Keep On Fighting

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Keep On Fighting
長渕剛スタジオ・アルバム
リリース
録音 パラダイススタジオ駒沢
サウンドインスタジオ
ジャンル ポピュラー音楽
フォークソング
時間
レーベル フォーライフ
プロデュース 長渕剛
笛吹利明
チャート最高順位
長渕剛 年表
BEST〜空〜
2002年
Keep On Fighting
(2003年)
長渕剛 ALL NIGHT LIVE IN 桜島 04.8.21
2004年
EANコード
EAN 4988018314097
『Keep On Fighting』収録のシングル
  1. しあわせになろうよ
    リリース: 2003年5月1日
テンプレートを表示

Keep On Fighting』(キープ・オン・ファイティング)は、日本のミュージシャンである長渕剛の19枚目のオリジナルアルバム、および同アルバムの2曲目に収録されている楽曲である。

2003年5月14日フォーライフミュージックエンタテイメントよりリリースされた。

長渕剛通算19枚目となるオリジナルアルバム。既に金髪と肉体改造によって新たなる音楽性を模索しつつあった長渕が、「今までの長渕のイメージを変える」をモットーに、レゲエヒップホップなどの今までとは違う曲調に挑戦し、レゲエやヒップホップなどの要素を積極的に取り入れた、実験色の濃いアルバム。『人生はラ・ラ・ラ』は、森進一『狼たちの遠吠え』のカップリング曲に。笛吹利明との共同プロデュース。

背景[編集]

ベストアルバム『BEST〜風〜』(2002年)、『BEST〜空〜』を2002年6月26日にリリース後、長渕は9月7日の自身の46歳の誕生日に単独公演として横浜スタジアムで「LIVE 2002.9.7 IN 横浜スタジアム」を開催した[1][2][3]。11月26日にはビートたけしの著書を原作としたTBS系テレビドラマ『少年』(2002年)内の一話、「おかめさん」にてトラックドライバー役で出演[4]、長渕の主演以外での出演は、テレビドラマでは『王貞治物語 我が青春の甲子園』(1982年)以来20年ぶり、映画を含めると『男はつらいよ 幸福の青い鳥』(1986年)以来16年ぶりとなった。

4月2日には横浜スタジアムライブの模様を収録したライブビデオ『9.7 in 横浜スタジアム LIVE 2002』をリリース、その他に4月から9月にかけてニッポン放送のラジオ番組『長渕剛のオールナイトニッポンフライデースペシャル・今夜もバリサン』が放送され、メインパーソナリティーとして出演した。

5月1日には先行シングルとなる「しあわせになろうよ」をリリース、オリコンチャートでは最高位2位、登場回数88回となり、売り上げは約30万枚とヒット曲となった。

その他、この頃には空手道団体の極真会館から分派した新極真会の発足に際し、同会の会歌「新極真会の歌」を製作、同曲は10月5日に東京体育館にて開催された「第8回全世界空手道選手権大会」の入場者にのみCDで配布されていたが、入場者以外からの問い合わせが殺到したため一般販売する形となった[5]

音楽性[編集]

文芸雑誌『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』では、「サウンド的には、まるでミュージックミュージアムだ。ヒップホップと絡む表題曲。レゲエの『LANIKAI』。ハワイアン楽器のウクレレを使った『翼』。フォークロアの匂いがする『人生はラ・ラ・ラ』。カントリー・ライクな『頑張れ!』。アカペラ・コーラスをフィーチャーした『しあわせになろうよ』。ギターロック『桜島 SAKURAJIMA』。過去に例を見ないほど、バラエティに富むアレンジ」と表記されている[6]

文芸雑誌『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』にて、「二曲目『Keep On Fighting』で、聴き手は虚をつかれる。サンプラーのビートとスクラッチのイントロをぬけると、なかばラップのように歌う長渕が登場する」、「三曲目の『LANIKAI』はレゲエ、六曲目の『翼』はウクレレの弾き語りである。こんなふうに書けばキャリアの長いアーティストにありがちな迷走なのかとおもわれるかもしれないが、そんなことはまったくない。これらのどれもがそれぞれに、まぎれもない<長渕剛の作品>となりおおせているのだ」、「かれの歴史のなかでももっとも重要な曲のひとつである『桜島 SAKURAJIMA』も収録されている」と表記されている[7]

リリース[編集]

2003年5月14日フォーライフ・レコードよりリリースされた。初回生産分には特典としてオリジナルステッカーが封入されていた他、シングル「しあわせになろうよ」と本作を購入した際にインターネット上にてプレミアムグッズが贈呈されるキャンペーンが実施されていた。

プロモーション[編集]

本作収録曲の内、先行シングルとしてリリースされた「しあわせになろうよ」のみPVが製作されている。

また、本作に関するテレビ出演は、2003年4月25日にテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』(1986年 - )に初出演し、「しあわせになろうよ」を演奏した[8]

また、『第41回NHK紅白歌合戦』(1990年)出演時のトラブルからNHKの番組に出演していなかったが、5月1日にはNHKの番組としては11年半ぶりとなるNHK総合音楽番組『夢・音楽館』(2003年)に出演し、「勇気の花」、「He・La-He・La」、「とんぼ」、「しあわせになろうよ」を演奏[9]、6月15日には日本テレビ系トーク番組おしゃれカンケイ』(1994年 - 2005年)に初出演し「しあわせになろうよ」を演奏、12月31日には第41回NHK紅白歌合戦以来13年ぶりとなるNHK総合音楽番組『第54回NHK紅白歌合戦』(2003年)に出演、「しあわせになろうよ」を演奏した他、自身が提供した森進一の曲「狼たちの遠吠え」(2003年)ではギター演奏とバックコーラスを行った[10][11]

ツアー[編集]

本作を受けてのコンサートツアーは「LIVE 2003 KEEP ON FIGHTING野外Live Tour」と題し、2003年7月19日の大阪WTCオープンエアスタジアムを皮切りに、8月16日の鹿児島県立鴨池野球場まで野外ライブのみで4都市全4公演が行われ[1][2][12]、8月10日の横浜赤レンガパークの模様を収録したライブDVD『Keep On Fighting LIVE 2003 夏』を11月26日にリリースした。

さらに同年には「LIVE 2003 KEEP ON FIGHTING」と題し、9月13日のハーモニーホール座間を皮切りに、12月17日の沖縄コンベンションセンターまで29都市全29公演が行われた[2][1]

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[13]
GiGS肯定的[14]
タワーレコード肯定的[15]
別冊カドカワ 総力特集 長渕剛肯定的[6]
文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌肯定的[7]
  • 音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「いつもながらの気迫に加え、ヒップホップ風の(2)、なぜかレゲエの(3)など、楽曲のバラエティも豊か。また、(10)や(5)など初期の瑞々しいメロディを思い出させる曲が多いのも魅力」、「バラード曲『しあわせになろよ』、『八月の雨の日』や、彼らしいアコースティック・ヒップホップの趣を感じさせる『Keep On Fighting』をはじめ、ヴァラエティに富んだ作品に仕上がった」と評されている[13]
  • 音楽雑誌『GiGS』では、「“戦い続けて”と、いかにも長渕らしいタイトル。いつものように気迫のこもったボーカルと激しい言葉で、生きること愛することにズバリと切り込んでくる。ただしサウンド的には、かなりにバラエティ豊か。クラブ風ソウル色の濃いラップやディープなレゲエからウクレレ弾き語りの長渕流ハワイアン?、カントリーそしてブルージーな掛け合いと多彩。故郷への愛を込めた『桜島 SAKURAJIMA』では、活火山の激しい形相を我が身の生き様に置き換え力強く歌い上げている」と評されている[14]
  • 音楽情報サイト『タワーレコード』では、「バラードや新しいアコースティックヒップホップとも言える曲、ウクレレとハーモニカの弾き語りの楽曲を収録した1曲1曲がバラエティ溢れた力強い作品!剛イズム健在!」と評されている[15]
  • 文芸雑誌『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』では、「陰と陽に分けるなら、陽のエネルギーに満ちている。本作全編をその力が貫いている。さらにこの時期、苦しみ抜いた肉体改造が成就。その意味でもまさにニュー長渕の誕生だ」、「過去と未来の狭間、まさに今、この時の長渕剛が本作の中にいる。跳ね、吠え、蹴り、激しく息づいている」、「(『傷ついた鳥』に関して)吟遊詩人・長渕剛を強く感じる。大人の男が、それもピカレスクの匂いがする男が、これを歌うのが本当の渋さだ」と評されている[6]
  • 文芸雑誌『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』では、「ジャケットに写る金髪の長渕のすがたが印象的なように、意欲作、というよりあきらかに、実験的な作品である」、「闘いのなかで、いまやしあわせになることも呼びかけるかれはどこにむかっていくのか、そのあとの展開を知るためにも、とおして聴かれるべき良作である」と評されている[7]

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは最高位1位、登場回数51回となり、売り上げ枚数は約24万枚となった。また、この結果によって長渕は男性アーティスト初のオリジナルフルアルバム首位通算10作目獲得となった。

収録曲[編集]

全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.情熱長渕剛長渕剛長渕剛
2.Keep On Fighting長渕剛長渕剛笛吹利明、長渕剛
3.LANIKAI長渕剛長渕剛笛吹利明、長渕剛
4.八月の雨の日長渕剛長渕剛国吉良一
5.人生はラ・ラ・ラ長渕剛長渕剛笛吹利明
6.長渕剛長渕剛長渕剛
7.頑張れ!長渕剛長渕剛笛吹利明、長渕剛
8.傷ついた鳥長渕剛長渕剛笛吹利明
9.桜島 SAKURAJIMA長渕剛長渕剛笛吹利明、長渕剛
10.しあわせになろうよ長渕剛長渕剛国吉良一/コーラスアレンジ:INSPi
合計時間:

曲解説[編集]

  1. 情熱
    タイトルの通りのエネルギッシュな曲調で、ライブでの演奏頻度も高い。歌詞にある「情熱情熱情熱」の部分で拳を振り上げ、間奏の「ランラランラランラン」の部分で長渕と客席が合唱するのがお約束となっている。ニッポン放送の「ショーアップナイター」(2003年度)のテーマソングとしても使われていた。
  2. Keep On Fighting
    長渕流ヒップホップを目指した曲。DJ DRAGONなどが参加している。
    サビの部分はクイーンウィ・ウィル・ロック・ユーを参考にしている。
  3. LANIKAI
    ラニカイとは、ハワイにある名所、カイルア・ラニカイ・ビーチの事を指す。歌詞中に登場する「ワタル」とは、長渕の長男である航(わたる)君。
    レゲエ調の軽快なナンバー。"Mizalito(ミザリート)"こと美座良彦がセッションに加わっている。
  4. 八月の雨の日
    ライブでは過去に1回しか演奏されていない(2003年の大阪WTCライブにおいてのみ)。
  5. 人生はラ・ラ・ラ
  6. ウクレレでの弾き語り曲。前年までの“空~SORA~”ツアーで既に何度か披露されていた。
  7. 頑張れ!
  8. 傷ついた鳥
  9. 桜島 SAKURAJIMA
    タイトル通り鹿児島県の桜島を歌っている。2004年の桜島オールナイトコンサート以降、ライブで演奏される際には、曲に合わせて観客が両手を上げて左右に揺らすのが定番となっている。
  10. しあわせになろうよ
    36枚目のシングル曲。アカペラグループのINSPiによるコーラスアレンジ。この年の年末に、実に13年ぶりにNHK紅白歌合戦』に出場し、この曲を演奏した。後にZEEBRAらと共に、『しあわせになろうよ'04』として再リリースしている。

スタッフ・クレジット[編集]

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

  • 長渕剛 - プロデュース
  • 笛吹利明 - プロデュース
  • 加藤謙吾 - レコーディング・エンジニア、ミキシング・エンジニア
  • 中津直也 - 追加エンジニア
  • 阿部勝行 (Mixer'a Lab) - アシスタント・エンジニア
  • 三原典子 (Sound Inn) - アシスタント・エンジニア
  • ボビー・ハタ - マスタリング・エンジニア
  • 笹川章光 (Yeep) - エキップメント・テクニシャン
  • 三浦"Peter"浩 (Yeep) - エキップメント・テクニシャン
  • 宮田文雄 (Music Land) - ミュージシャン・コーディネーター
  • YOSHIKO FUKUNAGA(オフィス・レン) - プロダクション・デスク
  • 横田利夫(フォーライフミュージックエンタテイメント) - アーティスト・プロモーター
  • 池田雅彦(フォーライフミュージックエンタテイメント) - A&Rディレクター
  • 渋谷高行(オフィス・レン) - スーパーバイザー
  • 松田直(フォーライフミュージックエンタテイメント) - スーパーバイザー
  • 荒井博文 (Gil Produce) - アート・ディレクション、デザイン
  • 大川奘一郎 - 写真撮影
  • 豊川京子 - メイクアップ・アーティスト
  • 後藤由多加(フォーライフミュージックエンタテイメント) - エグゼクティブ・プロデューサー
  • 安部拓朗 (I-5 Corp.) - スペシャル・サンクス
  • KANETO KATOH - スペシャル・サンクス
  • KO SHINOHARA - スペシャル・サンクス
  • NAGABUCHI TSUYOSHI CLUB - スペシャル・サンクス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 長渕剛 TSUYOSHI NAGABUCHI|OFFICIAL WEBSITE”. 長渕剛 TSUYOSHI NAGABUCHI|OFFICIAL WEBSITE. 2018年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c プロフィール”. フォーライフミュージックエンタテイメント. フォーライフミュージックエンタテイメント. 2018年11月22日閲覧。
  3. ^ YOKOHAMA Stadium Live 2002.9.7”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2018年11月23日閲覧。
  4. ^ ビートたけし原作ドラマ「少年」”. TBSチャンネル. TBSテレビ. 2018年11月23日閲覧。
  5. ^ 会歌・新極真会の歌/CD
  6. ^ a b c 藤井徹貫「長渕剛オール・ヒストリー&アルバム・コレクターズ解説」、『別冊カドカワ 総力特集 長渕剛』第363号、角川マーケティング2010年12月17日、 244 - 261頁、 ISBN 9784048950572
  7. ^ a b c 五井健太郎「ディスコグラフィー 一九七九→二〇一五 富士の国への軌跡」、『文藝別冊 長渕剛 民衆の怒りと祈りの歌』、河出書房新社2015年11月30日、 224 - 255頁、 ISBN 9784309978765
  8. ^ 長渕剛のTV出演情報 3ページ目”. オリコンニュース. オリコン. 2018年11月23日閲覧。
  9. ^ 保存番組検索結果”. NHKクロニクル. NHK. 2018年11月23日閲覧。
  10. ^ 長渕剛 13年ぶり紅白出場へ、スポニチアネックス、2003年11月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  11. ^ 13年ぶり長渕、今度は1曲、スポニチアネックス、2003年11月27日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  12. ^ Live 2003 Keep On Fighting 野外TOUR”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2018年11月23日閲覧。
  13. ^ a b 長渕剛 / Keep On Fighting”. CDジャーナル. 音楽出版. 2018年11月23日閲覧。
  14. ^ a b Yahoo!ミュージック - J-POPレビュー、Yahoo!ミュージック、2003年5月15日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  15. ^ a b Yahoo!ミュージック - J-POPレビュー、Yahoo!ミュージック、2003年5月19日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  16. ^ 2015年4月3日放送分より。2015年3月20日放送の特別編で、ゴリパラのメンバーが長渕に頼み込み、曲が使用されるようになった。
  17. ^ ローマ字表記は"HIDEO TAKAKUWA"になっているが、これは"HIDEYO TAKAKUWA"の誤記である。

外部リンク[編集]