永井一郎

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2022年10月
ながい いちろう
永井 一郎
プロフィール
本名 永井 一郎[1]
愛称 永井ちゃん[2]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本大阪府池田市[3][4][5]
死没地 日本の旗 日本広島県広島市中区[6]
生年月日 (1931-05-10) 1931年5月10日
没年月日 (2014-01-27) 2014年1月27日(82歳没)
血液型 A型[7]
身長 159 cm[7]
職業 声優俳優ナレーター[8]
事務所 青二プロダクション(最終所属)[9]
配偶者 あり[10]
公式サイト 永井 一郎|株式会社青二プロダクション
声優活動
活動期間 1961年 - 2014年
ジャンル アニメ特撮ゲームナレーション吹き替え
デビュー作スーパーマン[5][11]
俳優活動
活動期間 1956年 - 2014年
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

永井 一郎(ながい いちろう、1931年5月10日[7] - 2014年1月27日[12])は、日本俳優声優ナレーター[8]である。大阪府池田市出身[3][4][5]青二プロダクション最終所属[9]

サザエさん』の磯野波平[6][12][13]など数多くの作品に出演し、日本声優界の重鎮の1人として知られた[14][15]

生涯

大阪第二師範学校(男子部)附属国民学校(現在の大阪教育大学附属池田小学校)卒業[4]大阪府立池田高等学校卒業(入学時は学制改革前の旧制中学校「大阪府立池田中学校」)[16]京都大学文学部仏文科卒業[3][4]

大学進学時、それまで学んだ理系から文系に変わったところ暇を持て余すようになったといい、そんな中で同級生に誘われたことを機に演劇部へ入部[17]。それまでは芝居に特別興味はなかったが、様々な芝居を観て「うわぁ、世の中にこんなにおもしろいものがあるんだ」と感銘を受けて役者を志す[17][11]。その後、就職活動はしたものの全て不採用となったこともあり、卒業後は役者を志して上京[18][17]

新劇俳優を目指し、当時「三大劇団」と言われた内の二つである文学座劇団民藝を受けるも不合格となる[17]。もう一つの俳優座を受ける気力もなくなったことで、約2年間は電通に勤務[注 1]しながら俳優の養成所に通う[11][17][18]。養成所卒業後、愛川欽也ら俳優座の3期生が集まって結成した劇団三期会に参加[18]。三期会では実年齢が25歳と最年長だったため、この舞台から中年や老人の役を始めるようになる[18][17]

声優活動は、三期会がアメリカのテレビ映画スーパーマン』の吹き替えにユニットで出演していたため始めるようになったという[18][17]。その後、吹き替え業界で「年寄りの役ができるヤツ」として知られるようになり[17]、特に1959年開始の海外ドラマローハイド』のウィッシュボーン役が老け役専門になる決定的な出来事で出世作となる。以後、声優の仕事でスケジュールが埋まり、舞台や映画の仕事をやれなくなったことで、自然と声優に専念するようになっていった[18][17]

アニメ作品では、1962年の劇場用作品『アラビアンナイト・シンドバッドの冒険』(東映動画)でのアーマッド役が初めての出演だった。テレビアニメには『仙人部落』でデビューし『鉄腕アトム』にも出演[17]。1964年の『ビッグX』の博士役が初のレギュラー出演となり、黎明期から活躍。1969年から長年演じた『サザエさん』の磯野波平役が代表作となった[13]

所属事務所は劇団三期会、東京俳優生活協同組合同人舎プロダクション、東京アーチストプロを経て、青二プロダクションに所属していた[7]

2009年、第3回声優アワード功労賞を受賞[20]2011年東京アニメアワードでは、功労賞を受賞[21]

死去

2014年1月27日12時半頃、宿泊していた広島県広島市中区のホテルの浴槽でぐったりと倒れているところを従業員に発見され、病院へ運ばれたが、間もなく死亡が確認された[6][12]。満82歳没(享年84)。所属事務所より、死因は虚血性心疾患による心不全と発表された[22]

永井は死去の前日から27日にかけ、中国放送製作の特番『世界が知りたいニッポンの技 ~美と食の匠たち・・・ひろしま篇~』[注 2]のナレーション収録のため広島市を訪れており[6][13]、これが生前最後の仕事となった[24]。また、同番組のエンディングには追悼のテロップが流れた[24]磯野波平を演じていた『サザエさん』は、同年2月9日放送分(1月23日収録)が最後の出演となった[13]

戒名は「壽聖院勲譽一叡聲導居士」(じゅしょういんくんよいちえいせいどうこじ)で、「周りの人々をほのぼのと温かく豊かに見守り、声によって救い導く」という意味が込められている。通夜は2月2日18時から営まれた[25]。葬儀・告別式は2月3日に営まれ、浦沢直樹加藤みどり冨永みーなが弔辞を担当[26][27]。それまでに共演してきた多くの声優仲間や後輩など約400人が参列し[28]、出棺の際には永井の弟の呼びかけにより、波平の口癖であった「バカもーん!」という言葉で送り出され、ホルストの組曲『惑星』の第4曲ジュピターの中間部が流れた[29][30]。その後、遺体は品川区桐ヶ谷斎場で荼毘に付された。

特色・人物

声種ローバリトン[31]方言大阪弁[7]

壮年から老人の男性を演じることが多く「老け役声優」として知られた。また、重厚な声を得意とし[32]、主役以上の存在感を持つ脇役を演じることも多かった。アニメは『サザエさん』の磯野波平をはじめ創成期より数々の作品に出演。その他にも吹き替え特撮作品、ナレーションなど幅広い分野で活躍した。

フジテレビ『プロキング』で声優121人が選ぶNo.1声優第4位に選ばれた。おもな投票理由は「声を変えずにキャラクターを変える演技力」。

腰が低く気さくな人柄から、多くの後輩に慕われていた[15]松本梨香によると、現場で若手が叱られ落ち込んでいると場を和ませるなど、気遣いの名人でもあったという[15]。また、舞台では後輩の劇団公演に参加したり舞台セットの撤収まで付き合ったりと、かなり面倒見がいいことで知られた。

熱血漢なことでも知られていた[15]。また、仕事好きな性格だったことから、生涯現役の意向を貫いた[33]

政治に関しては、日本共産党支持者であった[34]

趣味はフラメンコギターの演奏[35]。他に、油絵スキービリヤードなど[36]

仕事に対する姿勢

1962年、俳優の東野英治郎が、『東京新聞』に「“声”優に危険手当てを-他人の演技に合わす苦しみ」と題するコラムを発表。東野は、俳優の演技とは「動くから自然に声が出るのであり、声が出るから動くもの」なのだから、外国産テレビ映画の他人が演じた動きに声だけを当てはめるアテレコは、俳優として片輪になりかねない危険な仕事だと主張した[注 3]。当初、永井は東野の演技論に反論できずにいたが、体育学者勝部篤美による、実際に体を動かさなくてもイメージするだけで筋肉に放電が起こるという研究報告[37]にヒントを得て、1981年、『ガンダムセンチュリー』に寄稿した「細胞でとらえた演技」の中で反論を行い、舞台俳優の演技も声優の演技も本質的に違いはないと結論した[38]。詳細はアテレコ論争を参照。

役作りでは、「どんな人間も幸せを追求している」との持論から、演じる役が何を自分の幸せとしているかを探すことが大切なコツとしている[39]

すべての仕事に全力で取り組み、等価値の思い入れを持つようにしていたことから、特別思い入れのある役は無く、どの役も気に入っていたという[33]

アニメの仕事に関して、始めた当初は「ちっともアニメが好きではなかった」といい、「でも今は好きですね」と語っている[40]

待遇改善運動

声優の待遇・地位向上にも尽力したことでも知られている。永井本人は「声優は子供たちに夢を与える素晴らしい仕事なのですから、声優に憧れる子供たちが迷わず入ってこられるような、素晴らしい業界にしなければなりません」と語っていた[41]

永井がデビューした頃、草創期である声優(吹き替え)業界の出演料は、生放送が基本だったことから「放送1回分の対価」であったため非常に安かった。その後、録音収録が始まり出演作の再放送がされるようになったことで様々な交渉や契約がなされたが、永井ら声優側が知らない間に出演作が再放送されるなど「再放送に対する対価」が支払われず、状況は生放送時代から一向に改善されなかった。干される怖さから多くの声優が意見を言えない中、日本俳優連合の発足で1973年には製作側と俳優側で交渉などが行われるも製作側の態度に改善の余地がなく、これを大きな問題と考えた永井ら8名によって、200人以上の声優が参加するデモ活動ストライキなど闘争を行った。その結果、製作側のトップである植村伴次郎と永井の間で話し合いの場が設けられ、出演料をはじめ多くの契約がそれ以前に比べ大幅に改善されることとなった[15][42]

その後も、1980年代には日本俳優連合の委員長に就任[15]。諸外国の声優は一つの役だけで生活できる職業であることを踏まえてさらなる改善を目指し[5]1986年に決まった声優出演時の時間割増料金や作品の利用目的別料金などのルールの基本的な草稿を作成[15]1988年には『オール讀物』で「磯野波平ただいま年収164万円」と題した記事でアニメ出演料の安さを訴えている。また、晩年は声優をはじめとした役者の仕事に著作権を獲得する運動も積極的に行っていた[5]

2004年には野沢雅子内海賢二らと共に声優360人を代表して、アニメがビデオ・DVD化された際に音声制作会社に声の使用料の支払いを求める訴訟を起こし勝訴している[43]

2009年のインタビューでは若手に対して「今は声優や業界にとって端境期にあると思う。地上波、CS、ひいては小さな携帯端末で何でも楽しめてしまうし、何が主流になってくるかわからない。形が随分と変わってくると思う。でも媒体がどんなに変わっても、外しちゃいけない事がある。(中略)人間がキチっと表現できれば、どんな形の業界になろうが、業界全体が食える状態になれるんだという事に、自信を持ってもらいたいな。『仕事があって、金になってればいいや』って考え方だけは、やめてもらいたいね。問題が生じたら、しっかりと向き合ってきちんと話し合う覚悟は持っていてもらいたいと思っています。」と語っている[5]

エピソード

サザエさん

サザエさん』では、磯野波平役を1969年の放送開始から死去する2014年まで約45年にわたり担当した。当初は「半年の放送」だと聞いて現場に入ったため、2009年には「まさか40年も続くとは思ってもいなかったです」と回想している[14]

作品の舞台は現代となっているが、世界観などを考えた永井は波平を「明治生まれ、終戦の時点で53歳ぐらい(である人物)」と自身の中で設定し[44]、「明治の美しい日本をきちっと保っているところ」を大事にし演じていたという[45]。なお、公式設定では54歳の波平を53歳としているのは「あの頃(終戦時代)は55歳が定年であり、子供がいるのに定年間近では可哀想だ」との思いからである[44]

永井は波平について、時代の変化から父親不在が社会問題になるにつれて、開始当初のイメージと異なり「ああ、波平ってちゃんとした男だったんだ」と感じるようになったという[17]。また、「バカモーン」とよくカツオを怒鳴る姿に最初は違和感を持ったが、「カツオが常識的でないことをやると怒る。社会人として育てばいいと思っているんだよね。そうだと思ってから、波平がいい親父に思えてきた」とも語っている[45]

『サザエさん』については「現在の社会でも過去でもないあの世界で、彼(波平)は理想の父親像なんですよ。磯野家は普遍的な理想の家族の姿なんだと思います」と述べている[17]。「理想の家族」に関しては、2000年代に「昔はそうも思わなかったのですが、こんなひどい世の中になりますと、なるほどと思うようになりました。ワカメは電車の中で化粧をする女にはならないでしょう。カツオも母校に火をつけたりしないと思います。タラちゃんも登校拒否にはならないと思います」と述べており[46]、最晩年の2013年には「私たちは声優の仕事をきちっとやるのみ。それをどう視聴者の皆さんが受け止めてくださっているのかは分かりませんが、このアニメが続いている限り、日本もまだ大丈夫だな、というふうに思います!」とコメントしていた[47]

収録では、「波平と同じ生活をする」という理由から常にスーツにネクタイという服装で現場入りし、現場までは電車で移動していた[48]

1999年、2代目磯野カツオ役の高橋和枝の葬儀の席では、弔辞を朗読。実際は高橋の方が永井より2歳年上であるが、弔辞の中では波平がカツオに話すような口調で「カツオ。親より先に逝く奴があるか」「カツオ、桜が咲いたよ。散歩に行かんか」と呼びかけた。永井は弔辞を冷静に語ろうとしたが、感極まってか涙声になった。

2009年11月15日に放送された『実写版 サザエさん』では、自動車教習所の老紳士役として顔出しで特別出演した[14]

晩年には「頭髪以外波平と似ている」と言われることがあり、本人はこのことを否定しつつも、「長年演じる中で似てきたのでは」と聞かれた際は「かもしれません」と答えている[44]

機動戦士ガンダム

『機動戦士ガンダム』においては、ナレーターやデギン、ドレンといった名有りのキャラクターの他、ホワイトベースに乗り込んだ避難民など、数十人に及ぶ端役の声(主に老人役)を担当しており、第13話では「難民キャンプの老婆」役まで担当した。後に富野由悠季監督は永井に対し「便利屋として使ってしまって申し訳ないことをしたと思っている」と告白している[49]。また、ガンダムブームのさなか、ラジオ番組『アニメNOW!』内でガンプラのCMのナレーションと歌を担当した。歌詞は「ガンダムは走る、ガンダムは戦う、ガンダムは耐える」という内容であった。

2009年4月26日アニマックスで放送された『機動戦士ガンダム30周年記念 みんなのガンダム 完全版』において、永井自身のナレーションで「演じたキャラクターが最多」ということを語っていた[出典無効]

最終回の最後のナレーションに関しては、意図的に冷ややかにしめくくったという。この理由については「あの第2次世界大戦の敗戦直後、ミズーリ号の甲板で調印がなされたとき、ひどく明るい未来を思い描いたにもかかわらず、またもや、こんな世の中を作ってしまったオロカな人間どもよ…こんなんじゃ、たとえニュータイプが出てきてもニュータイプが苦しむだけなんだよ、君たち、しっかりしなくちゃ困るよ!みたいな気持ちがあった」と述べ、監督の富野からは正しいとらえ方だと肯定されている[40]

その他出演作品

キャリア初期に、海外ドラマローハイド』に老料理人のウィッシュボーンとして出演。第1回放送では端役で役名も「御者1」であったが、その「御者1」が次回、次々回にも登場し、次第に準主役のキャラクターとなったこと合わせ永井も大きく活躍[39]。作品も最高視聴率43.4%を記録する人気番組となったことで出世作となり、ウィッシュボーンを演じたポール・ブラインガー英語版とも1962年の来日時に対面した。この出演を機に声優として生きていくことを決めたという[39]。永井は後年「もしこれがなければ波平も、佐渡酒造も私ではなかった、運が良かった」と回想している[39]

高橋留美子原作の作品には多く出演。『うる星やつら』、『らんま1/2』、『犬夜叉』、『高橋留美子劇場』、『1ポンドの福音』など、常連声優の一人であった。

映画監督大島渚は大学時代の友人で、彼の初期映画作品に俳優として出演している[13]

映画『スター・ウォーズ』日本語版制作時には、ヨーダの声役の候補に挙がった当時、ジョージ・ルーカス監督から「ナガイは英語は話せるのか?」と、出演を打診されたことがある[50]

持病と「酒」

35歳でバセドウ病に罹り、その後50代で糖尿病を患うなど、終生「病との共存」を強いられた。

1994年には食道癌が見つかり内視鏡手術を受けた後、声が出なくなり原因がわからないままのことがあった。それから2週間ほど経過した頃、後輩に誘われ酒を酌み交わしていたところ、自然と声が出ていたという。再び出にくくなって飲んでみたところ、また声が出た。医者に説明しても首をかしげられたが、以来、「声を出すために」敢えて酒を飲むようになったという。なお、45歳頃までは全く酒を嗜まず下戸だった。

2000年には直腸癌で入院、手術した際に医者から酒を止めるよう言われるも、声のためにも飲むことを決め、血糖値に影響が出にくく自分に合う酒を試しながら行きついたのは「芋焼酎」だった。その後は高かった血糖値も2、3年で安定するようになり(あくまで永井の場合)、体調も順調になったことから、芋焼酎をこよなく愛しファンを貫いた[51]

没後

東京都世田谷区桜新町商店街に存在する波平の銅像には、ファンからの献花が相次いだ[52]。また、大阪市中央区の大丸心斎橋店ではアニメ放送45周年記念イベント「みんなのサザエさん展」が図らずも追悼の場となった[53]

2014年1月30日には『サザエさん』の同年2月16日放送分の収録が行われたが、永井の後任については調整中だったため、波平の分は仮の人の声が当てられた[54]。その際、カツオ役の冨永みーなが泣きっぱなしだったため、サザエ役の加藤みどりが「泣くな! 釣られるじゃないか!!」と叱咤激励した[55]。また、同年2月2日青山葬儀所で営まれた通夜の際、フネ役の麻生美代子は悲しみのあまり10分弱で弔問を済ませ、立ち去った[56][57]

鈴木次郎吉役を担当していた『名探偵コナン』では、1月17日に松本清長役の加藤精三も死去しており、729話「ダイヤと絵画と大女優」(2014年2月8日放送)の最後に「名探偵コナンで警視庁・松本管理官役の加藤精三さん、園子の叔父・鈴木次郎吉役の永井一郎さんが1月にお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈り申し上げます。」と追悼テロップが流れ、その後に同番組のホームページにも期間限定で掲載された。

毎週の生ナレーションを担当していた『情報7days ニュースキャスター』では、2月1日に追悼特集が放送され、司会の安住紳一郎も涙で故人を偲んだ[58]。同番組では、2014年3月15日まで生前のアーカイブを使用したコーナータイトルコールが継続して使用された[注 4]

また、没後に発表された『ドラゴンボール改』(魔人ブウ編)のカリン、『ドラゴンボールヒーローズ』(邪悪龍ミッション 4弾)の鶴仙人、『機動戦士ガンダムUC』(episode 7 虹の彼方に)のサイアム・ビストの他、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにオープンした「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」内のアトラクション『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー』におけるアルバス・ダンブルドアの声は、永井が生前に収録した音声が使用されている。『クレヨンしんちゃん』で永井が演じたマスターヨダは、永井の没後一度も登場していない。

後任

永井の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 概要作品 代役・後任の初担当作品
堀秀行 野球仮面 秘密戦隊ゴレンジャー 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
関智一 日曜もアメトーーク! スーパー戦隊大好き芸人
茶風林[注 5] 磯野波平[59] サザエさん 2014年2月16日放送回
磯野藻屑源素太皆 2014年3月23日放送回
磯野海平 2014年5月18日放送回
町田先生 ど根性ガエル ソルマック』TVCM
銀河万丈 アイザック=ネテロ[60] HUNTER×HUNTER(第2作) 第122話
山寺宏一 猫田銀八 はじめの一歩 はじめの一歩 Rising』第21話[61]
宝亀克寿 『はじめの一歩 FIGHTING SOULS』[62]
松本大督 ナレーション 悪夢ちゃん PR特番
富田耕生 鈴木次郎吉 名探偵コナン 第746話[注 6]
緒方賢一 ジイジ テイルズ オブ ゼスティリア テイルズ オブ ゼスティリア 〜導師の夜明け〜
多田野曜平 ヨーダ[63] スター・ウォーズシリーズ スター・ウォーズ 反乱者たち
浦山迅 ガス ナイト ミュージアム ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
清川元夢 ジュリアス・レヴィンソン[64] インデペンデンス・デイ』ソフト版 インデペンデンス・デイ: リサージェンス
魚建 カリン[注 7] ドラゴンボール ドラゴンボール超
西村知道 ドラゴンボールフュージョンズ
岩崎ひろし 鶴仙人 ドラゴンボールZ カカロット
麦人 ナレーション 鬼武者 『鬼武者 HDリマスター』
辻親八 スリンキー・ドッグ トイ・ストーリーシリーズ トイ・ストーリー4
梅津秀行 錯乱坊[注 8] うる星やつら 『Pうる星やつら〜ラムのLoveSong〜』
八宝斎 らんま1/2 パチンコ版

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1963年
1964年
1965年
1966年
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
2014年

劇場アニメ

1962年
1968年
1969年
1971年
1973年
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
  • 悪魔くん ようこそ悪魔ランドへ!!(ファウスト博士
1991年
1992年
1993年
1995年
1996年
1997年
1998年
2000年
2001年
2002年
2003年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年

OVA

1984年
  • BIRTH(バオ・ルザン)
1985年
  • 吸血鬼ハンターD(Dの左手、ナレーション)
  • NORA(ドハティ)
  • トゥインクル NORA ロック・ミー!(フーチェロ)
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
  • YAMATO2520(トーゴー・シマ)
  • らんま1/2 SUPER 邪悪の鬼(八宝斎)
1996年
1998年
2000年
2001年
2010年

ゲーム

2014年以降の一部の作品は生前の収録音声を使用したライブラリ出演。

1985年
1988年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2019年
2021年

吹き替え

担当俳優

映画

年度不詳
1961年
1963年
1964年
1966年
1967年
1970年
1971年
1972年
1974年
1976年
1977年
1979年
1980年
1981年
1982年
1984年
1985年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1995年
1996年
1997年
1999年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2012年

海外ドラマ

海外アニメ

人形劇

テレビドラマ

  • こどもドラマ『トランプの国』(1956年3月22日、NHK
  • 内田康夫サスペンス 愛するあまり… 樹海の失踪殺人事件(2001年7月29日、BSジャパン) - 署長 役
  • SPドラマ『サザエさん』(2009年11月15日、フジテレビ) - 自動車教習所の所長 役
  • ドラマ10離婚同居』 最終話(2010年6月15日、NHK) - 秋山 役、予告ナレーション
  • ゲゲゲの女房 第115回(2010年8月9日、NHK) - 猫の声 役

映画

舞台

特撮

1974年
1976年
1977年
1978年
1990年
2007年
2008年
2009年
2011年

ラジオ

ラジオドラマ

ドラマCD

音楽CD

  • ゲゲゲの鬼太郎 テーマ曲集「燃えろ!鬼太郎」
    • 「おじさんは泣いている」(子泣きじじい)

ナレーション

映画

情報番組・バラエティ番組

テレビドラマ

CM

特記がない限りはTVCMのナレーションである。

その他

著書

  • 朗読のヒント 蕗薹書房(1999年2月)
  • バカモン!波平ニッポンを叱る 新潮社(2002年3月)
  • 朗読のススメ 新潮文庫(2009年6月)

脚注

注釈

  1. ^ 当初はアルバイト(メッセンジャーボーイ)で勤務。学歴(京大卒)が上司に知れると正社員にされるかもしれないと懸念したため、高卒であると嘘を言っていた。しかし、先輩を通じて学歴が知られ、永井の懸念通り無理矢理正社員にされたという[19]
  2. ^ TBS系列で同年2月2日14時30分~15時54分放送[23]
  3. ^ 東野英治郎 「“声”優に危険手当てを-他人の演技に合わす苦しみ」『東京新聞』1962年2月19日朝刊、p.9。なお、このコラムにおいて、東野が洋画の吹き替えやアニメのアフレコを「自分の尺で演技できない、芝居とは呼べない外道の所業」と評したとされることがあるが、実際は東野はアニメには言及しておらず、「外道の所業」という言葉も使っていない。
  4. ^ 同番組は2014年4月5日に『新・情報7days ニュースキャスター』としてリニューアルされ、ナレーションそのものが廃止された。
  5. ^ 永井の存命中にも『北斗の拳 世紀末救世主伝説』でハブの代役をしていた。
  6. ^ 富田も2020年9月27日に逝去し、第984話が最後の出演となった。また、富田の没後に制作された『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』からは佐藤正治へと引き継がれた。
  7. ^ 永井が初代キャスト。アニメ第2作の途中から龍田直樹にキャスト変更されたが、デジタルリマスター作では一貫して永井が担当。
  8. ^ 永井の生前に発売されたパチンコ・パチスロ機でも梅津が声を担当。永井の死去後に発売された『Pうる星やつら〜ラムのLoveSong〜』では、一部を除きテレビアニメ版準拠にキャスト変更されているが、そこでも引き続いて役を担当している。
  9. ^ 1972年版では途中から神山卓三に交代。
  10. ^ このほか、アニメーターの大塚康生が演じたタクシー運転手のセリフを担当している。

シリーズ一覧

  1. ^ 『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『SPIRITS』(2007年)、『GENESIS』(2016年)

出典

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、205頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ 野沢雅子「第6章 素晴らしき声優仲間」 『ボクは、声優。』オプトコミュニケーションズ、1995年、170-171頁。ISBN 4-07-217886-1 
  3. ^ a b c Vol.60 永井一郎さん(声優)”. あの人に聞きたい 私の選んだ道. 実業之日本社. p. 1. 2022年12月20日閲覧。
  4. ^ a b c d 役者として人間の本質を問いかける”. スペシャル対談〜藤本裕子が各界トップに迫る. トランタンネットワーク新聞社 (2006年). 2016年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月20日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 特別編 永井一郎さんを偲んで【ふきカエルインタビュー】”. ふきカエル大作戦. 2022年12月20日閲覧。
  6. ^ a b c d “波平さん役の声優・永井一郎さん死去 収録先のホテルで”. 朝日新聞DIGITAL. (2014年1月27日). オリジナルの2014年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140128101601/http://www.asahi.com/articles/ASG1W669MG1WPITB019.html 2014年1月29日閲覧。 
  7. ^ a b c d e 青二プロダクション 永井 一郎”. 2016年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月27日閲覧。
  8. ^ a b 永井一郎——いかに行動するかを考え抜いた声優哲学”. cakes (2014年2月18日). 2020年5月13日閲覧。
  9. ^ a b 永井 一郎|株式会社青二プロダクション”. 2020年5月13日閲覧。
  10. ^ “永井一郎さん葬儀・告別式は2月3日に”. (2014年1月29日). オリジナルの2014年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/uLKPA 2014年1月30日閲覧。 
  11. ^ a b c ①道は長いから、あせらないで。 役者は何をするのかを考えてほしい”. 声優グランプリ. 永井一郎の声優道. 主婦の友社 (2009年2月20日). 2018年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月20日閲覧。
  12. ^ a b c “訃報:永井一郎さん82歳=声優、サザエさんの波平の声も”. 毎日新聞. (2014年1月27日). オリジナルの2014年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140128235342/http://mainichi.jp/select/news/20140128k0000m040040000c.html 2014年1月29日閲覧。 
  13. ^ a b c d e “「サザエさん」波平役の永井一郎さん急死 ”. nikkansports.com. (2014年1月28日). オリジナルの2014年1月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/gLlCk 2014年1月29日閲覧。 
  14. ^ a b c “実写版『サザエさん』に“サザエ”声優・加藤みどりが45年ぶりにドラマ出演! 波平役の永井一郎も”. ORICON NEWS. (2009年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/70653/full/ 2023年1月2日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f g “声優の“深夜割増”料金も…知られざる波平役・永井一郎さんの功績”. 週刊朝日 (朝日新聞出版). (2014年2月6日). https://dot.asahi.com/wa/2014020500061.html 2023年1月2日閲覧。 
  16. ^ 70周年記念映像ダイジェスト編 関東支部のホームページにアップ”. 大阪府立池田高等学校同窓会 (2011年2月15日). 2022年12月20日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i j k l 青野武 ほか (2000-6), 演声人語 : ベテラン声優が語る役者人生, ソニー・マガジンズ, pp. 113-p124, ISBN 4789715698 
  18. ^ a b c d e f Vol.60 永井一郎さん(声優)”. あの人に聞きたい 私の選んだ道. 実業之日本社. p. 2. 2022年12月20日閲覧。
  19. ^ 2002年7月19日テレビ朝日系『徹子の部屋[出典無効]
  20. ^ 第三回声優アワード受賞者|//声優アワード//Seiyu Awards//”. 2020年5月13日閲覧。
  21. ^ 東京国際アニメフェア 功労賞にサザエさん声優陣ら決定”. アニメ!アニメ!ビズ. 2020年4月29日閲覧。
  22. ^ 青二プロダクション / WHAT'S NEW/ 訃報”. 青二プロダクション (2014年1月27日). 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  23. ^ 世界が知りたいニッポンの技〜美と食の匠たち…ひろしま篇〜”. RCCテレビ. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月1日閲覧。
  24. ^ a b “永井一郎さん 最後の仕事放映…テロップで訃報流れる”. Sponichi Annex. (2014年2月2日). オリジナルの2014年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/IoOYV 2014年2月3日閲覧。 
  25. ^ “永井一郎さん通夜…サザエさん加藤ら涙”. nikkansports.com. オリジナルの2014年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/VnOFN 2014年2月3日閲覧。 
  26. ^ “【弔辞全文】「YAWARA!」原作者・浦沢直樹 永井一郎さんへ「残念で、残念でなりません」”. 芸能ニュースラウンジ. (2014年2月3日). オリジナルの2014年2月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140220011240/http://newslounge.net/archives/114180 2014年2月20日閲覧。 
  27. ^ “カツオ「もっと一緒にお風呂に」サザエ「料理を褒めて…」”. Sponichi Annex. (2014年2月3日). オリジナルの2014年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/soKLg 2014年2月3日閲覧。 
  28. ^ “サザエとカツオが役柄で弔辞「もっと叱られたかった」”. ORICON STYLE. (2014年2月3日). オリジナルの2014年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140305031938/http://www.oricon.co.jp/news/2033642/full/ 2014年3月5日閲覧。 
  29. ^ “「バカもーん!」で永井さん出棺 告別式に約400人参列”. ORICON STYLE. (2014年2月3日). オリジナルの2014年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140305031945/http://www.oricon.co.jp/news/2033652/full/ 2014年3月5日閲覧。 
  30. ^ “永井一郎さん告別式 出棺に全員で「バカモン!」…後輩らは「これが俺の家族だ」”. 芸能ニュースラウンジ. (2014年2月3日). オリジナルの2014年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140209090833/http://newslounge.net/archives/114196 2015年8月16日閲覧。 
  31. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、94頁。 
  32. ^ 声優・永井一郎さん死去 波平役やガンダムのナレーションなどアニメの歴史と伴に歩む”. アニメ!アニメ! (2014年1月28日). 2020年11月18日閲覧。
  33. ^ a b “波平役・永井一郎、「サザエさん」毎週収録を不満に思っていた 妻語る”. デイリー新潮. (2016年12月25日). https://www.dailyshincho.jp/article/2016/12250558/ 2023年1月2日閲覧。 
  34. ^ 声優 永井一郎さん/私と「赤旗」 2013”. 日本共産党 (2013年1月30日). 2023年1月2日閲覧。
  35. ^ 月刊OUT』昭和56年1月号p96より。
  36. ^ 「VOICE ACTOR DIRECTORY」より。[要出典]
  37. ^ 勝部篤美 「運動とイメージ」『Energy』第9巻4号、エッソ・スタンダード石油株式会社広報部、1972年、pp.45-47。
  38. ^ 永井一郎「細胞でとらえた演技」『GUNDAM CENTURY-宇宙翔ける戦士達-RENEWAL VERSION』樹想社、2000年、pp.89-96。
  39. ^ a b c d 成田全 (2014年12月28日). “【追悼・永井一郎さん】磯野波平の幸せ、「ガンダム」のナレーションに込めた想い”. ダ・ヴィンチWeb. https://ddnavi.com/news/181063/a/ 2023年1月2日閲覧。 
  40. ^ a b 尾形 1983, p. 180.
  41. ^ 永井一郎 (1988年). “声優 その舞台裏”. 高知新聞 
  42. ^ 1973年”. 日本俳優連合. 2023年1月2日閲覧。
  43. ^ “声の使用料支払え 番組ビデオ化で東京高裁判決 声優361人の主張通る”. しんぶん赤旗 (日本共産党). (2004年8月26日). https://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-08-26/14_01.html 2023年1月2日閲覧。 
  44. ^ a b c 2012年『爆笑問題の日曜サンデー』ゲスト出演時の発言より。[出典無効]
  45. ^ a b 一ツ石 (2014年1月28日). “私生活も「磯野波平」なりきり…『サザエさん』声優・永井一郎さん急逝!頑固親父役”. とくダネ! (J-CASTニュース). https://www.j-cast.com/tv/2014/01/28195203.html 2022年1月2日閲覧。 
  46. ^ 『女性自身』編集部 (2014年2月6日). “永井一郎さん 家でも波平そっくり…妻に命じた“磯野家の掟””. 女性自身 (光文社). https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1610161/ 2023年1月2日閲覧。 
  47. ^ 「アニメ製作の裏側 大公開スペシャル 声優さんからひとこと」 『アニメ 「サザエさん」公式大図鑑 サザエでございま~す!』扶桑社、2011年7月29日、147頁。ISBN 978-4-594-06438-9 
  48. ^ (株)キヨタフーズ【公式】 [@KiyotaFoods] (2020年1月27日). "1/27(月)は声優の永井一郎の忌日です。" (ツイート). Twitterより2023年1月2日閲覧
  49. ^ 尾形 1983, p. 181.
  50. ^ Clese up インタビュー / 第20回 愛情あふれる「バカモン!」の一言 声で演じる理想の父親、磯野波平とともに40年 / 声優 永井一郎さん”. KDDI株式会社 (2009年12月16日). 2011年2月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  51. ^ 本格焼酎と泡盛 / 人つなぐ和 / 「うまい!が集う」第6回…永井一郎氏”. 日本酒造組合中央会. 2014年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月28日閲覧。
  52. ^ “永井さんしのび波平銅像にファンの献花相次ぐ”. NHK NEWS WEB. オリジナルの2014年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/SttPv 2014年2月2日閲覧。 
  53. ^ “永井波平に怒られたい サザエさん展、追悼の訪問続々”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月1日). オリジナルの2014年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140317235925/http://www.asahi.com/articles/ASG214WNNG21PTIL018.html 2014年3月17日閲覧。 
  54. ^ “サザエさん、永井さん不在で収録 波平後任は「調整中」”. ORICON STYLE. (2014年2月3日). オリジナルの2014年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140305031950/http://www.oricon.co.jp/news/2033656/full/ 2014年3月5日閲覧。 
  55. ^ “永井一郎さん代役 スタッフが務める”. デイリースポーツONLINE. (2014年2月3日). オリジナルの2014年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140221004051/http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/02/03/0006682445.shtml 2014年2月21日閲覧。 
  56. ^ “永井一郎さん通夜…サザエさん加藤ら涙”. nikkansports.com. (2014年2月3日). オリジナルの2014年2月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/VnOFN 2014年2月3日閲覧。 
  57. ^ 【お悔やみ全文】サザエ・加藤みどり、カツオ・冨永みーな永井一郎さん悼む…「厳しい悲しさでした」 - 芸能ニュースラウンジ
  58. ^ “安住アナ涙で永井さん悼む「本当に…」”. nikkansports.com. (2014年2月1日). オリジナルの2014年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/S1H94 2014年2月2日閲覧。 
  59. ^ “波平さん後任は“永沢君”! 茶風林「精いっぱい務めます」”. SANSPO.COM. (2014年2月9日). オリジナルの2014年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140209210349/http://www.sanspo.com/geino/news/20140210/oth14021004000000-n1.html 2014年2月10日閲覧。 
  60. ^ “故・永井一郎さん:「H×H」ネテロ会長後任に銀河万丈 「ガンダム」のギレン・ザビ役”. MANTAN WEB 毎日新聞デジタル. (2014年2月18日). オリジナルの2014年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140221235633/http://mantan-web.jp/2014/02/18/20140217dog00m200025000c.html 2014年2月21日閲覧。 
  61. ^ “故・永井一郎さん:「はじめの一歩」猫田役の後任に山寺宏一”. MANTAN WEB 毎日新聞デジタル. (2014年2月28日). オリジナルの2014年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140405165823/http://mantan-web.jp/2014/02/28/20140227dog00m200067000c.html 2014年4月6日閲覧。 
  62. ^ スマホゲーム「はじめの一歩」キャストコメント第3弾到着!直筆サイン色紙が当たるキャンペーンが実施中!”. はじめの一歩. WebNewtype (2021年4月16日). 2021年4月18日閲覧。
  63. ^ twitter、多田野曜平のTwitter、2015年6月24日閲覧。
  64. ^ 打越領一. “「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」吹替版”. 2016年6月13日閲覧。
  65. ^ ビッグX”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  66. ^ 海賊王子”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  67. ^ あかねちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  68. ^ サイボーグ009”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  69. ^ もーれつア太郎(第1期)”. 東映アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  70. ^ アパッチ野球軍”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  71. ^ デビルマン”. 東映アニメーション. 2016年6月1日閲覧。
  72. ^ アラビアンナイト シンドバットの冒険”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  73. ^ 女王陛下のプティアンジェ”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  74. ^ a b 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  75. ^ a b はいからさんが通る”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  76. ^ 未来少年コナン”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  77. ^ 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  78. ^ STAFF & CAST”. 機動戦士ガンダム公式Web. サンライズ. 2022年10月18日閲覧。
  79. ^ 大恐竜時代”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  80. ^ トンデモネズミ大活躍”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。
  81. ^ がんばれ元気”. メディア芸術データベース. 2017年2月5日閲覧。
  82. ^ フウムーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  83. ^ “坊っちゃん”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20160107224000/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=19 2016年5月9日閲覧。 
  84. ^ 社員紹介”. 竹尾ゼネラルカンパニーWebサイト. サンライズ. 2022年3月17日閲覧。
  85. ^ メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行”. メディア芸術データベース. 2023年1月9日閲覧。
  86. ^ 最強ロボ ダイオージャ”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  87. ^ ゲゲゲの鬼太郎(第3期)”. 東映アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  88. ^ 三国志II 天翔ける英雄たち”. メディア芸術データベース. 2016年10月9日閲覧。
  89. ^ アニメ80日間世界一周”. 日本アニメーション. 2022年12月17日閲覧。
  90. ^ 悪魔くん”. 東映アニメーション. 2018年4月22日閲覧。長井一郎と誤表記。
  91. ^ おれは直角”. スタジオぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2022年10月18日閲覧。
  92. ^ a b ゲッターロボ號”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  93. ^ 作品紹介”. 勇者Web. 太陽の勇者ファイバード. サンライズ. 2021年9月26日閲覧。
  94. ^ “満ちてくる時のむこうに”. ぴえろ公式サイト. http://pierrot.jp/archives/tv_list_1990/sp_004.html 2016年5月10日閲覧。 
  95. ^ ママは小学4年生”. サンライズワールド. サンライズ. 2022年12月31日閲覧。
  96. ^ トップページ”. MASTERキートン公式サイト. 2016年9月8日閲覧。
  97. ^ 陽だまりの樹”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月30日閲覧。
  98. ^ “永井一郎さん : 「はじめの一歩」で最後の猫田役”. MANTAN WEB. (2014年2月6日). オリジナルの2014年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140221222349/http://mantan-web.jp/2014/02/06/20140205dog00m200039000c.html 2014年2月21日閲覧。 
  99. ^ “ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826232406/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=468 2016年5月2日閲覧。 
  100. ^ “ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜”. トムス・エンタテインメント. https://web.archive.org/web/20140826180531/http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=471 2016年5月2日閲覧。 
  101. ^ “ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~”. 金曜ロードSHOW!. https://web.archive.org/web/20121018002408/http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20121102/index.html 2016年5月2日閲覧。 
  102. ^ EPISODE 02”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  103. ^ アンデルセン物語”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  104. ^ a b 宇宙戦艦ヤマト 劇場版”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  105. ^ a b さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  106. ^ 未来少年コナン (劇場版)”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  107. ^ ルパン三世 カリオストロの城”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  108. ^ サイボーグ009 超銀河伝説|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2023年1月13日閲覧。
  109. ^ 世界名作童話 森は生きている”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  110. ^ ヤマトよ永遠に”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  111. ^ 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  112. ^ パタリロ! スターダスト計画”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。
  113. ^ ユニコ 魔法の島へ”. メディア芸術データベース. 2016年11月6日閲覧。
  114. ^ うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー”. メディア芸術データベース. 2016年10月4日閲覧。
  115. ^ 風の谷のナウシカ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月2日閲覧。
  116. ^ 未来少年コナン 巨大機ギガントの復活”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  117. ^ カムイの剣”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  118. ^ ゲゲゲの鬼太郎”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  119. ^ ネオ・ヒロイック・ファンタジア アリオン”. サンライズワールド. サンライズ. 2022年12月31日閲覧。
  120. ^ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  121. ^ ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  122. ^ ゲゲゲの鬼太郎 激突!!異次元妖怪の大反乱”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  123. ^ 天空の城ラピュタ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月4日閲覧。
  124. ^ 妖獣都市”. マッドハウス. 2016年6月13日閲覧。
  125. ^ a b キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険. 東映アニメーション. 2020年8月1日閲覧。
  126. ^ ビックリマン 第1次聖魔大戦|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  127. ^ ビックリマン 無縁ゾーンの秘宝|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2022年9月15日閲覧。
  128. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強. 東映アニメーション. 2022年6月7日閲覧。
  129. ^ 獣兵衛忍風帖”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  130. ^ a b Staff&Cast”. 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 公式サイト. サンライズ. 2022年12月11日閲覧。
  131. ^ ドラえもん のび太と翼の勇者たち”. メディア芸術データベース. 2016年8月12日閲覧。
  132. ^ 名探偵コナン 天国へのカウントダウン”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  133. ^ キャスト&スタッフ”. 劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」公式サイト. 2016年6月2日閲覧。
  134. ^ サマーウォーズ”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  135. ^ 名探偵コナン 天空の難破船”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  136. ^ CAST&STAFF”. 『劇場版 HUNTER×HUNTER―The LAST MISSION―』公式サイト. 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  137. ^ 永井一郎さんが演じられた最後の劇場作品『劇場版HUNTER×HUNTER-The LAST MISSION-』DVD/BD発売決定 !”. フォーラムオフィス (2014年4月28日). 2014年7月23日閲覧。
  138. ^ 機動戦士ガンダムUC”. メディア芸術データベース. 2016年11月20日閲覧。
  139. ^ 週刊ファミ通』2012年12月20日増刊号より。
  140. ^ 週刊ファミ通』2014年12月4日増刊号、エンターブレイン、2014年11月20日。
  141. ^ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月30日閲覧。
  142. ^ ハリー・ポッターと炎のゴブレット”. 金曜ロードSHOW!. 2016年8月1日閲覧。
  143. ^ ハリー・ポッターと謎のプリンス”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月29日閲覧。
  144. ^ ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  145. ^ ハリー・ポッターと秘密の部屋”. 金曜ロードSHOW!. 2016年9月6日閲覧。
  146. ^ センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月21日閲覧。
  147. ^ VAMPIRE HUNTER D”. マッドハウス. 2016年6月24日閲覧。
  148. ^ FMシアター 2013年 放送済みの作品:NHKオーディオドラマ”. NHK. 2014年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月3日閲覧。
  149. ^ NHK高校講座 / 世界史 / 第40回 未来につなぐ世界史”. NHK ONLINE. 2013年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月5日閲覧。
  150. ^ 2015年7月1日に『セレミューズ株式会社』と社名が変更された。
  151. ^ “「波平」永井一郎さんの声、健在 福井市郷土歴史博物館”. 福井新聞. (2014年2月6日). オリジナルの2014年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/ChmVN 2014年2月9日閲覧。 

参考文献

  • 「プロフェッショナル列伝」『アニメディア』1984年5月号、学習研究社、p118
  • 『私の仕事 65人の職業人の足跡』実業之日本社、2005年、p38-p43
  • 尾形英夫 編 『機動戦士ガンダム』徳間書店〈ロマンアルバム・エクストラ(35)〉、1980年7月30日。 

外部リンク