機動戦士ガンダムF90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダムF90
漫画:サイバーコミックス版
原作・原案など 山口宏
作画 中原れい
出版社 バンダイ出版課
メディアワークス
掲載誌 サイバーコミックス
レーベル B-CLUB COMICS
電撃コミックス
発表期間 1990年9月 - 1991年4月
巻数 全1巻
話数 全8話
漫画:SDクラブ版
作者 神田正宏
出版社 バンダイ出版課
掲載誌 SDクラブ
発表期間 1990年8月 - 1991年3月
その他 未単行本化
テンプレート - ノート

機動戦士ガンダムF90』(きどうせんしガンダムエフきゅうじゅう)は、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』の一つで、1990年バンダイから発売された一連のプラモデルによる企画、およびそれを元にして発表された漫画などの作品群の総称。

概要[編集]

アニメーション映画機動戦士ガンダムF91』におけるMSVの一つに当たり、映画の公開(1991年3月)に先駆けて前史として発表された。企画が立ち上がった経緯は商品(ガンプラ)展開上の繋ぎのためでもあるが、『ガンダムF91』が従来の作品から年代も設定も異なる内容であったため、同時に世界観設定上でも間を埋めることを目的として展開された。

『ガンダムF91』の新たな設定であるモビルスーツ(MS)の小型化に対し「宇宙世紀0111年(『ガンダムF91』の物語の12年前)に、それまで大型・高性能・複雑化という観点で進化を続けていたMSという兵器体系を、原点に返る意味で小型高性能な機体に作り変える」という設定が加えられている。それまでのモビルスーツの平均的な全長は18mから25mほどだったのに対して15mほどの平均全長になっているため、F90やF91のシリーズでは100分の1スケールプラモデルの大きさが、それまでの144分の1スケール相当となっている(この改変には、「18mクラスの巨体では人間キャラと同一画面に入りきらず、画的に「共演」が難しい」という製作サイドの事情もあった)。

当初はガンダムF90のデザインや一部の装備類が発表されたのみであったが、『ガンダムF91』の企画が進展していくにつれて時代背景などが発表され、またガンダムF90を主役機とする複数の物語が展開されていった。

アニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の時代から27年後、『ガンダムF91』の3年前となる宇宙世紀0120年の物語は、「サイバーコミックス」(以降CC)、「SDクラブ」にて漫画『機動戦士ガンダムF90』として掲載された。CC版は第23~30号に連載され、その後それらをまとめた単行本がバンダイ出版課から発売され、後にメディアワークスから復刻されている。SDクラブ版はCC版を低年齢向けに作り直したもので、登場人物は異なるが物語は基本的に同じ。SDクラブ第15号、第17号~第20号まで連載されたが、雑誌休刊のため未完に終わり、単行本化されていない。

CC版の戦後となる宇宙世紀0122年の物語は、スーパーファミコン用ゲームソフト『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』として発表されている。登場人物を除く多くの設定がCC版から引き継がれており、またガンダムF90の新たな装備類などが設定された。

プラモデルシリーズをはじめゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズや資料集などでは、主に登場機体について、CC版およびSDクラブ版と『フォーミュラー戦記0122』の他にバンダイ発刊の雑誌「B-CLUB」誌上で連載された『月刊MSジャーナル』で設定されたものを含めて『機動戦士ガンダムF90』として扱われている場合が多い。

漫画『機動戦士ガンダムF90』(サイバーコミックス版)[編集]

物語導入部[編集]

宇宙世紀0120年、過去の動乱が過ぎ去り平穏な日々が続いていたこの時期に、地球連邦軍第13実験戦団は次期主力MSとして開発されたサナリィ製MS「F90」2機のテストを行っていた。そのテストの最中に旧ジオン軍のMSそのままの形をした謎のMS集団が現れ、F90二号機が強奪されてしまう。第13実験戦団は、本来の第13独立機動艦隊として、F90を強奪した組織の本拠とされる火星へ赴く。

主な登場人物[編集]

声優は『SDガンダム GGENERATION』シリーズ(『SDガンダム GGENERATION-F』、『SDガンダム GGENERATION PORTABLE』、『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』、『SDガンダム GGENERATION WARS』、『SDガンダム GGENERATION WORLD』、『SDガンダム GGENERATION OVER WORLD』)のものである。

サナリィ[編集]

デフ・スタリオン
声 - 関俊彦
本作の主人公で、サナリィ所属のテストパイロット。Fシリーズが次期MSに採用されると、実験部隊として地球連邦軍の第13実験戦団に編入される。サナリィ所属のため階級は名目上少尉
宇宙世紀0120年10月28日、2機あるサナリィの新型MS、F90の一号機のテストをしていた彼は、オールズモビルの襲撃を受け、二号機を強奪されてしまう。ジョブ・ジョンの根回しで罪に問われることはなかったが、オールズモビルを追うためにF90の奪還およびジオン残党の掃討作戦に参加させられてしまう。
アドミラル・ティアンムを旗艦とした第13実験戦団は本来の第13独立機動艦隊に戻り火星へ向かったが、火星戦闘空域内にて、ボッシュが叛乱を起こし、艦を制圧。F90と艦隊丸ごとをオールズモビルの兵力に組み込もうとしたが、デフの独断により降下船単独で火星に降下。シドの協力の下、オプション兵装を複合させたF90にて敵本拠地に侵入した。オールズモビル基地内でボッシュが乗る改修された二号機と交戦、今までの戦いはガンダムF90一号機に搭載された擬似人格コンピュータ「Type-A.R」の力あっての物だと明かされる。しかし、最後はデフ自身の力で2号機を撃破。その後、彼らは降下船で火星から脱出した。
昔からMS好きを自覚しているが極度の軍人嫌いでもある。そのため、軍ではなく、サナリィのテストパイロットとして契約した経緯があり、軍に編入された際、テスト中にその事で愚痴をこぼしていた。
シド・アンバー
声 - 井上和彦
サナリィ所属のテストパイロット。Fシリーズが次期MSに採用されると、実験部隊として第13実験戦団に編入される。サナリィ所属のため階級は名目上少尉。
デフと共にF90の2号機のテストをしていたが、オールズモビルの襲撃を受け、元々エンジンが不調だったこともあり2号機を強奪されてしまう。ジョブ・ジョンの根回しで罪に問われることは無かったが、オールズモビルを追うためにF90の奪還およびジオン残党の掃討作戦に参加させられてしまう。
ボッシュが叛乱を起こした時、デフの独断により降下船単独で火星に降下。
デフと共に敵本拠地に侵入するものの、ボッシュが乗る改修された2号機の奇襲を受け、機体は大破。しかし、自身はほぼ無傷で生き残り仲間との合流に成功する。
性格は楽観的。更にジオン系であるAMS-119 ギラ・ドーガ改に乗り換えても素直に「ジオン系はいい」と興奮していた。降下シミュレーションは苦手としていたらしい。
ジョブ・ジョン
声 - 龍田直樹
アニメ『機動戦士ガンダム』のキャラクター。一年戦争時代にホワイトベースのクルーとしてアムロ・レイと共に戦った経歴を持つサナリィの幹部。現在はF90の開発責任者である。ノヴォトニー以下が混乱しているさなか、冷静かつしたたかに振舞っていた。
アルマイア・グッゲンバイガー
Fシリーズの開発担当者(資料によってはアルマイア・グッゲンバイガー博士[1]、Dr.アルマイア・グッゲンバイガー[2]とも記述される)。漫画劇中には登場しない。ガンダムF90開発計画の現場を取りまとめるチーフデザイナーであり、次期主力MS開発にあたって、「MSの原点に立ち返る」ことを掲げた[3](こうした提言は従来の開発においてもしばしばなされたが、彼の設計思想はMS本来が持つ汎用性に着目したものだった)。

地球連邦軍[編集]

ナヴィ
声 - 水谷優子
本作のヒロインで、連邦軍の女性MSパイロット。戦術情報局所属のエリート士官。デフ、シドとチームを組み、STガンに搭乗してガンダムF90の実戦テストを行っていたが、オールズモビルの襲撃を受けた際にガンダムF90の2号機は強奪され、その後オールズモビル掃討任務のため、彼女も第13独立機動艦隊に所属することになる。航海中に受けた機動爆雷に不信を抱き、内通者の可能性を見出すが艦長のノヴォトニーはそれに取り合わなかった。
火星でのオールズモビル掃討作戦中にボッシュ大尉が叛乱を起こす中、彼女の乗る降下船が攻撃を受けた際には、デフの言葉を信じ半ば強行に火星へ降下する。その後、追撃のMS隊の攻撃を受け、乗機のSTガンは中破、彼女は捕虜になってしまう。オールズモビル基地が崩壊を開始した際に開放され、逃げ出す際にシドと、その後デフとも合流、降下船で火星を離脱した。
ボッシュ
声 - 中田譲治
地球連邦軍第13実験戦団の実験部隊隊長で大尉。気さくで部下思いな人間であり、部下のデフ、シドとは積極的にコミュニケーションを取っていた。過去には、シャアの動乱(第二次ネオ・ジオン抗争)の時に連邦軍のモビルスーツパイロットとしてGM3を操縦し、ネオ・ジオン軍のギラ・ドーガ(ボッシュ曰くドイツ頭)を相手にした。また、ロンド・ベルの救援のためアクシズへ向かい、アムロ・レイのνガンダムと一緒にアクシズを支えたのは彼の自慢話の一つでありシドは度々その話を聞かされていたようである。
ノヴォトニー
声 - 菅原淳一
デフたちが乗艦したアドミラル・ティアンムの艦長で黒人系。火星に派遣された第13独立機動艦隊の艦隊司令も兼ねる。冷静沈着に振舞うが、実戦経験の乏しさなどから失態が多く目立ち、挙句の果てに味方もろとも核攻撃を行おうとした。そのため、艦内の乗員らと対立した所を火星独立ジオン軍の兵器オリンポスキャノンの直撃を受け轟沈、戦死した。
エリク
アドミラル・ティアンム所属のMSパイロット。ジェガンに搭乗。
マーク
アドミラル・ティアンム所属のMSパイロット。ジェガンに搭乗。

火星独立ジオン軍[編集]

一年戦争後、火星に逃れたジオン公国軍が結成した組織。旧ジオン公国軍の装備を模した機体を運用していたことから、連邦軍側からは『オールズモビル』と呼ばれた。宇宙世紀0110年代から0120年代初頭にかけて木星船団への海賊行為や地球圏でのテロ活動を行っていた。メンバーの多くは40年前に地球を追われたジオン公国軍の残党とその子孫であり、高齢化が進んでいた。その活動の最終目的は火星から地球への直接攻撃で、40年の期間をかけオリンポス山を改築し基地化、質量弾を地球へ射出する設備を構築した。連邦軍のF90奪還作戦に伴う一連の軍事行動とオリンポスキャノンの自壊により組織は壊滅。わずかに残った残党は地球圏へと離脱した。

ボッシュ
声 - 中田譲治
実は彼こそがオールズモビルの内通者であった。ボッシュはネオ・ジオン第2の反乱の時、ジェガンのコクピットからアクシズを押し返すνガンダムから放たれた光を見た。物理法則を無視したその悪魔のようなガンダムの力に魅了され、自らの物とする為オールズモビルとの内通を開始。そして、ガンダムF90のテスト中、オールズモビルに襲わせ「Type-C.A」が搭載されたガンダムF90二号機の強奪に成功した。
第13独立機動艦隊が火星へ向かう途中、機動爆雷を艦艇にあてさせタイムスケジュールを狂わせることに成功し、火星で大きなトラブルがあった場合帰還不能な状態に追い込んだ。
火星上にてオールズモビルの強襲に乗じ作戦を決行、叛乱を起こし、旗艦を制圧した。その後脱出し、火星へ降下、奪ったガンダムF90二号機の改造機に搭乗し、シドのギラ・ドーガ改、エリクのジェガンを撃墜した。その後、デフのガンダムF90一号機と交戦し敗北、戦死した。
ベイリー
火星独立ジオン軍の士官で階級は少佐。RFゲルググのキャノン装備タイプを使用。火星上での戦闘でナヴィのSTガンを中破させ、捕虜として連行した。
RFギャン・パイロット
火星独立ジオン軍に所属するパイロット。名前、階級共に不明であるが、ベイリーと対等以上の口を利いているあたりから、佐官以上の階級があることを窺わせる。RFギャンに搭乗し、火星上でデフのF90一号機と交戦した末に戦死している。

登場兵器[編集]

代表的な資料集であるメディアワークス『MS大全集』シリーズなどで、『機動戦士ガンダムF90』『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』の機体として、以下のものを扱っている[4]

  • ガンダムF90
漫画、ゲームともに主役機として登場するF90の1号機。
  • ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様[5]
オールズモビルに改造されたF90の2号機。漫画『機動戦士ガンダムF90』に登場し、ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』には登場しない。
  • ガンダムF90 II
オールズモビルから奪取した2号機を改修した機体。設定のみが存在し、漫画『機動戦士ガンダムF90』やゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』には登場しない。後年の『F90』を扱ったゲームや、漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』に登場している。

このほかに、上記資料に掲載されていない機体も存在し、いずれも漫画に登場する。

また、F90の設定中に登場する以下の機体は詳細な設定が存在しており、一部資料に掲載されている。

MSA-120[編集]

諸元
MSA-120
(MSA-0120)
型式番号 MSA-120
建造 アナハイム・エレクトロニクス
生産形態 試作機
頭頂高 15.0m
本体重量 17.5t
全備重量 54.1t
出力 3,040kW(ノーマル)~6,800kW(メガ・ブースト時)
推力 180,000kg(ノーマル)~230,000kg(メガ・ブースト時)
武装 ハイパーメガランチャー×1
ハイインパクトガンx1

アナハイム・エレクトロニクスが次期主力MS開発計画(ATMS)においてサナリィ社の「Fシリーズ」に対抗するため競争試作した小型MS。連邦軍による次期主力MS選定においてF90に敗退した[6]

連邦軍から宇宙世紀0111年に提示された次世代MS規格の策定要求[7][8]に対し、RGM-109 ヘビーガンの発展型として開発された[8]。開発はアナハイムでRGM系量産機など主力MSのほとんどを手掛けたZIONIC事業部が担当した[9]。選定過程において、1次審査では「最大出力」「耐弾性」「運用コスト」「機動戦力」の4つの点をコンピュータ・シミュレーションにおいて比較。「最大出力」と「耐弾性」はMSA-0120が、「運用コスト」と「機動戦力」はガンダムF90に軍配があがり、模擬戦による二次審査ではF90が圧倒的な勝利で終わった(その完勝ぶりは圧倒的な勝利に居並ぶ審査官が感銘さえも覚えたという)[10]。これにより地球連邦軍は次期主力MSの開発をサナリィに一任する事とした。しかしMSA-0120の瞬発力と耐弾性は軍部に評価され、サナリィの次期主力機開発にあたり連邦軍より要求条件として追加された[11]。先述のガンダムF90と次期主力MS開発をかけたコンペティションは1990年代にメディアワークスより発売されたガンダム漫画の単行本に掲載された宇宙世紀公式年表でも触れられており、「0111.11 連邦軍、次期主力MS開発を決定。サナリィのF(フォーミュラー)90シリーズがAE社のMSA-120を下し正式採用となる。」[12]と記述されている。

初出は『サイバーコミックス NO.024』で、カラーの画稿と具体的なスペック数値を掲載された。また、その時の解説にはガンダムF90との模擬戦に関して触れられておらず「高価格ゆえに採用が見送られた」と記載されている。

本機体は、漫画『機動戦士ガンダムF90』、ゲーム『機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122』など関連作品には登場していない。 『機動戦士ガンダムF90』関連作品の登場モビルスーツを扱う設定資料でもあまり掲載されることはないが、『総解説ガンダム辞典Ver.1.5』では、上述の『サイバーコミックス NO.024』時の画稿(モノクロの物)とスペックを掲載している。 雑誌「B-CLUB」関連書籍や初版発行平成4年「スーパーMJ・機動戦士ガンダム・最新MS造型資料集」によれば「外観こそ特異だがMSA-0120はヘビーガンの改良発展型にすぎない機体である」と記述されているが[13]、後年に発売された設定集の『総解説ガンダム辞典Ver.1.5』や『ガンダムMSヒストリカ Vol.6』ではこの設定は触れられていない。

武装
メガ・ブースト
エネルギーCAPの技術を応用し瞬間的に出力を増加させることで高い機動性を発揮する新技術[14]
蒸発式アップリケ・アーマー
機体表面に施された装備で、耐ビーム・コーティングのように被弾時に装甲を蒸発させることで本体へのダメージを最小限に食い止める機構[14]。上述のメガ・ブーストと共に対ビーム兵器用の機能とされる。
ハイパーメガランチャー
詳細不明。資料によってはハイパー・メガ・ランチャーとも記載される[14]
ハイインパクトガン
ミノフスキー・クラフトを利用した疑似重力を敵機へ衝突させる兵装[14]

プラモデルシリーズ[編集]

  • 1/100 F90 ガンダムF90 A・D・Sタイプ(コンバーチブル)
  • 1/100 F90P ガンダムF90 Pタイプ
  • 1/100 F90V ガンダムF90 Vタイプ
  • 1/100 F90IIL ガンダムF90II Lタイプ

脚注[編集]

  1. ^ 『ガンダムMSヒストリカ Vol.5』より
  2. ^ プラモデル『1/100 ガンダムF90 増装ウェポン・バリエーション』取扱説明書より
  3. ^ 『ガンダムMSヒストリカ Vol.5』より
  4. ^ 『MS大全集2013[+線画設定集]』に基づく。
  5. ^ 火星独立ジオン軍仕様は『MS大全集2013[+線画設定集]』では白黒ページにのみ掲載されている。
  6. ^ 講談社『総解説ガンダム辞典Ver.1.5』368ページ。
  7. ^ バンダイ 1/100 ネオガンダム付属『モビルスーツハンドブック』より
  8. ^ a b バンダイ『B-CLUB SPECIAL 機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション』62頁
  9. ^ プラモデル『1/100 ガンダムF90 増装ウェポン・バリエーション』取扱説明書より
  10. ^ 『ガンダムMSヒストリカ Vol.6』より
  11. ^ プラモデル『1/100 ガンダムF90 増装ウェポン・バリエーション』取扱説明書より
  12. ^ 漫画『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』8ページより。
  13. ^ 「スーパーMJ・機動戦士ガンダム・最新MS造型資料集」79ページ。
  14. ^ a b c d 講談社『総解説ガンダム辞典Ver.1.5』301ページ

参考文献[編集]

  • 講談社『総解説ガンダム辞典Ver.1.5』 ISBN 978-4-06-375795-8
  • バンダイ『B-CLUB SPECIAL 機動戦士ガンダムF91 オフィシャルエディション』 ISBN 4-89189-155-6
  • プラモデル『1/100 ガンダムF90 増装ウェポン・バリエーション』取扱説明書