機動戦士ガンダム 第08MS小隊の登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 > 機動戦士ガンダム 第08MS小隊の登場人物

機動戦士ガンダム 第08MS小隊の登場人物(きどうせんしガンダム だいゼロはちエムエスしょうたいのとうじょうじんぶつ)では、OVA機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する、架空の人物を列挙する。名前を五十音順にし、キャラクターの説明を参照する。

地球連邦軍[編集]

アリス・ミラー[編集]

  • - 高島雅羅
  • 登場:『ミラーズ・リポート』
  • 劇中の設定年齢:29歳

地球連邦軍情報部所属の女性将校で、階級は少佐。ヒマラヤ山脈で救助されスパイ嫌疑の掛けられたシロー・アマダの軍歴調査のため、極東方面軍コジマ大隊基地を訪れた。

着任当初はシローに手錠を嵌めた部下のジェイコブを叱責したり軍上層部の見解に批判的な意見を吐くなど、さもシローの味方であるかのような好意的態度を見せていたが、それは彼女の罠だった。差し入れたコーヒーと吹きかけるタバコの煙に混入した自白剤の投与によって、アイナと難を逃れた山中での経緯を証言としてテープに録音した彼女は態度を一変させ、シローをスパイと決めつけるが如き口調で詰め寄る。

最前線へ発つシローに対しスパイだという証言を得るべく銃を突きつけて恫喝するなど言動の端々にジオンに対する強い嫌悪・憎悪が滲み出ているが、それはかつて信じていたジオン軍パイロットに裏切られた自らの経験によるものであり、シローにもそれを見透かされていた。

シローに銃口を突き付け、ジオン抹殺を指示するもそれに屈しないシローの熱い思いを感じ、発砲したが、わざとはずした。

映画では彼女の報告書によって、上層部が第08小隊を「銃殺刑もしくは生還率の極めて低い最前線送りにする」と決定したことになっている。

夏元雅人による漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』でも、情報部所属の少佐として登場し、ガンダム試作2号機強奪事件の真相解明のために、ペガサス級強襲揚陸艦アルビオンに同乗する。

目次へ移動する


イーサン・ライヤー[編集]

一年戦争後期の、地球連邦軍の極東方面軍に属する独立機械化連隊の連隊長。階級は大佐。一見、穏和なナイスミドルを気取っており、シロー・アマダに対する査問会議の際にも、シローの理想論を嘲笑する他の将官たちの中で1人だけ真剣な対応をしていたかに見えた。しかし、実際はラサ基地破壊の為に坑道内に於けるトラップの存在も承知の上で陸戦型ジムを多数突入させ友軍モビルスーツ (MS) の核融合炉誘爆を意図的に起こそうとしたり、一時休戦の呼びかけに応じるふりをしてジム・スナイパーアプサラス狙撃位置への移動を命じたりするなど、勝つためには手段を選ばない冷酷な指揮官であり、シローに対しても査問会議の後、抗命した際は殺害するように、カレンサンダースに圧力を掛けていた[1]

安全かつ快適で出世ルートへの登竜門とも言える連邦軍本部ジャブローへの配転を望み、功を焦っていたフシがある。また、MSの導入による機械化部隊創設も、レビル将軍への強い対抗心の表れからとも言われている。ある意味、ギニアスと双璧を為す「連邦の(悪い意味での)大人」を象徴している人物といえる。ただ、前述の査問会議において、状況的には他の将官たちの反感を買う可能性もある言動を敢えて行ったり、後述の戦死時においても命を惜しんだり取り乱したりする様子を全く見せない等、単なる卑劣漢とは言い切れない剛毅さがある。また司令官として、作戦自体は何らの齟齬もきたしていない。

ジャブロー強襲を目的としたMAアプサラスを建造している秘密基地の所在を確認した彼は、星一号作戦が決行される前にレビルの鼻を明かそうと大軍を率いて敵基地を叩き潰す決意を固める。宇宙世紀0079年12月、チベットのラサにて、ジオン公国軍の秘密基地攻略戦の際にビッグ・トレーにて指揮を執る。MS隊に加えてガンタンク隊や空軍も動員、兵種を使い分けた複合的な作戦を展開し、地形が変わる程の激しい消耗戦の末、遂にアプサラスIIIを引きずり出す。アイナによる一時休戦の呼びかけに応じるが、抜け目なくジム・スナイパーを展開、待機させる。やがてギニアスが休戦を無視して暴走、先手を打たれる形でMS隊を焼き払われる。これに対する報復措置として、まず「病院船」として扱われているケルゲレン(グフ・フライトタイプなどで武装しているが、劇中でこれを咎めるシーンはない)を撃墜、更にアプサラスへもジャブロー強襲を断念させるダメージを与えた。しかし、Ez8の特攻を受けたギニアスが死の間際、執念で放ったアプサラスIIIのメガ粒子砲が山を貫通、彼の指揮するビッグ・トレーの艦橋部分を直撃、戦死する。総員退避の声がかかる中、艦橋指揮所を一歩も動かずメガ粒子の奔流を睨み据えていた。

小説版では階級は少将であり、生存しているようである。

搭乗機

目次へ移動する


エレドア・マシス[編集]

  • 声 - 藤原啓治
  • 登場話数:第1〜5話・9〜11話
  • 劇中の設定年齢:24歳

地球連邦軍の兵士で、第08MS小隊所属。階級は伍長。第08小隊ではカレンに次ぐ古株。閉所恐怖症のため、任務ではMSに搭乗しない。聴覚が鋭く、ホバートラックにてソナーによる索敵を務める。調子のいい性格で、普段の勤務態度はかなり不真面目だが、いざという時はキチンと任務をこなす。

将来はミュージシャンになる事を目指しており、自作の曲をコンテストに送るなどしていた。第5話にてその曲がメジャーデビューを果たしたと手紙で知らされ喜んだのも束の間、祝杯を挙げようと待機命令を破ってミケルと基地近くの村に出掛けたところで、アプサラスの修理に駐屯していたジオン兵に捕らわれ、ホテルの地下室に監禁されてしまう。脱出するためにザクタンクを盗み乗り込むが、閉所恐怖症のためコックピットハッチを閉められず、脱出は成功したものの銃撃を受け負傷。しかし、カレンによる鮮やかな応急手当を受け、大事には至らず、後方の野戦病院へ搬送される。野戦病院からメジャーデビューした自分の曲をラジオDJ(声:横山智佐)へリクエストしたりする等、おとなしく治療に専念してはいなかったもよう。

その後、完治して第9話より軍務に復帰。再び第08小隊の一員として任務を果たしている。命の恩人であるカレンに盛んにモーションをかけていたが、報われなかったようである。08小隊の解散後に補給部隊へ回され、シローの捜索をミケルとキキに託す。

小説版では退役後、ミュージシャンとしての活動を本格的に始めた。

『アナハイム・ジャーナル』では、ラジオにエレドアの楽曲が放送されている描写がある。

搭乗機

目次へ移動する


カレン・ジョシュワ[編集]

  • 声 - 小山茉美
  • 登場話数:第1〜6話・8〜11話
  • 劇中の設定年齢:26歳

地球連邦軍の兵士で、第08MS小隊所属。階級は曹長。第08小隊に最も早くから配属されていた古参の隊員。中々の美人でありながら筋骨隆々たる長躯を誇り、後述の性格と相まって正に「女傑」という形容がふさわしい。姉御肌のガサツな言動とは裏腹に元・医学生という経歴を持つインテリの女性兵士で、先に戦死した夫もベテラン軍医だったらしい。シローの前任だった小隊長はノイローゼにより後方の病院送りとなっていたが、その原因は彼女のきつい性格であるともエレドアの能天気さとも噂されていた。

第4話にてジンクスに怯えるサンダースに業を煮やして股間を蹴り上げたり、第5話で負傷して喚くエレドアを殴って失神させ麻酔代わりにしたりするなど、とにかく荒っぽいが仲間を思う気持ちは人一倍強い。MS操縦にも長けており、主に陸戦型ガンダムのパイロットを務める。武装は主にビームライフル。隊長不在時には代わって指揮を執ることもあった。第9話でアッガイとの戦闘により頭部を破壊されてしまい、予備のパーツも無かったため終盤はジムのものを代用し「ジム頭」と呼ばれていたが、彼女はその名称を嫌っていた。

シローの着任当初は、青臭い理想論を語る彼に「アマちゃん」と直言して憚らず激しく反発していたが、それを言葉に終わらせず身を以て示していくシローを隊長として徐々に認めていく。シローがスパイ容疑の審問会から戻った後、ライヤーから秘密裏に彼の動向を監視し、不審な行動に出た場合には殺害する旨の指示を受けて苦悩する。アイナ救出のため脱走しようとするシローを罵り銃を向けるも、付き添ってきた隊長を殺すような非情さは到底持ち合わせておらず、去っていく彼の後ろ姿をただ見送ることしかできなかった(この時、夫に先立たれた事と重ね合わせてか、「男ってやつはあたしを置いて先に行っちまいやがる」と呟いていた)。

ラサ基地攻略戦後に第08小隊が解散させられ、難民キャンプで配給係をしているらしい。シローの捜索をミケルとキキに託す。

小説版では看護婦をしながら医師を目指している。

搭乗機

目次へ移動する


コジマ[編集]

  • 声 - 藤本譲
  • 登場話数:第2・4・8〜11話

地球連邦軍の将校で、極東方面軍所属機械化混成大隊(コジマ大隊)の大隊長。階級は中佐。主人公シロー・アマダの直属の上官。エアコンが苦手で、蒸し暑いジャングルの中でも半袖の制服を着用して扇風機を使っている。

東南アジアの森林地帯から中央アジアの砂漠・山岳地帯に達する、かなり広範囲の戦線を指揮する前線指揮官。その為か指揮下の戦力には、当時の連邦軍としては貴重なMSが24機、かなりの早期に配備されている。

物語中盤までは良く言えば過不足無い、悪く言えば「昼行灯」という表現が似つかわしい凡庸な官僚的指揮官の印象を与えていた。しかし終盤、政治的野心を動機とする戦略と非人道的な戦術を行使する連隊長イーサン・ライヤーに、「戦争にもルールはある」と異議を唱え、その指揮下から外れようとする。その際イーサンにジャブローへの栄転を餌に懐柔されるが拒否して司令部を去り、第08小隊隊員の尊敬を得た。また、この際に第08小隊に配備されていたホバートラックに乗って司令部を去ったことでアプサラスIIIのメガ粒子砲の直撃を受けずに済み、命拾いしている。スパイ疑惑の末に脱走したアマダ少尉の一件も「行方不明」の一点張りで有耶無耶に揉み消す思いやりを見せた。

目次へ移動する


サリー[編集]

  • 声 - 松井菜桜子
  • 登場話数:第4・8・10話(第10話は声のみ)

第07MS小隊に所属する黒髪ショートの女性兵士で、主にアンダーグラウンド・ソナーによる索敵を務める。階級は伍長。

袖を肩からカットした制服を着用。第08小隊とは犬猿の仲であり、サンダースのジンクスやシローのスパイ容疑に因縁をつけ、その度に乱闘を演じている。物語終盤、陸戦型ジムに搭乗してラサ基地の坑道に突入、坑道ごと基地を破壊する捨石にされ戦死。

目次へ移動する


ジェイコブ[編集]

  • 声 - 広瀬正志
  • 登場:『ミラーズ・リポート』

アリス・ミラーの部下。情報部所属。ごつい体格に黒い背広を着込んでサングラスといういかにもな出で立ちの男性。シロー・アマダを連行する際に手錠を掛けたことで、アリスから叱責される。

目次へ移動する


ジダン・ニッカード[編集]

  • 声 - 永井一郎
  • 登場話数:第1・2・4・5・8話
  • 劇中の設定年齢:61歳

極東方面軍の補給中隊長で、階級は大尉。

テンガロンハットを愛用。酒とギャンブルを好む不良老人だが、独自の人脈をもっており、その情報収集能力や物資の調達能力は侮れない。命令文書の偽造も朝飯前の食えない爺さんながら、シローら第08小隊に肩入れしてやる人の良い所もある。好い歳をしてホテルの女主人マリアを“女神”と崇め頬を染める純情な一面も。声優の関係からかライヤーと入れ替わるように第9話以降登場しなくなった。

漫画『機動戦士ガンダム第08MS小隊 U.C.0079+α』にも登場していたがアニメ版のような活躍もなく、アプサラスがコジマ基地をメガ粒子砲で攻撃した際にジョニー・ナカミゾと共に死亡したものと思われる。

搭乗機

目次へ移動する


ジョニー・ナカミゾ[編集]

  • 声 - 林延年
  • 登場:サウンドトラックCDドラマ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 REPORT.1 所要時間3時間23分』

地球連邦軍の兵士で、コジマ大隊第4MS整備中隊所属の分隊長。サイド2のコロニー「アイランド・イフィッシュ」の出身で、シロー・アマダとは同郷の幼馴染同士だった。

出撃先での戦闘で脚部を損傷したシローの乗る陸戦型ガンダムの補修に、ナカミゾ分隊が向かわされた事で、幼馴染であるシローと偶然再会する。ナカミゾ分隊は本来陸戦型ジムの整備担当部隊であるため、交換部品の耐電圧性能が必要基準を満たしておらず、陸戦型ガンダムの修繕に手を焼く事になる。

漫画『機動戦士ガンダム第08MS小隊 U.C.0079+α』にも登場しており、陸戦型ガンダムが規格外のパーツで構成され、機体ごとにそれぞれ何らかの問題を抱えている事を08MS小隊の面々に説明している。終盤、制空権確保のためコジマ基地がアプサラスに狙われた際に、地下壕が無力と認識しMSや航空機の退避を指揮、砲撃に巻き込まれ死亡したものと思われる。

目次へ移動する


シロー・アマダ[編集]

  • 声 - 檜山修之
  • 全話に登場(『ラスト・リゾート』はビジュアルのみ)
  • 劇中の設定年齢:23歳

本作品の主人公。極東方面軍所属機械化混成大隊(コジマ大隊)所属の第08MS小隊の隊長。階級は少尉。ガンダムシリーズにおいて、初登場時に既に軍人になっている主人公としては、(作品の制作順では)『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』のコウ・ウラキに次いで2人目であり、ガンダムシリーズでは珍しい、初登場の時点で成人の主人公である[2]。いわゆる学園青春ドラマで俳優の中村雅俊が演じたような、爽やかでありつつ熱血漢の主人公として人物造形がなされたという[3]。性格はバカ正直でお人好し。戦果を上げることより「生きて帰る」ことを信条としているが、自分自身は身の危険を顧みず行動する無鉄砲さが目立つ。機転が利き、咄嗟の思いつきで様々なものを使いこなすなど柔軟な思考を持つ。

経歴
サイド2、8バンチコロニー「アイランド・イフィッシュ」の出身。鎖国状態となり選民思想に染まったサイド3の国民を救うためと軍人を志し、宇宙世紀0075年にサイド2の士官学校に入学したが、同0079年の1月3日、彼がクリスマスの休暇を家族と楽しんでいる最中にジオン公国地球連邦政府に対し宣戦を布告。直後にジオン公国はブリティッシュ作戦を決行し、コロニーに対する毒ガス攻撃を行う。それに巻き込まれ、大切な家族、友人を一度に失う。設定上、これを期に彼はジオンを激しく憎悪することになるのだが、劇中では第1話でウインクしながら笑顔で語るのみであり、くだんの憎悪に関して明示的に語られる場面が無い。このため、敵兵アイナに恋慕の情を寄せるに際しても、ジオンへの憎悪という障害を乗り越えるというプロセスなどは特に無く、あっさりと二人は相思相愛になっている。そうした事から、シリーズ後半の監督飯田馬之介は、彼を「想像力の欠如した男で、大嫌いだった」と述べ、しっかりと葛藤を経させたうえで、後はアイナとの恋のことしか考えていない人物に移行させたという[4]
彼の居たコロニー「アイランド・イフィッシュ」はジオン公国軍のコロニー落としに使用されたものの、彼自身はナダ・チノミ中尉らマゼラン級戦艦トーチタスのクルー達との協力で奇跡の脱出を成し遂げたという事実が、漫画『機動戦士ガンダム 宇宙のイシュタム』にて描かれている。
劇中での活躍
OVA第1話(宇宙世紀0079年10月6日)、地球連邦軍の士官学校を卒業し少尉任官し東南アジア戦線に配属されることになったシローは、輸送艇で地球に向かう途中、小規模な戦闘に巻き込まれる。そこで友軍(サンダースの乗った先行試作型ジム)を救助するために、輸送艇に積まれていた先行量産型ボールで出撃。その戦場で、運命の女性アイナ・サハリンと出逢う。アイナの乗る宇宙用高機動試験型ザクをウィンチワイヤーを駆使した捨て身の戦法により翻弄し、双方相討ちに終わる。機体から間一髪脱出した二人は付近に漂っていたマゼラン艦の残骸内部で激しい銃撃戦を繰り広げ、アイナは負傷し弾丸切れとなる。投降はしない、殺せと言うアイナを強引に手当てし、あきらめず何とか生き延びることだけを模索するシロー。ノーマルスーツの酸素が残り少ない二人は敵味方を超えて協力し合い、艦内に残っていたミサイルをマゼラン艦の残骸に撃ち込む。その派手な爆発光によって双方の味方へ位置を知らせることに成功。味方機が各々救助に駆けつける中で2人は別れ際に初めて互いの名前を名乗り合う。
同年10月8日、第08小隊の隊長に着任。理想主義丸出しで青臭さの抜けない言動と熱帯のジャングルでは無用の長物であるノーマルスーツで出撃して失笑される。シローに恩義を感じるサンダース以外の8小隊メンバーからは「アマちゃん」と陰口を叩かれながらも陸戦型ガンダムを中心とした戦力やゲリラとの共闘でジオン公国軍の橋頭堡を崩すなどの活躍を見せ、更にはジオン軍が密かに進めていたアプサラス計画を掴み、その試作機を撃破するなどの軍功を重ねていく。そんな中、アプサラス試作機のパイロットとなっていたアイナと戦場で再会する。戦闘の末、ヒマラヤの雪山でアイナと共に遭難するが、その際にシローはアイナに愛を告白し、彼女もまたそれを受け入れた。2人は連邦・ジオンの立場を超えて助け合い、その後、それぞれの友軍に救助される。しかし、生還を果たした彼を待っていたのは、スパイ容疑による連邦の審問会議であった。その席で彼は戦争における考えの甘さを露呈する主張をし、その場の一同から嘲笑を浴びると共に謹慎処分を受けてしまう。
謹慎処分中にキキの村がジオンの敗残部隊に侵攻を受けたと知り、命令違反を犯して第08MS小隊に出動を指令、直ちに救援に向かう。「ジオン兵もゲリラもどちらも助けたい」という理想を胸にシローは生身で奮戦し、ザクを行動不能に追い込むも、復讐の念に燃えて群がるゲリラたちを制止できず、リンチの恐怖に怯えて対人兵器で攻撃するジオン兵を自らの手で殺す苦い結果に終わる。この前後に情報部の将校アリス・ミラーによる内務調査が入る。謹慎待機を破った罪状に加えて、ジオンを憎む彼女の報告書が決め手となり、第08小隊は「生還率38%のラサ基地捜索という最前線勤務に就くか、銃殺刑か」の二択を迫られることとなる。
同年12月、ラサに存在するジオン公国軍の秘密基地攻略戦の際にアプサラスIIIが出現。小隊メンバーに「軍を抜ける」と言い 残し、単機でアイナの救援に向かう。戦闘中、兄ギニアスに撃たれ機体から落下するアイナを間一髪で救助するも利き腕を骨折。アイナと二人三脚でガンダムEz8を操縦しアプサラスIIIへ特攻。Ez8の右腕でアプサラスIIIのコクピットを潰すも、同時に放たれたメガ粒子砲を浴びる相討ちの形でもつれ合ったまま両機とも火口に落ちて爆発炎上した。以後、公式の記録においてシロー・アマダ少尉は「消息不明」となる。
その後日談が描かれたエピローグ『ラスト・リゾート』では、左脚の膝から下を失った松葉杖姿のシローと彼の子を身篭ったアイナが、山奥の小屋で平穏に暮らしている姿が描かれている。
小説版では「カート」という死亡した男性の名を騙りながら、妻子と共に過ごしている。
搭乗機

目次へ移動する


テリー・サンダースJr.[編集]

  • 声 - 玄田哲章
  • 登場話数:第1〜6・8〜11話
  • 劇中の設定年齢:29歳

地球連邦軍の兵士で階級は軍曹。軍人として確かな腕を持つ男性。いかつい感じの巨漢だが、性格は理知的で義理固い。ピアノを特技に持つ。地球出身。

一年戦争の後期、まだ登場して間もないMS部隊の隊員として、先行量産型のジムに乗り幾度か出撃しているが、これまで所属した部隊が三度目の出撃でことごとく全滅。彼だけ生き残るという憂き目に遭い、「小隊潰しの死神」のふたつ名で呼ばれるようになり、縁起を担ぐ一般兵士たちからは露骨に厄介者扱いされており、彼自身もそのジンクスを気にしている。そんな折、地球近くでの戦闘中にシローと出会い、危ういところを彼に助けられる。その後、所属部隊がまたもや全滅した事もあって、シローの指揮下の第08小隊に配属されることに。

小隊に配属された直後のシローは、その理想主義的な考え方のために小隊全体から浮いていたが、上記の経緯もありサンダースだけはシローに最初から全幅の信頼を寄せていた。第08小隊配属後3度目の出撃となる第4話で不吉なジンクスを恐れ転属を願い出るが、シローに却下される。その後、突如として上空に出現したアプサラスと戦闘に入るや、1人突出して必死の攻撃を展開。幸い味方の援護もあってアプサラスを撤退に追い込み、遂にジンクスを払拭する。「謎の巨大兵器」捕獲作戦に於いてはエレドアの不在に加えてB・Bを想い上の空のミケルに代わってホバートラックの索敵を担当した。

実は、何度も生き残っているのは彼の高いMS操縦センスにあるとも言われている。劇中、ジムで6機の撃墜スコアを持つとの台詞がある。また初めて乗ったはずの陸戦型ガンダムにすぐに順応している事、カレンが彼に対して「ツキさえあれば今頃士官にもなれていただろう」と言っている事からも窺える。事実、作中で彼だけが陸戦型ガンダムをほぼ完全な状態で戦い抜いている(シロー機は大破により大改修され、カレン機は破壊された頭部をジムのもので代用している)

ラサ基地攻略戦後は08小隊が解散させられ別の部隊へ転属になり、シローの捜索をミケルとキキに託す。

小説版では08小隊解散後も連邦軍の軍人として活動している。

夏元雅人の漫画『機動戦士ガンダム0083REBELLION』では、ラサ基地所属のMSパイロットとして登場。階級は軍曹のままで、搭乗機は陸戦型ジム。補給のために立ち寄ったアルビオン隊のパイロットたちに同僚がつっかかっていった事から発生した乱闘には、当初は関係ないと無視を決め込んだもののアルファ・A・ベイトからパンチと挑発を食らった事で頭に血が上って結局参加、その中で殴りかかろうとしたコウ・ウラキの真っ直ぐな眼差しにかつての上官シローの面影を見る。その後、基地内のバーラウンジで一人飲んでいたところ上官たちがニナ・パープルトンを下卑た口調で口説く様を見て不快さを露わにしており、そこへ現れたコウが絡まれかけた時には上官たちを言葉巧みに牽制してバーから追い出し、感情が行き違っていたコウとニナが仲を修復するきっかけを作った。

搭乗機

目次へ移動する


マイク[編集]

  • 声 - 千葉一伸
  • 登場話数:第4・10話(第10話は名前のみ)

第07MS小隊に所属する兵士で、主に陸戦型ジムのパイロットを務める。ひょろっと痩せた裸の上半身に直接ジャケットを羽織っている。

第1話で兵士(声:山崎たくみ)が叫んだ台詞「第07小隊のホモ野郎」が彼を指しているのかロブのことなのかは不明。第08小隊とは犬猿の仲であり、サンダースのジンクスに因縁をつけ、乱闘を演じている。終盤で陸戦型ジムでラサ基地の坑道に突入、坑道ごと基地を破壊する捨石にされ戦死。

目次へ移動する


ミケル・ニノリッチ[編集]

  • 声 - 結城比呂
  • 登場話数:第1〜6・8〜11話、『ラスト・リゾート』
  • 劇中の設定年齢:18歳

サイド2出身の地球連邦軍の兵士で、第08MS小隊所属。階級は伍長。(ただし序列上エレドアよりは後任)軍に入隊し、OVA第1話では地球に向かう輸送艇でシローと会う。故郷にメガネ美人の恋人B・Bを残しており、暇な時間を見つけてはこまめに手紙を書いていた。

本人はMSへの搭乗を希望していたようではあるが、第08小隊に配属されてからはホバー・トラックの操縦要員兼ガンナーを務め、主にエレドアの助手として行動を共にする。そのため第5話で一緒に捕虜となる等、彼の行動のとばっちりを受ける事も多かったが、戦闘においてはなかなかのコンビネーションを見せている。

第4話において飛行試験中のアプサラスと遭遇。シローはやり過ごすよう命じるも、間近に見る敵機に恐怖したためか発砲してしまい、小隊の存在を悟られてしまう。また、第6話では臨時に陸戦型ガンダムに搭乗し因縁深いアプサラスを狙撃したこともある。ここでも迫り来る敵機の前に恐怖を感じてすくみあがり、危機に瀕している。このように頼りない性格で戦闘に向いているとはお世辞にも言えないものの、いざというときの度胸はある。第9話でカレン機がアッガイに襲われピンチに陥った際には、エレドアに命令されてヤケになりながらもホバートラックで水面を滑走して囮をつとめ、敵の目を引き付けた。

戦後の後日談を描いたOVA『ラスト・リゾート』では、戦後も依然として行方不明のままのシローを旧08小隊メンバー全員の願いを託されて探すべく、軍を除隊してキキと一緒に旅に出る。恋人のB・Bには結局振られてしまい、結婚して子供も生まれた旨の手紙と写真を彼女から受け取って激しく落ち込みヤケ酒をあおっていた。第5話でエレドアが予言した遠距離恋愛の困難さが無情にも的中することとなる。

小説版ではキキの村の子供たちに勉強を教えており、その経緯から終戦後は軍を退役し、教師の道を志す。08小隊のその後を手紙でシローに伝えた。

CDドラマではネスカ・コールマンとの会話で物書き志望であると語っており、「08小隊戦記」の執筆を依頼された。「データガンダム」には彼の著作として紹介されている[5]

目次へ移動する


ロブ[編集]

  • 声 - 菅原淳一
  • 登場話数:第4・8・10話(第10話は声のみ)

第07MS小隊の小隊長で、階級は少尉。陸戦型ジムのパイロットを務める。

なぜか第07MS小隊にはマイクサリーの2人しか部下がおらず、欠員は最後まで補充されず仕舞だった。第1話で兵士が叫んだ台詞「第07小隊のホモ野郎」が彼を指しているのかマイクのことなのかは不明。第08小隊とは犬猿の仲であり、サンダースのジンクスやシローのスパイ容疑に因縁をつけ、その度に乱闘を演じている。キキの村がトップらのザク部隊に侵攻されたことを教えたりもしたが、シローがスパイ疑惑による謹慎中で出動できないことを見越しての嫌がらせでしかなかった。終盤で陸戦型ジムでラサ基地の坑道に突入、坑道ごと基地を破壊する捨石にされ戦死。

小説ではシローをある程度認めており「バカだったが、臆病者じゃなかった」と評価している。使えない新兵ばかりを補充されたコジマ大隊において懸命に指揮を執り戦線の維持に努めた。最後はマゼラトップの特攻に遭い戦死している。

目次へ移動する


ジオン公国軍[編集]

アイナ・サハリン[編集]

  • 声 - 井上喜久子
  • 登場話数:第1・2・4〜11話・『ラスト・リゾート』(ビジュアルのみ)
  • 劇中の設定年齢:20歳

本作のヒロイン。ジオンの名門サハリン家再興のため、技術士官である兄ギニアスを献身的に支える健気で優しい女性。その一方で、窮地に追い込まれても挫けない強い意志も併せ持つ。サハリン家に仕えてきたノリスの見立てでは、彼女は父に似ているという。

宇宙で高機動試験型ザクに搭乗し、稼動実験中にサンダースが所属する連邦軍の哨戒部隊と遭遇。サンダース機以外を殲滅後、更にシローの乗った先行量産型ボールと交戦、双方大破して宇宙で遭難するが、漂流していたマゼラン艦の残骸内での銃撃戦の後、二人で協力し合って難を逃れたことで、風変わりな敵の士官シローへの恋心が芽生える。

地球降下後は、ギニアスを支えるため、彼が完成を目指すアプサラスのテストパイロットに志願、テスト飛行を行っていた。

しかし、ノリス不在で射爆場をテスト飛行中、「謎の巨大兵器」捕獲のため罠を張っていたシローの第08小隊の策に嵌まったアプサラスは航行不能に陥り、機体に張り付いたシローの陸戦型ガンダムもろとも大破して雪山で遭難してしまう。凍死寸前のシローを救い出し、互いの想いを知る。両手が凍傷になりかかったシローに代ってガンダムを操縦し、出力最弱のビームサーベルで雪を溶かして沸かした即席の露天風呂に一緒に入浴するなど、親和を深めた。

ノリスの捜索により救助され帰還したのも束の間、遭難中に連邦兵であるシローと共にいるところを撮影されていたため、ギニアスから詰問を受ける。アイナは奇しくも同時刻に審問会で証言するシローと同じ言葉を主張。ギニアスの冷笑を浴びると共に兄妹で互いに不信感を抱くようになる。兄への疑念と嫌悪感はラサ基地内の兵に対する投薬治療の杜撰さ、アプサラス開発スタッフ全員の殺害を知るに至りピークに達する。

物語終盤、オデッサから多くの敗残兵が逃げ込んできたことによってラサに存在していた秘密基地の所在が露見し、地球連邦軍の物量にモノを言わせた総攻撃が始まる。アイナは完成したばかりのアプサラスIIIのパイロットとして病状の悪化したギニアスと共に乗り込み出撃する。アイナには威嚇以上の意思は無く、ただ傷病兵の乗った病院船ケルゲレンが宇宙へ脱出するまでの時間稼ぎのつもりで一時休戦を連邦軍へ呼びかける。突然の休戦の申し出に困惑する連邦軍を信用させるため、彼女はアプサラスのコックピットを開け身を挺しての説得を試みた。それが功を奏し連邦軍は休戦に応じたかに見えたが、実のところ全く信じられていなかった。一方、アイナが操縦席を離れた隙に全てのコントロールを支配下に収めたギニアスは自らアプサラスを操縦、連邦MS隊を焼き払ってしまう。その報復措置として病院船もジム・スナイパーにより撃墜。アイナは怒りに燃えて復讐せんとするが、メガ粒子砲を放つ寸前にシローのEz8が視界に入り我に返る。制止しようと投降を迫ったアイナはギニアスの狂気の銃弾に倒れ、そのまま開放したアプサラスのコクピットから転落する。

だが、アイナが胸に忍ばせていた懐中時計で銃弾が防がれ、更にシローの乗るガンダムEz8の手に受け止められた事で奇跡的に一命を取り留める。そして兄の狂気に走った殺戮を終わらせるべくアイナはシローと共にEz8で特攻をかけ、ギニアスもろともアプサラスを撃破。もつれ合って火口に落下した際にアプサラスの爆発炎上に巻き込まれ、二人は以後行方不明になる。

後日談が描かれた『ラスト・リゾート』にて、キキミケルによる捜索の末に、ラストで片脚を失くしたシローと彼の子を身籠ったアイナが2人でひっそりと山奥の小屋で生活を営んでいる姿が描かれている。

小説版では、ギニアスに腹部を撃たれるが、ギニアス本人のかすかに残っていた兄妹の情からか急所はそれ、一命を取り留める。直後、アプサラスに乗り込んできたシローに対して発砲しようとしたギニアスを射殺。その後はシローと共にケルゲレンを連邦軍から救うため、シローが立案したアプサラスのメガ粒子砲で雲に戦争映画の映像を流すという詭計でケルゲレンを無事に宇宙に送り出す。しかし、自らの戦功を無にされて怒ったイーサンが命じた一斉砲火を受けアプサラスは大破、2人は行方不明となる。

その後、キキの村で「ジャンヌ」という偽名を使い、夫子と共に暮らしている。

目次へ移動する


アス[編集]

トップの指揮の下、オデッサの敗戦からラサ基地を目指して退却中に食糧調達のためゲリラの本拠地とも知らずキキ・ロジータの村に入った敗残部隊の1人。階級は伍長。

穏便に済ませようとするトップやデルと違い、故意にヒートホークを村の子供らに向けて脅すなど挑発的な行動を隠そうとしなかった。食料の受け渡しの際キキに狼藉を働こうとしてザクで彼女を手掴みにしたが、トップから止めるよう命令され反抗的な態度を見せる。銃で狙う隊長の本気を知って渋々中止したが、怒ったキキに飯を皿ごと顔に叩きつけられた。その拍子にザクの手から彼女を放り投げてしまい、顔に付いた飯をぬぐった彼が最期に見たものはハッチを開放したままの自機に向け、怒れるゲリラ(ノッポ)が対戦車ロケットを構え発射する姿だった。そのままコクピットを直撃され死亡。

目次へ移動する


ギニアス・サハリン[編集]

  • 声 - 速水奨
  • 登場話数:第2・4・7〜11話
  • 劇中の設定年齢:27歳

宇宙世紀0052年誕生。ジオン公国軍の技術士官で、階級は技術少将。アジア方面軍新兵器開発秘密基地司令。かつてのジオンの名家サハリン家の当主で、アイナ・サハリンの兄。

かつてのサハリン家はギニアスが少年期の頃までは名門とされてきたが、作中では語られない何らかの理由によって急激に没落した[6]。繁栄期には何不自由ない裕福な暮らしを送っており、回想シーンで登場するズム・シティの豪邸の庭からは公王庁が見えることからザビ家とも縁が深かったと思われる。

ギニアスは深刻な病に冒されていた。一説によると12歳のときに大量の宇宙線を浴びる爆発事故に遭い、それによって不治の病に冒されたという。それが妹アイナを庇う形であったことから、アイナは兄に負い目を感じて献身するようになったらしい。この病は定期的な服薬を必要とするものであり、最終話で完成したアプサラスIIIの前で喀血していることから病状はかなりの進行を見せ重篤になっていたと思われる。この病もサハリン家没落の原因と考えられている。また、ギニアスが最終話で母親が何らかの恋愛事情で自分たち兄妹を捨てた、と受け取れる発言をしていることから、この事もサハリン家の没落とギニアスの人格の歪みに影響していると思われる。彼のアイナに対する執着とも偏愛とも取れる異常な感情はそれを物語っている。

ジャブロー強襲を目的としたモビルアーマー・アプサラスの開発責任者であり、公王デギン・ソド・ザビから一任されチベットのラサ近郊に存在する秘密基地にて開発に打ち込んでいた。アプサラスを完成させる事がサハリン家再興の夢を叶える唯一の手段と考え、常軌を逸した執念を見せる。

相当な規模の部隊を指揮下に置くが軍務は不得手であり、副官であるノリス・パッカード大佐にほぼ任せきって、自らはひたすらアプサラスの開発に専念していた。また、実妹のアイナを自分の夢(サハリン家再興)成就のための「道具」と見ている節もあり、民間人であって軍人ではないアイナをテストパイロットとして高機動試験型ザクやアプサラスに搭乗させている。しかし、ヒマラヤ山中でアプサラスIIを失った際にアイナが連邦兵シロー・アマダと行動を共にしていた事実を知り、あまつさえ詰問する自分の前で臆せず理想論を語るに及び、実妹アイナに対し疑惑と憎悪の念を募らせていく。

物語終盤にて、アプサラス開発計画の中止をギレン総帥へ進言しようとした旧友ユーリを謀殺し、遂にアプサラスIIIを完成させた。更にこれまで自分に協力してきた開発スタッフを完成パーティーの席で全員毒殺し、基地の全てを自分の管理下に置く。そして、アイナの操縦するアプサラスIIIの後部座席に乗り込み、秘密基地を取り囲んでいた地球連邦軍部隊の迎撃に当たるが、威嚇のみで一向に攻撃しないばかりかケルゲレン脱出のために一時休戦を連邦軍へ呼びかけるアイナに業を煮やし、彼女がコクピットハッチを開放して身を曝した隙に自らの操縦によって攻撃を開始。投降を勧めるアイナを拳銃で撃って機体の外に放り出した。だが、こうした彼の狂気はことごとく裏目に出る。アイナは、懐中時計が銃弾を防ぎ生存。また申し込まれた休戦を一方的に破られMS隊を喪失した連邦軍は即座に報復に転じ、ジム・スナイパーの狙撃により完成したばかりのアプサラスIIIは早くも航行不能に陥った。最後はシローとアイナの乗るガンダムEz8と相討ちになり、コクピットをEz8の右腕で潰されて死亡。しかし、寸前に放ったメガ粒子砲によりEz8は大破し、山肌を焼いて貫通したビームはイーサン・ライヤーが指揮を執るビッグトレーの艦橋を直撃した。

小説版ではコクピット内でアイナを銃撃して重傷を負わせ、さらにアプサラスIIIに取り付いて乗り込んできたシローに対しても銃口を向けるが、発砲寸前でアイナに射殺されている。

SDガンダム GGENERATION ギャザービート』を初めとする、携帯機Gジェネシリーズでは度々ラスボスを務め、オリジナルMAグロムリンを開発する。

目次へ移動する


軍医[編集]

頭髪をオールバックにして眼鏡をかけチョビ髭を生やした男。名前も階級も不明。初登場の第4話ではアプサラス試作機完成パーティのモブキャラに過ぎなかったが、最大の見せ場である第9話での兵士への投薬治療シーンでは、ギニアスの意を汲み、アプサラス開発スケジュール強行のために兵士の限界を無視した劇薬の投与を冷酷に実行。薬壜を見て気付いたアイナに食ってかかられても冷静な顔で受け流した。 クレジット上では軍医だったが、軍医でもあるというだけで主たる任務はアプサラス開発にあった模様。第10話でアプサラスIIIの完成祝賀会に出席し、毒入りとも知らず乾杯のシャンパンを真っ先に飲み干して苦悶の末に死亡する。

目次へ移動する


女性兵士[編集]

機動巡洋艦ケルゲレンのオペレーターを担当している[7]と思しき女性兵士。名称は不明で、ファンからは「ケルゲレン子」[8]などと呼ばれる。

劇中ではアイナにノリス帰還不能(事実上の戦死)の旨を伝える1シーンに登場するのみである。

なお、『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』、『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』など多数のゲーム作品にも出演しているが、名前は不明のままである。

目次へ移動する


シンシア[編集]

  • 声 - 本多知恵子
  • 登場話数:第4・7・9話(第9話はビジュアルのみ)

ユーリ・ケラーネ少将の秘書官。階級は軍服胸章より大尉と推定される。

当時ジオン公国の指揮官クラスで秘書官を持つものは少ない為、ユーリ・ケラーネに対するザビ家の信望の厚さが窺える。オデッサからの撤退時にユーリの背中へ甘えるように抱きついており、軍務以外に男女の関係もあった。第9話で狂気のギニアスによって拉致監禁され自白剤投与を受けてしまう。その結果、アプサラス開発中止の進言がギレンへ届いていないと知ったギニアスはユーリを坑道内で謀殺する。その後の彼女の消息は不明。エンディングでは「秘書官」としかクレジットされなかった。

小説版ではユーリと共にギニアスに射殺されている。

目次へ移動する


デル[編集]

トップ指揮下の古参MSパイロット。キキ・ロジータの村で飯を持ってきた子供に空薬莢をあげるなど、品性下劣なアスとは対照的に子供好きで温厚。コクピット内に我が子の写真を貼り付けていた。階級は軍曹。

ゲリラとの戦闘に発展した後、ザクの背部バーニアによるジャンプを試みるが、ゲリラ(ヒゲ)の攻撃で阻止されてしまう。やむなく歩行での脱出を図るが、テリー・サンダースJr.カレン・ジョシュワらの陸戦型ガンダムによる長距離狙撃に遭う。カレン機による第一撃は陸戦型ガンダムの照準誤差から回避、即座に敵位置を判定、反撃を開始し、サンダース機に至近弾を与えるも、サンダース機による第二撃で撃破される(ただし、劇中では機体が撃破されたけで明確に戦死した描写は無い)[9]

漫画『機動戦士ガンダム 宇宙のイシュタム』では、ルウム海戦直前に彼と思われる人物が、トップと思われる女性と共にエリザの小隊に着任する姿が確認されている。


トップ[編集]

ジオン公国欧州軍所属のMS小隊長。女性ながらデルアスの男性2名をその指揮下に置く高潔な人物。小隊長であるにもかかわらず、部下の乗っているザクIIよりも旧型のザクIを愛機としていた。階級は少尉。

オデッサの敗戦からラサ基地を目指して退却中に、食料が尽きたためゲリラの村とは知らずキキの村へ入る。自分たちが置かれている状況を冷静に判断し、当初は穏便に補給を済ませようとしていたのだが、アスの暴発がきっかけでゲリラとの戦闘に発展。デルと共に脱出を図るが、シローの生身での活躍によって機体の脚部とマシンガンを破壊され身動きが取れなくなる。

シローにはそれ以上戦闘を継続する意思は無かったが、ゲリラの村人は暴徒化してザクに襲い掛かろうとしたため、恐怖に駆られたトップはザクに装備された対人兵器で抵抗。苦しむゲリラたちへ更にとどめを刺そうとして、結局は制止を叫ぶシローの対戦車ロケットにコクピットを直撃され戦死する。

漫画『機動戦士ガンダム 宇宙のイシュタム』では、彼女と思われる人物がルウム海戦直前にエリザ・ヘブン小隊に着任する姿が確認されている。なお、企画当初はトップが主役になる予定であった。

目次へ移動する


ニエーバ[編集]

ジオン公国軍ラサ基地に所属の整備兵。幼さが残る顔立ちをしているが、ノリスの愛機グフカスタムの整備を任されているほどの技術を持っている。ケルゲレン脱出の血路を開くべく単機出撃するノリスに最後の整備・補給を施す。サイド3の出身であり、ジオン本国への帰還を望んでいた。その後は脱出するケルゲレンに乗り込み、撃墜された際に死亡したものと思われる。

目次へ移動する


ノリス・パッカード[編集]

個性的な髪型のジオン公国軍MSパイロット。階級は大佐。大恩あるサハリン家に絶対の忠誠を誓い、ギニアス・サハリン少将の元で副官を務める経験豊かな軍人。アプサラスの開発に没頭するギニアスを軍令面で補佐代行する。

高級将校クラスの地位にありながらMS・戦闘機の操縦技術も超一流で、黒いカスタムのノーマルスーツを着用して自ら出撃する事も多々。また部下からの信頼も篤く、その心には優しさと強さを秘め、アイナに対しては忠誠心以上の父性愛にも似た感情を寄せており、彼女のためならば自らの命も投げ出す覚悟を持つ。

任務に忠実な誇り高い武人でありながらも、アイナに想い人がいる事を見抜いたり(「職業軍人の道を選ぶまでは」という台詞から多少の恋愛経験もある様子)、アイナから「親代わり」と言われてはにかんだりするなどの一面も見せる。また終盤の戦闘では圧倒的強さを見せる(サンダースも一目見て「こいつはエースだ」と警戒するほど)。

第3話にて前線基地の視察に赴き、第08小隊の攻撃に遭遇。基地の06J陸戦型ザクIIで出撃。シローの陸戦型ガンダムと戦うが、水中戦に敗れてザクが中破し、撤退する。第4話では、アイナの操縦する「アプサラス」を護衛するためドップに搭乗。08小隊と遭遇し、シローの陸戦型ガンダムの攻撃で被弾損傷、アプサラスに援護されて撤退した。第7話では消息不明になったアプサラスとアイナを捜索するため再びドップに搭乗して出撃、ジェット・コア・ブースターを撃墜している。

第10話「震える山(前編)」では、鉱山基地防衛戦において空襲するジェット・コア・ブースター部隊を相手に愛機のグフカスタムのヒートワイヤーを駆使した見事な空中戦を展開している。一旦補給に戻った際にケルゲレンの脱出を願うアイナの優しさを汲み取り、グフカスタムに再び搭乗し死を覚悟して単独で出撃する。鉱山基地砲撃のため、ケルゲレンの予定進路上にたまたま展開していた3機の量産型ガンタンクを破壊するべく、直衛の第08小隊との戦闘に突入。陸戦型ガンダム2機とガンダムEz8と量産型ガンタンク3機が相手という圧倒的不利な状況にもかかわらず、巧みに裏をかいて量産型ガンタンク2機を連続して撃破。文字通り鬼神の如き戦いを見せ、第08小隊を手玉に取る。その後シローの乗るガンダムEz8との一騎討ちとなり、一旦はヒートワイヤーからの電撃によって制御不能に追い込むも、パイロットがアイナの想い人であると知って動揺した隙を突かれ反撃を食らう。最後はビームサーベルを構えるEz8の懐に飛び込み、自らの機体に隙を作ることで残った量産型ガンタンクを見事撃破し、戦死を辞することもなく任務を全うするという壮烈な最期を遂げる。敵ながら見事なノリスの最期にシローも自らの敗北を認めざるをえず、彼の機体に向かって敬礼をしている。しかし、彼の願いが叶うことはついになかった。

小説版では部下2人を含めたグフフライトタイプ3機でビッグトレーを撃破する作戦を敢行。こちらも同じく最後はEz8のビームサーベルにコックピットを裂かれつつも、ヒートサーベルを投げつけビッグトレーを撃破する。

漫画『MSV-R 虹霓のシン・マツナガ』では、一年戦争緒戦の一週間戦争で戦果を挙げ、ドズル・ザビ中将から表彰される兵士の一人として描かれている。

目次へ移動する


バリー[編集]

  • 声 - 中嶋聡彦
  • 登場話数:第9話

ジオン公国軍ヨーロッパ方面軍に所属する下士官。階級は軍曹。残存部隊を引き揚げさせる時間稼ぎのために志願してボーン・アブスト、ルネンと共にマゼラアタックに乗り込み、ヨーロッパ方面軍残存部隊の殿(しんがり)を務めたヒゲ面の兵士。第08小隊を足止めすることに何とか成功。ユーリの元へ帰還した後、基地に通じる坑道内でギニアスの謀略に遭い、引き起こされた爆発に巻き込まれて死亡。

目次へ移動する


ボーン・アブスト[編集]

ジオン公国軍ヨーロッパ方面軍に所属する士官。階級は大尉。ガウ攻撃空母の艦長として、オデッサからの部隊撤退中に、空挺作戦中だったシロー・アマダ率いる第08小隊のモビルスーツと偶然遭遇、降下中だったカレン・ジョシュワの乗る陸戦型ガンダムを攻撃するが、後からガンダムEz8で降下しガウのブリッジに張り付いたシローの呼びかけ(恫喝)により攻撃を止める。敢えて自分らを見逃してくれたシローに感謝と屈辱の入り混じった複雑な感情を抱く。

その後、ユーリ・ケラーネ少将率いるヨーロッパ方面軍の敗残兵らと合流。第08小隊の追撃に対し、「借りを返す」と有志を募り3両のマゼラアタックで撤退の時間稼ぎのため攻撃を仕掛ける。塹壕を駆使した砲撃や、相手の心理的動揺をつく奇策により第08小隊の足止めに成功し、マゼラアタックは撃破されるものの彼はちゃっかり脱出しており、敬礼しつつ走り去る彼を見たシローは思わず破顔大笑した。

その後、退却中のユーリらと合流するが、ギニアス・サハリンによるユーリ謀殺の巻き添えに遭い、基地へ通じる坑道内で爆風に呑み込まれて死亡する。

目次へ移動する


マサド[編集]

ノリス・パッカードの副官を務めるジオン公国軍の士官。トーチカ基地の司令として第08小隊を迎撃し、斜面を利用した厚い防御で一旦は退却させる。査察に訪れたノリスをヘリで送迎中に再度の攻勢をかける第08小隊とゲリラの蜂起に遭遇。ザクで出たノリスと共に戦闘ヘリで基地の防戦に当たるが、サンダースの陸戦型ガンダムが放ったロケットランチャーがヘリを直撃し、戦死。

漫画版では、戦闘ヘリには搭乗せず、トーチカ基地の司令として基地内で指揮を行い、基地の陥落の際、脱出せず基地と運命を共にする。

目次へ移動する


ユーリ・ケラーネ[編集]

ジオン公国軍ヨーロッパ方面軍所属の師団長。階級は少将。袖を肩口からカットし胸をはだけさせた、およそ将軍とは思えぬラフな軍服を着用しており、白いマフラーを垂らした上にコートを羽織っている。細かいことは気にしないざっくばらんな親分肌で部下からの信頼も篤いが、オデッサ戦敗北に伴う友軍部隊撤退の際、追撃してきた連邦軍に対して南極条約で禁止されている核兵器気化爆弾と称して使用するなど、現実主義者であり手段を選ばない性格も垣間見える。

ケラーネ家はザビ家とは遠い親戚とも言われていた関係から、かつてのジオンの名家サハリン家の兄妹とは旧知の仲であり、初登場の第4話でパーティーに乱入しギニアスアイナの2人にも馴れ馴れしく接するが、配慮に欠ける不躾で露骨な言動からサハリン兄妹にとってはむしろ嫌悪の情が先に立つようであった(監督交代によって前半と後半で人物描写に極端な差異が生じた最たる例と言えよう)。

ジオン公国軍がオデッサで地球連邦軍に敗北、その後散り散りになってオデッサから脱出しようとする残存部隊の中で、ラサ基地に収容されているケルゲレンを用いて宇宙への脱出を図るべく、部下と共にギニアスの元へ向かった。友軍が基地に逃げ込む事で、自らが推し進めるアプサラス開発計画の拠点が判明する事を危惧したギニアスはこれを拒むが、ユーリは強引に逃げ込もうとし、更には今後の戦局は宇宙に移行すると読んでアプサラス開発計画の中止をギレン・ザビに進言しようとする。しかし、それを承服しないギニアスによって先手を打たれ、基地に通じる坑道内で引き起こされた爆風に呑み込まれて逃げ込んだ部下たち共々謀殺されてしまう。しかし、ギニアスの目論見とは裏腹に、この爆発は第08小隊によって探知されてしまい、皮肉にも連邦軍に基地の所在を特定される原因となる。

小説では少々展開が異なり、アプサラス計画の中止をギニアスに伝えた直後に射殺されている。

漫画『機動戦士ガンダム第08MS小隊 U.C.0079+α』では、坑道の爆破後も生存しており、生き残った部下と共にギニアスを襲撃する。毒薬を飲ませ殿を強要、自らはケルゲレンに乗り込み宇宙への脱出を試みるが、連邦軍の攻撃を受け死亡する。

目次へ移動する


ルネン[編集]

  • 声 - 千葉一伸
  • 登場話数:第7・9話

ジオン公国軍ヨーロッパ方面軍に所属する若い下士官。階級は伍長。頭に包帯を、首にマフラーを巻いて前歯が欠けている。残存部隊を引き揚げさせるために撤退の殿を志願。ボーン・アブストバリーと共にマゼラアタックに乗り込みヨーロッパ方面軍残存部隊の殿を務めた。何とか第08小隊を足止めすることに成功しユーリの元に帰還したが、基地に通じる坑道内でギニアスの謀略に遭い爆発に巻き込まれて死亡。

目次へ移動する


民間人[編集]

キキ・ロジータ[編集]

  • 声 - 西村ちなみ
  • 登場話数:第2・3・5・6・8話・『ラスト・リゾート』
  • 劇中の設定年齢:17歳

作品の主な舞台となる、東南アジア密林地帯の住人。負傷した父バレストに代わり、現地民ゲリラ一派の実戦指揮官のような立場にあった。歳に似合わぬほど老練さを見せるが、その一方で年頃の少女らしい一面も見せる。常用の水場で水浴していたところを見られたのが縁でシローと知り合い、軍人にありがちな傲慢さのない率直な彼に惹かれ、口実を作っては何かと第08小隊に付きまとっていた。しかし、当初からシローに意中の女性(アイナ)がいることを察しており、年齢的に未成熟かつ荒事に身を置く自分が女性としての魅力に乏しいとの自覚(思い込み)も手伝って、告白には至らなかった。もっとも、その想いは周囲の知るところであり、好意を向けられているシローの煮え切らない態度にミケルが激昂する一幕もあった。

戦後はミケルと共に行方不明になったシロー捜索の旅に出て、紆余曲折の末にようやく山奥で静かに暮らすシローとアイナに出会う。

小説版では村が連邦軍の略奪に遭い、複数の連邦軍兵士から性的暴行を受ける最中に舌を咬んで自殺するという悲惨な最期を遂げている。

目次へ移動する


チビ[編集]

  • 声 - 千葉一伸
  • 登場話数:第3・6・8話

第3話でシローを拉致したゲリラの1人。まだ少年風で前歯が欠けており、鼻に絆創膏を貼って帽子を逆向きに被っている。「ヒッヒッヒ」と下品な笑い声を上げる。語尾に「〜だべ」を付ける変な訛りのある口調。シローを再度キキの水浴びを出歯亀に来たものと勘違いして散々足蹴にした。

目次へ移動する


ネスカ・コールマン[編集]

  • 声 - 林原めぐみ
  • 登場:サウンドトラックCD『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 REPORT.2 ひとつひとつの歯車』

サイド6に籍を置くジャーナリストで、戦地取材のため同僚と共にコジマ大隊に同道するが、取材中の戦闘に巻き込まれ同僚は死亡。彼女自身は救援に駆けつけた第08小隊に救出される。反戦意識が強く、兵士や現地民の戦争に対する不満の声を集めようと躍起になっていた。しかし、目の前の現実を生き抜く事に必死の彼等の姿を目の当たりにし、兵士の生きる意志を否定できなくなる。

オデッサ作戦の発動前に、本社の指示でヨーロッパに向かっている。

目次へ移動する


ノッポ[編集]

  • 声 - 菅原淳一
  • 登場話数:第3・6・8話

第3話でシローを拉致したゲリラの1人。げっそり痩せ細った体躯は「ノッポ」というよりもゾンビのような印象を受ける。シローを再度キキの水浴びを出歯亀に来たものと勘違いしてチビやヒゲと共に散々に痛めつける。バレストの指示でシローを解放した後、第08小隊の攻撃に乗じて一斉に蜂起し村を奪還。

第8話ではゲリラの拠点とも知らずトップのザク部隊が食糧調達に来た際に、アスがキキを襲おうとしたことへ激怒し、ロケットランチャーでアスのザクを攻撃し戦端を開いてしまう。その後、シローの勇敢な生身での戦闘により制御不能に陥ったトップのザクへ群がり引きずり出してリンチにしようとするが、恐怖に怯えたトップはザクに搭載した対人兵器をゲリラに向かって使用したため、彼もその直撃を受け瀕死となる。その後の生死は不明。

なお、彼が使用したロケットランチャーはカールグスタフ無反動砲のコピー品[12]であり、ゲリラはこれらの旧式兵器を用いてMS相手に一定の戦果を挙げていた

目次へ移動する


バレスト・ロジータ[編集]

東南アジア密林地帯で活動する現地民ゲリラ達の重鎮でキキ・ロジータの父。禿頭で濃いヒゲと黒い眼帯が特徴。「ガウンを羽織った海賊の船長」といった外見である。敵拠点攻略の為迂回したシロー・アマダが、ゲリラの活動地域に入り彼等に捕えられて以降、キキの強い後押しに負けて第08小隊と奇妙な協力関係を築く事となる。ゲリラの頭目だけあって強面だが、娘にはめっぽう甘く親バカな一面も。

足が不自由で、車椅子での生活を余儀なくされている。

村に侵入したジオン公国軍モビルスーツ小隊との間に起こった諍いの中、ザクデル機)がジャンプで脱出を試みた際に部下のヒゲが背後から攻撃を仕掛けたのが仇となり、バランスを崩したザクの至近距離からのスラスター噴射を浴びてヒゲと共に家屋ごと吹き飛ばされ死亡した。

目次へ移動する


ヒゲ[編集]

  • 声 - 茶風林
  • 登場話数:第3・6・8話

第3話でシローを拉致したゲリラの1人。あごヒゲを生やし、ずんぐり太った巨漢でバレストの車椅子を押すのも彼が担当していた。シローを再度キキの水浴びを出歯亀に来たものと勘違いしてチビやノッポと共に散々に痛めつける。バレストの指示でシローを解放した後、第08小隊の攻撃に乗じて一斉に蜂起し村を奪還。

村に侵入したトップのジオン公国軍モビルスーツ小隊との間に起こった諍いの中、ザクデル機)がジャンプで脱出を試みた際に彼がバレストの制止を聞かずに背後から攻撃を仕掛けたのが仇となり、バランスを崩したザクの至近距離からのスラスター噴射を浴びてバレストと共に家屋ごと吹き飛ばされ死亡した。

目次へ移動する


マリア[編集]

第5話で待機命令を破って近くの村へ祝杯を上げに行ったエレドア・マシスミケル・ニノリッチが、ジオン兵に捕まり監禁されたホテルで女主人を務めていた気丈な老婦人。2人に食事を差し入れ、ジオン軍の隙を見て匿っていたキキ・ロジータを村から逃がす。ジダン・ニッカードに“女神”と崇拝されていた他、ノリス・パッカードも彼女に対して礼節ある態度を見せていた。

目次へ移動する


キキ[編集]

  • 登場話数:小説版

戦後、シローとアイナの間に産まれた女の子の赤ん坊。

目次へ移動する


脚注[編集]

  1. ^ 利敵行為の疑いのある自軍兵士に対する処置としては当然とも言える。
  2. ^ 他には『機動武闘伝Gガンダム』のドモン・カッシュ。なお、この場合の「成人」は、あくまで「成年」の定義を現代日本と同じくするガンダムシリーズに限った話である。
  3. ^ ホビージャパンムック『第08MS小隊戦記』(1994年)のインタビューで脚本・シリーズ構成桶谷顕がコメントするところによる。
  4. ^ 『アニメ批評』1999年7月号のインタビューによる。
  5. ^ 書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』33頁より。
  6. ^ 小説版では15年前の爆発事故から1年が経たないうちに両親が他界し、それと同時に没落している。その原因はサイド3外にあったサハリン家の資産を連邦政府が見せしめ的に徴用したとも、ザビ家との権力闘争に敗れたともいわれるが真相は不明。
  7. ^ ただし劇中でオペレーターとしての場面は全く無い。
  8. ^ 書籍『データガンダム キャラクター列伝[宇宙世紀編I]』157頁より。
  9. ^ 公式サイトでは、その後民間人のゲリラによるリンチで死亡した、と記述されている。
  10. ^ 市川は2009年に死去。アーケードゲーム『機動戦士ガンダム ガンダムVSガンダム NEXT』がノリス役としての最後の出演となった。
  11. ^ http://bridge.gdf.bandainamco-ol.jp/concept/cast.php?world=Bana
  12. ^ 『機動戦士ガンダム 公式百科事典 GUNDAM OFFICIALS』より

関連項目[編集]