Between the Lines

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Between the Lines
CHEMISTRYスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル デフスターレコーズ
プロデュース 松尾潔
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2003年6月度月間1位(オリコン)
  • 2003年度年間11位(オリコン)
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(日本レコード協会
  • CHEMISTRY 年表
    Second to None
    (2003年)
    Between the Lines
    (2003年)
    One × One
    2004年
    テンプレートを表示

    Between the Lines(ビトウィーン・ザ・ラインズ)は、CHEMISTRYコンセプトアルバム2003年6月18日に発売された。

    概要[編集]

    • 「サマー・プレミアム・アルバム」と銘打ったものとなっており、実質3枚目のアルバムだがオリジナルアルバムではない。
    • アルバムタイトルは、2つのオリジナルアルバム(「Second to None」と「One × One」)をつなぐ「行間」としてこのアルバムを送り出したいという思いから付けられた。
    • ほとんどの楽曲がリミックス曲あるいは既存曲のアルバムバージョンで、新曲はほとんど収録されていない。『Naturally Ours』と『明治チェルシーの唄』、『恋するカレン』のみ新録のものである。
    • 最後の夜』は「ASAYAN超男子。川畑・堂珍」名義でのプレデビューシングルとしてリリースされ、ここで初めてアルバム化された。
    • 2003年7月31日までに出荷枚数が100万枚を突破した[1]

    収録曲[編集]

    1. Naturally Ours
    2. It Takes Two (OCTOPUSSY Remix feat. LISA)
    3. Point of No Return (ケツメイシのremix。)
      2ndシングルカップリング曲。
    4. 恋するカレン
      大瀧詠一のカバー。
    5. BACK TOGETHER AGAIN (West Indies Dream Mix)
    6. Running Away (Spanish Passion)
      4thシングルカップリング曲であり、通常盤のみに収録されている。
    7. B.M.N. (BIG MAN, NOW)
      3rdシングルカップリング曲。
    8. PIECES OF A DREAM (DJ WATARAI Remix)
    9. You Go Your Way (LOONY TUNE Remix)
    10. MOVE ON (Album Version)
      このバージョンがオリジナルであり、シングルに収録しているのはショート・バージョンである。
    11. 君をさがしてたシーモネーター & DJ TAKI-SHIT Remix feat. CRYSTAL BOY (nobody knows)
      4thシングルカップリング曲であり、通常盤のみに収録されている。
    12. 明治チェルシーの唄
      シモンズのカバー。
    13. 最後の夜
      プレデビューシングル。葛谷葉子のカバー。

    脚注[編集]

    1. ^ CHEMISTRY新アルバムもミリオン到達、SANSPO.COM、2003年7月31日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)