merry-go-round (CHEMISTRYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
merry-go-round
CHEMISTRYシングル
初出アルバム『CHEMISTRY 2001-2011
B面 merry-go-round cinema ver.
リリース
規格 12cmCD
ジャンル J-POPアニメソング
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 堂珍嘉邦・川畑要(作詞)
UTA(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 19位(オリコン
  • 20位(mora・総合ランキング)
  • CHEMISTRY シングル 年表
    a better tomorrow
    (2011年)
    merry-go-round
    (2011年)
    Independence
    (2011年)
    CHEMISTRY 2001-2011 収録曲
    テンプレートを表示

    merry-go-round」(メリーゴーラウンド)は、CHEMISTRY32枚目のシングル2011年3月2日発売。

    解説[編集]

    前作から僅か2週間後のリリース。2011年4月30日までの期間限定生産。ベスト・アルバムの『CHEMISTRY 2001-2011』と同時発売。表題曲は同ベスト・アルバムにも収録。

    表題曲は、2011年3月5日公開(配信/劇場)のアニメ『機動戦士ガンダムUC』episode 3「ラプラスの亡霊」主題歌。楽曲がイントロから約3分30秒フルコーラスで流れる中、台詞も効果音もなく本編映像が続き、エンド・ロールが重なるという特殊なエンディングになっている。カップリング曲は同曲のシネマヴァ―ジョン。

    ジャケットは同作に登場するモビルスーツクシャトリヤ」がプリントされている。CHEMISTRYの写真は使用されていない。

    公式ページのキャッチコピーは、『映画「機動戦士 ガンダムUC episode 3 ラプラスの亡霊」主題歌に決定!!

    CHEMISTRYが『ガンダム』シリーズ主題歌の担当、2005年機動戦士ガンダムSEED DESTINY』オープニング曲として使用された「Wings of Words」以来約6年ぶりで2度目。歌詞は、2人が原作小説を読んだ上で書き下ろした[2]

    テレビ放送用再編集版『機動戦士ガンダムUC RE:0096』でも、第9話の特殊エンディングとして、差し替え無しでそのまま使用された。

    収録曲[編集]

    作詞:堂珍嘉邦川畑要/作曲・編曲:UTA

    1. merry-go-round
    2. merry-go-round cinema ver.
    3. merry-go-round instrumental

    購入者特典[編集]

    1. 描き下ろし『機動戦士ガンダムUC』スペシャルパッケージ三方背BOX 
    2. クシャトリヤなど『機動戦士ガンダムUC』モビルスーツ解説・イラスト別冊ブックレット
    3. 描き下ろしジャケット絵柄スペシャルステッカー封入

    参加ミュージシャン[編集]

    • 上條頌:Guitar
    • UTA:All Programming, Other Instruments

    外部リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ 日本レコード協会 ダウンロード認定 (2020年6月)
    2. ^ 公式ディスコグラフィーの紹介より