アンダー・マイ・スキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンダー・マイ・スキン
アヴリル・ラヴィーンスタジオ・アルバム
リリース
録音 2003年 – 2004年
ジャンル Post-grunge
時間
レーベル アリスタ・レコード
RCAレコード
ソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)
チャート最高順位
ゴールドディスク
アヴリル・ラヴィーン 年表
Let Go
(2002年)
Under My Skin
(2004年)
The Best Damn Thing
(2007年)
テンプレートを表示

アンダー・マイ・スキン』(Under My Skin)は、2004年に発表されたアヴリル・ラヴィーンの2作目のアルバム

解説[編集]

前作『レット・ゴー』より約2年ぶりとなる2作目のアルバム。前作よりもロック色を強め、より大人になったアヴリルを感じることができる。尚『マイ・ハッピー・エンディング』、『ノーバディーズ・ホーム』、『ヒー・ワズント』はこのアルバムからのシングルである。

Билборд 200 и британские чарты под номером 1, как в Япониис прыжка, даже в первые недели занимает № 1 в Японии от продаж компании агрегатных линий превысил(Южная и смешанная). В Японии, доставку билетов в 2007 году до 8 месяцев во время 150 миллионов копий прорыва ☃☃.


収録曲[編集]

# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「テイク・ミー・アウェイ」 アヴリル・ラヴィーン、エヴァン・タウベンフェルド
2. 「トゥゲザー」 ラヴィーン、シャンタール・クレヴィアジック
3. ドント・テル・ミー ラヴィーン、タウベンフェルド
4. ヒー・ワズント ラヴィーン、クレヴィアジック
5. 「ハウ・ダズ・イット・フィール」 ラヴィーン、クレヴィアジック
6. マイ・ハッピー・エンディング ラヴィーン、ブッチ・ウォーカー
7. ノーバディーズ・ホーム ラヴィーン、ベン・ムーディー
8. 「フォガットゥン」 ラヴィーン、クレヴィアジック
9. 「フー・ノウズ」 ラヴィーン、クレヴィアジック
10. 「フォール・トゥ・ピーシス」 ラヴィーン、レイン・メイダ
11. 「フリーク・アウト」 ラヴィーン、タウベンフェルド、マット・ブラン
12. 「スリップト・アウェイ」 ラヴィーン、クレヴィアジック
合計時間:

脚注[編集]