仙道敦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せんどう のぶこ
仙道 敦子
本名 緒形 敦子
生年月日 1969年9月28日(46歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
身長 160 cm
血液型 B型
職業 女優歌手
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1980年 - 1993年
2003年 -
配偶者 緒形直人(1993年 - )
事務所 研音
主な作品
映画
就職戦線異常なし
鬼龍院花子の生涯
テレビドラマ
クリスマス・イブ
あしたがあるから
セーラー服反逆同盟
ホットドッグ
徹底的に愛は…
卒業
あの日の僕をさがして
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
1984年細雪』、『白蛇抄

仙道 敦子(せんどう のぶこ、1969年9月28日 - )は、日本女優歌手である。本名、緒形 敦子(おがた のぶこ)旧姓、仙道

愛知県名古屋市出身。研音所属。夫は俳優の緒形直人。義理の父は俳優の緒形拳。義理の兄は俳優の緒形幹太

来歴・人物[編集]

東京都立代々木高等学校卒業。

児童劇団ひまわりから、1980年東京12チャンネルの時代劇ドラマ『大江戸捜査網』に出演し、1981年ANBテレビドラマ判決-生きる(9月24日、)でレギュラーデビュー。名子役と評される。以後、『積木くずし その後の娘と私たち』(テレビ・1985年 制作中止になる)、1984年に放送されたサントリーの炭酸飲料「サスケ」のCM、1986年日本テレビで放送された連続ドラマ『セーラー服反逆同盟』の主演などアイドル女優としてテレビでも活躍する。

一方、軒並み大作映画や話題作に出演しており、特に、1982年度東映映画『鬼龍院花子の生涯』や、1983年白蛇抄』では大物女優としての片鱗を見せ各関係者の大評判を得、『白蛇抄』出演により、1984年度日本アカデミー賞新人俳優賞、第8回くまもと映画祭新人女優賞を受賞している。

1984年には、15歳で歌手としてもシングル『青いSunset』で正式レコードデビュー。 その声質と歌唱力にも定評があり、1987年までに、シングル4枚、アルバム2枚をリリースしている。(ユニット等の企画盤シングル2枚を除く)

1990年代には、TBSの連続ドラマ(『ホットドッグ』、『クリスマス・イブ』、『卒業』、『あの日の僕をさがして』、『徹底的に愛は…』など)に多数主演、またはそれに準ずる役で出演した。

1993年、俳優の緒形直人と結婚[1]。芸能活動はほぼ休止状態であるが、中村由真のブログには仙道とのツーショット写真が掲載されている[2]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 1980年 大江戸捜査網 第466話「女賊が捨てた殺しの分け前」(11月1日、12ch三船プロ) - おみつ ※デビュー作
  • 1981年 判決-生きる(9月24日、ANB) レギュラーデビュー
  • 1981年 それゆけ!レッドビッキーズ 第59話「100パーセント片思い」(11月13日、ABC) - 北沢かおり
  • 1982年 12時間大型時代劇竜馬がゆく」(1月2日、TX系) - 万里
  • 1983年 東芝日曜劇場 第1352回「妻とは…」(11月28日、TBS)
  • 1983年 東芝日曜劇場 第1361回「冬の置き土産」(1月30日、TBS)
  • 1983年 連続テレビ小説おしん」(1983年4月 - 1984年3月、NHK) - おしんの姉・谷村はる
  • 1983年 火曜サスペンス劇場「密室航路 偽りのハネムーン!」(9月27日、NTV)- 吉岡由起子
  • 1983年 時代劇スペシャル樅ノ木は残った」(12月1日、CX) - 畑 宇乃
  • 1983年 木曜ゴールデンドラマ「珠子 十歳の鎮魂歌」(12月22日、YTV)
  • 1984年 大奥 第48話・第49話(1983年4月 - 1984年3月、KTV) - 和宮(家茂正室)
  • 1985年 '85年型家族あわせ(10月 - 12日、TBS
  • 1986年 現代怪奇サスペンス「突然の訪問者」(8月4日、KTV)
  • 1986年 陽のあたる坂道(8月7日、CX
  • 1986年 月曜ドラマランド包丁人味平(8月11日、CX) - 美智子
  • 1986年 京都かるがも病院 第1話「若すぎた母」(1986年10月 - 1987年2月、ANB)-松岡マキ
  • 1986年 セーラー服反逆同盟(1986年10月 - 1987年3月、NTV) - 高坂ユミ
  • 1986年 匂いガラス(11月8日、NHK)- 主演
  • 1987年 金曜女のドラマスペシャル心はロンリー気持ちは「…」」(3月20日、CX)
  • 1987年 旅少女(5月 - 7月、NHK)
  • 1987年 夜明けまで待てない(8月2日、TBS)
  • 1987年 火曜サスペンス劇場「遠ざかる声」(8月18日、NTV)
  • 1987年 私のハートパートナー 離婚カップルの同居物語(12月、AMB)
  • 1988年 成人の日特別企画「父たちの物語」(1月14日、ANB)
  • 1988年 とんぼ(10月 - 11月、TBS系)- 小川あずさ
  • 1988年 妻たちの鹿鳴館(10月8日、TBS系)- はつ
  • 1989年 火曜ビッグシアター「こっちこい! UFO」(7月11日、TBS)
  • 1989年 花王名人劇場「志功の青春記より 夢を彫る男3」(10月29日、KTV)
  • 1989年 東芝日曜劇場 第1716回「正月、僕は帰りません」(12月17日、TBS・HBC)
  • 1990年 卒業(1月12日 - 3月30日、TBS系)- 小沢紀子
  • 1990年 サントリードラマSP「失われた時の流れを」(3月23日、CX)
  • 1990年 ホットドッグ(TBS系)
  • 1990年 東芝日曜劇場 第1750回「お父さんの戦争」(8月26日、TBS・CBC)
  • 1990年 月曜ドラマスペシャル「ザ・カード社会」(9月24日、TBS)
  • 1990年 クリスマス・イブ(10月 - 12月、TBS系)
  • 1990年 年末年始 ザ・ホスピタル 生命を支える男女(12月29日、TBS)
  • 1991年 世にも奇妙な物語 『留守番電話』(1月24日、CX) - 長沢美沙
  • 1991年 松本清張作家活動40周年記念ドラマスペシャル・西郷札(4月8日、TBS) - 塚村季乃 ※緒形直人と共演[1]
  • 1991年 月曜ドラマスペシャル「テキ屋の信ちゃん1 初恋純情編」(9月23日、TBS)
  • 1991年 ドラマスペシャル「クリスマスイヴからはじめよう」(10月4日、TBS)
  • 1991年 ADブギ 第1話(10月 - 12月、TBS系)
  • 1991年 あしたがあるから(10月 - 12月、TBS系)
  • 1992年 ドラマシティー'92「抱腹絶倒コメディー 愛は仁義」(4月9日、YTV)
  • 1992年 あの日の僕をさがして(4月 - 6月、TBS)
  • 1992年 火曜サスペンス劇場「六月の花嫁 偽りのハネムーン」(6月2日、NTV)
  • 1992年 月曜ドラマスペシャル「テキ屋の信ちゃん2 花嫁の父 哀愁編」(10月26日、TBS)
  • 1992年 ドラマシティ'92「復讐の配当」(10月29日、NTV)
  • 1993年 家栽の人(TBS系)
  • 1993年 ドラマスペシャル「天国に一番近いママ」(4月6日、NTV)
  • 1993年 サスペンス・魔「鍋とエレベータ」(7月19日、KTV) - 康子
  • 1993年 秋の特別企画「テキ屋の信ちゃん3」(9月27日、TBS)
  • 1993年 徹底的に愛は…(10月 - 12月、TBS系) - 最後の主演作品。相手役の吉田栄作と「NOA」名義で発売した主題歌が大ヒット。
  • 1994年 月曜ドラマスペシャル「テキ屋の信ちゃん4 青春 旅立ち編」(9月26日、TBS)
  • 1995年 月曜ドラマスペシャル「テキ屋の信ちゃん5 青春 完結編」(10月2日、TBS)
  • 2003年 流転の王妃・最後の皇弟 戦乱の愛 真実の物語~ラストエンペラーの時代を生きた夫と妻の波乱の生涯~ 第一夜 第二夜(11月29日・30日、EX) - ナレーション

吹き替え[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

  • 風の中の散歩道(1988年4月~1989年3月)
    • 秋田放送・毎週水曜日深夜0:00~1:00(60分)
    • 茨城放送・毎週水曜日夜19:30~20:00(30分)
    • 山梨放送・毎週第3、第4、第5土曜日朝10:00~10:30(30分)
    • 福井放送・毎週木曜日夜22:30~23:00(30分)
    • 西日本放送・毎週月~金曜日深夜0:15~0:25(10分)
    • 山口放送・毎週木曜日夜23:00~23:20(20分)
  • 仙道敦子・21世紀への手紙(1992年1月5日、TBSラジオ)

ディスコグラフィー[編集]

シングル(ハミングバード)[編集]

  • 1.ありがとうパパ(高橋英樹とのデュエット)/鏡の中に(高橋英樹)

 EP:AH-95、1981年8月 ※発売:コロムビア 

  • 2.青いSunset/半分悲しい 7HB-3、1984年6月21日   
  • 3.Hiromi<危険な予感>('85年型家族あわせ劇中歌)/エバーラスティング・サマー

 EP:7HB-5、1984年10月21日

 EP:7HB-29、1986年11月21日

  • 5.PASSION(浅田飴パッションCFソング)/アメリカが見える街

 EP:7HB-36、CT:10H-10(カラオケとメッセージ入り)1987年10月21日

 今を抱きしめて/オリジナルカラオケ for men/  オリジナルカラオケ for women/オリジナルカラオケ

 CDS:FHDF-1329、1993年11月3日 ※発売:ファンハウス

アルバム[編集]

  • 1.15歳-不確かな季節-

LP:28HB-5 CT:28HT-5 1984/11/21

1st issue CD:WPC4-7034 1995/4/25

Re-issue CD[Limited Edition]:WQCQ-141 2010/01/30

  1. Hiromi〈危険な予感〉
  2. 愛してLove Light
  3. 不確かな季節
  4. 波の泡
  5. 乾いていたい
  6. スーパーガール
  7. ティーンズ・グラフィティ
  8. 青いSunset
  9. エバーラスティング・サマー
  10. わすれない
  11. 半分悲しい(ボーナストラック) ※WQCQ-141収録


  • 2.La Fillette(ラ・フィエッテ)

LP:28HB-20 CT:28HT-20 1987/12/16

1st issue CD:32HD-20 1987/12/16

2nd Re-issue CD:WPC4-7035 1995/4/25

3rd Re-issue CD[Limited Edition,remastered]:WQCQ-510 2014/06/11

  1. PASSION
  2. Don't Stop Lullaby
  3. アメリカが見える街
  4. 指先のロンリネス
  5. 不安(Fu・a・ne)
  6. 丘の上の天文台#
  7. スキーツアーで見る夢は
  8. クラスメイトでなくなる日
  9. 「羊男とピンボール」〜To HARUKI MURAKAMI
  10. 海の見える窓
  11. NONKOからのメッセージ(ボーナストラック) ※WQCQ-510収録
  12. PASSION <オリジナル・カラオケ>(ボーナストラック) ※WQCQ-510収録
  13. アメリカが見える街<オリジナル・カラオケ>(ボーナストラック) ※WQCQ-510収録

脚注[編集]

外部リンク[編集]