クィン・マンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

クィン・マンサ(QUIN-MANTHA)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1986年に放送されたテレビアニメ機動戦士ガンダムΖΖ』。

作中の敵側勢力である「ネオ・ジオン」軍の所属機で、ニュータイプ強化人間などの特別なパイロット用に開発されたニュータイプ専用機。40メートル近い全高を持つ大型機で、『機動戦士Ζガンダム』に登場する「サイコガンダム」や、『ΖΖガンダム』にも登場する「サイコガンダムMk-II」に匹敵する。大型の肩アーマーをはじめとする各部に強力な武装を多数備えており、その火力で主人公「ジュドー・アーシタ」たち「ガンダム・チーム」を苦しめる。

機体解説[編集]

諸元
クィン・マンサ
QUIN-MANTHA / QUEEN-MANSA[1]
型式番号 NZ-000
所属 ネオ・ジオン(グレミー・トト派叛乱軍)
建造 ネオ・ジオン
全高 42.1m[2] / 40.0m[3]
頭頂高 39.2m[2]
本体重量 143.2t[2]
全備重量 264.7t[2]
装甲材質 ガンダリウム[2]
出力 21,370kW[2]
推力 62,300kg(ロング・テール・スラスター)[2]
119,400kg(メイン・スラスター)[2]
52,700kg×2(肩バインダー・スラスター)[2]
総推力:287,100kg[3]
センサー
有効半径
14,800m[2]
武装 メガ粒子砲×7
ファンネル×30
ビーム・サーベル×2
メガ粒子偏向器
搭乗者 プルツー
グレミー・トト(サブ)
アンネローゼ・ローゼンハイン
その他 姿勢制御バーニア×10[2]

ネオ・ジオンの象徴として開発された[4]、当時最大にして最強のニュータイプ (NT) 専用MS[5]

本機はサイコミュ兵装の小型化が進みつつあった時代において、性能強化のためにあえて機体サイズの大型化を行った機体である[4]。キュベレイの高性能化をコンセプトとするが[4]、機体設計には接収した地球連邦軍製のサイコガンダムMk-IIをはじめ[4]、その他ネオ・ジオン製MSすべてのノウハウが投入されている[5]

全身に多数のメガ粒子砲やファンネル、キュベレイの技術を反映した肩部バインダーには巨大なメガ粒子偏向器を搭載し[5]、攻防両面において他機の追随を許さない。スラスターも大出力を確保しており、大型機としては機動性も高い。

コックピットは頭部にあり、サイコガンダムMk-IIと同様に分離し[5]、緊急脱出艇としての機能を備えている[5]。装甲も極めて堅牢であり、フルアーマーΖΖガンダムのミサイルの斉射を受けても致命的な損壊を免れている。

個別の戦闘単位としては最強の性能を持つが、その分だけ搭乗者にも高い能力を要求するため、グレミー派叛乱軍内で本機の性能を引き出せるパイロットは、事実上強化人間であるプルツーのみであった。塗装はライト・グリーンを基調とする。

武装
メガ粒子砲
「メガビーム砲」とも呼ばれる[6]。頭部に3連装のものを1基[6](出力13.6メガワット[2])、胸部に2基(出力8.3メガワット[2])、前腕部内側に1基ずつ(出力8.5メガワット[2])、背部ファンネル・コンテナに2基(出力7.8メガワット[2])装備。胸部のものは拡散・収束の切り換えが可能。
ファンネル
背部のファンネル・コンテナに量産型キュベレイと同数の30基を搭載。ただしファンネルの射出口は14で、ファンネル・コンテナはメイン・スラスターを兼ねる[6]キュベレイのものと同型で、出力も同じ1.3メガワット[2]
ビーム・サーベル
両肩のバインダー内側に装備。機体サイズに合わせて通常のものより大型になっており、出力は1.8メガワット[2]
劇中での活躍
ネオ・ジオン内乱の際、グレミー・トト率いる叛乱軍の切り札として戦線に投入された。パイロットはプルツー。プルツーが精神に乱れを起こした際には、グレミーが同乗している。
クィン・マンサはその性能を存分に発揮し、ドック艦ラビアンローズを撃沈したうえ、ガンダム・チームΖガンダムおよびガンダムMk-IIを戦闘不能にするなど圧倒的な戦闘力を見せつける(ただし、ザクIII改には懐へ入られ、ビーム・サーベルの斬撃を受けている)。しかし、ジュドー・アーシタのフルアーマーΖΖガンダムにはその戦闘力も通じず、彼の説得に応じたプルツーは本機を放棄してしまう。その直後、開放したコックピットにルー・ルカの半壊したΖガンダムによる狙撃を受け、機体は崩壊するアクシズに巻き込まれる。
ゲーム『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』のシナリオ『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』では、グレミー派の残党に回収・修復され、アンネローゼ・ローゼンハインが搭乗する。塗装がディープ・レッドを基調に一新されたほか、アンネローゼがパーソナル・マークとして使用する、彼女が一年戦争時に所属していたマルコシアス隊のエンブレムが胸部に描かれている。アンネローゼのNT能力の不足により、ファンネルの最大展開数や機体稼働時間にリミッターがかけられており、プルツー搭乗時よりも戦闘力は低下している。トラヴィス・カークランドのΖII、ヴィンセント・グライスナーのギラ・ドーガ、クロエ・クローチェのトーリスリッターと交戦し、トーリスリッターとともに破壊されるが、パイロットはともに脱出ポッドで生還している。
ゲームブック『機動戦士ガンダム シャアの帰還』では、本機の残骸が登場する。シャア・アズナブルらと連邦軍の大型MSノクチュルヌとの戦闘に割って入るように漂ってきて、ノクチュルヌのファンネルの斉射からシャアを救っている。残骸が消滅する直前、シャアはハマーン・カーンの意志を感じている。
漫画『機動戦士ガンダムReon』では、地球連邦軍特務部隊の機体として登場。パイロットはダン・クルーガー中佐。
デザイン
デザインは明貴美加。準備稿では最終回用に出したいMSとしてオーラバトラーのような有機的なデザインで描かれた[要出典]。しかし、監督の富野由悠季が激怒してラフを描き直したため、それを元に改めてデザインし直すことになった[要出典]。ガンダムタイプを思わせる頭部は、その当時ラフデザインが提出されていたガンダムMk-Vから挿げ替えられたものである[要出典]
首が無く頭が固定されずに浮いた状態でスライドするリニア構造という設定だったが、富野がその設定を映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で用いようと考えたため、公開用の設定書には首パーツが描き足された。しかし結局、その設定が『逆襲のシャア』で用いられることはなかった(明貴のインタビューより[信頼性要検証])。

クィン・マンサ・セプテット[編集]

諸元
クィン・マンサ・セプテット
QUIN-MANTHA SEPTET
型式番号 NZ-000SP[7]
頭頂高 39.2m[7]
重量 199.8t[7]
武装 ファンネル[7]
メガ粒子砲[7]
ビーム・サーベル[7]
メガ・ビーム[7]
クロー・アーム[7]

トレーディングカードアーケードゲームガンダムトライエイジ BUILD MS』に登場。BUILD MS第4弾のトーナメント賞品として開発可能なIF設定の機体で、第7弾でカード化された。デザインはクィン・マンサ同様、明貴美加。

両肩のバインダーが計6基に増えており、それぞれにコックピットとモノアイがあり、1対のクロー・アームとメガ粒子砲1基を装備し、モビルアーマーとして独立して機動する。本体は原型機とほぼ変わりないが、バインダーに装備されていたビーム・サーベルはなく、代わりに前腕部のメガ粒子砲口からビーム刃を形成する。機体色はピンクを基調とする。

BUILD MS IF設定では「グレミー・トトが結成した特殊部隊用のMSで、セプテット・モードではすべてのバインダーに同じ名前をもつ少女たちが搭乗し、本体と合わせて変幻自在の七重奏攻撃「セプテット・パーフェクトブルーム[7]」をおこなう計画であったが、グレミーがエゥーゴの女性パイロットにうつつを抜かしていたことにより完成することなく終わった」とされる。また、マリーダ・クルスはネェル・アーガマで眠っている間に、本機が出撃する場面を夢で見たとされる[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『1/400 ガンダム・コレクション クィン・マンサ』バンダイ、2005年3月発売、商品パッケージ。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『別冊アニメディア 機動戦士ガンダムΖΖ PART.2』学習研究社、1987年3月、87頁。
  3. ^ a b 『ENTERTAINMENT BIBLE .2 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.2 グリプス戦争編】』バンダイ、1988年3月、56-57頁。
  4. ^ a b c d 『グレートメカニック・スペシャル モビルスーツ全集9 ニュータイプ専用機BOOK』双葉社、2015年9月、56-57頁。(ISBN 978-4575464900)
  5. ^ a b c d e 『データコレクション 機動戦士ガンダムΖΖ』角川書店、1997年12月15日初版発行、55-57頁。(ISBN 978-4073075721)
  6. ^ a b c 『ニュータイプ100%コレクション7 機動戦士ガンダムΖΖ』角川書店、1987年10月、42頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j カード「クィン・マンサ・セプテット」『ガンダムトライエイジ』バンダイ、2014年6月。

関連項目[編集]