僕が僕であるために (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾崎豊 > 尾崎豊の作品 > 僕が僕であるために (曲)
僕が僕であるために
(MY SONG)
尾崎豊楽曲
収録アルバム 十七歳の地図
リリース 1983年12月1日
規格 LP
ジャンル ロック
時間 4分52秒
レーベル CBSソニー
作詞者 尾崎豊
作曲者 尾崎豊
プロデュース 須藤晃
その他収録アルバム
十七歳の地図収録順
傷つけた人々へ
(9)
僕が僕であるために
(MY SONG)

(10)

僕が僕であるために」(ぼくがぼくであるために)は、日本シンガーソングライターである尾崎豊の楽曲。

作詞、作曲は尾崎豊、編曲は町支寛二

英題は「MY SONG」(マイ・ソング)。1983年にリリースされた尾崎のファースト・アルバム、『十七歳の地図』に収録されている。

ライブでも度々演奏されていた曲。制作段階とは歌詞がかなり異なる。

1997年テレビドラマ僕が僕であるために』、2011年のテレビドラマ『鈴木先生』において、主題歌として使用された。

カバー[編集]

2004年には、トリビュートアルバムにおいてMr.Childrenがカバーをしている。長らく演奏されることはなかったが、「ap bank fes'10」にてライブ初披露された。 その他に、2009年には中村あゆみによりカヴァーされている。また、2010年にはmiwaによってカヴァーされたものが、映画『カラフル』のイメージソングとなっている。

参加ミュージシャン[編集]

カバー[編集]

その他[編集]

  • 演歌業界に飛び込んだ若者たちの姿を描いた、土田世紀の漫画『俺節』第70話のサブタイトルは「僕が僕であるために」であり、“劇中”に歌詞も引用されている。