翼の折れたエンジェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
翼の折れたエンジェル
中村あゆみシングル
初出アルバム『Be True
B面 100粒の涙(ティアドロップス)
リリース
ジャンル POPS
レーベル マイカルハミングバード
作詞・作曲 高橋研
チャート最高順位
中村あゆみ シングル 年表
ボクのスノビズム
(1984年)
翼の折れたエンジェル
(1985年)
A BOY
(1985年)
ミュージックビデオ
「翼の折れたエンジェル」 - YouTube
「翼の折れたエンジェル-BALLADE-」 - YouTube
テンプレートを表示

翼の折れたエンジェル」(つばさのおれたエンジェル)は、1985年4月にリリースされた中村あゆみの3枚目のシングルである。

1988年5月21日にCDシングルとして再発されている。規格品番はオリジナル盤のシングルレコードが7HB-2003、再発CDシングルが10HD-2004

解説[編集]

  • 表題曲は1985年「日清 カップヌードル」CMソングに起用され、2016年12月時点でパッケージメディア(レコードCD)の売上は50万枚以上[1]音楽配信の売上は12万ダウンロード[1]ストリーミングの再生回数は約140万回[1]YouTubeでのミュージック・ビデオの再生回数は300万回以上[1]を記録した中村あゆみ最大のヒット曲である[1]
  • TBS系の音楽番組『ザ・ベストテン』では10週にわたりチャートインしたが、出演したのは1985年7月25日付の第6位の1度きりであった(欠席理由は「ライブ活動に専念したいため」などであるが、本人はもっと出演したかったらしく、当時の所属事務所の方針で歌番組への出演は制限されていたとのことである)[2]。番組内でのチャートは総合5位、レコード売り上げ4位、有線チャート2位、ラジオチャート3位、葉書リクエスト圏外、最高得点は7119点だった。
  • 中村あゆみのデビュー直後からライブハウスなどで頻繁に歌われており、徐々に評判になったことから3枚目のシングルとしてリリースされた。
  • この曲のほかに2ndアルバム収録の「Drive All Night」がシングルの候補曲にあがっていた。
  • 1991年にはこの曲をメインテーマとし、中村あゆみの楽曲を数多く使用した青春映画『翼の折れたエンジェル』が公開された。
  • 2008年10月中旬より「キリン ストロングセブン」のCMソングとして、ヴォーカル・アレンジともに再レコーディングされた「ストロングバージョン」が起用される。編曲は鎌田ジョージが担当。
  • テレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』にこの曲で出演したのは発売から8年後のことだった。
  • お笑い芸人の渡辺直美が物真似していることで知られている。中村本人公認であり、2012年放送の「FNSうたの夏まつり」では、渡辺とのコラボレーションで「翼の折れたエンジェル」を披露した。

収録曲[編集]

  1. 翼の折れたエンジェル
  2. 100粒の涙
    • 作詞:中村あゆみ・高橋研/作曲:高橋研/編曲:井上鑑

収録作品[編集]

  • 翼の折れたエンジェル(1987年バージョン)
  • 翼の折れたエンジェル(2004年バージョン)
    • rocks (リメイクアルバム)
  • 翼の折れたエンジェル(2008年バージョン)
  • 翼の折れたエンジェル(ストロングバージョン)
  • 翼の折れたエンジェル-BALLADE-
    • A BEST〜Rolling 50(通常盤及びデジタル配信のみボーナス・トラック。初回限定盤デラックス・エディションのDVDにはミュージック・ビデオが収録される)

カバー[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 中村あゆみ、「翼の折れたエンジェル」32年の歴史で初のバラードVersion発表、BARKS音楽ニュース、2016年12月7日 01:30:27。
  2. ^ テレビ朝日系「心に残るニッポンの歌・新春5時間SP」(2009年)で本人の口から発言。