本田みちこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本田 みちこ(ほんだ みちこ[1]1952年7月24日 - )は、日本女優[2]1970年代東宝系の映画に出演した[3]

経歴[編集]

東京都江戸川区出身[1]

和洋女子大学附属国府台女子高等学校在学中に[4]、電車の中でスカウトされ[5]東宝映画『白鳥の歌なんか聞えない』の主人公の恋人役の公募に応募し、2500名の中から選ばれて映画デビューした[4]

映画の公開前から、アシスタントなどとしてテレビにも露出し、テレビ・ドラマ『新・だいこんの花』にも出演した[4]

1973年エランドール賞新人賞を受賞した[6]

フィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 本田みちこ(ほんだみちこ)”. KADOKAWA. 2022年6月15日閲覧。
  2. ^ 本田みちこ”. JCOM. 2022年6月15日閲覧。
  3. ^ 本田みちこ - 日本映画データベース
  4. ^ a b c “[ことし売ります]=7 本田みちこ 小さな胸ふるわせて(連載)”. 読売新聞・東京朝刊: p. 21. (1972年1月11日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  5. ^ “今週の顔 本田みちこ”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 15. (1972年1月31日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2022年6月15日閲覧。