カイラスギリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カイラスギリーは、テレビアニメ『機動戦士Vガンダム』及び『∀ガンダム』に登場する架空の宇宙要塞

宇宙世紀[編集]

ザンスカール帝国が建造した宇宙要塞で、その主砲「ビッグキャノン」の破壊力はかつてのコロニーレーザーを遥かに凌駕するものである。

2基の巨大な粒子加速装置から送られたメガ粒子を圧縮、縮退させ、物質化寸前の高エネルギーを放出する。エネルギー供給とビッグキャノンの制御は2隻のスクイード級戦艦から行う構造になっており、戦艦と接続するためのコネクターを2つ装備している。また、ベスパの補給基地も兼ねる。

まさに地上・宇宙両方に対するザンスカール帝国の恫喝とも云うべき脅威であったが、太陽発電衛星ハイランドのトマーシュ・マサリクや技師らの協力でマイクロウェーブ照射による敵将兵の攪乱を行い、その後のリガ・ミリティアの猛攻により陥落。この要塞を防衛していたタシロ・ヴァゴは撤退し、以後はリガ・ミリティアの手によってコロニーの港にいるザンスカールの艦隊に向けて発射されるも、クロノクル・アシャーの活躍によって艦隊とコロニーへの直撃を免れる。

正暦[編集]

カイラスギリーの名称はテレビアニメ『∀ガンダム』でも登場している。小惑星が月面の都市に落下しそうになった際、ムーンレィスの宇宙艦隊を率いるギム・ギンガナムが「カイラスギリーを用いて小惑星を破壊しよう」と発言している。ギンガナムは、ターンXの頭部であるXトップによってカイラスギリーをコントロールできるとも述べた。ただし、カイラスギリー本体が映像に登場することはなかったため、『Vガンダム』のものと同一かどうか定かではない。

福井晴敏の小説『ターンエーガンダム(上・下)』(改題『月に繭 地には果実』)と、曽我篤士による漫画版にも「カイラス・ギリ」という兵器が登場する。これは月面を一周する運河に設置された粒子加速器を持つ、巨大な荷電粒子砲であり、地球に第一射を放ち甚大な被害を与えたが、第二射の発射トリガーをハリー・オードが引いたあとに∀ガンダムによってコントロールルームを破壊されハリー諸共沈黙、さらに地球に向かった粒子ビームも∀ガンダムの生み出した巨大なバリアーで防がれた。後者では、モビルスーツを射出する言わばマスドライバーとして使われた。

関連項目[編集]