川畑要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川畑 要
Chemistry Concert at Otakon 2011 - 24.jpg
基本情報
生誕 (1979-01-28) 1979年1月28日(38歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京都葛飾区亀有[1]
ジャンル J-POP
職業 歌手
俳優
ナレーター
担当楽器 ボーカル
活動期間 2001年 - 現在
レーベル デフスターレコーズ2001年 - 2013年
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ2013年 - )
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
2001年 - )
公式サイト 川畑 要 OFFICIAL WEBSITE

川畑 要(かわばた かなめ、1979年1月28日 - )は、日本の男性ミュージシャン。2001年にCHEMISTRYとしてデビュー。2013年頃からソロとして本格的活動を開始。

身長173cm、血液型:A型。

人物[編集]

東京都葛飾区亀有出身。葛飾区立亀有中学校卒業。中学校卒業後アルバイトを転々とし、19歳頃から本格的に歌手を志す。オーディション時は建築関連のアルバイトをしており、東京ディズニーランドの「プーさんのハニーハント」の工事に携わった[2]。背中と両腕にタトゥーを入れている。2008年3月6日、「This Night」のPVで共演したモデルの美紀[3]と結婚。同年9月17日に第1子(長女)が誕生したが2013年5月3日、離婚。

体を鍛えることを趣味としキックボクシングジムに通っている。日本酒漬物を苦手とし、もんじゃ韓国料理、漫画は『ONE PIECE』を好み、好きなアーティストはR・ケリーでありアメリカのR&B、知識に詳しい[4]。親交の深い芸能人はJONTE塚本高史矢作兼(通う居酒屋が同じで店主の紹介で出会う)[5]である。朗読劇では乱視の為眼鏡をかけている。ギターを演奏できる。立ち位置は向かって右。川畑のファンクラブ名は「かなめ屋」。

バラエティに積極的であり、ナインティナイン岡村隆史から「CHEMISTRYのツッコミ」と呼ばれ、不本意ながらキレ芸を披露していた。『ゼロテレビ』にてのあだ名は「かわばっちゃん」。初回登場時にレコーディングスタジオを汚したスタッフの代わりに外にモップを取りにいくと岡村に内鍵をかけられ、入れなくなってしまった。それがウケ、年末の同番組ベストテンに8位にランクイン。呼ばれた際に再び内鍵をかけられていた。ちょうど初回登場時に製作していたアルバムが完成していたため、宣伝をしようとするも、音源がないため吉幾三の「Dream」を歌う羽目になった。また「オモクリ監督」では「オモウタ」の歌い手を務めていた。

帽子がトレードマークの一つとなっている。コレクションは100種類近くにもなるという。なお、メンバーの心境等を綴った『ひとりひとり』では「帽子を被らない姿を見せたくない」旨のことを語っていたが、2008年夏以降、段階的に帽子を被らない姿を見せるようになり、一時期はほぼ帽子なしでメディアに登場していた。但し、2015年初頭以降は再び帽子を被るようになっている。なお、帽子を被り始めた頃は坊主頭だったとのことだが、それがはっきりわかるような写真・映像は公開されていない。また、デビュー前は長髪にしていたことがある。現在の髪の長さは中程度で金色染めている

自動車を頻繁に買い換えている。おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!でその愛車遍歴を公表している(参照)。

来歴[編集]

2012年4月7日、コンサートツアー『CHEMISTRY TOUR 2012 -Trinity-』の沖縄での最終公演で、CHEMISTRYの活動をいったん休止してそれぞれのソロ活動に専念することを発表[6]。翌日4月8日には、活動休止についてのメッセージが公式サイトに掲載された[7]

1月クールに放送されたテレビドラマ『ハングリー!』でドラマ初出演を果たした[8]川畑は、6月16・17日開催の朗読『サマーウォーズ』に出演[9]。6月24日、川畑はTwitterにて1週間内に候補曲「Flyin' to the sunrise」と「TOKYO GIRL」(2010年8月27日、「JOY LIVE! supported by Future Tracks→R〜JOY 1st Anniversary〜」にて「KANAME」として披露、振付はRuiが担当[10])の試聴公開、意見を募集。「TOKYO GIRL」が10月3日発売、2013年2月1日公開映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』エンディングテーマ「breakthrough」が収録されている「breakthrough/Let's Say I Do」を1月30日発売、アルバム『0』を6月12日に発売、6月22日バンコクにて「J POP SIGNATURE in BANGKOK」に参加[11][12][13]、「KANAME KAWABATA LIVE TOUR 2013 "0"」を7月5日より開催。12月18日ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズへの移籍を発表、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズは4月1日より株式会社ソニー・ミュージックレーベルズに吸収統合。2014年1月29日「HOME」を配信シングル発売。

川畑が出演するライブではRui、KEiSUKE、Nosukeが参加。2014年2月21日に「KOKORO NO TOMO」カバーをインドネシア、3月12日国内配信サイトにて配信開始。

2014年12月13日葛飾区親善大使就任[14]

2017年2月28日、CHEMISTRY LIVE 2017 -TWO-(東京国際フォーラム)にてCHEMISTRY活動再開[15]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 順位 備考
1st 2012年10月3日 TOKYO GIRL 8位
2nd 2013年1月30日 breakthrough/Let's Say I Do 20位
3rd 2014年6月18日 Half Moon feat. 鈴木雅之 26位
4th 2015年10月14日 かまわない 20位

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1st 2013年6月12日 0 24位

その他アルバム[編集]

発売日 タイトル 最高位
1st 2014年12月10日 ON THE WAY HOME 23位

配信シングル[編集]

発売日 タイトル 順位 備考
1st 2014年1月30日 HOME
2nd 2014年2月21日 KOKORO NO TOMO

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録された作品  備考
2013年8月14日 REAL STYLE feat. 川畑 要 (CHEMISTRY) & MACCHO (OZROSAURUS) DJ DECKSTREAM「DECKSTREAM.JP」
2014年9月10日 You Go Your Way with 川畑 要 (CHEMISTRY) 鈴木雅之DISCOVER JAPAN II CHEMISTRYのカヴァー。
2016年2月3日 What I'm feeling now 遊turing 川畑要 遊助遊情BEST
2016年5月4日 Two Ways feat. KANAME KAWABATA (CHEMISTRY) JONTE「Reboot」

ライブ[編集]

2013年
KANAME KAWABATA LIVE TOUR 2013 "0"(7月5日 - 8月9日)
2014年
KANAME KAWABATA Summer Live 2014 -Our Keys-(8月2日 - 8月3日)
2015年
KANAME KAWABATA LIVE TOUR 2015 -ON THE WAY HOME-(1月12日 -2月11日)
KANAME KAWABATA Summer Live - Reboot! - (8月15日-8月16日)
2016年
歌心Tour 2016 〜Possibility of Music〜 (8月25日,26日,28日各日2回公演)

出演[編集]

バラエティレギュラー[編集]

  • UTAGE!(2014年4月 - 2015年9月、TBS

映画[編集]

ドラマ[編集]

ミュージカル[編集]

  • 「愛の唄を歌おう」(2014年1月10日 - 21日、1月25日 - 2月2日、鈴木おさむ脚本・宮本亜門演出・マサムネ役)

朗読[編集]

  • DOCOMO SOUND OF STORY 〜ASADA JIRO LIBRARY〜(2012年4月28日放送J-WAVE浅田次郎『霞町物語』より「グッバイ・Dr.ハリー」を川畑が朗読)
  • サマーウォーズ(2012年6月16日 - 17日、新国立劇場小劇場。物語の語り部、陣内侘助、陣内理一、陣内翔太、池沢佳主馬、陣内真悟、陣内恭平、佐久間敬を川畑が朗読)
  • 辻仁成 その後のふたり(2013年4月7日、天王洲銀河劇場。5月5日兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール、2014年7月20日東京グローブ座、川畑が朗読)

Ustream[編集]

  • 川畑 要の無一文(仮)(2013年4月 - 7月、第2・4水曜生配信、2014年6月17日)

書籍[編集]

  • 川畑要 ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム(2015年1月5日)

脚注[編集]

  1. ^ 出没!アド街ック天国亀有編 2015年9月5日放送
  2. ^ CHEMISTRY「ひとり、ひとり。Two as We Stand」2003年65項
  3. ^ 結婚時は「高橋美紀」、結婚後に川畑美紀と改名。現在の芸名は離婚後のもの。
  4. ^ CHEMISTRY 101: Intro to Japanese R&B Sciencepurple SKY、2011年7月22日閲覧
  5. ^ おぎやはぎのメガネびいき 2014年6月19日放送分
  6. ^ “CHEMISTRY活動休止、ソロ活動専念”. SANSPO.COM. (2012年4月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20120409/oth12040905050009-n1.html 2012年4月9日閲覧。 
  7. ^ “CHEMISTRY、デュオとしての活動を休止 それぞれソロに専念”. ORICON STYLE. (2012年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2009910/full/ 2012年4月9日閲覧。 
  8. ^ CHEMISTRYの川畑要、俳優デビュー決定! "初ドラマ"で、"初ドラマー"役に挑戦!!2011年12月5日閲覧
  9. ^ 川畑 要(CHEMISTRY)、朗読「サマーウォーズ」で舞台に初挑戦!mfound、2012年5月1日閲覧
  10. ^ http://www.ft-r.net/system/topics/tv/id/910?PHPSESSID=7lsjg550v123t0p8i5eurv2656 FutureTracks→R
  11. ^ คานาเมะ ควง มิจิ ระเบิดความมันส์ประชันฮิพฮอพเมืองไทย ไทเทเนียม สนั่นเวที J-Pop Signature in Bangkokplaypark、2013年6月24日閲覧
  12. ^ Exclusive Interview Kawabata Kaname Youtube
  13. ^ Bangkok International Auto Salon 2013 : Mini Concert Michi & Kaname KawabataYouTube
  14. ^ 葛飾区出身の川畑 要さん(CHEMISTRY)に「葛飾区親善大使」をお願いしました葛飾区、2014年12月18日閲覧
  15. ^ http://natalie.mu/music/news/212391
  16. ^ 川畑要、インドネシア作品で映画デビュー!サンケイスポーツ、2013年8月11日閲覧

外部リンク[編集]