Gディフェンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
機動戦士Ζガンダム > エゥーゴ > Gディフェンサー

Gディフェンサー(ジー・ディフェンサー、G-DEFENSER)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。初出は、1985年に放送されたテレビアニメ機動戦士Ζガンダム』。

作中の主人公側の勢力である「エゥーゴ」の宇宙戦闘機。人型ロボット兵器「モビルスーツ(MS)」である「ガンダムMk-II」との合体機能をもつサポート・メカであり、巡航用のGフライヤー、戦闘用のMk-IIディフェンサー(スーパーガンダム)の2形態に変化する。

機体解説[編集]

諸元
Gディフェンサー
G-DEFENSER
型式番号 FXA-05D
所属 エゥーゴ
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
全長 39.5m[1]
本体長:27.5m[2] / 27.6m[1]
翼幅 27.1m[1]
本体重量 24.7t[1]
全備重量 60.3t[1]
装甲材質 ガンダリウム合金[3]
推力 42,400×2[1]
総推力:84,800kg[2]
武装 14連装ミサイル・ポッド×2
ロング・ライフル
大型バルカン×4
脱出コックピット・カプセル[1]
(コア・ファイター[4]
全長 11.1m[1]
翼幅 5.4m[1]
全備重量 20.4t[1]
推力 14,000kg×1[1]
8,400kg×2[1]
総推力:30,800kg[4]
武装 ミニ・レーザー砲×2
搭乗者 カツ・コバヤシ

GディフェンサーはガンダムMk-IIの重戦用装備としてアナハイムエレクトロニクス社が開発した可変戦闘機である[1][注 1]。エゥーゴの奪取後もガンダムMk-IIは3機分のパーツから1機が常時運用されていたが、可変モビルスーツ(MS)の出現後はより高速戦の対処とと火器搭載量の増大が必要とされ、考案されるに至った。これは一年戦争期に開発されたGアーマーのコンセプトをベースとしたものであるが、Gディフェンサーにおいては量産が簡易な仕様であることから、ネモにおいても運用可能な点を前提としている[1]。並行する形で追加装甲「FXA-03」を装着したフルアーマーガンダムMk-IIと呼ばれる形態も計画されたが、機動性の低さから計画段階で不採用となり、Gディフェンサーが採用された[7]

カプセルボートとの合体時は宇宙用攻撃機として機能し、機体下部のラッチにMSを合体させた際は「Gフライヤー」と呼称される輸送機となる(合体の際はレーザーセンサーによって両機体感の軸線が固定される)[1]。Gフライヤーの際はグリプス戦役当時の可変MSと同等の加速性能を発揮する[8]。また、MS側のプロペラントを消費せず戦線に到達する事が可能となる[9]。そのままカプセルボートを切り離し、Gディフェンサーを装着したMSが戦闘を行う事も可能であり、攻撃力は重戦用MSレベルの戦闘力を発揮する。この際の火器搭載量には限界があるものの、ガンダムMk-IIのウェポンマウントシステムとパイロンの規格統一がなされているため、最大航行時には中距離航行用エキステンションブースター、ミサイルラック、コンパクトジェネレーターとメガビームライフル2本を装備する事も可能。設計上は追加装備としてフライングアーマーを取り付け、Gフライヤーの状態で大気圏突入も可能とされるが、システムの肥大化から実際には使用されなかった[1]

機体構造[編集]

カプセルボート[1] / コアファイター[6] / 脱出コクピットカプセル[5]
Gディフェンサーのコクピット部で、分離して単独飛行が可能。Gディフェンサー、Gフライヤー時ではこちらから操縦が行われるが、合体したMSの戦闘時には切り離され、操縦はMS側が担当する[1]
ポンツーン
Gディフェンサーの機体両側面に装備される。ミサイルやバルカンを内蔵するミサイルベイであるが、スーパーガンダムへの合体時はシールドやAMBAC用のスタビライザー、バインダーとしても機能する。ポンツーンという呼称はGフライヤー時に着陸・着水ユニットとして機能する事に起因している[10]

武装[編集]

14連装ミサイル・ポッド
下部左右のポンツーン前部上面に装備。発射時は蓋を開放する。
ロング・ライフル
右側のポンツーンに装備され、Mk-IIディフェンサー形態では上下のカバーを展開して携行武装となる。出力は6.8MWだが[1]、外部ケーブルでMSのパワー・サーキットに接続することにより、百式のメガ・バズーカ・ランチャーに匹敵する高出力となる[1]
大型バルカン
ポンツーンの前部左右に各1門、計4門を装備する。
ミニ・レーザー砲
コア・ファイターの先端左右に各1門装備。出力1.7MW[1]
その他
索敵性能向上のためのレドームや、主翼下部のパイロンに対艦ミサイルを装着可能[11]

劇中での活躍[編集]

劇中ではGディフェンサーにカツ、ガンダムMk-IIにエマが搭乗し、ドッキング後は引き続きエマが操縦を担当する。

テレビ版第49話および劇場版『機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-』にて、カツはコア・ファイターで離脱後にヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊を翻弄するが、操縦を誤って隕石に衝突したところをハンブラビのビームキャノンで撃たれ、戦死する。その後、Gディフェンサーも破壊され、戦場から姿を消す。

Mk-IIディフェンサー(スーパーガンダム)[編集]

資料によってMk-IIディフェンサー[5]、スーパーガンダムと記述される[1]。GディフェンサーとガンダムMk-IIが合体し、MSとして戦闘する際の形態[1]

ゲームなどでは通称のスーパーガンダムが表記に用いられることが多いほか、合体後にGディフェンサーのパイロットがコクピットブロックで離脱するという設定は無視され、パイロットが2人という扱いになることがある(『スーパーロボット大戦シリーズ』など)。なお、ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』シリーズ(『ジオンの系譜』以降)や『サンライズ英雄譚2』では、ティターンズ仕様のスーパーガンダムも登場する。

ネモ・ディフェンサー[編集]

ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』に登場。

ジムIII・ディフェンサー[編集]

ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者 審判のメイス』に登場。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 開発理由として、ガンダムMk-IIの耐久性能・ジェネレーター出力、航続距離等の性能強化のために作られたとする資料[5]、防御能力向上、武装強化、航続距離延長のために開発されたとする資料も見られる[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『1/144 Gディフェンサー』説明書、バンダイ、1985年11月。
  2. ^ a b 『機動戦士ガンダム MS大全集』バンダイ、1988年2月、54頁。
  3. ^ 『HGUC FXA-05D/RX-178 スーパーガンダム』説明書、バンダイ、2002年11月。
  4. ^ a b 『ガンダムメカニクス3』ホビージャパン、1999年3月。
  5. ^ a b c 『ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.2 グリプス戦争編』バンダイ、1989年3月、93頁。(ISBN 978-4891890186)
  6. ^ a b 『データコレクション 機動戦士Ζガンダム 下巻』メディアワークス、1997年6月、14-15頁。ISBN 978-4073065326
  7. ^ 皆河有伽『総解説ガンダム辞典Ver1.5』講談社、2009年8月、251頁。ISBN 978-4-06-375795-8
  8. ^ プラモデル『MG 1/100 スーパーガンダム』バンダイ、1998年12月、取扱説明書、2-3頁。
  9. ^ 『HGUC 1/144 スーパーガンダム』バンダイ、2002年11月、組立説明書。
  10. ^ プラモデル『MG 1/100 スーパーガンダム』バンダイ、1998年12月、取扱説明書、9頁。
  11. ^ 『プロジェクトファイル Ζガンダム』SBクリエイティブ、2016年10月、54-55頁。ISBN 978-4-7973-8699-8

関連項目[編集]