6羽のかもめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
6羽のかもめ
ジャンル テレビドラマ
脚本 石川俊子
高際和雄
宮川一郎
斎藤憐
土橋成男
演出 富永卓二
大野三郎
出演者 淡島千景
高橋英樹
加東大介
長門裕之
山崎努 ほか
オープニング 加藤登紀子「かもめ挽歌」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
制作 フジテレビ
放送
放送チャンネル フジテレビ系列
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1974年10月5日 - 1975年3月29日
放送時間 土曜 22:00 - 22:55
放送枠 土曜劇場
放送分 55分
回数 26回
テンプレートを表示

6羽のかもめ』(ろくわのかもめ)は1974年10月5日から1975年3月29日までフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ。全26回。

概要[編集]

団員の大量脱退により崩壊の危機を迎えた劇団かもめ座の残存メンバー6名が、芸能界で生き残ろうと悪戦苦闘するストーリー。本放送時キャッチコピーは「悲しいコメディ」。

原案は倉本聰。NHK大河ドラマ『勝海舟』を巡るトラブルによるテレビメディア不信がもとになっている。札幌市に転居後、偽名で発表した[1]

低視聴率に終わったが、テレビ業界や芸能界の内幕を描き、同業界内で話題となった。放送終了後の1977年には、本作品のスタッフおよび出演者にエランドール賞特別賞が授与された。

高橋英樹の現代劇での連続テレビドラマ初出演作品。また、加東大介の遺作でもある。加東は本作の撮影中に体調を崩して入院したが、医師から許可を得て病院から番組収録に通った。しかし、それは家族やマネージャーの山崎洋子が加東の余命が短いことを知らされ、最後の仕事をさせたいと医師に頼みこんで実現したものだった。

本作でテレビ局の制作局長を演じる中条静夫は、それまでと異なるコミカルな役柄に挑戦し話題となった。

スタッフ[編集]

  • 脚本:石川俊子(=倉本聰)(第1回~第3回、第5回、第7回~第11回、第13回、第14回、第16回、第20回、第25回、第26回)、高際和雄、宮川一郎、斎藤憐、土橋成男
  • 演出:富永卓二、大野三郎
  • 主題歌:「かもめ挽歌」(歌:加藤登紀子
    • 作詞・作曲:加藤登紀子/編曲:深町純

キャスト[編集]

ほか

受賞[編集]

  • エランドール賞(1977年・出演者および製作スタッフ)

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1974年10月5日 6羽目 石川俊子 富永卓二
2 10月12日 秋刀魚[2]
3 10月19日 ゴシップ
4 10月26日 婚姻届 高際和雄
5 11月2日 花三輪[2]
6 11月9日 事務長 大野三郎
7 11月16日 ギックリ・カメラです 石川俊子(倉本聰)
8 11月23日 大問題[2] 富永卓二
9 11月30日 乾燥機[2] 大野三郎
10 12月7日 花嫁の父[2]
11 12月14日 冬の将軍[2] 倉本聰、高際和雄
12 12月21日 忘年会 宮川一郎
13 12月28日 切符屋の熊[2] 倉本聰 富永卓二
14 1975年1月4日 ひとり[2]
15 1月11日 わたしはカモメ 斎藤憐 大野三郎
16 1月18日 扶養家族[2] 倉本聰 富永卓二
17 1月25日 再会 斎藤憐 大野三郎
18 2月1日 転勤 土橋成男 富永卓二
19 2月8日 オルゴール・メリイ 倉本聰 大野三郎
20 2月15日 個人的事情[2]
21 2月22日 恋はすまじ 土橋成男 富永卓二
22 3月1日 大監督 宮川一郎
23 3月8日 非常識 斎藤憐 大野三郎
24 3月15日 青春挽歌 土橋成男 富永卓二
25 3月22日 死んで戴きます[2] 倉本聰 大野三郎
26 3月29日 さらばテレビジョン[2] 富永卓二

参考文献[編集]

  • 『倉本聰コレクション5 6羽のかもめ』(理論社1983年

脚注[編集]

  1. ^ この理由について倉本は、『勝海舟』の降板が公式には病気のためとされていたからだと後年述べている(『獨白 2011年3月』フラノ・クリエイティブ・シンジケート、2011年)。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l シナリオは『倉本聰コレクション5 6羽のかもめ』に収録(理論社1983年
フジテレビ系 土曜22時台(一部系列局を除く)
前番組 番組名 次番組
21:30 - 22:25:
土曜劇場・アドベンチャーコメディ 夏の家族
22:25 - 22:30:各局別ミニ番組
(フジテレビでは『スタートピックス』)
22:30 - 23:25:大盗賊
土曜劇場・6羽のかもめ
女刑事ペパー・アンダーソン
(外国テレビ映画)