"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI
オムニバストリビュート・アルバム
リリース
録音
ジャンル ロック
時間
レーベル SME Records
プロデュース 須藤晃
チャート最高順位
尾崎豊トリビュート・アルバム 年表
"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI
(2004年)
"GREEN" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI
(2004年)
テンプレートを表示

"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』(ブルー - ア・トリビュート・トゥ・ユタカ・オザキ)はオムニバスのトリビュート・アルバム

2004年3月24日ソニー・ミュージックエンタテインメントよりリリースされた。

1992年に死亡した日本のミュージシャン尾崎豊のトリビュートアルバム。Mr.Children宇多田ヒカル槇原敬之といった大物ミュージシャンが参加している。

当初、コピーコントロールを目的としたレーベルゲートCD2として出荷されていた。しかし、レーベルゲートCD2が廃止されたことに伴い、2005年7月27日に通常のCDであるCD-DAとして再発が開始された。

解説[編集]

尾崎豊の楽曲を様々なアーティストがカバーしている。十三回忌に合わせて、同日に"BLUE"盤と"GREEN"盤の2枚が同時に発売されている。"BLUE"版はプロミュージシャンで構成されており、また尾崎豊の息子、HIROがCrouching Boysとして参加している。"GREEN"版はインディーズ・アマチュアミュージシャンを中心に構成されている。

Crouching Boys(クラウチング・ボーイズ)[編集]

尾崎の長男のHIRO OZAKI尾崎裕哉)と、尾崎の当時プロデューサーだった須藤晃の息子TOMI YOが結成したユニットである。英語の語りをHIROが担当、バックトラックをTOMIが担当している。尾崎豊のトリビュート・アルバムに1曲だけ参加。また、TOMI YOはCASUALSNATCHとしても活動している。

メンバー
参加アルバム

収録曲[編集]

全作詞・作曲: 尾崎豊。
#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト時間
1.ダンスホール DANCE HALL尾崎豊尾崎豊Cocco
2.僕が僕であるために MY SONG尾崎豊尾崎豊Mr.Children
3.路上のルール RULES ON THE STREET尾崎豊尾崎豊橘いずみ
4.十七歳の地図 SEVENTEEN'S MAP尾崎豊尾崎豊175R
5.I LOVE YOU尾崎豊尾崎豊宇多田ヒカル
6.太陽の破片 SCRATCH OF THE SUN尾崎豊尾崎豊岡村靖幸
7.LOVE WAY尾崎豊尾崎豊大森洋平
8.街路樹 TREES LINING A STREET尾崎豊尾崎豊山口晶
9.OH MY LITTLE GIRL尾崎豊尾崎豊竹内めぐみ
10.闇の告白 EXIST IN THE DARK尾崎豊尾崎豊斉藤和義
11.Forget-me-not尾崎豊尾崎豊槇原敬之
12.15の夜 THE NIGHT尾崎豊尾崎豊Crouching Boys
合計時間:

参加ミュージシャン[編集]

  1. ダンスホール
  2. 僕が僕であるために
  3. 路上のルール
  4. 十七歳の地図
  5. I LOVE YOU
  6. 太陽の破片
    • 宇田川博史 - ドラムス
    • 岡村靖幸 - アザー・インストゥルメント
  7. LOVE WAY
  8. 街路樹
    • YU-YA - ドラムス
    • JUNN - ベース
    • 山口晶 - アコースティック・ギター、ハーモニカ
    • A.S. - その他
  9. OH MY LITTLE GIRL
  10. 闇の告白
    • 斉藤和義 - ボーカル、アコースティック・ギター
  11. Forget-me-not
    • 槇原敬之 - オール・インストゥルメント
    • 毛利泰士 - マニピュレーター
  12. 15の夜
    • Hiro Ozaki - ポエムリーディング
    • Tomi Yo - サウンド・メーキング
    • 吉田翔平 - ヴァイオリン
    • 川口綾子 - ヴァイオリン
    • 山本翔平 - ヴィオラ
    • 平泉やすあき - チェロ

関連項目[編集]