成宮寛貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なりみや ひろき
成宮 寛貴
成宮 寛貴
第75回桜花賞表彰式(2015年4月12日)
本名 平宮博重[1]
別名義 平宮博重(旧芸名)[1]
生年月日 (1982-09-14) 1982年9月14日(34歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1][2]
身長 172 cm[1][3]
血液型 A型[1][3]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2000年 - 2016年
配偶者 無(未婚)
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ごくせん』(2002年)
オレンジデイズ』(2004年)
ハチミツとクローバー』(2008年)
ブラッディ・マンデイ』(2008・2010年)
ヤンキー君とメガネちゃん』(2010年)『風の少年~尾崎豊 永遠の伝説~』(2011年)
相棒』(2012 - 2015年)
映画
ドロップ』(2009年)

成宮 寛貴(なりみや ひろき、1982年9月14日[2] - )は、日本の元俳優[4][5][6]東京都出身[2]。元トップコート所属[2]

略歴

2000年に、オーディションを経て宮本亜門演出の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』のケイン役で俳優デビューした[1][3]。この時は、「平宮博重」名義で出演していた[1]。翌2001年に『溺れる魚』で映画デビュー[1]2002年にはJ-PHONE(当時、後のソフトバンクモバイル)のCMに出演するとともに、日本テレビにて放映された『ごくせん』に野田猛役として出演[1]

2003年TBS高校教師』に出演。同年に封切られた映画『あずみ』にも出演。

2005年には第29回エランドール賞新人賞を受賞。スワロフスキーの主催による「CRYSTALLIZED STYLE AWARD」を、「クリスタルのごとく洗練された輝きと創造性を有するセレブリティ」としてhitomiとともに受賞[7]。同年9月には女性誌『anan』でオールヌードを披露した[8]

2006年に封切られた映画『アキハバラ@DEEP』では、主役にあたる「ページ」という名の役を演じた[9]。アメリカ・ドラマ『スーパーナチュラル』の吹替をセカンドシーズンまでで降板。

2007年ニューカレドニア観光親善大使に就任した[10]。『金田一少年の事件簿N』では主人公金田一一のライバル高遠遙一を演じ、稲垣吾郎の金田一耕助シリーズの『悪魔が来りて笛を吹く』で犯人役を演じており「金田一耕助の孫が活躍する物語」と「金田一耕助が活躍する話」の二作品で、それぞれと対決する犯罪者を演じた。

2009年9月18日ハローキティとのコラボレーションのジュエリーを発表。

2010年TBS系連続ドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』で主人公の高校2年生・品川大地役を27歳にして演じる。同作品は成宮にとっては初の地上波連続ドラマ単独主演作であり、ドラマ放送期間中は「品川大地オフィシャルブログ」(既に閉鎖)なるブログも開設された。

2011年3月21日放送の『風の少年〜尾崎豊 永遠の伝説〜』(テレビ東京)では尾崎豊を演じ、ドラマ内での尾崎の曲を全て自身で歌った。

2012年、『相棒』のseason11から3代目相棒・甲斐享役で出演[11]2015年のseason13を以って卒業した。当初は2年の約束であったが、水谷やスタッフサイドの要望により1年延長された[12]

2016年12月写真週刊誌にて違法薬物を使用した疑惑などが報じられた[4][5][6]。所属事務所は成宮への聞き取りや薬物鑑定をした結果、「本人の薬物使用を裏付ける客観的事実は確認できなかった」として否定し[4][5][6]、成宮本人も疑惑を否定した[4][5][6]12月9日、「これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと自分にはもう耐えられそうにない、関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない」として所属事務所を通じ芸能界からの引退を発表した[4][5][6]

人物

2015年7月に放送されたTBS系列「A-Studio」にて母子家庭で育ち[13][14]、中学生であった14歳の時に母親が他界[14]したことを明かしている。成宮は高校には進学せず[14]、引越しや運送のアルバイトなどで自ら生計を立てて、弟には毎日弁当を作って学校へ持たせるなどして面倒を見た[14]。同番組内では「どうやったら弟を支えられるんだろうと思っていたときに、偶然俳優のオーディションの話をいただいて、受けたのがきっかけ」[15]、「前に前に出ていかなきゃいけないんで、芸能界向いてるのかな、って毎回悩んだりします」とも語っている[13]。「中卒の自分に何ができるか」と考え、芸能界入りする[16]

出演

主演は役名を太字で示す。

テレビドラマ

映画

舞台

  • 滅びかけた人類、その愛の本質とは…(2000年) - ケイン 役
  • ハムレット(2001年) - フォーティンブラス 役
  • 黄昏(2003年) - ビリー・レイ 役
  • 浪人街(2004年) - 有村一馬 役
  • お気に召すまま(2004、2007年) - ロザリンド
  • マダムメルヴィル(2004年) - カール 役
  • KITCHEN キッチン(2005年) - ペーター
  • 魔界転生(2006年) - 天草四郎
  • 太陽に灼かれて(2011年) - ミーチャ
  • 太陽2068(2014年)- 森重富士太 役

配信ドラマ

吹き替え

ドキュメンタリー

  • 地球をめぐる冒険〜アルプスの雪解け水を追え!〜(2016年8月13日、毎日放送制作、TBS系列) - ナビゲーター[26]

バラエティ番組

CM

ゲーム

ミュージック・ビデオ

書籍

写真集

映像作品

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 日刊スポーツ. “成宮引退「罠に落ちた裏切られた」疑惑報道に恨み節”. 朝日新聞digital [and]. THE ASAHI SHINBUN COMPANY. 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  2. ^ a b c d PROFILE 成宮寛貴”. TOP COAT公式ホームページ. TOP COAT GROUP. 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月1日閲覧。
  3. ^ a b c 成宮 寛貴”. 日本タレント名鑑. VIP Times. 2016年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e 俳優の成宮寛貴さん引退発表 薬物使用疑惑は否定”. NHK NEWS WEB. NHK (2016年12月9日). 2016年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e 共同通信 (2016年12月9日). “成宮寛貴さん芸能界引退 所属事務所が発表”. 毎日新聞. THE MAINICHI NEWSPAPERS. 2016年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e 成宮寛貴さんが引退 週刊誌が「薬物使用疑惑」報道”. 朝日新聞digital. The Asahi Shimbun Company (2016年12月9日). 2016年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  7. ^ “hitomi&成宮寛貴“クリスタルな輝き””. ORICON STYLE ニュース. 時事通信 (オリコン). (2005年10月29日). オリジナル2006年1月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20060112053539/http://www.oricon.co.jp/news/music/865/ 
  8. ^ anan』No.1481 - マガジンハウス
  9. ^ 『アキハバラ@DEEP』成宮寛貴インタビュー | CINEMA COMIN'SOON シネマブログ」 - CINEMA COMIN'SOON
  10. ^ ニューカレドニア親善大使の成宮寛貴“エビちゃん”絶賛!”. ORICON STYLE (2007年2月1日). 2016年9月23日閲覧。
  11. ^ ““新相棒”は成宮寛貴!水谷豊「さて何て呼ぼうかなあ」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2012年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/03/kiji/K20120403002965860.html 2013年4月29日閲覧。 
  12. ^ “<成宮寛貴>「相棒」3月で卒業 「2年の約束」が3年に”. まんたんウェブ. (2015年2月4日). http://mantan-web.jp/2015/02/04/20150203dog00m200073000c.html 2015年2月5日閲覧。 
  13. ^ a b デイリースポーツ (2016年12月10日). “成宮寛貴 15年7月に出演した「A-studio」で芸能界に向いているのか悩み”. livedoor news. http://news.livedoor.com/article/detail/12396591/ 2016年12月10日閲覧。 
  14. ^ a b c d FRIDAY続報報じた日に引退表明 事務所「尿検査『陰性』」も 波乱の半生 母子家庭、母親の死去 中卒し、弟の弁当作り”. 産経ニュース. The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL. 2016年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月10日閲覧。
  15. ^ “成宮寛貴、母との死別・弟を育て上げた過去…家族の絆に感動の声”. modelpress. (2015年7月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1499437 2015年12月10日閲覧。 
  16. ^ “ぴいぷる 【成宮寛貴】すっかり“相棒”顔に”. 夕刊フジ. (2014年5月1日). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20140501/peo1405010830001-n1.htm 2014年5月12日閲覧。 
  17. ^ 堀北真希&成宮寛貴、夫婦で特攻機に乗り込んだ知られざる史実をドラマ化”. ORICON STYLE (2015年6月17日). 2015年6月17日閲覧。
  18. ^ 広瀬すず、1月連ドラ『怪盗 山猫』で天才ハッカー役 亀梨&成宮と初共演”. ORICON STYLE (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  19. ^ 沢尻主演「大奥」に豪華キャスト!成宮寛貴、蓮佛美沙子、浅野ゆう子ら”. RBB TODAY (2015年12月15日). 2016年9月23日閲覧。
  20. ^ “成宮寛貴、『早子先生』に超親切キャラで登場「新しい風を吹き込めたら」”. マイナビニュース. (2016年5月12日). http://news.mynavi.jp/news/2016/05/12/250/ 2016年9月23日閲覧。 
  21. ^ “黒木メイサ成宮寛貴深田恭子北村一輝主演!”. とれたてフジテレビ. (2016年10月1日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/161001-i267.html 2016年10月3日閲覧。 
  22. ^ “成宮寛貴×織田裕二が初共演! 沙羅駆が初めて苦戦…? 「IQ246」”. シネマカフェ. (2016年11月5日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/11/05/44684.html 2016年11月8日閲覧。 
  23. ^ 中田秀夫監督「クロユリ団地」はホラーの集大成 前田敦子&成宮寛貴がW主演”. 映画.com (2012年10月25日). 2012年10月27日閲覧。
  24. ^ 「暗殺教室」続編の二宮和也&桐谷美玲からコメント到着、成宮寛貴も出演決定”. 映画ナタリー (2015年12月17日). 2015年12月17日閲覧。
  25. ^ 「PAN」日本語版、成宮寛貴と水川あさみが若き日のフックとタイガー・リリーに”. 映画ナタリー (2015年8月25日). 2015年8月25日閲覧。
  26. ^ クボタpresents 地球をめぐる冒険〜アルプスの雪解け水を追え!〜(毎日放送)、2016年8月12日閲覧
  27. ^ “『ファイナルファンタジー レコードキーパー』成宮寛貴さんが出演する新TVCMを本日16日より放送開始!~豪華ログインボーナス、22日からはスーパーラッキー装備召喚を開催~”. 4Gamer.net. (2016年9月16日). http://www.4gamer.net/games/265/G026574/20160916085/ 2016年9月16日閲覧。 

外部リンク