YANAGIMAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
YANAGIMAN
ヤナギマン北九州空港.jpg
左の男がYANAGIMAN
右の男は須田正己北九州空港にて。2017年撮影)
基本情報
出生名 柳 幸康
生誕 (1960-11-09) 1960年11月9日(61歳)
出身地 日本の旗 日本 鹿児島県鹿児島市
学歴 熊本大学薬学部
マサチューセッツ州ボストンバークリー音楽大学
ジャンル J-POPJazzRockR&BFolkHiphopClassic
職業 音楽プロデューサー
作曲家
編曲家
ベーシスト
担当楽器 ベースコントラバス鍵盤楽器
公式サイト http://yanagiman.com
映像外部リンク
YANAGIMAN Discography - YouTubeプレイリスト

YANAGIMAN(ヤナギマン、1960年11月9日 - )は、鹿児島県鹿児島市音楽プロデューサー作曲家編曲家ベーシスト、である。ケツメイシFUNKY MONKEY BABYSを始めとする様々なアーティストのプロデュース、作曲、作詞、編曲を手がけている。マサチューセッツ州ボストンバークリー音楽大学卒業。『1933ウクレレオールスターズ』バンマス。燦々ぬまづ大使(静岡県沼津市PR大使)長浜ブランドアンバサダー(滋賀県長浜市PR大使)[1]奄美観光大使(鹿児島県奄美大島PR大使)。JOIN大使(一般社団法人 移住交流推進機構PR大使)。松実高等学園で学園顧問、音楽コース、ドリームプロジェクトボーカルレッスンコース講師を務めている。[2]血液型はB型。1995年より東京在住。

概要[編集]

鹿児島県奄美大島出身。鹿児島県立鶴丸高等学校卒業。熊本大学薬学部中退。幼少期より音楽が身近な環境であった。音楽性の原点はサイモン&ガーファンクルで、大学時代はアース・ウィンド・アンド・ファイアーに魅了された。その後ジャズミュージシャンとして東京で音楽活動。

1989年平成元年)マサチューセッツ州ボストンのバークリー音楽大学へ入学。帰国後、福岡に居住。テレビでレポーターなどを務める。デイト・オブ・バースのレコーディングとツアーに参加。

1995年(平成7年)、35歳時の『サウンド&レコーディング・マガジン』主催コンテスト優勝を期に活動拠点を東京に移す。アーティストからの紹介で仕事の幅が広がり、Soul loversのプロデュース、アレンジを始める。その後、Soul loversのMahyaの紹介でケツメイシと知り合い、作品を作り始める。元々の得意分野は普通のポップス系。レゲエヒップホップの新ジャンルを開拓すべく勉強を重ね、それがケツメイシのヒップホップ系の楽曲でのヒットにつながったという[3]

国内ではケツメイシ、FUNKY MONKEY BABYSCHEMISTRYCrystal Kay倖田來未中島美嘉加藤ミリヤエレファントカシマシBoADef Tech平原綾香など様々なアーティストへの楽曲提供や編曲、プロデュースを行う。また、ビルボードシーンで活躍中のUsherリミックスや、香港の歌手IVANWANG、HotChaElla Koonなど国外のアーティストへの楽曲提供も行う。

2005年(平成17年)、ケツメイシ『ケツノポリス4』でダブルミリオン[4]、及び、レコード大賞ベストアルバム賞を受賞[5]

2007年(平成19年)、BoA『LOVE LETTER』でレコード大賞金賞を受賞[6]

2011年(平成23年)、FUNKY MONKEY BABYS『それでも信じてる』でレコード大賞優秀作品賞を受賞[7]

2013年(平成25年)までに関わってきた作品の累積出荷枚数が2,000万枚以上に達している[8]

2018年(平成30年)ウクレレ友達のサザンオールスターズ関口和之が『1933ウクレレオールスターズ』を結成。YANAGIMANはバンマスを務める。関口を含める高木ブー野村義男分山貴美子はたけやま裕荻野目洋子で構成される[9]

2019年令和元年)5月3日、カンボジアの孤児院への寄付を熱望するYANAGIMANは、その趣旨に賛同してくれた島谷ひとみに新譜を書き下ろした。2万人強のパシフィコ横浜で『サイクル』を披露する[10]

2020年(令和2年)5月新型コロナウィルス騒動を受けてNHK BS1スペシャル「外出自粛の夜に〜ウクレレでリレー音楽会」に出演。自宅からサザンオールスターズ関口和之の紹介バトンを受けてウクレレコントラバスを披露。その後、ザ・ドリフターズ高木ブー荻野目洋子へとバトンがつながれた[11]

2021年(令和3年)7月島谷ひとみMINMIが初コラボしたスペシャルユニットに“ジャパニーズレゲエ”の楽曲を提供した[12]

主な代表作[編集]

FUNKY MONKEY BABYS
それでも信じてる』『ありがとう[13]
BoA
LOVE LETTER』『make a secret』『DO THE MOTION
ケツメイシ
バラード』『さくら』『トモダチ』『夏の思い出』『[14]
中島美嘉
素直なまま
倖田來未
Lies
CHEMISTRY
FLOATIN'』『愛しすぎて』『STILL ECHO
ゴスペラーズ
1,2,3 for 5』『くれないの街』『見つめられない』『愛のシューティングスター[15]
エレファントカシマシ
俺たちの明日』『大地のシンフォニー[16]starting over』『まぬけなJohnny』『FLYER[17][18]
mihimaru GT
One Time』『オメデトウ
加藤ミリヤ
勇者たち
NEWS
なんとかなるさ
Crystal Kay
Motherland
Skoop On Somebody
遠くても 遠くても』『Sing a Song
Tiara
Love is… with KG』『さよならをキミに...feat.Spontania』『キミがおしえてくれた事feat.SEAMO』『ヒカリ[19]

略歴[編集]

人物[編集]

交友関係[編集]

音楽性[編集]

  • 生まれ故郷の奄美大島や、母の実家がある石垣島を音楽性の原点であると語っている[20]
  • 父は警察官で鹿児島県屋久島警察署の署長も務めた。厳格な性格で、また柔道2段・剣道2段の持ち主でもあったので、悪さをすると鉄拳が飛んできた。父への反発や、その裏返しの父から愛されたいという感情が今でも音楽性に影響をしているという[20]
  • 父母共に三線(さんしん)の先生をしていた。家族でカチャーシーに合わせて踊るなど、音楽が常に身近にあった。喜納昌吉の『ハイサイおじさん』『花〜すべての人の心に花を〜』など沖縄音楽には影響を受けている[20]
  • 8歳のときに森永製菓のテレビCMの『大きいことはいいことだ!!』という世界に強いインパクトを受け、また憧れた。この忘れがたい衝撃が、心掛けている世界観『音楽は人をつなげる。人は音楽をつなげる』に繋がっている[20]
  • 10歳のときに初めてサイモン&ガーファンクルのレコードを買い、小学4年生のときにはお年玉で買ったカセットレコーダーを2台で多重録音をするなどが、音楽作りの原点となった[20]
  • 中学生に入ってアコースティックギターベース演奏を始め、井上陽水の曲のコピー演奏などをしていた[20]
  • 大学生の頃、リズムが激しい音楽が流行しており、ディスコミュージック[要曖昧さ回避]JAZZなど黒人音楽が好きになる[21]
  • コンピューター好きだったこともあり、いち早くデジタルレコーディングを取り入れた。デジタルへ移行の速さがヒットを生み出す要因だったと対談で話す。特に1990年後半から、スクラッチが出来るCDJ(DJ向けデジタル再生機器)が多く出回り、また、オルガンのように大きくて重たい楽器を二人がかりで運ぶ時代から、軽いポリフォニックシンセサイザーが主流になり、より簡単に録音可能になったことが音楽制作の転機であると語る[22]
  • 1998年頃から宇多田ヒカルブームで一気に日本の音楽シーンが、8ビートのバンドミュージックからデジタルの音楽に変わる[独自研究?]。16ビートの音楽が増えてきて、4つ打ちのダンスミュージックがどんどん出てきたことでYANAGIMANが好きだった黒人音楽R&B の流行りに乗れた[22]
  • 初めて上京して出会ったアーティストがサザンオールスターズ関口和之。関口からサザンのもつ「ノンジャンルで遊び心が溢れるエンターテインメント」を学んだ。その感覚をケツメイシにも感じたという。「エロ面白さ」「美しさ」全てが混然一体となった音楽を意識した[22]
  • 制作活動でインスパイアされた曲BEST10を聞かれて「Earth, Wind & Fire」「グレイテスト・ショーマン」「パイレーツ・オブ・カリビアン」などあげる。番外として「効果音集・自然音」をあげる。昔の名曲にはイントロや印象的なところに入れていたと話す[24]

手掛けた主な関連アーティスト(プロデュース・作曲・編曲)[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 外出自粛の夜に〜ウクレレでリレー音楽会(NHK BS1[11]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【長浜市公式サイト】長浜ブランドアンバサダー(長浜市PR大使)制度
  2. ^ 通信制高校技連校|不登校・転校 |松実高等学園”. www.matsumi-gakuen.net. 2021年7月13日閲覧。
  3. ^ 日刊スゴイ人!関わった作品の累積出荷枚数2,000万枚以上に達する音楽プロデューサーのスゴい人!
  4. ^ ケツメイシの『さくら』は3位! 平成の「春の歌」ナンバーワンは?
  5. ^ 12月31日 第47回日本レコード大賞「ベストアルバム賞」に『ケツノポリス4』
  6. ^ “BoA『新曲は、恋がしたくなる胸キュンソング!!』”. ORICON STYLE. (2007年10月1日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/071001_02.html 2015年7月13日閲覧。 
  7. ^ レコード大賞今年の優秀作品賞が決まりました” (2011年11月20日). 2011年11月20日閲覧。
  8. ^ a b “現役OLシンガー「Chie」オリコン1位を目指す180Daysプロジェクト開始! 〜プロデュースはケツメイシ、中島美嘉を手掛ける「YANAGIMAN」〜” (プレスリリース), 株式会社M-collection, (2013年1月30日), https://www.atpress.ne.jp/news/33010 2019年1月24日閲覧。 
  9. ^ ■『ウクレレ七福神の来港! 〜ヨコハマに春がやって来た』、来年3月にビルボードライブ横浜で開催
  10. ^ YANAGIMAN、島谷ひとみがTSCで国連「SDGs」の活動について語る。<東京ストリートコレクション>
  11. ^ a b c NHK公式ホームページ「外出自粛の夜に~ウクレレでリレー音楽会」
  12. ^ a b c 【ザ・テレビジョン】島谷ひとみ&MINMIが初コラボ、「HITOMINMI」名義で和風レゲエの新曲リリースへ「音楽の日本代表のような曲ができました!」
  13. ^ 【billboard JAPAN】FUNKY MONKEY BABYS 『ファンキーモンキーベイビーズ5』特集
  14. ^ 夏の主役はケツメでしょ!“夏の思い出””LOVE LOVE Summer”に続くケツメイシ、今年の夏ソング『はじまりの予感』
  15. ^ 【音楽ナタリー】ゴスペラーズ、進化を見せる1st同構図ジャケ
  16. ^ 【音楽ナタリー】エレカシ新シングルは3年ぶりYANAGIMANプロデュース
  17. ^ 【10リスト】エレファントカシマシ、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!
  18. ^ エレファントカシマシ宮本浩次「最高のアレンジャーとして、土方隆行さん、佐久間正英さん、YANAGIMAN、蔦谷好位置さん、亀田誠治さん、今の村山潤さんがいて」
  19. ^ 【CDジャーナル】“ケツメイシやYANAGIMANも絶賛!”の歌姫、Tiaraがメジャー・デビュー
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 「ファンモン」「BoA」「ケツメイシ」累計CD 2,000万枚のヒットメイカー・YANAGIMANの創作秘話&音楽ヒストリーインタビュー
  21. ^ a b YANAGIMANプロフィール
  22. ^ a b c d e 「ケツメイシ」のヒットの秘密とは? 〜対談 with YANAGIMAN #1 〜
  23. ^ a b c d e f +Artist Sendenbu「レコード大賞2度受賞・2000万枚CD売上の音楽プロデューサーYANAGIMANによるヒットソングの作り方を大公開」
  24. ^ 【FUNKY MONKEY BABYS】【BoA】【ケツメイシ】累計CD売上2,000万枚のヒットメーカー・YANAGIMANの音楽ヒストリーを初告白・・・原点に『厳格な警察官の父』『奄美大島の音楽』『渡米』3時間にわたるロングインタビュー “音楽は人をつなげる。人は音楽をつなげる”
  25. ^ 【BARKS】阿部真央、ニューアルバム『YOU』決定
  26. ^ itSnapモデルもMVに出演!個性派5人組【ITBOYS】の新曲が8/27(火)に発売!
  27. ^ 【BARKS】容姿端麗なEDEN、2ndシングルにはファンモン、ケツメのプロデューサー・YANAGIMANが初参加
  28. ^ 【オリコンニュース】沼津ご当地アイドル、仏『JAPAN EXPO』デビュー「地方から世界へ」
  29. ^ 【音楽ナタリー】関ジャニ∞新作に横山剣、ウルフルケイスケら楽曲提供
  30. ^ イケメン揃いで注目を集める個性派演劇集団「劇団番町ボーイズ☆」が、今度はイケメンパティシエに挑戦!
  31. ^ 鈴木桃子、“COSA NOSTRA”とソロワークの2枚組ベスト盤がリリース!記念ライブも開催決定
  32. ^ 【東京スポーツ】注目度バツグン!新人グループ「スリジエ」の魅力に迫る
  33. ^ 【音楽ナタリー】サザン関口和之ソロ作に原由子、キヨサク、つじあやの、YANAGIMAN参加
  34. ^ 【音楽ナタリー】世良公則カバー盤でスピッツ、民生、斉藤和義、イエモン熱唱
  35. ^ 【Yahoo!ニュース】宮城から全国へ 早朝ライヴが話題の6人組・ぜんりょくボーイズが、夢への一歩、仙台PITで躍動
  36. ^ 【音楽ナタリー】多和田えみ1stフルアルバムは新曲&新録たっぷり16曲
  37. ^ 【BARKS】Tiara、YANAGIMANプロデュースでデビュー
  38. ^ 【週刊テレビジョン】テツandトモ×RAB、キレッキレの「なんでだろう」ダンス動画公開!
  39. ^ 【CDジャーナル】童子-T、待望の5thオリジナル・アルバム『GOLD』を12月1日にリリース!
  40. ^ 【音楽ナタリー】ネーネーズ新作「MAPAI」に島袋優、前川真悟、宮沢和史ら楽曲提供
  41. ^ キョウデングループ会長「橋本ひろし」、ユニバーサルミュージックより メジャーデビューシングル「元気 DE SHOW」を発売
  42. ^ 【オリコンニュース】『WELCOME TO JAPAN PROJECT』発足 アイドルが“日本の魅力”を発信
  43. ^ 藤澤ノリマサ、新曲「Stay forever〜あなたを守りたい」ライヴ初披露&MV公開
  44. ^ 【BARKS】なっちゃん、1人3役でモータウン・サウンドに挑戦!?
  45. ^ 【BARKS】Missing Link、YANAGIMANプロデュースの2010年第1弾
  46. ^ 【HMV】LAST FIRST「応援歌」
  47. ^ 【CDジャーナル】元ZOOメンバーも参加するRunningman Tokyo、楽曲は中西圭三&佐藤ありすが担当
  48. ^ 【サンケイスポーツ】リサメロディー、新曲「シュガーペット」を披露
  49. ^ YNAGIMAN MC~渋谷クロスFM『LOVE JAPAN』番組ホームページ
  50. ^ ゲストはファンモン、ケツメイシ、加藤ミリヤなどを手掛け、レコード大賞の各賞を3度も受賞した超一流音楽 プロデューサーYANAGIMAN
  51. ^ 今夜のゲストは音楽プロデューサーとして活躍しているYANAGIMANさん

外部リンク[編集]