恋する雪 愛する空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恋する雪 愛する空
CHEMISTRYシングル
初出アルバム『Winter of Love(#1)
CHEMISTRY 2001-2011(#2)』
A面 恋する雪 愛する空
B面 キスからはじめよう
恋する雪 愛する空 [Less Vocal]
キスからはじめよう [Less Vocal]
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 田中花乃、山本加津彦
チャート最高順位
CHEMISTRY シングル 年表
Life goes on
(2008年)
恋する雪 愛する空
(2008年)
a Place for Us
(2009年)
テンプレートを表示

恋する雪 愛する空(こいするゆき あいするそら)は、2008年11月5日に発売されたCHEMISTRYの25枚目のシングル。発売元は、デフスターレコーズ

解説[編集]

2008年2枚目のシングルとなるこの作品は、コンセプトアルバム『Winter of Love』からの先行シングルとなっている。(カップリングの「キスからはじめよう」はWinter of Loveには収録されていないがCHEMISTRY 2001-2011には収録されている)。キャッチコピーに「やっぱり君じゃなきゃダメなんだ / 2008年冬のバラード決定版!」と謳っている。

CHEMISTRYの冬定番のバラードの流れをくむ今作、「恋する雪 愛する空」は恋人のいる人間が、ふいに過去の恋を思い出し心が揺れ動くものの、最終的に今一緒にいる人の大切さや温もり、その人の大きな愛に気づいて心を戻す様子を綴ったキャッチーなミディアムバラードに仕上がっている。なお、タイトルの「恋する雪」は過去の恋人を、「愛する空」は現在の恋人を示している。前作「Life goes on」からの流れを汲み、あえて王道のバラードとは違って打ち込み主体のエレクトロ風味のサウンドになっている。タイアップとして日清食品日清カップヌードルミルクシーフード」CMソングに決まっている。

「キスからはじめよう」もバラードでありながら、衝動的な略奪愛を歌うR&Bテイストでアップ目の新感覚バラードとなっている。映画「ブーリン家の姉妹」とイメージが重なることから日本版イメージソングに決定、これをうけ、CHEMISTRY自身も試写会に特別ゲストとして出席した[1]

収録曲[編集]

  1. 恋する雪 愛する空(作詞:田中花乃 作曲:山本加津彦 編曲:塩川満己)
    日清食品日清カップヌードルミルクシーフード『ミルクリスマス編』」CMソング
  2. キスからはじめよう(作詞・作曲:合山瑞枝 編曲:宗像仁志)
    映画「ブーリン家の姉妹」イメージソング
  3. 恋する雪 愛する空 [Less Vocal]
  4. キスからはじめよう [Less Vocal]

脚注[編集]