ガンダムGT-FOUR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ガンダムGT-FOUR(ガンダムじーてぃーふぉー)は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は漫画『機動戦士ガンダム MSジェネレーション』。ガンダムに航空機への可変機構をもたせるべく開発された機体で、機体名の「FOUR」とは「Flight & Operaitions Unification Reacters」の略である。

メカニックデザインは藤田一己

機体解説[編集]

諸元
ガンダムGT-FOUR
型式番号 RX-78E
所属 地球連邦軍
生産形態 試作機
頭頂高 19.8m
重量 69.2t
出力 1990kW
推力 83,200kg
武装 ビーム・キャノン×2
バルカン砲×2
専用ビーム・ライフル×1
搭乗者 ジェームス・A・アーノルド
チャールズ・S・サインツ
アリーナ・ホワイト・ミサキ

一年戦争末期に陸軍・空軍・海軍・宇宙軍らの共同による次世代MS開発計画「G-4計画」のうち、空軍によって開発された機体[1]。RX-78-3(G-3ガンダム)を母体に[2]、コア・ブースターの技術を融合させる事で[3]大気圏内での長距離飛行を可能とする連邦軍初の可変MSとして設計された[2][4]

機体自体は以下の3段階の変形を可能としている。

Bモード
「ブースターモード」の略で、航空機形態となっており、主に移動に用いられる。ただし、この形態は機体に対して翼の面積が浮力を得るには小さすぎ、その飛行は大出力のスラスターによる推進となっているため、運動性能はあまり高くない。
Fモード
「フライヤーモード」の略で、MSに変形した状態でブースターノズルを水平に展開することにより、MS並の機動性と航空機並の行動拡大を目的とした形態。だが、ミノフスキークラフトはまだMSに装備できるほど小型化されていなかったために装備されず、ブースターによる推進力で飛行する。そのため、飛行時の運動性能は劣悪で、戦闘の際には自由落下とほとんど変わらないと言われている。
Gモード
「モビルスーツモード」を意味するが、G-4計画の一端として製造された経緯からMモードではなく、「ガンダム」のGから名付けられた「Gモード」と呼称されている。後のグリプス戦役時に開発された可変MSのようなフレーム素体はまだ開発されていないため、関節が脆弱などの欠点がある。

上記のような問題の他、地球連邦軍内における派閥争いで宇宙軍からRX-78-3のデータを入手できなかったために基本動作のデータが低すぎるなど、様々な問題が発生している。ただし、シミュレーション上は性能に問題は無く、機体性能にパイロットがついていけなかったのが原因だと開発担当者は説明している。

なお、操縦には機体の操作と武器管制のために2名を必要とする。コア・ファイターは複座式で、FモードやGモードでは後席が頭部の有視界コックピットに移動する。

コア・ブースター形態からMSに変形する画期的な機体ではあったが、上記の問題や、試験中に発生した様々なトラブル

  • Bモードで空母へ着艦しようとしたさい、甲板に飛び出した民間人を避けるために滑走路をオーバーランし、機体を海に沈没させる。
  • 基地への帰還のさい、錯乱した友軍の兵士から敵機と誤認され攻撃され撃墜される。
  • ジオン軍のMSザクスピードと交戦し破損する。

等があり、正式採用される前に一年戦争は終結。当時の開発スタッフはニュータイプ研究所他に移籍し、本機のコンセプトを元にアッシマーギャプランなどの可変MAを開発したとも言われている。

脚注[編集]

  1. ^ 中原れい『機動戦士ガンダム MSジェネレーション』下巻、バンダイ、1993年4月、巻末設定資料集。
  2. ^ a b 「ENTERTAINMENT BIBLE 機動戦士ガンダムMS大図鑑 PART.8 SPECIALガンダム大鑑」バンダイ 140頁。(ISBN 978-4891892067)
  3. ^ 「マスターアーカイブ モビルスーツ RX-78 ガンダム」ソフトバンククリエイティブ 2011年12月 100頁。(ISBN 978-4797366181)
  4. ^ なお、同計画では本機のほかに、宇宙軍主体のガンダムNT-1、陸軍主体の格闘専用型、重火器型、海軍主体の水中戦型が計画・開発された


関連項目[編集]