副読本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

副読本(ふくどくほん)は、ある書物に対して二次的に参考にすることを目的に作られた書物のこと。サイドブック、サイドリーダーとも言う。通常は学校教育の場において教科書の補助となる用に作られたものをいう。

主なものに、安全教育・所属する市町村に関する社会科的内容、体育科・道徳大阪府で主に配布されている「にんげん」などの人権啓発本など。市町村の予算で配布するものと保護者・本人が購入するものがある。