下弦の月 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
下弦の月
ジャンル 少女漫画恋愛漫画ミステリー
漫画
作者 矢沢あい
出版社 集英社
掲載誌 りぼん
レーベル りぼんマスコットコミックス
集英社文庫(コミック版)
発表号 1998年4月号 - 1999年6月
巻数 全3巻(単行本
全2巻(愛蔵版)
全2巻(文庫本
話数 全16話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画映画
ポータル 漫画映画文学

下弦の月』(かげんのつき)は、矢沢あい作の漫画。1998年から1999年にかけて『りぼん』で連載された。

ご近所物語』の次作。暗くシリアスな内容であり、しかもギャグやお笑い要素は極力抑えられている。

本稿では、映画化作品である『下弦の月〜ラスト・クォーター』についても併せて扱う。

あらすじ[編集]

美月は、ギターでせつない旋律を奏でるアダムと運命的な出会いをした。不仲な家族のいる居心地の悪い家を飛び出し、アダムと暮らし始めた美月。だが、下弦の月の夜、美月は交通事故に遭ってしまう。一方、小学生のは事故に遭い意識を失っていた。昏睡した蛍の夢の中に、ただ柵しかない不思議な場所と美しい女性が登場する。昏睡から目覚めた蛍は退院後、廃墟から聞こえるピアノの音に引き寄せられ、廃墟に侵入する。そこにはアダムという恋人のこと以外すべての記憶を忘れている、夢で出会った女性・美月がいた。

登場人物[編集]

※「演」の記述は、映画版である

望月美月(もちづき みづき)/イブ
演 - 栗山千明、幼少:市川佳奈
女子高生。 笹原女子高校3年生。アダムと出会い恋に落ちたことで、家出し彼と洋館で暮らし始める。アダムと外で待ち合わせ中、交通事故に遭う。洋館で蛍と再会した時はアダムのこと以外、自分の名前すら思い出せずにいたため、蛍達が「イブ」と命名。蛍以外の人には姿が見えないし、洋館の外に出ることも出来ない。父は望月恒。小5のときに実母を亡くしている。
白石蛍(しらいし ほたる)
演 - 黒川智花
女子小学生。日翔学園5年3組。飼い猫のルルを探している時に事故に遭い、入院中に美月の夢を見て知り合う。退院後再び猫を探していた所、洋館でルルに似た猫を見かけ侵入し、美月(イブ)に会う。
香山沙絵(かやま さえ)
女子小学生。日翔学園5年3組。蛍の親友。姿の見えないイブとの初対面の際逃げ出したが、蛍を信じて戻りイブの存在を確認する。母親のことは嫌いだが、父親のことは好き(※父親はあんまり家に帰らない)。
三浦正輝(みうら まさき)
演 - 落合扶樹
男子小学生。日翔学園5年1組。蛍の憧れの人。イブの存在を確認し共にアダムを探すことになる。夜景が綺麗なマンションの最上階に住む。父親は俳優。
杉崎哲(すぎさき てつ)
男子小学生。日翔学園5年3組。蛍が入院していた病院の息子でお調子者。イブの存在を確認し共にアダムを探すことになる。華(はな)という姉がいる。
安西知己(あんざい ともき)
演 - 成宮寛貴
美月の彼氏だったが、彼女の友人と浮気する。美月の事故の目撃者。
アダム・ラング(Adam Lang
演 - HYDE
バンドEVEL EYE(イーブル アイ)のボーカル。イギリス人。道端でギターを弾いていたところで美月と出会う。モデルは吉井和哉
望月唯(もちづき ゆい)
演 - 中村有沙
望月美月の妹。小学4年生。美月の父の再婚相手の連れ子。
上條さやか(かみじょう さやか)
演 - 伊藤歩
昔、洋館に住んでいた一家の娘。イギリスに留学していた。
澄代(すみよ)
白石蛍の母が働く店の従業員。
三浦正人(みうら まさと)
演 - 陣内孝則
三浦正輝の父。俳優。
茂(しげる)
演 - 石川伸一郎
知己の友人。
綾(あや)
演 - さくら
美月の友人。知己の浮気相手。

書籍情報[編集]

単行本、集英社りぼんマスコットコミックス

  1. 1998年12月07日、ISBN 4-08-856114-7
  2. 1999年05月14日、ISBN 4-08-856143-0
  3. 1999年11月15日、ISBN 4-08-856173-2

愛蔵版、集英社

  1. 下弦の月 Last Quarter 愛蔵版 上、2004年9月22日初版発行、ISBN 4-08-782083-1
  2. 下弦の月 Last Quarter 愛蔵版 下、2004年9月22日初版発行、ISBN 4-07-782084-X

文庫版、集英社、集英社文庫

  1. 下弦の月 上、2013年3月19日、ISBN 978-4-08-619421-1
  2. 下弦の月 下、2013年3月19日、ISBN 978-4-08-619422-8

映画[編集]

下弦の月〜ラスト・クォーター
監督 二階健
脚本 二階健
製作 梶田裕貴
小林敬宜
長谷川真澄
伏木賢一
出演者 栗山千明
成宮寛貴
HYDE
音楽 蓜島邦明
主題歌 HYDE「THE CAPE OF STORMS
撮影 中山光一
編集 穂垣順之助
配給 松竹
公開 日本の旗 2004年10月9日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

下弦の月〜ラスト・クォーター』のタイトルで映画化。2004年公開。二階健が脚本・監督を務めた。

映画あらすじ[編集]

2004年10月、女子大生・望月美月と中学生・白石蛍は同じ時刻に交通事故に遭う。生死を彷徨う中で、2人は柵のある不思議な森で出会う。

美月は19歳の誕生日パーティーの夜に、彼氏の安西知己が自分の親友・綾と浮気していたことを知り、知己に唐突的な別れを告げた。その帰り道、子供の頃から自分しか知らなかった曲を誰かがギターで演奏するのが聴こえた。そのメロディーに誘われて歩いて行くと、古びた洋館に辿り着いた。謎の洋館でロンドンから来たミュージシャン・アダムと衝撃的に出会う。1週間後、アダムと待ち合わせをした横浜美術館前の交差点でトラックに轢かれてしまう。蛍は行方不明の飼い猫シベールを捜し回るうちに、車にはねられていた。

2人は美月のいる謎の洋館で再会を果たす。しかし、美月は自分の名前さえ思い出せない記憶喪失の状態だった。唯一憶えていることは、アダムという恋人がいたことだけ。蛍の同級生・三浦正輝には美月が見えないことから、彼女が幽霊であると知った。名前が分からない美月を「イヴ」と名付け、イヴの身元探しを始める。

調べていくうちに、この洋館には昔「上條一家」が住んでいて、ピアニストを目指してロンドンに留学した娘・上條さやかがいたことを知る。このことをイヴに確認すると、イヴは自分が身に付けている赤いネックレスを蛍に差し出した。そこには「S・K」の文字が刻まれていた。

それは、19年の月の周期が織りなす悲しい恋。

原作との相違点[編集]

  • 年齢設定:原作では、美月は今時の高校2年生、蛍と正輝は小学5年生である。
  • 子供の人数:原作には蛍と正輝の他に、香山沙絵(蛍の親友)と杉崎哲(正輝の親友)が登場する。つまり、イヴの身元捜しに走り回る子供は4人。
  • アダムについて:映画では、アダムは茶髪に銀灰色の目をしたイギリス人日本人ハーフである。一方原作では、金髪碧眼のイギリス人である。
  • 猫の名前:蛍の飼い猫は、映画では「シベール」だが、原作では「ルル」。上條さやかが飼っていた猫は、映画では「ヤノッシュ」、原作では「メリー」。
  • 上條さやかを知るキーパーソン:映画ではさやかが実の祖父のように慕っていた老人だが、原作では老婆。

他・出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • HYDE「THE CAPE OF STORMS」
    アルバム『ROENTGEN』収録

ノベライズ[編集]

著作:下川香苗、原作:矢沢あい、脚色:二階健

外部リンク[編集]