ターンAターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ターンAターン
西城秀樹シングル
初出アルバム『HIDEKI UNFORGETTABLE - HIDEKI SAIJO ALL TIME SINGLES SINCE 1972』
B面 月下美人
リリース
規格 8cmCDシングル
ジャンル J-POPアニメソング
レーベル スターチャイルド
キングレコード
チャート最高順位
西城秀樹 シングル 年表
最後の愛
(1999年)
ターンAターン
(1999年)
Bailamos
(1999年)
テンプレートを表示

ターンAターン」(ターンエーターン)は、西城秀樹の楽曲。彼の79枚目のシングルとして1999年5月26日スターチャイルドキングレコード)から発売された。

解説[編集]

フジテレビ系アニメ『∀ガンダム』の第1クール〜第3クール分まで(第2話〜第38話まで)のオープニングテーマで、『寺内貫太郎一家』で共演した小林亜星からの推薦により、西城秀樹が歌うことになった作品である[注釈 1]

キングレコードのスターチャイルド・レーベルから発売された唯一のシングル[注釈 2]

冒頭で聴こえるホーミー(ホーメイ)は、ヒカシュー巻上公一によるものである。ジャケットの表面はキャラクターデザイン原案の安田朗によるイラストで、西城の写真は裏面に使われている。

作詞の井荻麟(いおぎ りん)とは、『∀ガンダム』の総監督である富野由悠季の作詞用ペンネームである。ちょうど『寺内貫太郎一家』の舞台版公演のスケジュールと重なったこともあり、音源の到着が番組オンエア開始の2週間前というのを承知の上での強行スケジュールだったため、通常は音源の到着を待ち、音に合わせてタイミングを調整して絵コンテを作成するところを、富野は音源が完成する前に自ら書いた詞をもとに大まかなあたりをつけるという離れ業を行った。

2019年3月1日には、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」において作詞賞(1989年 - 1999年)に選出された[1]

西城秀樹名義のアルバムには、没後の2019年5月16日発売のボックスセット「HIDEKI UNFORGETTABLE - HIDEKI SAIJO ALL TIME SINGLES SINCE 1972」にてシングル発売後20年にして初収録となった[2]

収録曲[編集]

全曲 作詞:井荻麟、作曲:小林亜星、編曲:矢田部正

  1. ターンAターン
  2. 月下美人
  3. ターンAターン (Off Vocal Version
  4. 月下美人 (Off Vocal Version)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1999年2月に『寺内貫太郎一家』の舞台公演で再会した際、小林が西城に話を持ちかけた。
  2. ^ 西城は当時BMG JAPAN(現:ソニー・ミュージックレーベルズ アリオラジャパンレーベル)所属であった関係から、シングル裏ジャケットには「HIDEKI SAIJO by the courtesy of RCA ARIOLA/BMG JAPAN,INC.」の表記があり、契約関係上、厳密にはボーカルとして作品に参加しているという扱いになっている。

出典[編集]

  1. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。
  2. ^ "HIDEKI UNFORGETTABLE-HIDEKI SAIJO ALL TIME SINGLES SINCE1972【完全生産限定盤】,西城 秀樹”. ソニー・ミュージックソリューションズ. 2019年5月22日閲覧。