夏純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なつ じゅんこ
夏 純子
本名 坂本 道子(さかもと みちこ)
生年月日 (1949-03-21) 1949年3月21日(73歳)
出生地 日本の旗 東京都西多摩郡五日市町
(現:東京都あきる野市
身長 160 cm[1]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1969年1981年
配偶者 神山純一
主な作品
テレビドラマ
シルバー仮面
6羽のかもめ
『女のそろばん』
『愛の迷路』
映画
三匹の牝蜂
『女子学園』シリーズ
『不良少女 魔子』
『喜劇 女子学生・華やかな挑戦』
 
受賞
エランドール賞
新人賞(1970年
テンプレートを表示

夏 純子(なつ じゅんこ、1949年3月21日[2] - )は、日本1969年から1981年にかけて活動した女優。本名(旧姓名)、坂本 道子(さかもと みちこ)[2]

東京都西多摩郡五日市町(現:東京都あきる野市)出身[2]立川女子高等学校卒業[2]

人物[編集]

小学校時代に書き始めた日記で文章を書くことに興味をおぼえ、中学校時代には詩や小説を書くようになり、そのうち小説の主人公にどうしてもなりたいと思い、それを実現するには女優しかないと考える[3]。高校時代には演劇部に所属[4]。高校在学中から、両親の反対を押し切って女優を志し、1968年若松孝二監督の映画『犯された白衣』に唐十郎の相手役として本名の「坂本 道子」名義で出演[2]

1969年江波杏子主演の大映『女賭博師十番勝負』で本格的にデビュー[2]1970年東映三匹の牝蜂』の演技を評価され[5]、「第二の浅丘ルリ子に!」との期待を受け[1]、1970年8月1日付で日活と専属契約を結ぶ[1][5]。日活としては「フリーとして3年ほど大映東映で活躍し、演技面での心配はなにもない!」というのが強味であった[3]。同年8月に『野良猫ロック ワイルド・ジャンボ』に出演した後[5]、初主演作である『いちどは行きたい女風呂』で浜田光夫の恋人役を演じる。こうして日活専属となった夏は「いつかは女ジェームス・ディーンのような影のある役をやりたいわ!」と抱負を述べている[1]。やがて、不良女子を描いた学園映画で主演を務めるようになり、1970年度製作者協会(エランドール賞)新人賞を受賞[2]1971年に『不良少女 魔子』に主演後、所属先である日活が一般映画からロマンポルノへの路線変更を決め、これを契機に松竹へ移籍[2]。その後も、かつての不良少女のイメージを発展させた悪女役がよく似合う女優として、独特な存在感を発揮した[2]

テレビドラマにおいても、『Oh!それ見よ』(1969年)をはじめとして多数の作品に出演した[2]1971年には特撮テレビドラマシルバー仮面』に、春日家の長女・ひとみ役でレギュラー出演[4][6]。当時は他の番組と掛け持ちしており、寝る時間がなかったことをよく覚えているという[4]。『女のそろばん』(1979年)と『愛の迷路』(1980年)では、出演とともに主題歌・挿入歌も歌っている[2][4]

趣味は、書道水泳スキー[1]。中学時代は器械体操部に所属していた[4]1978年3月21日に実業家と結婚したが、1980年2月2日離婚[2]1981年に作曲家の神山純一と再婚し芸能界を引退[4][7][8]。二男あり[4]

2013年に刊行された『映画秘宝』2013年5月号では、自身の過去の出演作についてのインタビューに応じている[9]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
ワーナーパイオニア
1980年4月25日 EP L-338W A 愛の迷路[注釈 2] 藤公之介 神山純一
B 愛すれど心淋しく[注釈 3]

※ レコード化されているこの2曲は、このシングルレコードのみでしか聴けず、2021年11月現在デジタル音源化もされていない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 第3話より「坂本 道子」から「夏 純子」に改名。
  2. ^ TBSテレビ系全国25局ネットワークCBCTV制作「愛の迷路」主題歌。
  3. ^ テレビ朝日全国ネットワーク「女のそろばん」挿入歌。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『近代映画』1970年11月号、近代映画社、 202頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本映画人名事典』 女優篇 下巻、キネマ旬報社、1995年、279-280頁。ISBN 4-87376-141-7 
  3. ^ a b 『近代映画』1970年12月号、近代映画社、 124頁。
  4. ^ a b c d e f g 映画秘宝 2013, p. 79
  5. ^ a b c 映画秘宝編集部 編 編 『セクシー・ダイナマイト猛爆撃』洋泉社〈映画秘宝コレクション〉、2003年、259 - 260頁。ISBN 4-89691-757-X 
  6. ^ 岩佐陽一 編 『最終回にほえろ!』 PART2、同文書院、1998年、113頁。ISBN 4-8103-7520-X 
  7. ^ 「離婚から1年、夏純子が売れっ子作曲家神山純一氏と再婚」『女性自身』1981年4月30日号、p.35
  8. ^ 「家庭的な女に変身 夏純子“恋多き女”が仕事もやめて専業主婦…」『ヤングレディ』1981年5月26日号、p.104
  9. ^ 映画秘宝 2013, p. 78-79.

参考文献[編集]

轟夕起夫「Hiho VIP INTERVIEW 夏純子」 『映画秘宝』 2013年5月号、洋泉社、2013年。ASIN B00BLNUJPG 

外部リンク[編集]