール合金
武装 ヒート・サーベル
シールド

『MSV』に登場。頭部のモノアイを十文字型に換装した[39]、グフとドムの中間的な外見の試作機。実験データはドムに生かされている。

ツィマッド社がライセンス生産したグフをベースとして開発された機体で、型式番号の「C-5」も軍による便宜的なものとされる[40]

C-1〜4までの機体とは一線を画す異色の機体であり、1機が建造されたのみである。運用も北米の試験場でのテストのみ[40]で、実戦には参加していない。

初出は1981年6月30日発行の講談社『TV版 機動戦士ガンダム ストーリーブック(2)』掲載の大河原邦男によるイラスト。1982年1月発行の『講談社のポケットカード(8) 機動戦士ガンダム モビルスーツカード』には「ドム試作タイプ」の名称で収録。デザインされた当時はジオニック社やツィマッド社といったMSを開発した企業の設定が(二次創作のムックである『ガンダムセンチュリー』の記事のみで、公式には)存在しなかったため、メーカーの開発系統を意識しない外見となった。


目次へ移動する


グフ・ヴィジャンタ[編集]

諸元
グフ・ヴィジャンタ
型式番号 MS-07G-1
所属 ジオン公国軍
頭頂高 18.2m
重量 61.4t
武装 シザー・ワイヤー
マインズ・ロッド
リムーヴァル・メイス

メカニックデザイン企画『MSV-R』に登場するジオン公国軍のMS[41]

グフのさらなる機動性向上を図った機体。

当初は機動性と火力の双方を向上した機体の開発を意図していた[42]が、設計段階で躓き、機動性能を向上した機体と火力を向上した機体の2機をセットとして運用する形となり[43]、前者がグフ・ヴィジャンタ、後者が後述のグフ戦術強攻型となった。試作機には開発ナンバー「YMS-07G-1」が与えられている[43]

高い崖などの登坂を目的としたシザー・ワイヤー射出機を右腕に装備。複数の高性能炸薬を鞭状に繋いだマインズ・ロッドを左腕に装備。先端にカートリッジ式の高性能炸薬を装備したリムーヴァル・メイスという特殊棍棒を対MS戦や障害物除去に用いている。22機生産され、全機が前線に送られたが、MS部隊に受領されないまま終戦を迎えた機体もあった。


目次へ移動する


グフ戦術強攻型[編集]

諸元
グフ戦術強攻型
型式番号 MS-07G-2
所属 ジオン公国軍
頭頂高 18.0m
重量 64.6t
武装 四連装ガンパック
120mmガトリング砲
ヒート・ロッド
ヒート・サーベル
シールド

メカニックデザイン企画『MSV-R』に登場するジオン公国軍のMS。

グフの機動性を生かしつつ、火力向上を図った機体。2機建造された試作機には開発ナンバー「YMS-07G-2」が与えられ[43]、そのデータを元に量産機が生産されている[44]

ランドセル側面に長砲身のガトリング砲(120mm機銃×6門)を装備。左腕をマシンガン、中距離射程ランチャー、火炎放射器、小型ロケット砲の4種をまとめた大型ガンパックに換装。脚部へのスラスターの追加によって、兵装追加による機動性能の低下を防いでいる。右腕のヒート・ロッドはそのまま残され、グフ・シールド、ヒート・サーベルも使用可能となっている。36機生産され、全機が実戦配備されている。


目次へ移動する


グフ飛行試験型[編集]

諸元
グフ飛行試験型
GOUF Flight Test Type
型式番号 MS-07H
所属 ジオン公国軍
開発 ジオニック社
生産形態 試作機
全高 19.3m
頭頂高 18.8m
本体重量 63.9t
全備重量 76.6t
装甲材質 超硬スチール合金
出力 1,034kw
推力 50,875kg
センサー
有効半径
3600m
武装 75mm5連装フィンガーバルカン×2
ジャイアント・バズ
搭乗者 ビリー・ウォン・ダイク

地球上におけるMSの航続距離の短さを克服するため、機体そのものに飛行能力を持たせるべく開発された試験機。飛行とはいっても、のちの可変MSなどのように航空機的な形態をとるわけではなく、脚部に強力な熱核ロケット・エンジンを搭載し、大推力により飛翔させるという半ば強引ともいえる手段であった。

3機のYMS-07A、1機のYMS-07Bを開発母体にサイド3で改装が施され、キャリフォルニアベースに移送後ビリー・ウォン・ダイク大尉の指揮の下でテストが繰り返された。

YMS-07AがH型1〜3号機、YMS-07Bが4号機として生まれ変わった。コクピットハッチの形状にはYMS-07A、B型それぞれの特徴がそのまま残っている。中でも3号機が比較的好調を示し、テスト開始後まもなく、燃料増加のため背部にドロップタンクを取り付けた07H-2型に再改修、その後も数回の改良と試行錯誤が繰り返されている。

固定武装として、07C-1型同様に両腕共にマシンガン装備となっているが、あくまで試験機であるため、実戦を想定した武装ではなく、C型系列の展開を見越した試験的な採用と考えられる。

しかし、総重量80tを越す自重が災いしたことと、加えて構造の複雑な新型エンジンのコントロール系統の動作不調、搭載燃料の限界により航続距離が短いなど問題点が多い。結局はドダイGA爆撃機を利用したドダイYSプランに譲る事となったが、後に飛行を諦め熱核ジェットホバーによる滑走を行うことで実用化され、結果的にドムの開発へと繋がることとなる。

初出は『MSV』。デザインは大河原邦男。プラモデル化もされた一般的に知られるタイプは、コクピット周辺の形状からYMS-07Aを母体とした個体であると判別できる。

劇中での活躍

漫画『機動戦士ガンダム バニシングマシン』では義勇兵部隊ヤーコブ隊の隊長機として登場。ホバー用エンジンをドム用のものに換装したり、盾としても使える超大型ヒートサーベル『エクスカリバー』を装備するなどして連邦軍の渡河作戦を阻止し続ける。酷使されたエクスカリバーが破損した後は、地面に突き刺した無数のヒートサーベル(全て故障しており、発熱が不可能な状態)を次々と取り替えながら鬼神の如く奮戦したが、最期はジム・スナイパーにコックピットを狙撃され、街道に立ち往生した亡骸を晒した。

グフ飛行試験型(地球連邦軍仕様)[編集]

一年戦争後は地球連邦軍に接収され、少数が連邦軍によって生産されている[45]。脚部は熱核ジェット・エンジンに換装され[46]、コクピットはリニアシート方式に改められて、ジャイアント・バズで武装している。U.C.0087年5月にエゥーゴによるジャブロー攻撃に対して4機が防衛の任に就いている姿が目撃されている。カラーリングはダークブルー。ジャブロー基地上の湿地帯やアマゾン川の水上をホバー走行しており、ドム的な運用がなされていた。

劇中での活躍

テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』第12話「ジャブローの風」に4機が登場する。そのうちの1機はジムIIネモに撃墜される。別の3機は小隊を組んでエゥーゴのモビルスーツ部隊の百式リック・ディアス等と交戦し、ジムIIを2機、ネモを1機撃墜する。クワトロ・バジーナの乗る百式の攻撃をホバー移動で回避するなど機動性は高い。カミーユガンダムMk-IIと交戦し、1機はフライングアーマーの体当たりで脚部を損傷、残る2機もビームライフルで撃破された。


目次へ移動する


グフ飛行型[編集]

諸元
グフ飛行型
GOUF Flight Type
型式番号 MS-07H-4
所属 ジオン公国軍
開発 ジオニック社
生産形態 試作機
頭頂高 18.8m
重量 65.2t
装甲材質 超硬スチール合金
武装 75mm5連装フィンガーバルカン×2
搭乗者 フランク・ベルナール

YMS-07Bをベースに建造されたH型の4号機に通算4度目の改装を施した機体。脚部エンジンを換装、フィンの大型化が図られた。肩アーマーは直線的デザインとなり肉弾戦用スパイクが廃されていた。一部の資料では「空戦型」とも記されている。また、あくまでも飛行試験を目的に開発されたものである為、武装も両腕のバルカン砲のみとなっている。

フランク・ベルナール少尉がパイロットを務め飛行試験にて優秀な成績を収めたが、エンジンの調整は難航し、最終テスト中に空中爆発を起こしてパイロットのフランクも死亡している。

しかし、貴重なデータが取れたのは事実であり、それを元にした事で、グフ・フライトタイプの開発に大きく役立っている。

初出は『MSV』。デザインは大河原邦男。


目次へ移動する


グフフライトタイプ[編集]

諸元
グフフライトタイプ
GOUF Flight Type (H-8)
型式番号 MS-07H-8
所属 ジオン公国軍
開発 ジオニック社
生産形態 量産機
全高 18.7m
頭頂高 18.2m
本体重量 61.5t
全備重量 77.6t
装甲材質 超硬スチール合金
出力 1,130kw
推力 108,400kg
センサー
有効半径
3,600m
武装 3連装35mmガトリング砲
シールド
75mmガトリング砲
搭乗者 ノリス・パッカード
(小説版『第08MS小隊』)

MS-07B-3 グフカスタムの部材や施設を利用し、MS-07H-4を再設計した機体で、H型シリーズの完成型として少数が量産された。H-4型と同じく肩アーマーのスパイクがなく、武器はグフカスタムに準じガトリング砲付きシールドを使用する。名称表記は公式HPでは「グフフライトタイプ」とある[26]が、「グフ・フライトタイプ」と中黒が入る表記がされる書籍は多数ある。

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』第11話に2機が登場し、アプサラスIIIの護衛として出撃する。アプサラスIIIの稼動を見届けてザンジバル級機動巡洋艦「ケルゲレン」に帰投した。だが大気圏離脱中のケルゲレンがジム・スナイパーに狙撃され、その際1機がケルゲレンと共に爆散。脱出した1機も中破しており、ジム・スナイパーに撃墜された。また、小説版では、ノリス・パッカードがグフカスタムではなく当機に搭乗。フライトタイプ2機を率いて連邦軍司令部を奇襲するも、シロー・アマダのガンダムEz-8に撃破された。その際、ヒート・サーベルをビッグトレーに投げつけ、旗艦の撃破には成功した(なお、イーサン・ライヤー司令官は、交戦中にビッグ・トレーを脱出していた)。

備考

初出はOVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』。デザインはカトキハジメ

実質的に07H-4型のリファインデザインであり、設定上もYMS-07A型ベースではなく07B-3型ベースでありながら、コクピットまわりにYMS-07A型の特徴が残っている。その理由については07B-3型との差別化を強調したいというアニメスタッフ側の意向が反映されたものだという[47]。従来の設定とのつじつまが合わないことと、模型化した際にパーツの流用への不便さを理由にカトキは反対したが、バンダイ側の模型設計スタッフによる「模型化に支障なし」との声もあり、結局アニメスタッフの意向を優先させる結果となった[47]


目次へ移動する


グフ複合試験型[編集]

諸元
グフ複合試験型
GOUF Compound examination type[48]
型式番号 MS-07W
所属 ジオン公国軍
開発 ジオニック社
生産形態 実験機
頭頂高 18.5m
重量 67.4t
装甲材質 超硬スチール合金
武装 75mm5連装フィンガーバルカン×2
シールド×2
ヒート剣×2
ジャイアント・バス×2
6連装30㎜機関砲×2(リトル・ドップ)
ミサイルランチャー×2(リトル・ドップ)

一年戦争後期、キャルフォルニアベースにて連邦軍に発見されたMS。胸部に専用のドップ(リトル・ドップ)を収納可能となっており、このリトル・ドップがコックピット兼脱出ポッドとなっている。そのためRXシリーズのコア・ブロック・システムの模倣機といわれているが、グフからの離脱はできても、その逆は不可能であり、リトル・ドップ自体はあくまでも脱出ポットである。

その他、腕部のシールドにバーニアが搭載されており、オリジナルより機動力は大きく向上しており、なんらかのテストベット機であるのは確かなようであるが、いずれにせよ、実戦投入が確認されていないことから、本機はパイロットの生還率向上のための実験機であったと思われる。

本機が発見された時に、リトル・ドップとは別に、MSのコックピット機能を持ったシーランスに似た小型潜水艇が製作途中で発見されている[49]。これらから、本機はコックピットの換装によって水陸両用MSとしても運用可能にしたと推定されている[49]


漫画『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』において、「ニューヤーク市解放10周年記念展」にザクIIFS型と共に展示されている。

リトル・ドップ
07Wの胸部に収容されているドップ。オリジナルのドップをそのまま一回り小さくしたもので、機首を180度回転することで収納が可能となる。

初出はメカニックデザイン企画『MSV-R』。デザインは「ガンダムエース」誌上から一般公募され、大賞作である「ガルマ専用グフ」を大河原邦男がクリンアップしたものである。そのためカラーリングはガルマ専用機を思わせるものとなっている。


目次へ移動する


高機動型試作機[編集]

諸元
高機動型試作機
High Mobility Test Type
型式番号 YMS-08A
所属 ジオン公国軍
生産形態 試作機
全高 17.7m
重量 55.7t
武装 ザクマシンガン
ヒートホーク
シールド

『MSV』に登場。陸戦型ザクIIの後継機として開発された試作機。競合機であるYMS-07 グフが陸戦型MSとしての完成度を主眼に開発されたのとは対照的に、重力下での機動性を主眼に開発され、軽量化や動力系の強化を図っている。機動性はYMS-07を上回っていたが、推進系の欠陥が発覚し不採用となり開発計画はグフに統合された。

厳密に言えばグフのバリエーションではないが、開発データなどがグフに反映されているため、グフの原型機の1つと位置付けられている。

当初は製造元が設定されていなかったが、後にツィマッド社製と設定された。コンセプト的には「ヅダ」の陸戦バージョンというべきMSであり、不採用の経緯もヅダと同じ轍を踏んだ形となっている。しかしながら「高機動陸戦MS」というコンセプトは最終的に名機ドムに昇華されることになる。

生産数は5機といわれているが詳細は不明。後に改良された機体がゲリラ討伐戦に投入されたといわれている。MS-08TX イフリートがそれに相当するのではないかという説があるが、関連は不明。

画稿の初出は1981年6月30日発行の講談社『TV版 機動戦士ガンダム ストーリーブック(2)』で、「ザクからグフへの改良過程の試作機」と記載され、1982年1月発行の『講談社のポケットカード(8) 機動戦士ガンダム モビルスーツカード』にも「ザク→グフ発展型」の名称で収録されていた。

機動戦士Ζガンダム』にも登場が予定されていたが見送られ、替わりにアクト・ザクが登場している。

なお、ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズでは、宇宙適正の高いMSとして設定されている。


目次へ移動する


RFグフ[編集]

諸元
RFグフ
RF GOUF
型式番号 OMS-07RF
所属 オールズモビル
生産形態 量産機
全高 18.7m
本体重量 26.3t
全備重量 65.2t
出力 2,750kw
推力 64,800kg
武装 5連装フィンガーバルカン
ヒートロッド
ビームライフル
ビームソード
ビームランチャー

オールズモビルが開発した、宇宙世紀0120年代の技術でリファインされたグフ。

ヒートロッドの先端にビームを発生させることもできるとされている。小型機であるガンダムF90に比べると大型だった。

ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』に登場。


目次へ移動する


脚注[編集]

  1. ^ 講談社ポケット百科シリーズ『ロボット大全集[1]機動戦士ガンダム』115ページ。
  2. ^ OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO -1年戦争秘録-』第2話に登場した特殊部隊「セモベンテ隊」は、鹵獲した陸戦型ザクIIを装備してジオン軍を悩ませ、5月8日にはザク同士の戦闘も発生した。
  3. ^ テレビ版第16話および『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』。
  4. ^ テレビ版第22話。ガンキャノンを援護するためにガンダムがバルカン砲でグフを攻撃した。
  5. ^ テレビ版第17話冒頭、アムロは鹵獲したコズン・グラハムのザクIIを元に、20%性能増しでグフのシミュレーションデータを作った。しかし実際のグフの機動力はアムロの想定を上回っていた。
  6. ^ 機動戦士ガンダム公式Web「メカ-ジオン軍-グフ」
  7. ^ 機動戦士ガンダム第08MS小隊WEB、「MS-ジオン軍編-グフカスタム」
  8. ^ 劇中の設定であり、実際には例えば車や航空機に落雷してもこのようなことは起こりえない。
  9. ^ テレビ版第19話では、ガンキャノンにまきついていたヒートロッドを、ガンダムがビーム・ライフルで切断した。その後もグフはヒートロッドでガンダムを感電させている。
  10. ^ 日本サンライズ『機動戦士ガンダム記録全集 4』196頁の写真説明より。
  11. ^ 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション 1 ザク編』(1984年発行)80頁。
  12. ^ プラモデル『HGUC MS-07B グフ』(2000年4月発売)取扱説明書より。
  13. ^ 皆川ゆか機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』 講談社、209頁。
  14. ^ 『機動戦士ガンダム エピソードガイド vol.1』(1999年発行)100頁。
  15. ^ プラモデル『MG MS-07B グフ』(2000年10月発売)JANコード 4902425-77633-0 取扱説明書より。本資料では「Type-βIV」と付記されている。
  16. ^ テレビアニメ『機動戦士ガンダム』第16話。OP冒頭から数えて15分頃。
  17. ^ 日本サンライズ『機動戦士ガンダム記録全集 5』188頁。
  18. ^ 五十嵐浩司 (2007年7月19日). “ビブリオグラフィー・イン・チルドレン 第1回 朝日ソノラマ編”. GUNDAM.INFO. サンライズ. 2014年4月27日閲覧。
  19. ^ 「グフにもシャア専用機が存在したのだ!!」、『電撃ホビーマガジン』第11巻第10号、アスキー・メディアワークス、2009年7月、 71頁、 JAN 4910164650798 雑誌16465-7。
  20. ^ 『機動戦士ガンダムの常識 一年戦争編』(双葉社 ISBN 978-4-575-30034-5 2008年5月30日 第1刷発行)44-45項。
  21. ^ 大河原邦男による『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』ポスターなどでは、該当部分が発光しているように描写されている。これを受けてか、「マスターグレード グフ」以降のプラモデルでは、クリアオレンジの部品による窓部分の再現がされているものもある。
  22. ^ 『月刊ガンダムエース2015年8月号』21ページ。
  23. ^ 『月刊ガンダムエース2015年8月号』19ページ。
  24. ^ 『月刊ガンダムエース2015年8月号』20ページ。
  25. ^ OVA『MS IGLOO2 重力戦線』第3話
  26. ^ a b 機動戦士ガンダム第08MS小隊WEBより。
  27. ^ プラモデル『マスターグレード グフカスタム』取扱説明書より。
  28. ^ 劇中の十数年後を描くOVA版『機動戦士ガンダムUC』5話において、袖付きのギラ・ズールがこのガトリングガンを使用している。
  29. ^ プラモデル『マスターグレード グフカスタム』取扱説明書では「Type-D III」とされている。
  30. ^ 陸戦強襲ガンタンクの砲撃をシールドでガードする中、左から陸戦型ジム小隊に撃たれた。
  31. ^ 月刊ニュータイプ掲載「第08MS小隊設定資料集 スペシャルコメント付き!」参照。
  32. ^ 『電撃ホビーマガジン』 1999年6月号 飯田馬之介監督インタビュー 52頁。
  33. ^ 『グレートメカニック・スペシャル モビルスーツ全集(4) MS-07/09 グフ&ドムBOOK』44頁。
  34. ^ 『機動戦士ガンダム MSV コレクションファイル[地球編]』098 グフ重装型 より。
  35. ^ 機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑』99頁。
  36. ^ 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション 2 ジオン軍MS・MA編』61頁。
  37. ^ 第29機甲中隊のエンブレムとしては「ザクレディ」もある。
  38. ^ 遊び心たっぷりのカードフレーバーの魅力に迫る!「ガンダムトライエイジ BUILD G1弾」特集【第2回】GUNDAM.INFO
  39. ^ 『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション 2 ジオン軍MS・MA編』8、83頁。
  40. ^ a b 『機動戦士ガンダム MSV コレクションファイル[地球編]』099 グフ試作実験機 より。
  41. ^ 設定画稿は『ガンダムエース2013年1月号』が初出だが、「グフ・ヴィジャンタ」の名称と機体後部の一部を描いたイラストは、グフ戦術強攻型の初出である『ガンダムエース2012年6月号』に掲載されている。
  42. ^ 『機動戦士ガンダム MSV-R ザク編』126頁。
  43. ^ a b c 『機動戦士ガンダム MSV-R ザク編』128頁。
  44. ^ 『機動戦士ガンダム MSV-R ザク編』130頁。
  45. ^ プラモデル『機動戦士Ζガンダムシリーズ No.10 グフ飛行試験型』取扱説明書より。
  46. ^ 皆川ゆか機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』 講談社、213頁。
  47. ^ a b 『カトキハジメ デザインズ&プロダクツ アプルーブドガンダム』角川書店、77頁。
  48. ^ 機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』2巻107頁。
  49. ^ a b 『機動戦士ガンダム MSV-R ザク編』124頁。

関連項目[編集]