musiQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
musiQ
ORANGE RANGEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル gr8!records
プロデュース シライシ紗トリ
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続・オリコン
  • 2004年12月度月間1位(オリコン)
  • 2005年度上半期1位(オリコン)
  • 2005年度年間1位(オリコン)
  • 登場回数66回(オリコン)
ゴールドディスク
  • 2ミリオン(日本レコード協会
  • ORANGE RANGE 年表
    1st CONTACT
    2003年
    musiQ
    (2004年)
    ИATURAL
    2005年
    『musiQ』収録のシングル
    1. ミチシルベ〜a road home〜
      リリース: 2004年2月25日
    2. ロコローション
      リリース: 2004年6月9日
    3. チェスト
      リリース: 2004年8月25日

    4. リリース: 2004年10月20日
    テンプレートを表示

    musiQ』(ムジーク)は、日本ロックバンドORANGE RANGEの2枚目のオリジナルアルバム。2004年12月にSony Music Rrcords(gr8! Records)よりリリースされた。

    解説[編集]

    • オリコン2005年年間アルバムチャート1位を獲得し、またダブルミリオンも達成しORANGE RANGE史上最高売り上げ枚数を記録。歴代アルバムセールスランキング33位。
    • 収録されているシングル曲は全てオリコン1位を獲得している。
    • 2001年以降にデビューしたアーティストでシングル、アルバムを通して初めて2ミリオンを達成した。
    • タイトルは、「音楽だったら当たり障りないな」という理由で決めたとHIROKIは語っている。

    受賞[編集]

    収録曲[編集]

    1. KA・RI・SU・MA(inst.)
      47秒とORANGE RANGEの曲の中で、最も短いものである。
      「HIROKIのソロ曲(「チェスト」のカップリング「修二君」)があるならYAMATOのソロ曲もあってもいいんじゃないか」とのことで、製作された。
    2. チェスト
      • 7thシングル
    3. ロコローション
      • 6thシングル
    4. 以心電信
      アルバム曲だが、タイアップがついたこともあり、カラオケ着うたなどで上位に入るほどの有名な曲となった。
      詳しくは、該当の項目を参照。
    5. ZUNG ZUNG FUNKY MUSIC
      • 5thシングル「ミチシルベ〜a road home〜」カップリング
    6. パディ ボン マヘ(inst.)
      民族的なイメージで、獣のような声はすべてメンバーの声でつくったもの。
    7. シティボーイ
      LIVE musiQではMC陣がコスプレをして演奏した。
    8. 謝謝
      ジャズ調な曲。
      “謝謝”(読み:しぇいしぇい、中国語で“ありがとう”の意味)というタイトルになった理由を、NAOTOは「曲の雰囲気が"謝謝"と言っている感じだから」と語っている。
    9. 男子ing session
    10. Beat Ball
      NAOTOは「このアルバムの中で一番やりたいことをやった」と語っている。ただ、KATCHANは「テンポが難しく、このアルバムの中で一番嫌いかも・・・」と嘆いていた。
    11. ミチシルベ〜a road home〜
      • 5thシングル
      • 8thシングル
    12. FULLTHROTTLE
      このアルバムに収録されている新曲で唯一、YOHが原曲を作曲している。
    13. 祭男爵
      YOHが作ったリフにNAOTOが食いついて製作された曲。
      曲中に出てくる「ヤーサイ」というのは、沖縄の方言で「お腹が空いた」という意味である。
    14. papa
      スタッフの家庭をネタにした曲。本人たちは「意味不明な曲」と語っている。
      2005年の夏フェスではほぼすべての会場で歌われた。
    15. HUB☆STAR
      タイトルは、メンバーの所属する野球チームの名称。
      アルバムのタイトルになりそうだったが、YOHに反対されてしまった。
    16. Oh! Yeah
      青春をテーマにした曲。
      YAMATOに作詞を任せたところ、ストーカー的になってしまったとの事。
    17. SP Thanx
      ファンの為に作られた曲。
      ギターは一切使われていないが、ライブではギター追加バージョンを披露した。
    18. ジパング2ジパング(inst.)

    参加ミュージシャン[編集]

    関連項目[編集]