キャドバリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャドバリー
Cadbury
Cadbury.svg
種類 子会社
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ロンドン アックスブリッジ
設立 1824年
業種 食料品
事業内容 チョコレート
売上高 £53億8400万 (2008)
営業利益 £3億6400万 (2008)
経常利益 £3億8800万 (2008)
従業員数 7万1657人 (2008)[1]
主要株主 アメリカ合衆国の旗 モンデリーズ・インターナショナル
関係する人物 ジョン・キャドバリー 創業者
外部リンク http://www.cadbury.co.uk/
テンプレートを表示

キャドバリー (Cadbury) は、イギリスの菓子・飲料メーカーである。

アメリカの食品大手モンデリーズ・インターナショナルグループ(旧 クラフトフーヅグループ)の一部で、公正取引または有機製品の標榜で知られる。かつての子会社で現在もグループ企業のグリーン・アンド・ブラックス社を通じ販売している。

歴史[編集]

創業[編集]

シュウェップスと合併[編集]

クラフトフーズが買収[編集]

  • 2010年1月19日、クラフトフーヅの買収提案をキャドバリーが受諾する。買収額は最大約1兆7600億円[2]、売上総額は2008年度実績で約4兆6000億円[3]で、同年4月16日、買収手続が完了してクラフトフーヅの完全子会社になり世界最大の菓子メーカーが誕生する。
  • 2012年10月1日、クラフトフーヅが北米食品部門を「クラフトフーズ・グループ」としてスピンオフし、旧クラフトフーヅは「モンデリーズ・インターナショナル (Mondelēz International)」へ商号変更し、キャドバリーはモンデリーズの子会社になる。

観光事業[編集]

日本での展開[編集]

マルチフッド・インターナショナル[編集]

明治グループのマルチフッド・インターナショナルが販売するも、同グループの日本法人日本クラフトフーズはキャドバリー製品を扱わない。

旧 キャドバリー・ジャパン[編集]

日本コカ・コーラ[編集]

シュウェップス製品(一部のみ)を、日本コカ・コーラが製造している。

不祥事[編集]

2014年マレーシアで、チョコレートにイスラーム禁忌[6]とされているのDNAが含まれている疑いがあるという噂が流れた。検査を実施したところ「キャドバリー・デアリー・ミルク・ヘーゼルナッツ」と「キャドバリー・デアリー・ミルク・ロースト・アーモンド」2商品から豚DNAが検出された[7]

キャドバリーを扱った作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ Company Profile for Cadbury PLC (CBY)”. 2008年10月1日閲覧。
  2. ^ 約119億ポンド
  3. ^ 両社の単純合算
  4. ^ 1988年にキャドバリーが買収している。
  5. ^ a b サイト移転のお知らせ(キャドバリー・ジャパンHP跡地)
  6. ^ 「Haram」:豚由来のすべての物は食用のみならず、それらを取り扱った食器や調理器具の使用をも忌み嫌われる。[1]
  7. ^ 【クアラルンプール】 英菓子メーカー、キャドバリーのハラル(イスラムの戒律に則った)認証付きのチョコレートに豚DNAが含まれていたことがわかった。[2]

外部リンク[編集]