ゴリ (お笑い芸人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゴリ
本名 照屋 年之(てるや としゆき)
生年月日 (1972-05-22) 1972年5月22日(50歳)
出身地 日本の旗 日本沖縄県那覇市
血液型 A型
身長 173 cm[1]
言語 日本語
方言 共通語沖縄方言
最終学歴 日本大学藝術学部映画学科中退
出身 渋谷公園通り劇場
コンビ名 ガレッジセール
相方 川田広樹
芸風 コントボケ
事務所 吉本興業
活動時期 1995年 -
同期 タカアンドトシ
ダイノジ
現在の代表番組 ゴリ夢中
作品 映画(監督作品)
『刑事ボギー』
『ボギー☆ザ・ヒーロー』
南の島のフリムン
洗骨
他の活動 俳優映画監督
配偶者 既婚(2002年)
親族 照屋林助(祖父)
照屋林賢(叔父)
照屋林蔚(親戚)
知花くらら(再従妹)
公式サイト プロフィール
受賞歴
2019年 第60回日本映画監督協会新人賞
テンプレートを表示

ゴリ(本名:照屋 年之(てるや としゆき)、1972年(昭和47年)5月22日 - )は、日本お笑いタレント俳優映画監督であり、お笑いコンビガレッジセールボケ担当である。身長173cm、体重73kg。左利き。

沖縄県那覇市出身。吉本興業所属。沖縄県立首里高等学校卒業、日本大学藝術学部映画学科中退。

略歴[編集]

人物[編集]

家族・親戚[編集]

エピソード[編集]

  • 2007年4月15日の『メントレG』に出演した際に「人生の転機に影響を与えられた人」の中で芸能界入りのきっかけは、大学受験を目指し、上京して勉強していた時に当時同じ下宿に住んでいた羽村さん(現在NHK職員)に「将来何になりたくて勉強してんの?」と聞かれ、その時とっさに出てきた「俺、役者になりたい」の言葉からと答えている。
  • 東京に出てしばらくは方言ネタを封印していたが近年はコンビネタとして、出身地や方言について公言するようになった。たいてい「本土の人が分からないのをいいことに支離滅裂な発言を行う」のがパターン(例:ざんぬいゆ・よーがりー・ひーがりー=ジュゴンがガリガリに痩せています)。
  • 映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』にニューハーフ役で出演した際、役作りのため腕毛をすべて脱毛した。
  • 2006年12月27日・2007年12月26日・2008年12月24日の笑っていいとも!特大号の勝負カラオケ対決にフルエントリーし2006年は93点で1位となり、9位で68点だった中居正広に勝利した。2007年は92点でまた1位となり2連覇となり、2位で88点だった香取慎吾に勝利した。2008年も安定の93点を叩き出し、草彅剛(5位・88点)・DAIGO(4位・91点)・里田まい(6位・85点)に勝利したが、惜しくも3連覇を逃したが、2位と大健闘だった(1位は96点の青木さやか)。
  • オールスター感謝祭』で21世紀最初の予選落ちとなった[注 2]

出演[編集]

バラエティ[編集]

レギュラー

準レギュラー

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • ドキュメント20min.フラッシュ暗算〜沖縄との不思議な関係〜(2009年9月10日、NHK総合) ※ナレーション
  • 日曜ビッグバラエティ「夏休みの自由研究 はじめての“小さな大冒険”」(2010年8月22日、テレビ東京)※ナレーション
  • ワイルドライフスペシャル「野生動物の家族 愛と絆の物語」(2013年1月1日、BSプレミアム)※司会
  • BS1スペシャル 戦場の真心(ちむぐくる) 〜沖縄を救った日系人〜(2015年8月10日、NHK BS1)※ナビゲーター
  • ワイルドライフ 第103・115・119回 (2012年8月13日・2013年1月1日・2月11日、BSプレミアム) - 進行

ラジオ[編集]

メインパーソナリティ

ゲスト出演

映画[編集]

声の出演[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

作品[編集]

映画[編集]

書籍[編集]

  • 小説「海ヤカラ」(2022年4月28日、ポプラ社刊)※照屋年之名義

新聞連載[編集]

  • 2007年3月 - 8月読売新聞金曜夕刊に「ゴリの僕がアナタになれたなら」というゴリのコラムともいえるコメントコーナーが連載された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同賞のシンポジウムでゴリは選考委員5人の内、締切ギリギリまで選出に手を挙げなかった最後の1人がゲスト出演した中村義洋だった事を、出席直前(同日)に中村と行われたトークイベント中に知ったと明かしている。中村は最終的には選出に同意しているが、理由は映画監督として新人では無い事を挙げている[6]
  2. ^ 2001年春の最初の問題で予選落ち。

出典[編集]

  1. ^ https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=016
  2. ^ “ゴリ監督の映画「洗骨」全国公開決定、死者の骨を洗う風習がテーマ”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2018年2月27日). https://natalie.mu/owarai/news/271283 2018年4月13日閲覧。 
  3. ^ “「ガレッジセール」ゴリが監督務めた映画「洗骨」モスクワ国際映画祭に出品決定!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年4月12日). http://eiga.com/news/20180412/14/ 2018年4月13日閲覧。 
  4. ^ 芸人ゴリ、「洗骨」監督で新人賞 日本映画監督協会:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年11月13日閲覧。
  5. ^ ただし北野武は奨励賞である。また2013年度受賞者の市井昌秀は元お笑い芸人で髭男爵のメンバーだった。
  6. ^ 日本映画監督協会第60回新人賞上映記念シンポジウム”. YouTube. 2020年11月20日閲覧。
  7. ^ お笑い芸人の知られざる血縁関係”. リアルライブ. フェイツ (2014年8月13日). 2014年8月18日閲覧。
  8. ^ “田中みな実 MXで昼帯番組メーンMC「なるべく謝罪が少ないように」”. スポニチアネックス. (2016年9月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/09/kiji/K20160909013324170.html 2016年9月9日閲覧。 
  9. ^ “長濱ねる、NHK番組でレギュラーMC決定「一緒にお楽しみください」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年3月10日). https://mdpr.jp/news/detail/3048690 2022年5月25日閲覧。 
  10. ^ “ゴリが実在の高校野球監督演じる「沖縄を変えた男」京都で上映、舞台挨拶も”. お笑いナタリー. (2016年10月11日). http://natalie.mu/owarai/news/204978 2016年10月11日閲覧。 
  11. ^ "服部樹咲、復帰50周年の沖縄が舞台のショートフィルムに主演 よみうりランドで5・5世界初披露". ORICON NEWS. oricon ME. 15 April 2022. 2022年4月15日閲覧
  12. ^ 河童のクゥと夏休み”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  13. ^ 日本語吹き替えキャスト発表!”. 映画『ジャックと天空の巨人』公式サイト. 2013年2月19日閲覧。
  14. ^ 岩の塊のようなビジュアルを持つ個性的なキャラクター“ザ・シング”役の日本語吹き替え版声優がガレッジセールのゴリさんに決定!”. 映画『ファンタスティック・フォー』オフィシャルサイト. 2015年9月14日閲覧。
  15. ^ “監督協会新人賞にガレッジセール・ゴリ”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年3月25日). https://www.sanspo.com/article/20200325-ATEF5CR4LZOQFPADCPNXTVLK4U/ 2020年3月25日閲覧。 
  16. ^ “満島ひかり、照屋監督を絶賛「青空のような演出、すごい!」”. Lmaga.jp. (2021年7月21日). https://www.lmaga.jp/news/2021/07/300963/ 2021年7月22日閲覧。 
  17. ^ 照屋年之監督も思わず「恐るべし…」沖縄舞台の満島ひかり主演『演じる女』舞台挨拶”. よしもとラフ&ピースニュースマガジン. 吉本興業グループ (2020年11月16日). 2020年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月10日閲覧。
  18. ^ “ゴリこと照屋年之監督×満島ひかり主演映画『演じる女』が沖縄国際映画祭で上映!”. MOVIE WALKER PRESS. (2021年4月17日). https://moviewalker.jp/news/article/1029148/ 2021年4月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]