十七歳の地図 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾崎豊 > 尾崎豊の作品 > 十七歳の地図 (曲)
十七歳の地図
(SEVENTEEN'S MAP)
尾崎豊シングル
初出アルバム『『十七歳の地図』』
B面 OH MY LITTLE GIRL
リリース
規格 7インチレコード
録音 ソニー信濃町スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 尾崎豊
プロデュース 須藤晃
尾崎豊 シングル 年表
15の夜
1983年
十七歳の地図
1984年
はじまりさえ歌えない
(1984年)
十七歳の地図 収録曲
A面
  1. 「街の風景」   
  2. はじまりさえ歌えない」    
  3. I LOVE YOU」   
  4. 「ハイスクールRock'n'Roll」  
  5. 15の夜
B面
  1. 十七歳の地図」    
  2. 「愛の消えた街」   
  3. OH MY LITTLE GIRL」    
  4. 「傷つけた人々へ」 
  5. 僕が僕であるために」 
テンプレートを表示

十七歳の地図」(じゅうななさいのちず)は、日本ミュージシャンシンガーソングライターである尾崎豊の2枚目のシングル。英題は「SEVENTEEN'S MAP」(セブンティーンズ・マップ)。

背景[編集]

当時、青山学院高等部の生徒だった尾崎が、学校帰りに夕日を見に訪れていた渋谷駅前の東邦生命ビルの屋上テラス[1]で街並みを眺めていたときに着想した曲である。そのため、屋上テラスにはこの曲の一部の歌詞が刻まれた記念碑が設置されている[2]。サビの部分の歌詞は「珍しく会社から早く引き揚げた日、家に帰る途中の歩道橋の上で、ぼんやりと夕陽を見ていたら、涙が出てきてしまってね。忙しい仕事、妻と小さな子供二人。青春には、もう永遠に戻れないほど年齢を取ってしまった気がしたんだ」というプロデューサーの須藤の話にヒントを得たとも言われている[3]。この話に対して、尾崎は「歩道橋に立って夕陽を見ていると、強く生きていかなければと思う。やっていかなければと思う」と答えたという[3]

1996年に発売された未発表音源アルバム『無題』に収録されている『Street Blues』は本作の原曲。タイトルは中上健次の小説『十九歳の地図』から引用された。すべてのライブツアーで演奏されている曲のひとつでもある。

デビューアルバム『十七歳の地図』からのシングルカットであり、シングル化に当たって再レコーディングされ別バージョンとなっている。このシングルバージョンは長らくCD化されておらず、CD-BOXである『TEENBEAT BOX』(1995年)に収録された『RARE TRACKS』にて初CD化された。

リリース[編集]

1984年3月21日CBSソニーより7インチレコードでリリースされた。

B面曲である「OH MY LITTLE GIRL」は、1994年に改めてシングルカットされており、ミリオンセラーとなった。

ミュージック・ビデオ[編集]

本作では尾崎にとって初のミュージック・ビデオが制作された。監督は佐藤輝。蝶や蜂など昆虫の映像と砂漠に佇む尾崎の姿、1984年3月15日新宿ルイードでのデビューライブのモノクロ映像で構成されている。後にビデオ『6 PIECES OF STORY』(1986年)に収録された。

カバー[編集]

シングル収録曲[編集]

全作詞・作曲: 尾崎豊。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 時間
1. 「十七歳の地図」(SEVENTEEN'S MAP) 尾崎豊 尾崎豊 西本明
2. OH MY LITTLE GIRL 尾崎豊 尾崎豊 西本明
合計時間:

スタッフ・クレジット[編集]

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

  • 須藤晃 - プロデューサー
  • 助川健 - レコーディング、ミックス・エンジニア
  • 田島照久 - デザイン、アート・ディレクション、写真撮影
  • TAKASHI ITO - セカンド・エンジニア
  • 大野邦彦 - セカンド・エンジニア
  • 村上茂 - プロモーション・スタッフ

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1984年3月21日 CBSソニー EP 07SH1476 -

ライブ版[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在は渋谷クロスタワーに名称が変更されている。
  2. ^ 日本テレビ系「知ってるつもり?!」1997年4月23日放送分より
  3. ^ a b 須藤晃 「第1章 十七歳の地図」『尾崎豊 覚え書き』 小学館、1998- 01-01、26ページ。ISBN 4-09-402101-9
  4. ^ a b シングルバージョンが収録されている