ラヴァーズ・キス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラヴァーズ・キス
漫画:ラヴァーズ・キス
作者 吉田秋生
出版社 小学館
掲載誌 別冊少女コミック
レーベル フラワーコミックス
発表号 1995年4月号 - 1996年2月号
巻数 全2巻
全1巻(文庫)
話数 全6話
映画:ラヴァーズ・キス
監督 及川中
制作 小学館東宝
封切日 2003年1月25日
上映時間 114分
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ラヴァーズ・キス』(LOVERS' KISS)は、吉田秋生による漫画作品、及びそれを原作として2003年に公開された映画(監督:及川中)。

概要[編集]

鎌倉を舞台に繰り広げられる、男女6人の交錯する想いを描いたラブストーリー。同じ時系列の物語を、3組・6人の視点から3回描くという手法を採っている。

別冊少女コミック』(小学館)にて1995年4月号から1996年2月号まで、隔月で全6回連載された。

ストーリー[編集]

この作品は3つのパートに分かれている。

  • Part 1 : boy meets girl
  • Part 2 : boy meets boy
  • Part 3 : girl meets girl

Part 1:boy meets girl

高校3年生の藤井朋章と川奈里伽子の出会いが描かれている。とかく悪い噂のある朋章であるが家庭の事情から家を出ており、見かけや噂よりずっとストイックな性格である。里伽子は断ることのできない性格のため惰性で男遍歴を重ねていたが、一度だけ寝た朋章にきつい意見を言われる。

酔って彼のアパートに寝かせてもらったとき思わず「あたしほんとは怖くて・・・だれも気づいてくれなか・・・」とうわごとのようにつぶやいてしまう。翌朝、里伽子は「あんまり自分を粗末に扱うな」と言われ、二度とできないと思っていた自分の恋心に気が付く。

Part 2:boy meets boy

朋章の1年後輩の鷺沢高尾は中学時代に朋章と同じバスケット部に所属しており、その頃から朋章にあこがれていた。中学3年生の夏休みのあと朋章が激変してからもずっと朋章を見ていた。里伽子から朋章のバイト先を聞かれたときも素直には答えられなかったが、自分に嫌気がさして教えることになる。

高尾の1年後輩で川奈依里子と同級生の緒方篤志は中学3年の時、中高合同の陸上大会の練習のとき、メガネを外した高尾に一目ぼれした。なにかと高尾の側にいるため、しだいに高尾が朋章が好きだということが分かり、思い切って告白する。高尾は朋章に自分の気持ちを伝えることなく、緒方と一緒に駅で朋章を見送る里伽子を反対側のホームから眺め、知らずのうちに涙を流す。

Part 3:girl meets girl

川奈依里子は里伽子の2つ下の妹であり、小さな頃は仲が良かったが、最近は仲の悪い姉妹となってしまった。里伽子の同級生で友人の尾崎美樹の家は大家族であり、依里子そのにぎやかな雰囲気が好きなため尾崎家にしょっちゅう出入りしている。姉とはちがい明るくてさっぱりした性格の美樹に里伽子は惹かれているが、もちろんその想いを口にすることはない。

依里子は去年の夏に姉の里伽子と美樹が一緒にピアノを弾いているところを目撃し、なんとなく美樹が姉を好きなことを知る。美樹と依里子は高尾と緒方の会話を聞いてしまい、緒方(love)→高尾(love)→朋章の関係に気が付いてしまう。

依里子は朋章と姉が別れるときに交わした軽いキスを目撃し、(美樹の気持ちのこともあり)なんで姉ばかりがと気分が暗くなり、その気分のまま朋章の小笠原行のことを口にしてしまう。普段は感情を表に出さない里伽子から「あんたに何が分かるの、あんたになんか分からないわよ!! あたしの気持ちなんか・・・いつだって思ったことをたれ流しになんだから!!」ときつい反撃を受け、依里子は姉の気持ちを少し理解するようになる。

美樹が里伽子に恋した瞬間の話を聞いて、依里子は思わず緒方に電話をする。緒方の胸に泣き崩れる依里子の肩を緒方はそっと抱く。緒方は「もしあの人に会う前にお前と会うてたら・・・」と話すが、「・・・いいっこなしやな」とすぐに否定する。防潮堤の下で二人は光良と朋章の会話を聞いてしまい、朋章の家庭の秘密を知ってしう。依里子は姉の『知ろうとしないやさしさ』に気が付き、姉との関係修復を始める。

後半部は男性が男性を、女性が女性を好きになる話であるが、どちらもホモセクシャルが前面に出ているものではなく、美しい「キス」のシーンだけが好きの感情をストレートに表している。

登場人物[編集]

川奈 里伽子(かわな りかこ)
高校3年生、小さいころからピアノを習っていたが高校1年の時に止めている。小学生の頃に教師からいたずらされてことが冷たい手というトラウマになっている。最初に恋をした男性に抱きしめられたときに、そのトラウマから心は冷えてしまった。言い寄る男性にノーと言えず、男性遍歴を重ねてきた。
藤井 朋章(ふじい ともあき)
高校3年生、恵まれた家庭で育ち,中学2年生までは勉強とスポーツを両立させる優等生であったが、母親との関係に悩み有名私立高校の受験に失敗する。家を出て自立した生活をしており、周囲のうわさは決してよくない。
鷺沢 高尾(さぎさわ たかお)
高校2年生、小さいころから里伽子と一緒にピアノを習っており,中学生のときは全国大会の本選に出ている。中学の時から1年先輩の朋章のことを見ているが、自分の想いを口にしたことはない。現在は陸上部に所属している。
尾崎 美樹(おざき みき)
里伽子のクラスメイトで親友、ちょっと怖い感じのする美人である。家は酒屋をしており,大家族のためいつもにぎやかである。1年生の時、ピアノを弾いている里伽子に恋をする。里伽子の良き理解者であり、自分の想いを口にしたことはない。
緒方 篤志(おがた あつし)
高校1年生、身長は182cm、大阪出身で関西弁を話す。中学3年の時、中高合同の陸上大会の練習においてメガネはずした高尾に一目ぼれしておいる。高校に入ってからなにかと高尾につきまとい、その結果、高雄が朋章を好きだということに気付く。
川奈 依里子(かわな えりこ)
高校1年生、里伽子の2つ下の妹、小さなころは仲の良い姉妹であったが、現在はかなり険悪な関係となっている。大家族の雰囲気が好きなので美樹の家によく遊びに行き,しだいに明るくてさっぱりした性格の美樹に惹かれていくが、もちろんその想いを口にすることはない。緒方とはクラスメイトであり,男と女でありながらとても良い友達関係となっている。

書誌情報[編集]

映画[編集]

ラヴァーズ・キス
LOVERS' KISS
監督 及川中
脚本 後藤法子
及川中
原作 吉田秋生
製作 植田文郎
藤原正道
近藤博
音楽 大和朗
撮影 長谷川元吉
編集 阿部亙英
配給 東北新社/東宝
公開 日本の旗 2003年1月25日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

出演者[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

月刊flowers』(小学館)に不定期連載されている同作者による漫画作品。
同じく、鎌倉を舞台としており、里伽子と出会う以前の朋章や、美樹・緒方らの兄弟が登場する。

外部リンク[編集]