almost in love

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
almost in love
CHEMISTRYシングル
初出アルバム『fo(u)r(#1, #2)
Re:fo(u)rm(#3)
ALL THE BEST(#1, #2)
CHEMISTRY 2001-2011(#1)』
A面 almost in love
B面 Two As One
キミがいる (MATALLY New Era Mix)
almost in love (Instrumental)
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 H.U.B.、大智、小田原友洋
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 6位(オリコン
  • 登場回数10回(オリコン)
  • 6位(CDTV
  • CHEMISTRY シングル 年表
    Wings of Words
    (2005年)
    almost in love
    (2005年)
    約束の場所
    (2006年)
    テンプレートを表示

    almost in love」(オールモスト・イン・ラヴ)は、2005年11月2日に発売されたCHEMISTRYの通算16枚目のシングル。 発売元は、デフスターレコーズ

    解説[編集]

    CHEMISTRY単独名義としては、前作「Wings of Words」から約3ヶ月ぶりに発売されたシングルで、4thアルバム『fo(u)r』からの先行シングル。

    「almost in love」は恋から愛に移り変わる様を唄ったバラード曲で、「恋するハニカミ!」テーマソングとしても使用された。作詞はH.U.B.によるものであるが、CHEMISTRY自身もその作詞に深く携わっているという。本曲で2005年紅白歌合戦に出場。

    c/wには、Crystal Kayとのコラボレーションで話題となった、彼女のシングル「Two As One」の歌詞違いバージョンと、2月に発売されたシングル「キミがいる」のリミックスバージョンが収録されている。

    収録曲[編集]

    1. almost in love
      (作詞:H.U.B. 作曲:大智,小田原友洋 編曲・弦編曲:長岡成貢
      TBS系「恋するハニカミ!」テーマソング
    2. Two As One / CHEMISTRY × Crystal Kay
      (作詞:H.U.B. 作曲:松本俊明 編曲:AKIRA)
      トヨタウィッシュ」CMソング。
      Crystal Kayとコラボレーションした「Two As One」のCHEMISTRYバージョン。シングル盤とは歌詞が異なり、男性側の視点で描かれている。CHEMISTRY × Crystal Kay名義での収録。
    3. キミがいる (MATALLY New Era Mix)
      a CHEMISTRY joint 039
      (作詞:秦建日子 作曲:市川淳 編曲:MATALLY
    4. almost in love (Instrumental)
      (作曲:大智,小田原友洋 編曲・弦編曲:長岡成貢)