"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI
オムニバストリビュート・アルバム
リリース
録音
ジャンル ロック
時間
レーベル SME Records
プロデュース 須藤晃
チャート最高順位
尾崎豊トリビュート・アルバム 年表
"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI
(2004年)
"GREEN" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI
(2004年)
テンプレートを表示

"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』(ブルー - ア・トリビュート・トゥ・ユタカ・オザキ)はオムニバスのトリビュート・アルバム

2004年3月24日ソニー・ミュージックエンタテインメントよりリリースされた。

1992年に死亡した日本のミュージシャン尾崎豊のトリビュートアルバム。Mr.Children宇多田ヒカル槇原敬之といった大物ミュージシャンが参加している。

当初、コピーコントロールを目的としたレーベルゲートCD2として出荷されていた。しかし、レーベルゲートCD2が廃止されたことに伴い、2005年7月27日に通常のCDであるCD-DAとして再発が開始された。

解説[編集]

尾崎豊の楽曲を様々なアーティストがカバーしている。十三回忌に合わせて、同日に"BLUE"盤と"GREEN"盤の2枚が同時に発売されている。"BLUE"版はプロミュージシャンで構成されており、また尾崎豊の息子、HIROがCrouching Boysとして参加している。"GREEN"版はインディーズ・アマチュアミュージシャンを中心に構成されている。

Crouching Boys(クラウチング・ボーイズ)[編集]

尾崎の長男のHIRO OZAKI尾崎裕哉)と、尾崎の当時プロデューサーだった須藤晃の息子TOMI YOが結成したユニットである。英語の語りをHIROが担当、バックトラックをTOMIが担当している。尾崎豊のトリビュート・アルバムに1曲だけ参加。また、TOMI YOはCASUALSNATCHとしても活動している。

メンバー
参加アルバム

収録曲[編集]

全作詞・作曲: 尾崎豊。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 アーティスト 時間
1. ダンスホール DANCE HALL 尾崎豊 尾崎豊 Cocco
2. 僕が僕であるために MY SONG 尾崎豊 尾崎豊 Mr.Children
3. 路上のルール RULES ON THE STREET 尾崎豊 尾崎豊 橘いずみ
4. 十七歳の地図 SEVENTEEN'S MAP 尾崎豊 尾崎豊 175R
5. I LOVE YOU 尾崎豊 尾崎豊 宇多田ヒカル
6. 太陽の破片 SCRATCH OF THE SUN 尾崎豊 尾崎豊 岡村靖幸
7. LOVE WAY 尾崎豊 尾崎豊 大森洋平
8. 街路樹 TREES LINING A STREET 尾崎豊 尾崎豊 山口晶
9. OH MY LITTLE GIRL 尾崎豊 尾崎豊 竹内めぐみ
10. 闇の告白 EXIST IN THE DARK 尾崎豊 尾崎豊 斉藤和義
11. Forget-me-not 尾崎豊 尾崎豊 槇原敬之
12. 15の夜 THE NIGHT 尾崎豊 尾崎豊 Crouching Boys
合計時間:

参加ミュージシャン[編集]

  1. ダンスホール
  2. 僕が僕であるために
  3. 路上のルール
  4. 十七歳の地図
  5. I LOVE YOU
  6. 太陽の破片
    • 宇田川博史 - ドラムス
    • 岡村靖幸 - アザー・インストゥルメント
  7. LOVE WAY
  8. 街路樹
    • YU-YA - ドラムス
    • JUNN - ベース
    • 山口晶 - アコースティック・ギター、ハーモニカ
    • A.S. - その他
  9. OH MY LITTLE GIRL
  10. 闇の告白
    • 斉藤和義 - ボーカル、アコースティック・ギター
  11. Forget-me-not
    • 槇原敬之 - オール・インストゥルメント
    • 毛利泰士 - マニピュレーター
  12. 15の夜
    • Hiro Ozaki - ポエムリーディング
    • Tomi Yo - サウンド・メーキング
    • 吉田翔平 - ヴァイオリン
    • 川口綾子 - ヴァイオリン
    • 山本翔平 - ヴィオラ
    • 平泉やすあき - チェロ

関連項目[編集]