ザ・ライバル「少年サンデー・少年マガジン物語」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ザ・ライバル「少年サンデー・少年マガジン物語」』(ザ・ライバル しょうねんサンデー・しょうねんマガジンものがたり)は、『週刊少年サンデー』と『週刊少年マガジン』の創刊から50年の歴史を追ったドキュメントドラマ2009年5月5日NHK総合テレビにて放送された。

なお、この番組のスタッフだった大野茂が、この番組の取材内容をもとにした著書『サンデーとマガジン』(光文社新書)を2009年4月に刊行している。

概要[編集]

本番組放送から50年前に登場した2つの少年週刊誌、小学館の『少年サンデー』と講談社の『少年マガジン』のライバル物語を、再現ドラマとドキュメンタリーで描く。

小学館と講談社の両社は、それまで月刊だった少年誌の週刊化に当たり、漫画家の囲い込みを始めた。小学館は手塚治虫と関係の深いトキワ荘グループの漫画家を押さえ、これが『おそ松くん』や『オバケのQ太郎』などを生み、ギャグ路線の成功につながる。一方、講談社は劇画という新しい路線に進み、その中で梶原一騎という逸材を見いだした。『巨人の星』や『あしたのジョー』が登場し、『マガジン』は先行した『サンデー』を急追する。少年誌を舞台に新しい文化が成長していく姿を浮き彫りにする。

主なスタッフ[編集]

主な出演者[編集]