サザビー (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サザビー(SAZABI)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1988年公開のアニメーション映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。

作中の軍事勢力のひとつである「新生ネオ・ジオン軍」の総帥「シャア・アズナブル」の専用機。ニュータイプ専用に開発された機体で、歴代作品に登場するジオン系MSの集大成とされる高性能機。劇中のMSの中でも大柄な体躯と、シャアのパーソナルカラーである赤い機体色が特徴。背部上段に装備された2基のコンテナには、「ファンネル」と呼ばれる遠隔誘導ビーム砲台を片方3基ずつの計6基搭載している。

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』劇中終盤において、宿敵「アムロ・レイ」が搭乗する「νガンダム」と死闘を繰り広げる。

当記事では、小説機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』でのサザビー的位置づけにある機体「ナイチンゲール」についても記述する。

機体解説[編集]

諸元
サザビー
Sazabi
型式番号 MSN-04
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
全高 25.6m
頭頂高 23.0m
本体重量 30.5t
全備重量 71.2t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 3,960kW
推力 13,300kg×2(バックパック)
14,000kg×2(腰部)
9,800kg×8(脚部)
(総推力)133,000kg
センサー
有効半径
22,600m
武装 メガ粒子砲(出力8.8MW)
ビーム・ショット・ライフル(出力10.2MW)
ビームトマホーク
ビーム・サーベル×2
シールド
ミサイル×3
ファンネル×6
ハンドキャノン(劇中未登場)
搭乗者 シャア・アズナブル
その他 アポジモーター×28

新生ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの専用機として開発された機体。既存のジオン系MSの全ての技術を投入した集大成的存在[1]

設計は旧ネオ・ジオン[注 1]の技術者が糾合されて行われた[2]。基礎設計は旧・ネオジオンにおけるニュータイプ研究機関によるものだが[3]、開発・製造はアナハイム・エレクトロニクス社に委託された[2][3]。当初はギラ・ドーガをベースとしたヤクト・ドーガの開発が進められていたが[2]ギラ・ドーガムーバブルフレームサイコミュ関連の装備を内部に組み込むのにはサイズが不足しており、開発部から要求されたスペックを満たすことはできなかった[2][3][注 2]。その後、より大型の機体としてサザビーを新規に開発することが決定される[3][注 3]。また、ヤクト・ドーガ開発の折に生み出されたサイコフレームを採用し、高い追従性を獲得[4]。サイコフレームは機体の軽量化と省スペース化にも寄与し、軽量かつ強度を保つ新素材のガンダリウム系装甲もあり、空いたスペースにアポジモーター等を増設する事で機動性も向上した[1]。バックパックのスラスターは3基で初期型のリック・ドム1機分に相当する推進力を持ち[2]、オプションとして2基のプロペラント・タンクを装着することで、最大戦闘出力の継続時間を90秒以上延長することが可能[2]

手足は高い完成度を持っており、武装を使わずにマニピュレーターで直接敵を攻撃することも想定されている[2]。サザビーはネオ・ジオンの指導者が自ら搭乗する機体であることを鑑み、可能な限り破壊されにくいことが要求されたため、脚部には余分な機能は付加されていない[2]。コクピットは頭部にあり、緊急時には機体から分離させることができる。さらにコクピットブロックには小型アポジモーターも内蔵されており、戦線を早急に離脱することが可能[4]。また、他のMSと同様にリニアシートを標準採用している。メインカメラにはモノアイが採用されているが、これはグリプス戦役時代の機体に採用されていたものに改良を加えたものである[3]

ジェネレーターも腹部にメガ粒子砲を搭載できるレベルの高出力タイプを採用しており[4]、サザビーは第4世代MSに分類できる機体となった[4][5]。機体色は当初よりシャアの搭乗を想定していたために赤を基調とした赤系統で塗装されている[6][注 4]。機動力や運動性を重視したνガンダムと比較した場合、サザビーは攻撃力を重視した対照的な機体である[5]


武装[編集]

ビーム・ショット・ライフル
サザビーの主兵装。本体下部に散弾銃のようなグリップを備える。全長約14mに達する大型の武装で、この時代の携行式ビーム火器としては破格の出力 (10.2MW[4]) を持つ。銃口は2つあり、それぞれ通常の収束ビームと拡散ビーム弾を選択発射できる[3]。拡散ビームは広範囲を攻撃することが可能で、接近戦時に有効。
ビーム・サーベル
グリップに伸縮機構を採用したサーベル。アイドリング・リミッター機能に対応しており、デバイスや出力は一般のMSに装備されているものと同等。左右の前腕内部に1本ずつ収納され、素早く接近戦に対応することが可能[2]。ビームトマホークと比較し出力は弱い[3][注 5]
ビーム・トマホーク、大型ビーム・サーベル
専用の接近戦用兵装。ビーム・トマホークまたは大型ビーム・サーベルとして使用できるが、ビーム刃を展開しない状態でもヒートホークとして機能する。通常のサーベルよりも威力が高く、マニピュレーターで保持して使用する他に投擲武器として用いることも可能。大型ビーム・サーベルとしては広範囲に刃が形成されるため使い勝手に秀でており、通常はこの形態で利用されることが多い。映画劇中ではビーム・トマホークとしては使用されていない(漫画版で一度使用された)。
未使用時は柄を縮めた状態でシールド裏面に搭載され、スカート・アーマーに装備することも可能。宇宙世紀0090年代のビーム・サーベルの標準的な機構であるアイドリング・リミッター機能を備える。映画劇中では大型ビーム・サーベルを投げ付け、νガンダムのビームライフルを破壊した。
カトキハジメによるデザインリファインが行われたプラモデル『マスターグレードサザビー Ver.Ka』(2013年発売)では、左右分割して片刃のビームトマホーク2刀流や、それを連結してビームナギナタとして使用できるとの新解釈が導入された。
シールド
裏面にビーム・トマホークとマイクロミサイル3基を装備し、表面にはネオ・ジオンの紋章があしらわれている。他のネオ・ジオン軍MSが携行するシールドほどの兵器架台化はされていない。装甲に使用される物と同等のガンダリウム系合金が用いられており、コーティングも施されている。腕部への固定箇所を中心にシールド本体の回転・スライドが可能であり、これによって腕の動きを著しく制約することを防ぎ、防御面を有効に活用することができる。
拡散メガ粒子砲
出力8.8MW[4]。腹部に内蔵された拡散メガ粒子砲、照準には機体自体の向きを変える必要がある反面、マニュピレーターに武器や盾を保持した状態でも使用できる利点がある。また、予備動作が必要な携行射撃兵装に大して、充填していれば瞬時に発射出来るため、使い勝手がいい。発射されたビームは広範囲に放出されるため、複数の標的を同時撃破することが可能。エネルギー伝導ケーブルを介して機体のジェネレーターと直結しており、高出力ビームを連続発射することが可能、本機の火器の中でも最大の火力を持つ。ただしエネルギー消費が激しいため、機体のパワーダウンには注意を要し、パワーダウンしても発射はできるが威力は激減してしまう[7]。劇中では3機編成のジェガンをまとめて撃墜するなど威力を発揮したが、νガンダム戦では複数回の使用が祟りパワーダウンを起こした状態で発射、νガンダムのバルカンを押し留めるのが精一杯だった。
ファンネル
バックパックに設けられたファンネル・コンテナに収納されている。コンテナにはファンネルのエネルギーおよびプロペラントの補給機能が備わっているため、連続使用が可能となり、ファンネルの運用能力の向上と使用可能時間の延長に貢献している[2]
背面の2つのファンネルコンテナに3基ずつ、合計6基を格納している。ヤクト・ドーガに装備されているものと同型だが、機体に合わせて赤系統のカラーリングが施されている。従来のファンネルに比べビーム砲の威力の向上や稼働時間の延長が図られており、サイコフレームの採用によりさらに安定した稼動が行えるようになっている。グリプス戦役から第一次ネオ・ジオン抗争時のMSに比べ搭載数が減少しているのは、ファンネルの運用法が攻撃主体から、補助的な武装へと変わったため。未使用時の本体は円筒形をしており、分離後にスラスターカバーの四方展開・ビーム砲身の伸長が行なわれ攻撃態勢に移る。推進器部分は1基の大型スラスターの周囲を囲むように小型のスラスターが配置される構造になっている。
ハンドキャノン
劇中未登場。『B-CLUB』よりガレージキットが発売されたのみで、ほぼ詳細不明。
ロングライフル
劇中未登場で、イメージボードにのみ描かれた武器。『マスターグレードサザビー Ver.Ka』に付属。

劇中での活躍[編集]

物語冒頭から最終盤までシャアの愛機として活躍。序盤ではアムロ・レイが乗るリ・ガズィを圧倒し、ロンド・ベルがアクシズ破壊のために放った核ミサイルを全て撃ち落している。

劇中においてギュネイ・ガスが搭乗するヤクト・ドーガのファンネルはアムロのνガンダムが装備するフィン・ファンネルにより一方的に撃破されているのに対し、サザビーの放ったファンネルはフィン・ファンネルと互角に渡り合っている。

サイコフレーム技術を横流しし、ほぼ互角の性能となったνガンダムとの一騎討ちとなり、双方が武器を失い格闘戦となるが、背部から攻撃を喰らいアクシズ表面に激突する。この際に脱出装置が作動し、射出されたコックピット・ブロックはトリモチ・ランチャーを用いたνガンダムに捕らえられ、地球に向け降下していくアクシズの表面に押し付けられる。そして、サザビーのコックピットとνガンダムのサイコ・フレームが共振現象を引き起こし、奇跡を起こすこととなる。

デザインなど[編集]

デザインは出渕裕。西洋甲冑の要素を取り入れながらも、シャアが今までに乗ったMSの集大成としてデザインされているほか、重MSということでジ・Oのイメージも追加されている[8]。また、企画段階の名称は「ザ・ナック」だったが、同名のテレビゲームソフトが存在したため取りやめられた[9]。コックピットが頭部にあるのは監督の富野による指示。頭部は小さめにデザインされていたため、コックピットのサイズに合わせると相当巨大なMSとなるはずだが、機体設定には反映されず劇中でもνガンダムと同程度のサイズに描かれている[8]

出渕の初期デザインでは、右腕は大型ハンド式メガ粒子砲に換装されているほか、ファンネルは腹部後方のスカート内部にキュベレイ型のものを装備している。それに代わり、背面にはプロペラントタンクを搭載。頭部はシャアのヘルメット、顔面部は百式がモチーフとなっている[10](決定稿ではフェイスデザインは変更されている)。模型誌『B-CLUB』30号ではこの初期デザインを「MSN-04X サザビー・プロトタイプ(試作型)」として立体化した。なお、同作例では、MSN-04Xは小説『機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー』に登場する機体に相当するものであり、コックピットは頭部ではなく、ギラ・ドーガのコックピットをデータ収集のために複座に改造したものを腹部に仮設しているとされている。

2000年7月にバンダイからプラモデル『1/100 マスターグレード サザビー』が発売されている。さらに2008年6月にはHGUCキットが発売され、その後2013年12月にカトキハジメによるリファイン版キット『マスターグレードサザビー Ver.Ka』が発売された。Ver.kaでは新たに機体各部の装甲が開閉・スライドしてフレームが露出するギミックが加えられている。

ハイパーサザビー[編集]

ゲーム『バトルロボット烈伝』に登場したオリジナル機体で、シャアの搭乗するサザビーがハイパー化した状態。

ナイチンゲール[編集]

諸元
ナイチンゲール
Nightingale
型式番号 MSN-04II
全高 27.8m
頭頂高 22.5m
本体重量 48.2t
全備重量 105.7t
出力 6,760kW
センサー
有効半径
23,420m
武装 メガ・ビームライフル
ビームトマホーク
メガ粒子砲
隠し腕(接近戦用マニュピレーター)
ビームサーベル
シールド
ファンネル×10
ミサイル
搭乗者 シャア・アズナブル

小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に登場し、『CCA-MSV』に分類される機体。サザビーの強化発展機[11][12]

サザビーに比べて頭頂高はやや低く、体勢も前傾姿勢で、胴体部は前後に伸びるように大型化されている他、巨大な肩部バインダーにはα・アジールのものを小型軽量化したファンネルを10基を搭載。後部アーマーに2基、背部に3基、計5基のプロペラント・タンクが接続されており、稼働時間の延長が図られている。スカートアーマー内には、かつての重MSジ・Oにも装備された隠し腕(接近戦用マニュピレーター)が仕込まれており、MAクラスの巨躯を持つ機体でありながら近接戦闘能力を備える。シールドはサザビーとほぼ同一形状のものを携行。

後に本機の延長線上の機体としてβ-アジールが開発されている[13]

武装
当初はメガ・ビームライフルとビームサーベルおよびファンネルのみとされ、ゲームなどで登場する際[14]には独自設定として胸部にメガ粒子砲が存在し、シールドにサザビーと同様にミサイルが装備されている場合があった。しかしその後、プラモデル「RE/100 1/100 ナイチンゲール」においてシールド裏にビームトマホークとミサイルが配置され、漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』においてはさらに腹部のメガ粒子砲の存在が描かれるなど、サザビーと同様の豊富な武装とギミックを持つ機体として扱われるようになっている。
劇中での活躍
劇中においてはνガンダム(Hi-νガンダム)と戦闘を行う。最終局面では赤熱化するアクシズ岩盤上にて、MS史上初の長時間の肉弾戦を演じるも腕部フレームを粉砕され、頭部フロー・システムが作動する。射出されたコクピット・カプセルはνガンダムによって捕獲、岩盤に叩きつけられ、機体は沈黙している。
デザインと公式化への経緯
デザインは出渕裕、永野護の初期デザインをまとめる形でデザインされた。『ベルトーチカ・チルドレン』は映画版シナリオの初期稿を文庫化したため、サザビーではなく「ナイチンゲール」、ナナイ・ミゲルではなく「メスタ・メスア」、ギュネイ・ガスではなく「グラーブ・ガス」など映画版とは名称が異なっている。ナイチンゲールという名前の響きから、出渕は劇場版のサザビーそのままでなく、モビルアーマー的にアレンジしたと語っている[15]。ただし、末弥純による口絵カラーイラストは映画版のサザビーのデザインそのままでナイチンゲールの解説が入っている。その後、人気が出たためビークラブでカラー画稿が描かれたり、ガレージキット化されたりするなどして認知度が上がり、最終的には公式化されている。

ナハトガル[編集]

諸元
ナハトガル
Nahatgall
型式番号 MAN-104
全高 45.5m
重量 612t
装甲材質 ディアス・シリコン
推進機関 プロトンドライブ・モーター×8
バックロード・フレアエジェクター×68
出力 8,700,000kw/h(930,000hp)
武装 50mmガトリング・ビームキャノン
ファンネル×6
660mmプロトン砲
250mmビームマシンガン

永野護による初期デザインのナイチンゲールは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のスタッフを降板した際に後のデザインの原型になったが、全身のデザイン画は公開されておらず、『月刊ニュータイプ』1998年6月号付録の「まるごと富野」内にて「ナイチンゲール・ジオン」という名前で頭部デザインだけが公開されていた。

その後も全身像は不明のままだったが、『月刊ニュータイプ』2007年1月号にて「ナハトガル (Nahatgall)」という名称とともに、最新のラインで描き直されたものが公開された後、2011年には自身の単行本である『ファイブスター物語 リブート』第2巻に「NAITIENGEAILE」と記載されている設定画の一部が改めて掲載されている。また、永野の想定した設定も付記されており、この機体はグリプス戦役後のハマーン・カーン率いるネオ・ジオン軍の使用する重MSとしてアナハイム・ジュピターが開発を行っていたもので、データが月のアナハイム社に流出した際に誤って英語で読み取られ“ナイチンゲール”と呼ばれるようになったとされている。

主な任務は対艦強襲・駆逐戦闘でMAに近い運用を想定しており、その巨体に高い機動力を与えるプロトンドライブの放熱板が頭部から背部にかけて取り付けられている。

また、MAN-104の型式番号の他「MAN-104/MSae-39-20001-X-19D( - 20006-X-19D)」というアナハイム社内での統一コードが設定されており、キュベレイは「MANae-103-10001-X-15B」であるとされる。

なお、機体のカラーリングは緑色であったが、後に『機動戦士ガンダム30周年画集 天地創造』に掲載された際には赤に変更されている。

MSN-04B サザビー[編集]

近藤和久の漫画作品に登場。劇場版の設定とは異なり、通常指揮官用MSとして実験的ながら量産され、地上戦に投入されている。ファンネルポッドを廃してウェイトバランスを調整したことで地上での走行性が高められているが、NT専用機ほどの性能はない。武装はマシンガン(実弾火器)、シールド内蔵ミサイル、腹部メガ粒子砲。

機動戦士ガンダム ジオンの再興』に登場したクルツ大尉機はウィルボトン基地奇襲作戦に参加した。作戦中にPX-00531からの攻撃を受け、片腕を失いながらもシールド内蔵ミサイルによりPX-00531を撃破し、ウィルボトン基地を陥落。その後、地球脱出作戦を援護するためにブラウン大尉のブレッダやマイヤー小尉のG-3と共に、ΖΖガンダム量産型Ζガンダム 大気圏内仕様からなる大部隊と交戦し、敵に大被害を与えた後にザンジバルに乗り込み、宇宙へ脱出している。

新MS戦記 機動戦士ガンダム短編集』に登場したマーシ機は、ガウで空輸されていたが、目標ポイント到着寸前に試作MA・G-RAYの攻撃を受け、脱出しようとするもガウの墜落に巻き込まれて爆発している。

機動戦士ガンダム 新ジオンの再興』では2機以上の機体が確認できる。地球脱出作戦において指揮官機として作戦に参加していたが、Gコマンダーの攻撃を受け、2機が撃墜された。搭乗者は不明。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アクシズを前身とするハマーン・カーン指揮下のネオ・ジオン[2]
  2. ^ なお、ヤクト・ドーガは2機が実戦に投入されている(後にガンダムUCにおいても戦闘への参加が確認できる)。
  3. ^ 当初、本機はMSN-04のコードで開発が進められていた。MAサイズの機体となる案も存在したが、サイコフレームの採用によって現在の機体となったため、MAとしての開発計画はαアジールへと変遷した[2]
  4. ^ フロントアーマーには本名のキャスバル・ダイクン(もしくは通り名としてのシャア・ダイクン、またはその両方)のイニシャルCDト音記号風にアレンジしたマーキングが入っている
  5. ^ νガンダムのサーベルと斬り結んだ際には、出力面で下回っている

出典[編集]

  1. ^ a b 「ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.3 アクシズ戦争編」バンダイ 44頁。(ISBN 978-4891890193)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 「マスターグレード MSN-04 サザビー」バンダイ 2000年7月 組立説明書参照
  3. ^ a b c d e f g 「1/144 MSN-04 サザビー」バンダイ 1988年2月 組立説明書参照
  4. ^ a b c d e f 「ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.3 アクシズ戦争編」バンダイ 70頁。(ISBN 978-4891890193)
  5. ^ a b 『データコレクション 機動戦士ガンダム逆襲のシャア』角川書店 1998年8月15日初版発行 59-60頁。(ISBN 4-8402-0912-X)
  6. ^ 「ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダム MS大図鑑 PART.3 アクシズ戦争編」バンダイ 138頁。(ISBN 978-4891890193)
  7. ^ 『ガンダム パーフェクト・ファイル36号』より
  8. ^ a b 『出渕裕メカニカルデザインワークス』12頁。
  9. ^ 『B-CLUB』22号 49ページ。
  10. ^ 『B-CLUB』30号 88-91ページ。
  11. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダム逆襲のシャア』角川書店 1998年8月15日初版発行 20-23頁。(ISBN 4-8402-0912-X)
  12. ^ 『B-CLUB』30号 16-17ページ。
  13. ^ 「1/550 NZ-333 α-アジール」fバンダイ 1988年8月 組立説明書参照
  14. ^ 第2次スーパーロボット大戦α』 など
  15. ^ モデルグラフィックス 2017年3月号

関連項目[編集]