ガンダムNT-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ガンダムNT-1(ガンダム・エヌティー・ワン、GUNDAM NT-1)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」のひとつ。初出は、1989年発表のOVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』。

作中の軍事勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士ガンダム』の主役機である「RX-78 ガンダム」の発展機として開発された。コードネームは「アレックス」(ALEX)。劇中では試験運用の途中で、主要人物の一人であるクリスチーナ・マッケンジーが搭乗し、バーナード・ワイズマンが所属するジオン公国軍特殊部隊「サイクロプス隊」と対決する。作品の主人公が搭乗しないという珍しい設定をもつ。

メカニックデザインは出渕裕

本項では漫画、ゲーム作品などに登場するバリエーション機のほか、本機をもとに設定された機体についても記述する。

概要[編集]

設定上はアムロ・レイのパイロット、ニュータイプとしての能力の開花にRX-78-2の反応速度が追従できなくなったことから、専用機として再設計された機体とされる[1][注 1]。しかし、登場作品である『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』作中においては、テストパイロットのクリスチーナ・マッケンジーが操縦する姿のみ描かれる。

デザイン[編集]

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』におけるデザインは出渕裕が担当。出渕は自著において、普通のガンダムでありつつも、「νガンダム」を既に描いていたことから直線を多用したデザインとしたと語っている。また、チョバムアーマーは監督の指示で、ガンダムが登場するインパクトを考慮しハリボテのようなデザインにしたと語っている。また、腕部のガトリング砲は映像的なインパクトを考慮し、出渕のアイデアによってビームではなく実弾となっている[2]

名称[編集]

事前のリリース情報での名称は「ガンダムNT-1」のみだったが、脚本上で「アレックス」というコードネームが登場した。その後、メディアワークス『データコレクション3 機動戦士ガンダム外伝』(1997年)で「ガンダム アレックス」(GUNDAM ALEX) という愛称が紹介され、OVA公式サイトのMS紹介ページでは「ガンダムNT-1/アレックス」(GUNDAM NT-1/ALEX)と表記された[3]。バンダイのプラモデルシリーズでは「ガンダムNT-1」に統一されている。

設定解説[編集]

基本事項[編集]

諸元
ガンダムNT-1(アレックス)
GUNDAM NT-1 ALEX
型式番号 RX-78NT-1
頭頂高 18.0m
本体重量 40.0t
全備重量 72.5t
装甲材質 ルナチタニウム合金
出力 1,420kW
推力 計174,000kg(OVA)
35,000kg×2
7,000kg×2
8,000kg×6
センサー
有効半径
5,900m
最高速度 500km/h[4]
武装 60mmバルカン砲×2
90mmガトリング砲×2
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル×1
ハイパー・バズーカ×1
シールド×1
搭乗者 クリスチーナ・マッケンジー
コテヅ
その他 姿勢制御バーニア×19
ガンダムNT-1 チョバムアーマー装備
型式番号 RX-78NT-1FA
重量 95.0t
推力 計216,000kg(OVA)
35,000kg×2
7,000kg×2
8,000kg×6
7,000kg×6
その他 姿勢制御バーニア×13

ニュータイプ(NT)能力の開花により、乗機のRX-78-2 ガンダムの機体性能を上回る反応速度を得ていたアムロ・レイのために新開発された機体[5]。カラーリングはRX-78-2のトリコロールに対し、こちらはほぼ白青のツートンカラー[注 2]

コードネームのアレックス (ALEX) は、ガンダムシリーズの型式番号であるRXをもじったものであり、装甲積層試験 (Armor Layered EXamination) の略称でもある[5]。機体各所にマーキングされたU.N.T.SPACYは地球連邦軍の極秘計画コードを表し、それぞれUnder Normal Tactics(非通常戦術)[5]SPecial Assortment Construction Yard(特別分類建造場)を意味する[5]

開発経緯[編集]

一年戦争当時の地球連邦軍内ではNTの存在に懐疑的な意見が多く、ジオン公国軍のサイコミュ兵器のような技術は未開拓であった[6]。そのためNT専用兵器の開発には出遅れた連邦軍であったが、開発計画の中には既にNT対応機が盛り込まれていたため、機体開発がスタートする[6]。ただし、ようやくMSの量産体制が整った段階であったため、本機ではそれらをベースに基本性能やコンピュータシステムの性能向上を主眼に置いた設計がなされることになった[6]

開発計画は一年戦争における連邦軍の陸軍・海軍・空軍・宇宙軍が個別に新型MSを開発する「G-4計画」に組み込まれ[7][8]、本機は宇宙軍が主導のもと[7]、兵士のメンタルヘルスからコンピュータ研究を専門としていた地上のオーガスタ基地が開発を行う事となった[5][注 3]。U.C.0079年8月に設計開発がスタート[5]するとともに、同年11月にRX-78-2の実働データがフィードバックされた[5]

RX-78シリーズでとりわけ参考にされたのは3号機であり[6]、本機は一年戦争で開発された4機目のガンダムに位置付けられる[9]。そのため、本機の出力はRX-78-2と比較し1.3倍の向上が見られる[10]。加えてスラスターの増設・大型化による運動性の向上といった基本性能の底上げ[11]がなされ、高出力化に対応するためダクトが増設された[12]

本機はNTが搭乗すれば第3世代MSクラスの性能も発揮可能だが、NT以外のパイロットが搭乗した場合にはその過敏な操作性からシステムが誤作動を起こすデメリットも併せ持っており[10][注 4]、「まともに操縦できる人間は、一種のバケモノ」と評されている。なお、本機は量産化も視野に入れられており、装甲等の設計にも配慮がなされていた[10]

地上のオーガスタ基地で開発が行われたあと、北極基地からサイド6リボーコロニーに移送される[13]。その際、ジオン公国軍の特殊任務部隊「サイクロプス隊」の2度の強襲を受けて中破し、機体はホワイトベースとアムロの元に届けられることなく一年戦争終戦を迎える。しかし、新機軸の全天周モニター・リニアシートやマグネット・コーティング、フルアーマーオペレーション等は後続の連邦軍MSにもフィードバックされ、MS開発体系では大きな影響を持つ機体となった[5]。本機の肩部エアインテークやバックパックなどの意匠は、後年に開発されるジム・カスタムジム・クゥエル等のいわゆる「オーガスタ系」の機体に引き継がれている[13]

機体構造[編集]

マグネットコーティング
アムロ・レイの報告(機体の反応の遅さにストレスを感じる等)に則った形でRX-78からの改善が進められ、関節部は当初よりマグネット・コーティングが施された[6]
コクピット
コクピットはRX-78-2をはじめ少数のMSに採用されたコア・ブロック・システムではなく、脱出ポッドとして機能する球形の物[14]に一年戦争当時としては初の全天周モニター・リニアシートを採用[13][注 5]。パイロットの視認性を向上させ、ストレスを軽減させる効果をもたらした[5]
操縦システム
当時の連邦においてはサイコミュが完成していなかった事から従来の物を採用しているが[10]、ナビゲートシステムはプロセッサを3基搭載し[7][10]、NTの反応速度に対応可能なソフトウェアを採用している[10]。加えて、RX-78-2に搭載されたものよりさらに高性能な高速・大容量のAI(学習型コンピュータ)も搭載されており[1][注 6]、新たに採用した各システムの統括も可能となった[1]。また、運動性や機動性、パイロットと機体間の反応速度も極めて向上している[5]
スラスター
推進装置が増設され、総推力も50000Kg台から170000Kgに跳ね上がっている[5]。脚部にはスラスターとプロペラントタンクを一体化したユニットを備える[5]

武装[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門装備。口径はRX-78-2やジムと同様の規格を用いながらも、炸薬や弾頭の形状は異なるという説も存在する[14]
ビーム・サーベル
型式番号:Blash・XB-B-09[5]。バックパックに2基装備している。RX-78-1、2、3号機まではランドセルの外側にホルダーが装備されていたが、本機では内側に移設されている。バックパックのコネクターがブラッシュ社製であるため、形状や装備配置を変更した[5]
90mmガトリング砲
両前腕の装甲カバー内に格納されている。MSの装甲を軽く貫通する威力を持つ[9]。通常は砲身が隠されていることから敵の意表を突くことはできるが、振動や装弾数の点で課題を抱えていた。この兵装の採用にはフィールドモーター技術の向上によって関節部の小型化が可能となり、スペースに余裕ができたことが契機となっている[5]
ケンプファーの装甲を貫通できるなど、MSの実弾機関銃としては屈指の威力をもつ[14]。しかし、高コストであることとメンテナンス性の観点から量産機種には採用されていない[5]。大口径かつ威力は高いものの、弾数が少ない弱点も併せ持っている[10]
劇中未登場の武装
ビーム・ライフル
型式番号:Bauva・Norfolk XBR-L Type-3[5]。ボウワ社のビーム発振器に、ノーフォーク産業の収束装置とハウジングが採用され、高い出力と貫通力を発揮する[5]。従来のRX-78に採用されたものよりも出力が向上し、銃身下部のマガジン状パーツが取り外し可能なEパックであると推察する資料も見られる[14]
ハイパー・バズーカ
スコープ内蔵の防御板が特徴的な、専用バズーカ。
シールド
型式番号:RX・C-Sh-05 UBC/S-0003[5]。後述するチョバムアーマーの構造を流用し、耐ビームコーティングを施した防御兵装[5]。表面上部に殴り書きのような字体で「ALEX」と表記されている。

チョバムアーマー[編集]

一年戦争末期に連邦軍内で進められていたフルアーマーオペレーションの一環として開発された複合装甲。「チョバム」 (CHOBAM) は(Ceramics Hybrid Outer-shelled Blow up Act-on Materials, セラミックス複合外装による爆発反応材質)の略[5]。本作品におけるチョバムアーマーの名称は、旧世紀の同名の装甲技術と、開発にチョバム地方の技術者が関わっていたことに由来する[5][注 7]。アーマー装備時のNT-1はガンダムNT-1・FA(型式番号:RX-78NT-1FA)と呼ばれる[1][6]

ルナ・チタニウム合金とハニカム素材のシートを積層した構造をもち、装甲が破壊されることで衝撃を吸収し、機体本体へのダメージを最小限にする[16]。また、偽装用装甲としての意味合いを持っており[17]、敵機に対して能力を見誤らせるための効果を持っている[17]。チョバムアーマーによって95トンと大幅に増加した本体重量による機動性の低下を補うため、肩部に補助バーニア、腰部にスラスターが追加されており[5]、機動性はあまり低下しない[9][注 8]。NTが搭乗した際はデッドウェイトとなる装備であるため、アムロ・レイへの引き渡し後は腕部90mmガトリング砲とともに撤去される予定であったが、本機がガンダム量産計画(RX-81)の試験機としての側面を持っていたため、チョバムアーマーと腕部ガトリング砲を採用していたとされる[15]。後年のジム・キャノンIIガンダムTR-1[ヘイズル]などにも用いられている。

また、チョバムアーマーとは別にFSWS計画に従ったフルアーマー構想機のアレックス増加装甲試験型などがある[9]

劇中での活躍[編集]

サイクロプス隊の標的となった連邦軍の新型MSとして、第1話冒頭から登場。北極基地にて分解状態でコンテナに収められていたが、そこからサイド6へ輸送用の大型スペースシャトルで搬送される。

サイド6リボーコロニーにおいては、地球連邦軍が用地を買い上げた極秘工場内部にて、機体の組み立てとクリスチーナ・マッケンジー中尉による最終調整が行われる。サイクロプス隊のケンプファーによる襲撃時はクリスが機体を緊急起動させ、頭部アンテナの一部とチョバムアーマーを破壊されながらも腕部ガトリング砲のみでこれを撃破する[注 9]

その後、サイクロプス隊の残兵となったバーナード・ワイズマンの搭乗するザクII改と交戦しこれを撃破するが、本機も実戦への再投入が困難になるほどの損傷を受けたことから、アムロの手に渡ることなく終戦を迎える。

漫画版『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』第1巻巻末掲載の、会計監査局のリドル・ウィットマーシュが情報部のメーメット・メルカに宛てた手紙に、本機のその後の調査結果が記されている。本機の開発部隊はリボーを撤収し、本格的な修理・点検をおこなえるルナツーへ移動しようとしたところで終戦を迎えている。本機はしばらくルナツーに放置されるが、宇宙世紀0084年にオーガスタ研究所に移送され、ガンダムAN-01“トリスタン”に改修されたとされる[19]

漫画『機動戦士ガンダム カタナ』では一年戦争後、反連邦組織シン・フェデラルによって新たに製造された赤い機体が登場する。

設定の変遷[編集]

『月刊ニュータイプ』の初リリース記事では「ニュータイプ専用ガンダムRX-79」と報じられたが、間もなくサンライズ、バンダイサイドより「NT-1」と再発表された。

U.N.T.SPACY表記については、OVA発売当時はUnited Nation Troops.SPACYと「地球連邦宇宙軍」を表すものだったが、その後、上記の設定に変更されている。

また、本機のフルアーマー構想機はいくつかの模型雑誌において立体化されているが、本来の姿がどのようなものかは不詳である。バンダイから発売されたプラモデル「1/144 RX-78NT-1 ガンダムNT-1」の組み立て説明書にあるイラストは、あくまで『0080』版(もしくはデザインした福地仁版)FA-78-1 フルアーマーガンダムというべきものであって、本来はアレックスのフルアーマーでは無かった。

漫画『機動戦士ガンダム MSジェネレーション』では、ガンダムNT-1は「G-4計画」という一年戦争末期にRX-78-3(G-3ガンダム)を開発母体とした次期構想機として計画された機体の一種で、宇宙軍主体で開発が進められたという。なお、「G-4計画」では空軍主体のガンダムGT-FOUR、陸軍主体の格闘専用型、重火器型、海軍主体の水中戦型が計画・開発されたと設定されている。

組み立て式玩具「元祖SDガンダム」やガンプラSDガンダム BB戦士」のアレックスでは、チョバムアーマーと90mmガトリング砲、シールドが合体することによって「チョバムタンク」という戦闘車両形態を取ることが可能になっているほか、「BB戦士」ではキットオリジナルの仕様として「ヘッドギア」と呼ばれる頭部用チョバムアーマーが設定されており、これにはガトリングガンが内蔵されている(ゲーム作品ではOVAの設定で記載されていることが多い)。

アラカルト[編集]

  • 雑誌企画『ガンダム・センチネル0079』に登場したRX-78-2 ガンダム(ガンダムVer.ka)は、「当時最新のガンダムであったガンダムNT-1のデザインから逆算したRX-78-2というコンセプトでデザインされている」とカトキハジメあさのまさひこは語っている。頭部頬当てや鎖骨部のダクト、肩アーマー部のスラスターなどからそれが読みとれる。
  • OVA『機動戦士SDガンダムMk-IV』に収録されている『夢のマロン社「宇宙の旅」』には、わずか数秒ではあるが、トリコロールに塗られたSDではなく通常の等身のアレックス[注 10] が登場する。この作品は、SDガンダム世界の住人たちが旅行中に、事故によってリアルガンダムの世界に迷い込んでしまうという話であった。トリコロールのアレックスはジャブローの場面で登場している。
  • アナザーストーリーにあたるゲームブック『機動戦士ガンダム0080 消えたガンダムNT』ではコア・ブロック・システムが実装されており、後半の展開次第ではア・バオア・クー攻防戦に乗り込み、そこで放棄されたコア・ブースターコア・ファイターやRX-78-2のBパーツなどをドッキングさせることができた。

マイナーバージョン[編集]

ガンダムNT-1プロト
模型雑誌『モデルグラフィックス』61号に掲載(型式番号:RX-78NT-1)。
外観はガンダムNT-1と変わらないが、白と赤の2色で塗装され、胸に「RX79NT」、腰に「3」のマークが施されている。塗装原案は明貴美加。なお、バンプレストより発売された「宇宙世紀オールガンダムキーホルダー Ver.2.0」には、 当機を模した「クリスチーナ・マッケンジー専用ガンダムアレックス」というオリジナル配色の機体が登場している。
このカラーはガンダムNT-1のロールアウト直後の姿である(ただし、同一機体であるかは不明)とする記述も存在する[16]
ガンダムNT-2
模型雑誌『B-CLUB』44号に作例として掲載(型式番号:RX-78NT-2)。OVA『ポケットの中の戦争』で、「NT-2」と書かれたコンテナが登場することから着想を得たものである。
外観はガンダムNT-1と変わらないが、グレーと青の2色で塗装され、全天周囲モニターではなく、通常型のコックピットとなっている。これはコア・ファイター採用を前提とした設計であるとされる。
ガンダムNT-3
模型雑誌『B-CLUB』50号に作例として掲載(型式番号:RX-78NT-3)。
外観はガンダムNT-1と変わらないが、 プロトタイプガンダムに倣った黒・白・赤の3色で塗装されている。

NT専用プロトタイプガンダム[編集]

コミックボンボン』1990年3月号掲載のメカニックデザイン企画『MSV90』で設定された機体(型式番号:MRX-002)。

ガンダムNT-1の発展型とされ、有線式ビットを計10基装備するとされるが、外観からは同型のビットが両前腕、両肩、両脹脛側面に各1基、バックパックに8基の計14基が確認できる。それらによる重量増加をカバーするため、各部にバーニアが増設されている。腕部マニピュレーター(掌)をもたないのが特徴。塗装は赤と白を基調とする。

デザイナーは友杉達也。

ネティクス[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』に登場(型式番号:RX-78NT-X / MRX-003)。

一年戦争終結後、ジオン公国の各機関からサイコミュ技術を接収した地球連邦軍によって、研究の一環として開発された。背部に有線式ビットを2基装備しているのが特徴であり、それを用いたオールレンジ攻撃が可能であるが、当時の連邦軍の技術力では有線式サイコミュシステムの小型化には至らず、超重量の機体となった。しかし、この実験データはインコムの元になったといわれており、後のMSに影響を与えたようである。

なお、当機はオーガスタ基地にて開発が行われていたが、のちにムラサメ研究所へと開発が引き継がれ、その際にMRX-003の型式番号を与えられている。

漫画『機動戦士ガンダム カタナ』では、宇宙世紀0084年にシン・フェデラルによって開発されたFA-78NT-1 フルアーマー・アレックスをベースに、ムラサメ研究所から取り寄せたサイコミュ機器のパーツを換装した機体が登場する。

ガンダムAN-01“トリスタン”[編集]

諸元
ガンダムAN-01“トリスタン”
GUNDAM AN-01 TRISTAN
型式番号 RX-78AN-01
所属 バーナム
頭頂高 18.0m[20]
本体重量 45.0t[20]
全備重量 59.5t[20]
装甲材質 ルナチタニウム合金[20]
出力 1,920kW[20]
推力 114,000Kg[20]
武装 ビーム・ライフル×1
ビーム・サーベル×2
60mm頭部バルカン砲×2
90mm腕部ガトリング砲×2
シールド×1
搭乗者 クァンタン・フェルモ

宇宙世紀0096年を舞台とする小説およびアニメ『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』に登場。

ロナ家の私兵集団「バーナム」が秘密裏に運用した機体[20]。ロナ家が運営するブッホ・ジャンク社を介して製造されたかは不明確だが、NT-1がベースとなっており、破損した頭部をはじめランドセル・胸部・腰部・足裏のスラスターは新造され、随所にガンダム系だけでなくさまざまなMSのジャンクパーツなどが流用されている[20]

漫画版では、宇宙世紀0084年にオーガスタ研究所でNT-1の破損箇所を修理されるとともに、ティターンズが調達した部材を使用して[19]戦略戦術研究所(のちのサナリィ)によって改修されたとされる[21]強化人間育成のために何人かのデータが採られ、最後にはフェルモ兄弟による双子の強化人間のプロジェクトで運用される[19]。その後同研究所が解体閉鎖された際にはサナリィに移管されるが[19]、宇宙に上がった際にフェルモ兄弟によって強奪され、ふたりはバーナムに加入。本機はサナリィと秘密裏に協定を結んだブッホ・コンツェルンに貸与される形となり、次世代型MS開発のためのさまざまなコンセプトの試験母体となる[21]とともに、0096年のアクシズ探索でも運用される。なお、表向きは0096年当時もサナリィの機密計画にて運用中とされている[19]

おもな武装
ビーム・ライフル
本機専用の長砲身大型ライフル[20]。外観はνガンダム用のものと同型。Eパック方式を採用しておらず、ライフル自体に直接エネルギーを内蔵する仕様である[20]
漫画版では、オーガスタ研究所時代はNT-1と同型のライフルを使用している。
ビーム・サーベル
ランドセルに2基装備。ガンダムMk-II用と形状が似ているが、同一かは不明[20]
90ミリ腕部ガトリング砲
外装は異なるが、NT-1のものをそのまま流用[20]。なお、小説版では「おそらくビーム砲」と表現されている[22]
シールド
専用のものが開発されており、近接戦闘はもとより遠距離からのビーム兵器も防御可能であり、汎用性に優れる[20]

クレヴェナール[編集]

トリスタンをコアユニットとした巨大アームドベース[23](型式番号:RX-78KU-01)。機体構造はガンダム試作3号機(デンドロビウム)にも近く[24]、トリスタン本体は肩から下がベースに埋没した状態で合体する。

バーナムが拠点制圧用に開発した装備だが、武装や外装の入手経路は不明。機体上面左右にマウントされているウェポンコンテナは複数の武装が三段重ねになっており、前面からミサイルコンテナ、5連装ビームポッド、大型クローの順番に配置される。一部の武装は遠隔操作も可能[24]で、使いきったコンテナは順序パージしていく。

ガンダム・トリスタン〈フェイルノート〉[編集]

諸元
ガンダム・トリスタン〈フェイルノート〉
GUNDAM TRISTAN <FAILNAUGHT>
型式番号 RX-78AN-01FA[21]
全高 20.6m[21]
頭頂高 18.0m[21]
本体重量 45.0t[21]
全備重量 60.4t[21]
出力 2,488kW[21]
推力 230,600Kg[21]
武装 インコム×8
搭乗者 クァンタン・フェルモ

クレヴェナールとは別仕様の強化ユニット装備形態[25]。全身に配された装甲と推進器に加えてインコムも装備されており、一種のフルアーマー形態ともいえる[25]。初出は漫画版で、クレヴェナールに代わってマスティマ部隊を強襲する。

装備された「フェイルノートシステム」は、ブッホ・コンツェルンが試験的に製作した強化ユニットであり、攻撃・防御を半自動型の兵装であるインコムで対応し、パイロットは高機動な機体の操作に専念するというコンセプトのもとに開発されたものである。全身に装甲とスラスターが追加されているほか、バックパックの左右には後年のクロスボーン・バンガードで開発されるビギナ・ギナのフィン・ノズルのひな形ともいえる推力偏向システムと、後頭部には同じくデナン・ゾンなどに搭載される特徴的なツインアイタイプのセンサーパックが増設されている。

追加武装としてバックパックに2基、両肩・両腕・両脚にそれぞれ1基ずつ計8基のインコム・ユニットを搭載しており、両肩のものはビーム砲、両腕のものはビーム砲兼ビーム・サーベルとして未展開状態でも使用できる。また、インコム8基を円形に束ねた状態でビームを斉射することにより、強力なビーム砲としても使用できる。

劇中においては、バイアラン・イゾルデとの交戦によって消耗したR・ジャジャや、未完成状態のサイコミュ実験艦ファドラーンと交戦し、前述の火力と機動力で圧倒する。しかし、サイコフレームに導かれたファドラーンのマザー・ファンネルによってフェイルノートシステムを破壊されたうえ、パイロットのクァンタンがアルレットとの共鳴によって戦意を喪失し、撤退している。

推力偏向システムとセンサーパックについては、良好な結果を受けて後年のブッホ・コンツェルンのMS開発に活かされる一方、武装をインコムに集中するというコンセプトは破棄されたようである。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ NT-1の正式な受領、就役は終戦に間に合わず、アムロ少尉の操作ストレスへのフォローは、RX-78-2へのマグネットコーティング処理のみに終わる。これについて、アムロは反応速度の向上を歓迎しつつも、機体構造にかかる負担が増えることには不安を述べる。
  2. ^ アムロが搭乗したRX-78-2 ガンダムと同じくトリコロールに塗られたアレックスが、模型誌『月刊ホビージャパン』の作例として掲載されたり、玩具の限定商品になったことがあった。
  3. ^ 同基地にはニュータイプに関する論文を提出していた研究員がいた事から、開発を担当する運びとなった[5]
  4. ^ ニュータイプでないクリスティーナ・マッケンジーが搭乗し、ザクII FZ型と交戦した際はジム以下の性能しか発揮できなかったとする資料も存在する[10]
  5. ^ ただし、これは水平・垂直360度を網羅していない不完全なものであり、完全な状態での採用は後年に開発されるガンダム試作3号機が初となる
  6. ^ アレックスに搭載された教育型コンピュータは「NICNシステム」と呼ばれるもので、ガンダムに搭載されたものの性能を凌駕する[15]
  7. ^ 現実世界のチョバムアーマーはイギリスが開発したチャレンジャー主力戦車用ハイブリッドアーマーのことであり、これを開発した陸軍の研究所のある地名から命名され、NT-1のものとは構造そのほか、まったくの別物である。
  8. ^ 重装甲から運動性が極端に低下したとする記述も存在する[1]
  9. ^ 小説版においては、ジオン軍がNT-1を未完成品ということで「できそこない」(グリナス・ヘッド)と呼ぶ場面が存在する[18]
  10. ^ ただし、このアニメの解説アニメのMSカタログ編では、RX-78 ガンダムとして紹介および、説明されており、ガトリングガンも確認できない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダムMS大図鑑[PART.3 アクシズ戦争編]』バンダイ、1989年6月、84-86頁。(ISBN 4-89189-019-3)
  2. ^ 『出渕裕メカニカルデザインワークス 1』ムービック、2000年8月、6-7頁。(ISBN 978-4896014907)
  3. ^ MOBILE SUIT|機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 2014年9月15日閲覧
  4. ^ 『B-CLUB VISUAL COMIC 機動戦士0080 ポケットの中の戦争 VOL 2』バンダイ、1989年10月、108頁。(ISBN 978-4891890476)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『MG 1/100 ガンダム RX-78 NT-1』バンダイ、1999年10月、組立説明書。
  6. ^ a b c d e f 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダム 一年戦争外伝』メディアワークス、1997年3月、34-35頁。(ISBN 4-07-305840-1)
  7. ^ a b c 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2011年12月、100-106頁。(ISBN 978-4797366181)
  8. ^ 『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』角川書店、2010年4月、174-176頁。(ISBN 978-4047154452)
  9. ^ a b c d 『1/144 ガンダムNT-1』バンダイ、1989年8月、組立説明書。
  10. ^ a b c d e f g h 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 オリジナル・アニメ・ビデオ・フィルムコミック PART.2』旭屋出版、1998年7月、244-245頁。(ISBN 978-4751101315)
  11. ^ ゲーム『機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡』 M.S.GRAPHICS 「RX-78NT-1 "ALEX"」より。
  12. ^ Cyber comix』1989年6月号、バンダイ、282頁。
  13. ^ a b c 『HGUC 1/144 RX-78-NT-1 ガンダムNT-1』バンダイ、2004年5月、組立説明書。
  14. ^ a b c d 『ガンダムMSヒストリカvol.4』講談社、2010年8月、6-8頁。(ISBN 978-4063700824)
  15. ^ a b 皆河有伽『総解説ガンダム辞典Ver1.5』講談社、2009年8月、204-205頁、ISBN 978-4063757958
  16. ^ a b 『マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム』ソフトバンククリエイティブ、2011年12月、110-111頁。(ISBN 978-4797366181)
  17. ^ a b 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 オリジナル・アニメ・ビデオ・フィルムコミック PART.2』旭屋出版、1998年7月、218-219頁。(ISBN 978-4751101315)
  18. ^ 結城恭介『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』角川書店、1989年10月、102頁。(ISBN 978-4044111014)
  19. ^ a b c d e 漫画TwilightAXIS1 2018, p. 196-199.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m HGUCトリスタン 2017.
  21. ^ a b c d e f g h i 漫画TwilightAXIS3 2019, p. 252-253.
  22. ^ 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 【第2回】 - 矢立文庫。2016年11月21日、2017年9月20日閲覧。
  23. ^ Mechanical”. アニメ 『機動戦士ガンダム Twilight AXIS(トワイライトアクシズ)』 公式サイト. サンライズ. 2017年9月1日閲覧。
  24. ^ a b 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第27号 2019, p. 11.
  25. ^ a b 週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 第27号 2019, p. 21.

参考文献[編集]

  • 漫画
    • 蒔島梓機動戦士ガンダム Twilight AXIS』第1巻、講談社、2018年3月。ISBN 978-4-06-511082-9
    • 蒔島梓『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』第3巻、講談社、2019年6月。ISBN 978-4-06-516135-7
  • 分冊百科
  • プラモデル付属説明書
    • HGUC 1/144 ガンダムAN-01 トリスタン』 バンダイ、2017年6月。 

関連項目[編集]