チェケラッチョ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

チェケラッチョ!!』は、日本の小説映画

原作は脚本家の秦建日子が手がけ、小説映画の脚本を同時進行で執筆。小説版と映画版は、映画の小説化でも原作の映画化でもなく、媒体の異なる別バージョンという関係になっており、主人公も異なっている。

映画版は、宮本理江子の監督、フジテレビ東宝S・D・Pの製作で、2006年4月22日から東宝系で公開された。[1]

ストーリー[編集]

沖縄に住む高校3年生の透、唯、暁、哲雄の4人はある日、人気ヒップホップバンド「ワーカホリック」のライブを観たことをきっかけに、バンド「098」を結成。楽器もまともに触ったことがない彼らは「ワーカホリック」のライブの前座として出演するも、散々な結果に終わる。

一方、バイト先の水族館で透が一目惚れした年上の美女・渚は「ワーカホリック」のメンバーである涼太の彼女だったことを知る。それぞれの気持ちが複雑化した「098」の4人は、自分たちで再びライブを行うことを決意する…。[2][3]

映画[編集]

チェケラッチョ!!
Check It Out, Yo!
監督 宮本理江子
脚本 秦建日子
出演者 市原隼人
井上真央
主題歌 「098」『Don’t be afraid』
撮影 柴崎幸三
編集 深沢佳文
製作会社 フジテレビジョン
配給 東宝
公開 日本の旗 2006年4月22日
上映時間 117分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10.8億円
テンプレートを表示

キャスト[編集]

出演者の柄本佑、平岡祐太、松重豊は2005年の夏に放送された「WATER BOYS 2005夏」でも共演し、柄本と平岡は友人同士の役、平岡と松重は親子役とこの作品と共通している。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「098」『Don’t be afraid』[5][6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]