レコア・ロンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レコア・ロンド (Reccoa Londe) は、アニメ機動戦士Ζガンダム』に登場する、架空の人物。担当声優勝生真沙子

概要[編集]

月面出身[1]の23歳。物語開始時はエゥーゴに所属しており、情報収集を主に担当する女性士官(階級は少尉)。クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)とは懇意の関係にあった[2]

テレビ版では落ち着いた女性として描かれ、機微に富み、カミーユ・ビダンファ・ユイリィなどの面倒もよく見ていた。その一方、常に死線をさまようかのような生き方をしてきたためか無意識のうちに危険を好む性格になっており、ファとの会話で本人もそれを自覚する発言をしている。劇場版では、アーガマに来て間もなく不安に陥るカミーユの拠り所となっていた。テレビオンエア前にリリースされた情報(バンダイ『模型情報』など)では、「カミーユにとってのマチルダ的存在」と紹介されている。

強い女性を装ってはいたが、内心では安定を欲していたり、女性である自分を認めてほしいという気持ちを少なからず持ち、クワトロにそれを求めていた。クワトロはそれに応えようとしなかったため、作戦で接触した敵のパプテマス・シロッコに興味を持つことになる。

その結果、物語中盤にはティターンズへ転向し[3]、同様にティターンズからエゥーゴへの転向者にして同世代の女性でもあるエマ・シーンとは度々、作中で対照的な存在として描かれた。エマが自分の信念に基づいてエゥーゴへ転向したのに対し、レコアは心の行き所を求めた結果としてティターンズに転向した。

『Ζガンダム』制作開始前の企画書には、「当面シャアに協力している」との記述がある。安彦良和のキャラクターデザインに基づいたテレビ版第3話では頬骨の目立つ顔で描かれたカットもあったが、この特徴はほどなく修正された。作中では、シロッコに「(強化人間と違って)まともだが、依存心が強い」と評されている。

劇中[編集]

一年戦争時からエゥーゴ在籍時まで[編集]

一年戦争で両親が被爆し、自身は反ジオンゲリラとして活動していたが後に地球連邦軍を経てエゥーゴへ入隊、中核メンバーの一人となる。 グリプス戦役開戦後は地球連邦軍の本拠地・ジャブロー基地へ侵攻する作戦に先駆けてスパイとして降下するが、ジャーナリストとして同じく基地に潜入しようとしたかつてのホワイトベース・クルーであるカイ・シデンと共に捕われの身となってしまう。だが、カミーユに救出される。劇中ではここで女性としての傷を受けたことが暗示され[4]、このことが以降の物語にも影響を及ぼすことになる。なお、小説版ではジャブロー降下前にリック・ディアスを持ち帰ろうとしたカミーユの父・フランクリン・ビダンを射殺しており、女性としての傷を受けたことについては彼女自身、その報いとして受け止めていた。再び宇宙に上がってからはMSパイロットへと転向し、メタスの搭乗員としてアーガマMS隊の戦力の一翼を担うこととなり、ファとはメタスのパイロットの座を争う場面も見られた。

闘いと政治に没頭していくクワトロへの一方的な失望から、やがて自分の存在意義に戸惑いを覚えるようになる。そんな最中、スパイとして潜入したジュピトリスで出会ったパプテマス・シロッコ艦長に興味を抱くようになり、やがてそれは戦闘中の混乱に紛れてティターンズに投降してしまうという、当初は自身にも不可解な結果をもたらすことになった。なお、劇場版ではジュピトリス潜入の描写がカットされたことに伴い、捕虜になったシロッコの部下・サラ・ザビアロフとの会話から彼のことを知り、興味を抱くという描写がなされている。

ティターンズ投降後[編集]

シロッコとの出会いにより女性としての充足を得るが、一方で自分を利用しようとする彼の本質も見抜いてもいた。だがそれは自身の危険を好む性質を呼び覚まし、自らシロッコ直属の手駒となり、ティターンズ軍人(階級は少尉)として参戦することとなった。アーガマの面々には戦死したと誤解されていたが後に敵同士として再会することとなり、カミーユやファに暗い影を落とした。

投降したティターンズでも最初はスパイと見なされ、戦艦アレキサンドリアの艦長・ガディから疑われたこともあった。クワトロが百式のメガバズーカランチャーで同艦を狙っていることを感じ取り、ガディに同艦の退避を進言、その直撃を回避させるなどの行動で何とか自分がスパイでないことを証明しようとした。しかし、その後もバスク・オムのいるドゴス・ギアに配属された際にはティターンズへの忠誠心を試され、「非人道的」という理由で不本意だったものの、スペースコロニーサイド2の21バンチに毒ガスを注入し、コロニー住民を皆殺しにする作戦の指揮を執ることになった。なおこのとき、作戦が失敗してもその指揮を執ったことで忠誠を誓ったことが立証できるという理由からエゥーゴのアーガマ隊が来てこの作戦を阻止してくれることを期待していた。が、期待に反してアーガマ隊の到着が遅かったため、やむなく毒ガス注入を行い作戦を成功させた。こうしてティターンズへと転向したものの、エゥーゴ所属時のアーガマのクルーを完全に敵視できなかったらしく、カミーユと交戦した際にはグリプス2のコロニーレーザー完成を彼に教え、アーガマを撤退させるよう忠告したり、ファの搭乗するメタスを庇い味方のバーザムを撃墜する場面やヤザンの操縦するハンブラビの海ヘビに拘束されたカミーユのΖガンダムに止めを刺そうとするときに若干躊躇する描写なども見られた。また、無意識のうちにシロッコよりカツを庇う描写もあり、その態度をカミーユに「レコアさんは勝手だよ」と批判される。

物語終盤においてエマと対決するが敗れ、最期に「男達って、戦いばかりで、女を道具にしか使えないんだから!」と[5]男性への憎悪の言葉を遺して戦死。その後、シロッコとの最終決戦に臨むカミーユに力を貸す魂の一人として登場した。

小説版[編集]

小説版では、途中でアーガマから配属換えになり劇中に登場しなくなるために、ティターンズへ転向するなどの描写はカットされている。また、アニメ版で最後に搭乗するパラス・アテネのパイロットもサラに変更されている。

搭乗機体一覧[編集]

メインパイロットとして搭乗
一時的に搭乗
いずれもテレビ版のみ。


脚注[編集]

  1. ^ 後に製作されたOVA作品『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』では月出身者は「ルナリアン」と呼称されている。
  2. ^ テレビ版で作画監督を担当した北爪宏幸によるコミカライズ作品『機動戦士Ζガンダム Define』では、ベッドでクワトロとの事後に語らう姿も描かれている。
  3. ^ レコア・ロンド - 機動戦士Ζガンダム
  4. ^ 小説版ではカイが「あんたの体を傷ものにしてしまった」と詫び、「辱めを受けた」ことが劇中で示されている。一方、劇場版ではテレビ版と違い「辱めを受けた」との発言は劇中になかった。
  5. ^ 劇場版IIIより。

関連項目[編集]