ガンダムセンチュリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガンダムセンチュリー』(正式名称『月刊OUT9月号増刊 宇宙翔ける戦士達 GUNDAM CENTURY』)は、1981年みのり書房から発行されたアニメ『機動戦士ガンダム』関連のムックである。発行日は奥付には1981年9月27日と記載されているが、実際はそれより一ヶ月近く早く書店に並んでいる。

『ガンダム』の制作に携わったスタッフによるエッセイや外伝的短編小説、1980年頃における宇宙開発技術やロボット技術の解説、総監督の富野喜幸(現:富野由悠季)らによる座談会などで構成されている。

その中でも「グラフィック ジオン戦記」「GUNDAM MECHANICS」の節は、アニメ本編で語られなかった各種設定が外部スタッフによって補強・創作され、それらは現在に至るまで宇宙世紀を舞台とする「ガンダムシリーズ」の映像および外伝作品にも影響を与え続けている。

経緯[編集]

1980年代初め、アニメ『機動戦士ガンダム』が一大ブームとなり、複数の出版社から多数の関連書籍が発行された。しかし、その内容の大半はアニメ本編を解説・紹介したものであり、単なる副読本の域を出るものではなかった。

『ガンダム』の「モビルスーツ」はそれ以前のロボットアニメとは一線を画すリアリティをもった軍用兵器として描写されてはいたが、当時の制作環境による表現上の制約もあり、特にこの作品に興味のない者にとっては、従来のスーパーロボットと何ら変らぬ認識をされていた。しかしその一方で、コアなアニメファンたちの中には映像作品中で語られなかった部分を自ら考証する「設定遊び」を行う者もいた。

アニメ・SF関係の企画集団である「スタジオぬえ」のスタッフを含むメンバーを中心としたサークル「SFセントラルアーツ」の同人誌『Gun Sight』もその一つであり、アニメ本編で具体的な説明のなかったSF考証や兵器解説・戦史を非常に詳しく描いていた。これは後に、「ぬえ」のメンバーでもあり、ガンダム本編に脚本家として参加していた松崎健一と、サブカルチャー誌的傾向のあったアニメ誌・『月刊OUT』の当時の編集長・大徳哲雄により商業誌に発展、設定考証の他、スタッフインタビューや座談会、現実のスペースコロニー計画やモビルスーツ的な機械の記事を加え再編集され、「ガンダムセンチュリー」として刊行された。

このムックの最大の特徴は、アニメ本編に使われたフィルムの画像やセル画が一枚たりとも掲載されておらず、全て新作イラストが使われている事である。アニメスタッフによるエッセイのページにのみ、アニメの原画が掲載されている。また当時のガンダム関連書籍と異なり、表紙にモビルスーツもキャラクターも描かれておらず、横文字のタイトルロゴとジュラルミンにリベットを打った航空機の外装風のバック[1]だった。

もっとも、これにより年少者にはガンダム関連の書籍であることすら認識されず、『月刊OUT』本誌の定価が430円だった当時、1800円という価格もあって売れ行きは良くなく、『OUT』に掲載されたゆうきまさみの漫画の中の対話で、「売れてないですよね」と描かれているほどだった。それにより一度回収され、新品のカバーに付け替えられた後に再発行された。しかし今度は、タイトルロゴ[2]が印字されずに発行されるというミスにより、直ちに再回収されるアクシデントも発生した。このため、ロゴなしの本書はレアであるため特に高価なプレミアム価格となっている。

作品世界への影響[編集]

本書および前身となった同人誌『Gun Sight』により創作されたガンダム世界の専門用語や設定は実に多い。「エネルギーCAP」「Iフィールド」「ミノフスキークラフト」「フィールド・モーター」といったミノフスキー粒子関連用語や、「ブリティッシュ作戦」「流体内パルスシステム」「AMBACシステム」といった単語、ザクのバリエーション、ゲルググギャンが競作の関係にあったこと、アッガイにザクのジェネレーターが使われていること、ZIONIC(現在ではZEONICと綴る)などの兵器メーカーといった設定がある[3]

それを搭載するためにムサイの形状が決定したとされる巨大な降下カプセル・HRSLは本誌で初登場している。後にアニメ本編でも自力での打ち上げが可能なHLVとして登場しているが、これはそれ以前にワールドフォトプレス社の「メカニックマガジン」誌に掲載された記事で、記事内の仮想戦記の人名はガンダムキャラからきていたもののガンダム世界とは関係なく発表されていたものである。なお、イラストを担当したのも同じ宮武一貴である。

またこれらの設定は、アニメ本編の製作会社である日本サンライズ(現・サンライズ)の許可を得ていなかった(そもそも当時はアニメや特撮の副読本の独自設定についての制約はほとんどなかった)が、後のメカニックデザイン企画「MSV」(1983~1984)でも本書の設定の多くを継承し発展させ、ガンプラマニアたちにとっての共通認識となった。模型誌モデルグラフィックスの連載企画『ガンダム・センチネル』(1987~1990)では、本書の設定をベースに『機動戦士Ζガンダム』の時代に拡張する形でSF考証が行われた。そしてコアなガンダムファンをターゲットとして企画された『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』にて、本書が提示した設定の一部が初めてサンライズ製作の映像作品に取り入れられるに至った。当時のファンたちが成長し製作者側となった現代、これら設定の幾つかは新作のアニメやゲームに使用され、マニア以外にも知られることとなった。

本書の内容の全てがΖガンダム以降に反映されたわけではない。1990年代になって定着した設定もあり、例えばコロニーの落ちた基数、落着位置は『0083』まで映像中では明確にされなかった。また、現在通用しない設定も多い。モビルスーツのスペックや時系列の違いは顕著であり、当時は一年戦争という設定がまだなく、本書では大戦は宇宙世紀0079年11月から0080年後半までは続いていることが語られている。

みのり書房はその後、いわゆる「リアルロボット物」の副読本として1983年に『マクロス・パーフェクト・メモリー』(超時空要塞マクロス)、1985年に『バイファム・パーフェクト・メモリー』(銀河漂流バイファム)、『ボトムズ・オデッセイ』(装甲騎兵ボトムズ)を発行している。ガンダムセンチュリーと同傾向のムックである。特に「マクロス」ではスタジオぬえにより番組開始前から詳細な公式設定が作られていたこともあり、本編のストーリー紹介やアニメの設定書や企画書、準備稿、オリジナル小説なども収録されていた。

その他の主な内容[編集]

『ガンダムセンチュリー』の内容のうち、上記の各種設定は全体のページ数のうち3分の1ほどである。これ以外の内容としては以下の物が掲載されていた。

WHITE-BASE LIVE
ホワイトベースの乗組員たちを書く短編小説。文は松崎健一、画は美樹本良晴(現:美樹本晴彦)。
ガンダムへの訣別、ガンダムからの出発
制作スタッフエッセイ。星山博之荒木芳久山本優松崎健一(以上『ガンダム』では脚本を担当)、永井一郎(ナレーター)、安彦良和(アニメーション監督・キャラクターデザイナー)。
ガンダム空間の創造者たち
大河原邦男(メカニックデザイナー)、中村光毅(美術)へのインタビュー。
GUNDAM SCIENCE
1980年当時の実際の宇宙開発技術やロボット技術を解説。
THE DISCUSSION OF GUNDAM
富野喜幸(現:富野由悠季)、星山博之、大河原邦男、松崎健一による座談会。司会は白井佳夫(映画評論家)。

復刻版[編集]

本誌は高い歴史的価値と資料価値と希少性から、最も入手が困難な資料として珍重され、1990年代には万単位(時には10万を超える)のプレミアム価格で取引されていた。2000年3月に、オリジナルを出版した当時の月刊OUT編集長で本書の編集者でもある大徳哲雄が創立した編集プロダクションである樹想社から『GUNDAM CENTURY RENEWAL VERSION』として定価4200円で復刻され、この状況は解消した (ISBN 4877770283)。誤植の訂正ならびに、ミリバールからヘクトパスカルなど科学単位の一部が変更されている以外は、旧版と同じ内容である。

みのり書房の倒産により原稿が紛失しており、復刻にあたっては旧版の冊子をスキャンして複製する方式が採用された。旧版の3倍近い価格となったのはそのためである。カラー画稿などトリミングされて端が切れている部分が多く、色調も再現されているとは言い難く網掛けが潰れてしまっている画稿もある。

エピソード[編集]

  • 1997年に大阪市日本橋に世界初のガンダム専門店を名乗る「GUNDAM's」が開店した際に、ゴミ同然のボロボロな状態のものが展示されていた。当時の入手の難しさと、このような状態でも展示物として表に出すことができるほどの評価の高さを物語る出来事である。
  • 本誌の執筆陣の1人である森田繁は、後に『∀ガンダム』の製作に設定考証スタッフとして参加した際に、作り手としても視聴者としてもガンダムから離れていた森田は本誌の内容を完全に忘れており、ミノフスキー物理学などのSF設定を見て「よくできてるね。誰が考えたの?」と発言し、他のスタッフから「20年前にあんたが考えたんだよ!」と突っ込まれた[要出典]。しかし実際には森田は本書の前身であるGun Sightに参加していないことをのちに語っており[4]、森田が考案したのはSUITやAMBACといった名称で(これを考案したことは実際に忘れていた)、ミノフスキー粒子関係の設定の発案者ではない。
  • 同じく執筆者の1人である河森正治は『機動戦士ガンダム0083』にメカニカルスタイリングとして参加した際、新しいアイデアを出して「それは設定にありません」と断られ、以前自分がアマチュアの時に作った設定に縛られるという経験をした。
  • 発売当時、月刊模型誌ホビージャパンに「このガンダム君には作れまい」のコピーと共にメインテナンスハッチをフルオープンした河森正治のイラストを使った広告が掲載された。そしてホビージャパン発行のムック『HOW TO BUILD GUNDAM』の続編『HOW TO BUILD GUNDAM2』に、1/60キットを改造した作例が表紙と記事に掲載され、同挑戦コピーへの当時なりのモデラーからの回答が提示された。このハッチオープンガンダムは1990年にカトキハジメにより、1/144スケール旧HGガンダムの組み立て説明書にカトキ版のイラストで再現された。

製作スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イラストレーターの青井邦男が、「ホームセンターで買ったステンレス板、アルミ板を組み合わせ、サンドペーパーでヘアライン入れ、ドリルの刃を逆にしてお尻の部分を金属板に当て、刃の方を木槌で叩いてリベット表現を入れた」物であったと、後にTwitterで語っている。また、同じ素材が別のデザイナーによって浅田次郎「プリズンホテル」の表紙にも使われている。
  2. ^ この黒文字だけはオフセットではない別の方法で後から印字されており、硬い物でこすると削れてしまう特徴があった。
  3. ^ このうち『Gun Sight』(Phase 0と2)から設定されていたのはエネルギーCAP、Iフィールド、ミノフスキークラフト(名称除く)、ゲルググとギャンの関係、アッガイとザクの関係。
  4. ^ 『GUNDAM OFFICIALS』刊行記念インタビュー[1]

外部リンク[編集]