ロザミア・バダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロザミア・バダム(小説版及び劇場版ではロザミア・バタム[1])は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場する架空の人物。ティターンズの女性モビルスーツパイロット。年齢は17歳で、階級は中尉。愛称はロザミィ藤井佳代子〈テレビ版〉、浅川悠〈劇場版〉)。

劇中での活躍[編集]

地球連邦軍オーガスタ研究所で調整を受けた強化人間。精神調整に合わせて肉体も強化されている点は他の強化人間と同様であるが、ロザミアの場合は一年戦争時のコロニー落としが精神に大きな傷を残しており、ティターンズはそこを利用してエゥーゴを敵と思わせるようローレン・ナカモトに精神操作させた。エゥーゴとの緒戦ではギャプランを駆り、連邦軍のブラン・ブルタークとともにカミーユらを手こずらせるものの、慣れぬまま機体が大破したため、脱出している。

かなり能力の高い強化人間ではあったが精神の崩壊が進んでおり、均衡を保つために家族に関する虚偽の記憶を植えつけるなどの処置が取られていた。また、これを逆に利用してカミーユ・ビダンを兄と思い込ませるよう暗示をかけ、アーガマへの潜入任務をさせられたこともあり、己を「ロザミィ」と呼ばせて偽りの兄カミーユに甘えた。この際、カミーユと共にいたファ・ユイリィに対しても「お兄ちゃんの恋人には貴女のような人が良いと思っていた」と機嫌を取っている。シンタとクムより子供っぽい振る舞いをしており、2人にとっては良い遊び相手だった。

ティターンズによるサイド2・21バンチへの毒ガス作戦をめぐる戦闘中、無断でネモに搭乗してアーガマを離れる。その後、アクシズ宙域で再びカミーユたちの前に現れたときには、すでに昔のロザミアではなくなっていた。ゲーツ・キャパに精神を操られ、サイコガンダムMk-IIでアーガマを攻撃する。この際、アクシズ内を探索していたファは、商業地区のショールーム内にロザミアが持ち歩いていた家族写真がフォトスタンドのサンプルとして飾られているのを発見している。最期は、無念の思いのカミーユにサイコガンダムMk-IIのコクピットをビームライフルで直撃され、実在しない兄の名を呼びながら宇宙に散った。最終回では、カミーユとパプテマス・シロッコの最終決戦時に霊体となってカミーユに協力し、立ちはだかるサラ・ザビアロフを叱った。

小説版では、グリプス2宙域における最終決戦でエゥーゴがコロニーレーザーを発射した後にカミーユと邂逅し、彼を逃がすためにゲーツのバウンド・ドックと相打ちになっている。

劇場版では、ギャプランから脱出した後のエピソードはカットされているため、死亡したかについても不明だが、最終決戦時にはテレビ版と同様に登場している(ただし、カミーユのかたわらに寄り添うシーンはカット)。精神を操作されてエゥーゴへ潜入するなどのエピソードもカットされているため、カミーユにとってはただ一度交戦した敵にすぎなくなっている。

主な搭乗機[編集]

備考[編集]

  • 『Ζガンダムエース No.002』に掲載された北爪宏幸の読み切り漫画『SAYONALA』では、宇宙世紀0084年頃に北米インディアナ州のニュータイプ研究所本部において、適性実験を受ける様子が描かれている。戦災による情緒不安定の症状が酷く、担当指導員のマコト・イッシキが懲戒行為にあたる検体との個人的交渉を一時的におこなうことで、実験の促進に成功する。しかし、両者の間で恋愛感情が芽生えたことがバスク・オムら上層部に発覚したため、ロザミア自身が彼をかばって関係を否定し、事態は終息する。のちにパイロット適性を認められ、オーガスタ研究所へ移送されている。
  • アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』第32話では、修復されたサイコガンダムMk-IIの登場シーンでハマーン・カーンが手にしている資料に、ロザミアの顔写真がクリップ止めされている。
  • PSP用ゲーム『スーパーロボット大戦A PORTABLE』の『Ζガンダム』のキャスティングは劇場版に準じており、ロザミアの声を浅川悠が担当している。物語の展開はテレビ版の内容に沿ったものも含まれているため、劇場版で聴けなかった浅川が演じる「ロザミィ」が登場する。
  • ティターンズ士官としての軍服は、オーガスタ研究所の独自仕様で、ピンクの地で首にスカーフをあしらったもの。ノーマルスーツは、初登場時はブランやウッダーと同じくオーガスタ研究所の独自仕様のものであったが、再登場後はラインがローズピンクとなった以外は一般的なティターンズ仕様のものを着用している。

脚注[編集]

  1. ^ 監督・富野由悠季の意図するところは「バム」であったが(富野執筆による小説版では「バタム」となっている)、テレビ版放送当時にロザミア・バムと誤った表記が広まってしまった。のちに劇場版の公開に併せ、改めて「ロザミア・バタム」が正式な表記となった。

関連項目[編集]