いくつもの星が流れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いくつもの星が流れ
西城秀樹シングル
初出アルバム『HIDEKI SAIJO CONCERT 39
B面 LOVE SONGを永遠に
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル BMGビクター
西城秀樹 シングル 年表
ブーメランストレート
(1992年)
いくつもの星が流れ
(1993年)
SAYYEA',JAN-GO
(1994年)
テンプレートを表示

いくつもの星が流れ』(いくつものほしがながれ)は、1993年11月にリリースされた西城秀樹の69枚目のシングルである。

解説[編集]

  • 前作『ブーメランストレート』から1年ぶりに発売されたシングルで、文田博資(ヒロスケ)のカバー作品である。
  • C/Wの「LOVE SONGを永遠に」は野口五郎が作曲した。
    この曲は、西城が野口に「チャリティーコンサートをするんだけど、その時の曲を作ってほしい」と、突然依頼をしたことにより出来た作品。野口は「人の曲を作らない(楽曲提供はしない)」と西城に再三言っても西城が聞き入れなかった為、その後野口が楽曲を製作したというエピソードを、野口が西城の葬儀・告別式での弔辞にて明かした[1]

収録曲[編集]

  1. いくつもの星が流れ
    • 作詞:文田博資/作曲:文田博資/編曲:芳野藤丸
  2. LOVE SONGを永遠に
    • 作詞:あまがいりゅうじ/作曲:野口五郎/編曲:芳野藤丸

この頃のできごと[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 野口五郎、西城秀樹さんへの弔辞は「朝の3時までかかって」書き上げたことを明かす”. スポーツ報知. 報知新聞 (2018年8月4日). 2020年5月16日閲覧。

関連項目[編集]