陸戦型ジム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

陸戦型ジム(りくせんがたジム、GM GROUND TYPE)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」の一つ。初出は、1996年から1999年にかけて制作されたOVA機動戦士ガンダム 第08MS小隊』。

作中の軍事勢力の一つ「地球連邦軍」の主力量産機「ジム」の陸戦仕様。ただし、通常のジムとは構造上の共通点はほとんどなく、開発された順番もこちらの方が先ということになっている。『08小隊』劇中では、主にコジマ大隊に所属する第07MS小隊の配備機として登場する。

メカニックデザイン大河原邦男。メカニックデザイン企画『M-MSV』(大河原邦男コレクション)では、似た名前のRGM-79F 陸戦用ジムが登場するが、こちらは別物の機体である。当記事では、各種バリエーション機についても解説する。

機体解説[編集]

諸元
陸戦型ジム
GM GROUND TYPE
型式番号 RGM-79[G]、RGM-79(G)
全高 18.0m
頭頂高 18.0m
本体重量 53.8t
全備重量 66.0t
装甲材質 ルナチタニウム合金
出力 1,150kW[注 1]
推力 49,000kg
センサー
有効半径
6,000m
武装 ビーム・サーベル×2
100mmマシンガン
ロケット・ランチャー
ミサイル・ランチャー
ビーム・ライフル
ショート・シールド
ガンダム&ジム用シールド
ガンダム・ハンマー ほか
搭乗者 ロブ
サリー
マイク ほか

RX-78-2 ガンダムの実働データが蓄積される以前に開発された機体で、地球連邦軍における最初期のMSの一つ[2]。そのため、ロールアウトはRGM-79 ジムよりも先行する事となった[3]。同時期に開発されたRX-79[G] 陸戦型ガンダムと生産ラインを共有しているため[4]、「ジム」の名を冠しながらも、RX-78のデータを元に製造されたRGM-79 ジムとは事実上異なる機体となっている[4]

陸戦型ガンダムにおいてはRX-78の余剰パーツを組み込んだ設計がなされていたが、それ故に生産数が限定される事態となったため、本機はその数量不足を補う目的で開発された[5]。そのため、本機では8割をRX-79(G)と共通の部品[6]、2割を後のRGM-79の部品で補っている[7][注 2]。装甲材は引き続き高強度のルナチタニウム合金を採用[8][注 3]。一方で本体ジェネレーターは低出力なものに変更された[2][注 4]。また、ルナチタニウム製の装甲は製造コストが高く、後発する大半のジム系列機では採用される事は無かった[8]

本機は50機ほどが生産されたが[7]、装甲のコスト高などから本格的な量産がなされる事はなかった[8]。しかしながら、頭部の構成などは後のRGM-79 ジムに踏襲されており[3]、その運用データ等も後の量産MS開発の礎となっている[8]。また、純正パーツの少ない陸戦型ガンダムの代替パーツとして修理に用いられる事例もあり、『08MS小隊』劇中では、頭部を破壊されたカレン・ジョシュワの陸戦型ガンダムに、本機の頭部がそのまま代用される[注 5]

実験機の改造ベースに利用されることもあり、その一つがクルスト・モーゼス博士が開発した対ニュータイプ用殲滅システム「EXAMシステム」搭載機「ジム・ブルーディスティニー(ブルーディスティニー1号機)」である。しかし、陸戦型ジムベースの機体では要求性能に満たなかったため、のちにEXAMシステムを積んだ頭部のみを陸戦型ガンダムの胴体に移植して実験が続行される。

設計を共通するRGM-79[E] #先行量産型ジム 宇宙用の設定も存在する。

武装[編集]

ビーム・サーベル
陸戦型ガンダムと同様に脚部サーベルラックに収納される。エネルギー消費の少なさから本体からのエネルギー供給も可能で、陸戦型ジムのバックパックにはサーベル用のコンデンサーが内蔵されている[10]
100mmマシンガン
型式番号 YHI YF-MG100[11]。ヤシマ重工製[11]。陸戦型ガンダムと共通の装備。サイドスカートには予備マガジンがホルダーされる[8]
ビーム・ライフル
陸戦型ガンダムと同型のもの。
ロケット・ランチャー
密林での使用を想定した装備。非使用時は腰のラックにマウントされる[8]
ミサイル・ランチャー
手持ち式の6連ミサイルランチャー。
ショート・シールド(シールド)
陸戦型ガンダムと共通のシールド。白兵戦時の打突用装備としても使用可能[10]
ロングレンジビームライフル
陸戦型ガンダム、陸戦型ジム双方で使用可能な[12]狙撃用の長射程用装備。エネルギーCAPを利用し、外部ジェネレーターからエネルギーを供給する方式[3]
レールキャノン
型式番号 YHI YF-RC180[11]。ヤシマ重工製[11]。初期のビーム兵器が持っていた問題(大気での減衰による威力低下)を考慮し開発された装備で、基本構造は艦船の主砲から転用している[11]

劇中の活躍[編集]

ジオン公国軍の勢力拡大を防ぐため、戦略上重要な東南アジアに優先配備され[13]、戦争終盤にはオデッサ作戦にも投入される[注 6]

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』第2話で、陸戦型ザクIIに撃破された本機が登場[注 7]。以降、コジマ大隊の一員として姿を見せる。当初は100㎜マシンガンを装備するが、劇中終盤のアプサラス秘密基地攻略戦ではビーム・ライフルを標準装備とする。第7話では、オデッサ作戦に参加した2機が登場。61式戦車と共に撤退するジオン軍を追うが、ユーリ・ケラーネ少将が使用した気化爆弾の爆風で消滅する。なお陸戦型ジムを見たケラーネは本機を「ヒトモドキ」と評する。

OVA『機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線』第3話には、独立混成第44旅団に所属する本機が多数登場する。100㎜マシンガンと連邦軍MSの標準的な菱型シールドを装備する。オデッサ作戦に参加しジオン軍の防御陣地に突撃を敢行するも、大規模な壕を使った罠やダブデ級陸戦艇の砲撃に苦戦する。

ゲーム『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』のシナリオ「ミッシングリンク」では、特殊部隊「スレイヴ・レイス」に3機配備されている。部隊カラーの濃淡グレーを基調に塗装されており、フレッド・リーバー機は彼の戦闘スタイルに合わせた格闘戦重視のチューンナップが施されている。また、マーヴィン・ヘリオット機はバックパックが陸戦型ガンダムのものに換装され(スラスター総推力も50,000kgに変更[14])、ウェポン・コンテナを装備。180mmキャノンを始めとする大型火器を搭載し、後方支援に当たる。パイロットたちが上位機種に転換したあとも1機が残され、エドワード・リーが搭乗することもある。

名称の変遷[編集]

本機は、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』発売当時から陸戦用先行量産型ジムもしくは先行量産型ジムと呼ばれることが多かった。現在のサンライズの公式設定では先行量産型とする設定は取り消され、名称も陸戦型ジムに統一されている。

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の作画用設定画には、地上戦用GMもしくは陸戦用先行量産試作型MS・RGM-79G ジムと書かれており、講談社発行の書籍『機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』では、先行試作量産型ジムという呼称を与えられている。それに伴い、『機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』においては、テレビアニメ機動戦士ガンダム』に登場するRGM-79 ジムおよび、その付加設定である『モビルスーツバリエーション』のRGM-79 ジム前期型・ジム後期型のことを、先行量産型ジムと呼んでいる。これらは通常、前期量産型と呼ばれる機体であるが、その「前期量産型」という記述がジム「前期型」と混同されがちなため、あえて「先行量産型」という表記を用いたと説明されている。

陸戦型ジム (ステルス)[編集]

『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』のリメイク漫画版『ザ・ブルーディスティニー』に登場する機体(型式番号: RGM-79[G]CV-ST)。

ジム・スナイパー[編集]

先行量産型ジム 宇宙用[編集]

諸元
先行量産型ジム 宇宙用
型式番号 RGM-79[E]
武装 ビームサーベル
100mmマシンガン
バズーカ

バンダイのプラモデル「HG 1/144 RGM-79[G] ジム」の解説書にて「宇宙用のEタイプと基本設計は同じだが、内装部品などは地上戦用にチューンされている」という記述がある。のちに『第08MS小隊』第1話に登場するジム改に似た機体がRGM-79E([E],(E)などの表記揺れあり)だったとされているが、これはルナツー製の機体とされ、プラモデルの記述にあった陸戦型ジムとの直接的な関係は明示されていない。

これ以外に、説明書の記述に完全に準拠し、陸戦型ジムとほぼ同じ姿の宇宙用ジムが、ゲーム『ガンダムネットワークオペレーション2』で「先行量産型ジム 宇宙用」という名で登場していた。陸戦型ジムの内装部品を変更した宇宙用の機体とされ、ゲーム序盤において地球連邦軍の貴重なMS戦力として登場する。

他に、ゲーム『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』では、目処が立ってなかったRGM-79の代わりに陸戦型ジムを空間戦闘用に改修したE型が存在しており、陸戦型ジムは宇宙軍にしても喉から手が出るほどの存在であったと解説がある。

ただし第1話のジムをルナツー製のRGM-79(E)とする解説は比較的古く(99年には存在)、発表順ではGNO2のほうが後発となる。RGM-79Eについての経緯はジム改#初期型ジムの項目を参照。

ブルーディスティニー0号機[編集]

ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に設定上存在する陸戦型ジムベースの試作機。当初は設定のみの存在であったが、リメイク漫画版『ザ・ブルー・ディスティニー』にて、上記設定の下、新たに設定された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 排熱問題から出力制限がなされていた初期モデルの数値。後に1250kwの制式モデルへとジェネレーターが交換されている[1]
  2. ^ 陸戦型ガンダムとの主な相違点は、胸部バルカン砲とマルチランチャー、ウェポンコンテナ用バックパックの撤去。ただし、ウェポンコンテナ用バックパックについては装備した機体も存在し、『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』などでは陸戦型ジム(ウェポンラック装備)と呼ばれている。
  3. ^ ただし『MS IGLOO 2 重力戦線』第3話で、ザクマシンガンを被弾して破壊される場面もある。
  4. ^ ジェネレーターはその出力からビームライフルを使用不可能とするものや[9]、ビームサーベルのみに限定されると記述する資料も存在する[2]。一方で、関連商品によってはビームライフルが付属武器として記載されているもの[3]がある。
  5. ^ ただし、ヒューズなどの耐久消耗品系パーツに関しては、ジムのパーツではガンダムのジェネレーター出力に耐え切れずに焼き切れる場面がCDドラマにて描写されている。
  6. ^ テレビシリーズではオデッサ作戦当時に連邦軍のMSは投入されていなかったが、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』以降もっと早くから量産型MSが存在したと設定変更が行われた。
  7. ^ シロー・アマダ率いる08小隊が交戦する直前、バズーカを持ったザクIIの足元で炎上する。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『マスターアーカイヴ モビルスーツ RGM-79 ジム』ソフトバンククリエイティブ、2010年9月、70頁。(ISBN 978-4797371239)
  2. ^ a b c 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダム 一年戦争外伝2』メディアワークス、1999年5月、55-57頁。(ISBN 978-4840212205)
  3. ^ a b c d 『1/100 MG RGM-79(G) 陸戦型ジム』バンダイ、2001年7月、組立説明書。
  4. ^ a b 機動戦士ガンダム第08MS小隊WEB「MS-連邦軍-陸戦型GM」
  5. ^ 『アナザーセンチュリークロニクル 機動戦士ガンダム 一年戦争全史 下巻』学研、2007年5月、76頁。(ISBN 978-4-05-604614-4)
  6. ^ 『NEO COMICS 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 フィルムコミック 3 信頼への限界時間』辰巳出版、1997年7月、104-105頁。(ISBN 978-4886412478)
  7. ^ a b 『マスターアーカイヴ モビルスーツ RGM-79 ジム』ソフトバンククリエイティブ、2010年9月、70頁。(ISBN 978-4797371239)
  8. ^ a b c d e f 『HGUC 1/144 陸戦型ジム』バンダイ、2017年1月、組立説明書。
  9. ^ 『機動戦士ガンダム ハチゼロ/ハチサン/ゼロハチ』太田出版、2003年3月。(ISBN 978-4872337334)
  10. ^ a b 『1/144 HG RGM-79(G) ジム』バンダイ、1996年7月、組立説明書。
  11. ^ a b c d e 『マスターアーカイブ モビルスーツ ジムvol.2』ソフトバンククリエイティブ、2015年3月、122-123頁。(ISBN 978-4797371239)
  12. ^ 『NEO COMICS 機動戦士ガンダム第08MS小隊 フィルムコミック8 軍務と理想』辰巳出版、1998年7月、105頁。(ISBN 4-88641-334-X)
  13. ^ MSイグルー2 重力戦線 公式サイト「special-コジマ大隊」
  14. ^ 『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』初回特典冊子「MOBILE SUIT GUNDAM SIDE STORY MISSING LINK ARCHIVES」バンダイナムコ、2014年5月、22-23頁。

関連項目[編集]