PIECES OF A DREAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PIECES OF A DREAM
CHEMISTRYシングル
初出アルバム『The Way We Are
B面 TWO
PIECES OF A DREAM (OLD SCHOOL MIX)
リリース
規格 12cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 麻生哲朗(作詞)
藤本和則(作曲)
プロデュース 松尾"KC"潔
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2001年度年間3位(オリコン)
  • CHEMISTRY シングル 年表
    PIECES OF A DREAM
    2001年
    Point of No Return/君をさがしてた 〜The Wedding Song〜
    (2001年)
    The Way We Are 収録曲
    CHEMISTRY 2001-2011 収録曲
    テンプレートを表示

    PIECES OF A DREAM」(ピーシズ・オブ・ア・ドリーム)は、2001年3月7日発売のCHEMISTRYデビューシングル。発売元はデフスターレコーズ

    解説[編集]

    2000年テレビ東京ASAYAN』にて開催された、「ASAYAN超男子。オーディション」で合格・デビューが決定したCHEMISTRYのデビュー曲。デビュー曲でオリコンシングルチャート初登場2位を記録。その後5週にわたり同チャートTOP5に滞在、更には発売6週目でオリコン1位を獲得。その後もロングセラーを続け、発売15週目でミリオンセラー達成。2001年のオリコン年間シングルチャート第3位にチャートイン。現時点でCHEMISTRY最大ヒット曲で、唯一のミリオン。MVには手話が用いられている。初回プレス盤はチェンジング・ジャケット仕様。第16回日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤー受賞。2016年、TVアニメ「ReLIFE」第11話エンディングテーマに起用。

    収録曲[編集]

    1. PIECES OF A DREAM
      (作詞:麻生哲朗 作曲・編曲:藤本和則 ヴォーカル・アレンジ:和田昌哉・藤本和則)
      UHFアニメReLIFE』第11話エンディングテーマ。
    2. TWO
      (作詞:山田のりこ 作曲:原一博 編曲:安部潤 ヴォーカル・アレンジ:KIRIGAYA BOBBY)
      ファースト・アルバム『The Way We Are』には未収録。2011年3月2日発売のベスト・アルバム「CHEMISTRY 2001-2011」に収録。
    3. PIECES OF A DREAM (OLD SCHOOL MIX)
      (作詞:麻生哲朗 作曲:藤本和則 編曲:松尾"KC"潔
    4. PIECES OF A DREAM (LESS VOCAL)

    PIECES OF A DREAM feat.mabanua[編集]

    PIECES OF A DREAM feat.mabanua
    CHEMISTRY配信限定シングル
    収録アルバムThe Best & More 2001〜2022
    リリース2021年10月27日
    規格配信限定シングル
    ジャンルJ-POP
    レーベルソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
    作詞者麻生哲朗
    作曲者藤本和則
    プロデュースmabanua
    CHEMISTRY 年表
    Angel/Still Walking
    (2019年)
    PIECES OF A DREAM feat.mabanua
    (2021年)
    Point of No Return feat.関口シンゴ
    (2021年)
    The Best & More 2001〜2022 収録曲

    PIECES OF A DREAM feat.mabanua』(ピーシズ・オブ・ア・ドリーム フィーチャリング・マバヌア)はCHEMISTRY1作目の配信限定シングル。

    解説(feat.mabanua)[編集]

    本作はCHEMISTRYデビュー20周年を記念し、2021年10月27日より初期発表代表曲のリアレンジ音源連続配信リリース企画の第1弾[1]

    本作のリメイク担当は、星野源Official髭男dismあいみょん等、数多の楽曲を手掛けたorigami PRODUCTIONSのメンバーそれぞれ5曲のリアレンジを担当。本作を筆頭に2001年から2002年に掛け発表された初期楽曲を2020年代のスタイルに合わせたサウンドに再構築、堂珍嘉邦と川畑要の二人も今のスタイルを表現するために、ボーカルを新録音して制作[1]

    本作のサウンドプロデュースは、プロデューサーであり、ドラマーのmabanuaが担当。配信のジャケットはオリジナルのシングル・ジャケットをイラストで再現されたものになっており、イラストレーターの朝野ペコ[2]が手掛けている[1]

    また本作に合わせ新たにミュージック・ビデオが撮影・公開され、サウンドプロデュース担当のmabanuaも同作品に出演。デビュー当時を含む数々のライブ映像がインサートされた20年に及ぶ活動の歴史を振り返るような構成として制作された[3]

    制作背景[編集]

    本作を始め初期楽曲をリメイクすることになった経緯、8thアルバム『CHEMISTRY』発売後、20周年の節目に今度何をやろうかと言う話になった際、CHEMISTRYデビュー当時からプロデューサーとして長らく携わっている松尾潔から「みんなが知ってくれている有名な曲をorigami PRODUCTIONSのクリエイターの皆さんに今のスタイルに合わせたアレンジをやって貰ったら、面白いものが出来るんじゃないだろうか?」との提案から今回のプロジェクトが進んだ[4]。今回のプロジェクトに関し、メンバー二人はそれぞれ以下のように語っている。

    堂珍嘉邦
    今回の企画は20周年企画のひとつではありましたが、ただ単にリメイクするだけではなく、今の音楽シーンを牽引していらしているクリエイターの皆さんに僕たちの曲を新たに料理してもらえると言うのはこれまでにない程に魅力的に思える事でした。昔に作られた曲が新たな音やボーカルを入れて新たな形に生まれ変わっていくわけですから、僕たちとしても大きな財産になるだろうと。同じ曲なはずなのに、新たな曲がまた1つ出来上がったのと同じくらいに素敵な仕上がりになったんじゃないかと思っていますね[4]
    川畑要
    ライブでも今日に至るまでずっと大切に歌い続けてきた楽曲でもあったので、どんなアレンジに昇華させていくのかをとても楽しみにしていましたし、楽曲毎にプロデューサーが異なる分、それぞれの楽曲にそれぞれの新鮮さと個性を感じられましたね[4]

    楽曲解説[編集]

    本作の仕上がりに関しメンバーの二人は以下のように語っている。

    川畑要
    僕としてはこの曲が一番グルーヴィな雰囲気に仕上がったなと感じていて、ラストサビの所に入るタイミングの転調のキメの入り方も好きですね。第3章ツアーで披露した際もバンドセッションの雰囲気があった感じでやりましたし、ジャズやソウルミュージックの要素が加えられたセッション感がありましたね。ただ、アレンジの落とし込み方が一番難しかっただろうなと思った曲もありましたね。代表曲を今までのアレンジから変えていくのは僕たちでも少なからず緊張するもので、mabanuaさんも「緊張した」と言っておりましたが、クリエイターさんの方が良い意味でプレッシャーがあったのではないかなと思うんですよ。だけど、"こんなにも素敵な形に生まれ変わらせてくれて、ありがとうございます!"と言う気持ちが強かったですし、目に見えるような変化を感じられたのも嬉しく思いました。このアレンジされた「PIECES OF A DREAM」が生まれたことでその後のツアーがより楽しくなったなと感じていますね[4]
    アレンジの希望に関してですが、この曲だけじゃなく、他の4曲もそうでしたが、これと言ったリクエストは特には入れず「皆さんが思うままに、自由な色と形にしていってください」とお願いしただけでしたね。と言うのもこの曲は僕たちにとっては一番歌ってきている曲になるんですよね。この曲がCHEMISTRYとしての全ての始まりであって、今に至るまで20年間ずっと歌い続けてきている。その経験があったからこそ今の自分達であってもあの頃と変わらず歌えているのだろう、と言う気持ちがありましたので、後はそのアレンジに合わせつつ歌い切るだけ、と言う気持ちでしたね[4]
    堂珍嘉邦
    僕も好きですね。mabanuaさんのお人柄の良さが存分に反映されたかのような心地好いサウンドに様変わりしましたし、グルーヴィーなアレンジがやはり嬉しい限りでしたね。過去にもリミックスアルバムを作ったりしてきましたが、それとはまた違う感慨深さがあって、ヴィンテージ感を感じられるようになったのが嬉しかったんですよね。20年前に作られた楽曲に新しい色や飾りを付けたり、再度磨き直したりしていくことで、オリジナルとはまた違った雰囲気や味わいが出てきたと思うし、ライブでやっても、ごく自然に体を動かしたくなるようなグルーヴ感が加わったなと思います。爽快感がありながらもヴィンテージ感が伝わってくる。オリジナルが好きだって人には印象的なあのイントロがどう変化しているのに注目しながら聴いて貰いたいですね[4]

    収録曲[編集]

    1. PIECES OF A DREAM feat.mabanua
      作詞:麻生哲朗 作曲:藤本和則 編曲:mabanua

    収録作品・カバー[編集]

    発売日 タイトル 規格品番
    2001年07月18日 小原孝『TRY TRY TRY [ピアノよ歌え] スペシャル *J-POP特集2001*』(#1) TOCT-24631
    2001年11月07日 オリジナル・アルバム『The Way We Are』(#1) DFCL-1052
    2002年01月09日 SMOOTH』(#1) MHCL-64
    2002年03月30日 井出まさお『2002ポップ・ヒット・マーチ~明日があるさ』(#1) COCX-31807
    2002年04月10日 VHS/DVD『ACOUSTIC LIVE 2002 R.A.W.~respect and wisdom』(#1) DFVL-8051
    2002年04月24日 『GROOVE~永遠に/Let's Get Together Now』(#1) MHCL-90
    2002年04月26日 『ビッグ・ヒット・マーチ 2002』(#1) TOCF-57058
    2002年09月19日 『心の友』(#1) SRCL-5428
    2003年04月23日 太鼓の達人 ブルー』(#1) COCX-32169
    2003年04月23日 VHS/DVD『CHEMISTRY THE VIDEOS : 2001-2002 ~What You See Is What You Get~』(#1) DFVL-8058
    DFBL-7058
    2003年06月18日 コンセプト・アルバムBetween the Lines』(#1[ DJ WATARAI Remix]) DFCL-1101
    2003年09月10日 VHS『Two as We Stand ~Live and Documentary 2002-2003~』(#1) DFVL-8060
    2006年11月22日 ベスト・アルバム『ALL THE BEST』(#1) DFCL-1300
    DFCL-1303
    2006年12月20日 『HARD CORE J-TRANCE ~Winter Party~』(#1) GYCP-10101
    2007年12月26日 『Jazzy End』(#1) CCRM-2007
    2008年03月19日 DATA MUTANT『ELECTRON』(#1) SRVC-1003
    2008年04月23日 大山百合香『Make On The Holiday Special「COVERS FOR LOVERS ~Yurika Sings J Love Songs~」』(#1) AICL-1907
    2010年03月24日 スライ&ロビー『J ラヴァーズ』(#1) SICP-2625
    2010年06月02日 『glorious day ~ワタシの休日~』(#1) RRCRF-100111
    2010年08月18日 『CLIMAX Cool ~男性ヴォーカル・セレクション』(#1) MHCL-1793
    2011年03月02日 ベスト・アルバム『CHEMISTRY 2001-2011』(#1,#2) DFCL-1842
    DFCL-1847
    DFCL-1850
    2011年08月10日 シングル『Independence』(#2[初回限定盤DVD]) DFCL-1787
    2012年09月05日 『ハイテンションMIX mixed by DJ eLEQUTE』(#1) STRQ-0005
    2012年11月07日 BENICOVERS:2』(#1) UPCH-29090
    UPCH-20298
    2013年02月20日 『女子会mix2〜おしゃれミーティングベスト〜』(#1[featuring Koyumi]) CAS-0010
    2013年03月06日 『J-POP INTERNATIONAL COVER MIX! 2 Mixed by DJ HIROKI』(#1) VIGR-0012
    2013年03月13日 Vimclip『VOICE』(#1 YouTube) CRCP-40339
    CRCP-40340
    2013年03月13日 BREATHELovers' Voices』(#1 YouTube) RZCD-59287B
    RZCD-59288
    2014年03月12日 Vimclip『Masterpiece』(#1) CRCP-40363
    CRCP-40364
    CRCP-40365
    2014年05月14日 『WE LOVE J-POP ~INTERNATIONAL TUNES BEST~ mixed by DJ瑞穂』(#1[ENGLISH Ver.]) GRVY-052
    2014年09月03日 『WE LOVE J-POP ~BEST~ Mixed by DJ HIROKI』(#1) GRVY-062
    2014年11月06日 CABA『CABA Vol.1』(#1) MMCC-4398
    MMCC-4399
    2015年08月19日 『オールスター・ベスト〜男性ヴォーカル〜』(#1) MHCL-2547

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c CHEMISTRY、代表曲のリメイクを連続配信リリース 第一弾は「PIECES OF A DREAM feat. mabanua」”. Billboard Japan. 2021年10月21日閲覧。
    2. ^ Illustration” (日本語). 朝野ペコ. 2022年2月15日閲覧。
    3. ^ CHEMISTRY、約13年ぶりの日本武道館公演が決定 リメイク「PIECES OF A DREAM」MV公開”. Billboard Japan. 2021年11月30日閲覧。
    4. ^ a b c d e f CHEMISTRYの名曲に生まれる新たな魅力。デビュー20周年リメイクプロジェクトでの化学反応”. The first times (2021年12月8日). 2021年12月9日閲覧。

    外部リンク[編集]

    MVABEST YOUR CHOICE受賞曲
    2000年
    2002年
    「PIECES OF A DREAM」
    2003年